ローランド サッカー 選手。 ローランド(松尾風雅)は昔柏レイソルでサッカー?名言・学歴まとめ

ローランド(ホスト)のサッカーの実力は?プレー動画や画像、プロ選手の友達も!

ローランド サッカー 選手

2月末のJリーグ開幕直前、フットボールへの愛を語っていたローランドさん。 プロのサッカー選手になることだけを目指して、無心でボールを追いかけた少年時代だった。 中学時代を育成の名門として知られる柏レイソルのアカデミーで、高校時代を屈指の名門・帝京高校で過ごし、「プラチナ世代」と称された1992年度生まれの一員として青春時代のすべてをサッカーに捧げた。 残念ながら、プロ・フットボーラーになる夢を叶えることはできなかった。 それでも、一発逆転を夢見て飛び込んだ夜の世界で、厳しい勝負の世界の頂点に立った。 そこまでたどり着いて初めて、「一度は嫌いになったサッカーをもう一度好きになれた」と口にする。 とある金曜の夜。 舞台は新宿・歌舞伎町。 この街のナンバーワン・ホストとして知られるローランドは、どこまでも熱く、真剣に、どこまでも楽しそうにサッカーとJリーグを語った。 すべてのパワーをサッカーに注いでいた。 始めたのは幼稚園の時。 でも、理由がわからないくらい、気づいた時にはもうボールを蹴っていたという感覚です。 