公務員給料カットコロナ。 【朗報】公務員、コロナ騒動の中でひっそりと大勝利: みじかめっ!なんJ

新型コロナ、国事務に遅れ 公務員給与で、生活調査は中止:時事ドットコム

公務員給料カットコロナ

国家公務員の給与は、2012年度から2年間、東日本大震災の復興財源を捻出するための特例措置として、手当を含めた総額から平均7. 8%引き下げられている。 ただ、そもそも現行の国家公務員の給与カットは、「復興財源の捻出」が唯一の目的ではなかった。 民主党政権時の野田佳彦首相が消費税の増税を決めようとしたとき、「まずは政治家や公務員は身を切れ」との大合唱が起こった。 野田首相としては「身を切る姿勢」を示すことでそういった声を封じ込めたかったし、民間企業でリストラによる給与削減が当たり前になるなか、公務員の高給批判が高まったこともある。 8%」の引き下げで、国家公務員の給与は人事院勧告による給与水準を大幅に下回っている。 2013年8月の人事院勧告によると、全職員の減額後の平均給与は月額38万4842円で、減額前に比べて2万9141円(7. 04%)の減少となった。 政府は現行の給与が特例であることに加えて、安倍政権が消費拡大のため、民間企業に賃上げを求めていることとの整合性もあって、給与削減を打ち切る。 また、国家公務員に連動して給与削減を求められる地方自治体の反発が強かったことも、「削減打ち切り」の原因の一つ。 政府は13年度、地方自治体に対して地方公務員の給与を、国家公務員と同じ水準に減額するよう要請し、地方交付税を削減した。 総務省によると、10月1日現在で全国1789の自治体うち、71. 5%にあたる1280の自治体が、政府の要請などに基づき地方公務員給与を削減したが、その一方で255自治体(全体の14. 3%)は「実施予定なし」と回答し、削減を事実上拒否した。 「交付税を削減し、職員の給与削減を迫るのは地方自治の根幹にかかわる」(北海道芽室町)といった反論は根強い。 国家公務員の給与削減の打ち切りに伴い、総務省は地方自治体に求めてきた地方公務員の給与削減を、14年度以降は要請しないことを通知。 国と自治体の公務員給与を減額前の水準に戻すことで、アベノミクスの恩恵が広く行き渡ることを期待する。 民間の平均給与は408万円で2年連続で減少 そうしたなか、みんなの党の江田憲司衆院議員は2013年11月08日付のブログで、「やれやれ身を切る改革はどこへいった?・・・議員、公務員の給与カット打ち切り」と、嘆いている。 是非はともかく、給与削減があった自治体となかった自治体があるのでは、給与カットされた公務員も、「納得できない」と言い出してもおかしくない。 一方、国税庁の民間給与実態統計調査によると、民間企業で働く会社員やパート従業員などが2012年中に得た平均給与は408万円で、前年を1万円(0. 2%)下回った。 2年連続で減少し、1989年の水準まで戻った。 いわゆるサラリーマンの平均年収は467万6000円。 人事院によると、民間給与と比較できる国家公務員・行政職俸給表(一)の職員の平均年収は、減額後でも616万円(13年4月時点)だった。

次の

公務員給与の削減終了 わずか2年、「身を切る姿勢」はどこにいった: J

公務員給料カットコロナ

給料カット• ボーナスカット• 退職金減額• リストラ• 派遣切り リーマンショックの後に、自殺者が急増したのを覚えていますか? 今のこの状態。 そしてこれから先の経済の状態はリーマンショックの比ではありません。 つまり、自殺者は確実に急増します。 それは間違いない。 あまりこう言うことは言いたくないけど、このままいけば「想像以上にひどい未来」が訪れるでしょう。 「コロナウイルスが落ち着いたら念願のハワイに遊びに行こう〜!」 なんて能天気に考えている方。 もしかするとその頃には旅行会社が倒産しているかもしれませんよ。 それ以前に、航空会社も倒産しているかもしれませんよ。 上記の記事はビジネスインサイダーのコンテンツですが、あながち間違っていないです。 実際、「ヴァージン・オーストラリア航空」が任意管理手続きを開始していますからね。 ハワイに行こうなんて呑気なことを言える状況はまだまだ訪れないでしょう。 むしろ、「そんな余裕はなくなるのでは」と言うのが今の予想です。 僕がなぜこの記事を書くかと言うと、「 ひどい未来を予想しておこう!」と言う意味だけではありません。 1番の理由は、 「最悪の状態をイメージしておけば、事前にその対策が取れる(かも)」 現状を正しく理解し、その上で対策していけば、まだまだ間に合う可能性がある。 まずは「 このままいけば高い確率で起こりうる未来」について、サラリーマン編として予想してみます。 住宅ローン• 子供の塾やスクールの月謝• 生命保険・学資保険• 車(駐車場含む)• スポーツジム• 嗜好品• 通信費• 貯金・定期預金・投資信託 これらの項目は、不況時に即座に見直しが図られる支出項目です。 実際は「どれぐらい給料が下がるのか」によって、見直すべき項目は変わってきますが、多少の減少でも恐怖心から大胆な見直しが必要となるでしょう。 さて、ここからは批判覚悟で言いますけど、 「ぶっちゃけ、給料が下がったとしても雇用が守られているなら、大怪我じゃないでしょ!」 と言うことです。 いやー、僕個人としても、毎月数万円でも給料が下がってしまうとピンチではありますよ。 ただ、手取りが少し下がったとして、今の「アフターコロナ」の状況は全国的に大変なんだから仕方ない。 むしろ、 給料が下がるだけで済んだならよかったじゃんと言うことです。 給料減だけでは収まらず、リストラにあってしまうと、今後の方針が全く変わりますからね。 生活コストを意図的に下げられない人はこの先かなり辛い 当然ですが、多くの家庭では、給料に見合う生活をしてしまいます。 つまり、30万円の収入があるなら、30万円の収入に見合う生活をしていると言うことです。 「収入=支出」 こう言う生活をしていませんか? 単に貯金しない生活を送っていると言う意味ではありません。 大事なのは意識の問題。 給料が右肩上がりに増えているときは良いんです。 問題は今回のように収入が大きく下がる時です。 ほとんどの人は、生活コストを下げることに慣れていません。 一度良い生活をしてしまうと、それを切り詰めることが難しくなるのです。 給料が30万円から25万円に下がったのに、生活費は30万円のまま。 これだと毎月5万円の赤字ですよね。 とても単純な計算なのですが、実はこの5万円を切り詰めることが出来ない人がほとんどなんです。 これから先、給料が下がったとしても、その下がった給料で不自由なく生活していくためには、「 生活コストが下がったとしても楽しく生活できる心構え」を常に持っておくことが何より重要です。 毎月支出している項目を正確に洗い出しして 可視化する• 金額の大きいものから順に見直しできないか 複数人で検討する• 見直し後の水準が 持続可能か検証する 特に説明は不要でしょうが、ポイントは赤太字のところです。 最後の「 持続可能か検証する」についてはとても大事です。 持続可能なものでないと、多くの人は途中で諦めます。 「もーやーめた!」ってなります。 本当にお金がない状態なら別ですが、お金に余裕があるときに始める予防的施策の場合、無理をしすぎてしんどくなると短期間で終わる可能性が大です。 例えば、「お昼ご飯代は毎日200円だけ!」のようなルールですね。 非常事態ならまだしも、このような取り組みは長く続きませんから注意が必要です。 必ず持続可能な取り組みとなるよう検証すべきですね。 手取り給料の減少を目前に今から始める対策 上記で説明した方法は即効性のある支出抑制です。 簡単に言うと「節約」ですね。 繰り返しますが、過度な節約はストレスを生み、長く続きません。 無理は禁物です。 「無理して節約しないと、お金がすぐに底を付くぞ!」 ごもっともな意見です。 節約効果なんてたかが知れていますよね。 そのため、節約というのはこのような非常事態には大きな効果が期待しずらい。 節約で支出を減らすことは大事ですが、それと並行して「収入を増やす」の取り組みを進めるべきですね。 「いやいや、今の仕事でさえ危ういのに、収入を増やすなんてできないだろ!」 という意見が聞こえてきそうですね。 大丈夫です。 収入を増やすことは可能です。 その方法とは「 副業」です。 今は副業をとにかく早く始めるべきですね。 ただ、副業といっても「夜のコンビニバイト」や「居酒屋バイト」ではありません。 狙うべきは「コロナの影響が受けにくい業態でインターネットを活用し副業」です。 簡単に言うと、アフィリエイトサイトを作ろう!ということです。 当方も、アフィリエイトサイトを運営しておりますが、最高月収200万円を到達したこともあります。 (今は大きく減少し、50万円程度まで落ちていますが、副業でこの収入なのでまずまずでしょう。 ) 不況時でもアフィリエイトで稼ぎたい方が注意しておくべきこと アフィリエイトサイトの詳しい作り方や進め方はGoogleで検索してもらうとして、このブログでは注意点だけ紹介します。 すぐに収入が得られるとは限らないこと• 不労所得ではないこと(作業量は多いです)• 広告主の都合によって収入が大きく変わることを理解しておくこと• 結果を出したいなら1日2・3時間の作業を毎日続ける必要があること• 最低限のPCスキルが必要であること あと、もう一つ付け加えるとすれば、 「継続力と文章力があり、正しい方法で実践すれば高い確率で稼げる」 ということです。 方法を間違えなければ、高い確率で稼げるということです。 必ず稼げるというわけではありませんが、在宅でPCを使って作業できるという感染リスクが低いことも影響し、最近注目の収益モデルとなっています。 当ブログではアフィリエイトサイトの運営のノウハウ等は公開しませんが、ご質問等にはできるだけ丁寧に回答しますので、気になる方はご質問くださいね。 まとめ コロナの影響で収入がどんどん下がるのは間違いありません。 ただ、それを受け身として下がりゆく給料をだまって受け入れ、何もしないのではお先真っ暗。 節約も大事ですが、同時に「どうすれば収入を増やすことができるのか」を考え、自分なりに行動していけば道は開けるでしょう。 ピンチはチャンスと言いますが、何も行動しなければピンピはピンチのままです。 チャンスに変えるために、今出来ることを少しずつ始めてみましょう!.

次の

「公務員も下げよ!」民間の今夏のボーナス6.4%減に、ネット民が怒りの声: J

公務員給料カットコロナ

「僕ら政治家や全国の公務員、生活保護受給者、年金生活者は、コロナで収入は減らない。 ここにお金を配るべきじゃない」 危機対策の給付金の論議で、大阪府の知事は1日深夜、SNSでこう発信した。 正論であるが、一歩進んで、国民の収入が減るなら、公務員も給与を減らすべきではないか。 アメリカのGDP成長率は28%以上マイナスの見込みだとが2日、語った。 日本も同じようなものだろう。 GDPが減れば、税収も減る。 当然、公務員に高い給与を払い続けることは不可能だ。 2011年の東日本大震災の後、民主党政権は国家公務員の給与を2年間減額した。 主にボーナスを減らし、平均年収約800万円のところ、2年間の合計で1人につき102万円の減額とした。 そもそも、国家公務員の給与は民間の実態に合わせて毎年見直すことになっている。 人事院が毎年、大手民間企業の給与を調べ、それに合わせた増減を国会に勧告する。 お手盛り調査ではあるが、民間の景況をゆるやかには反映することになっている。

次の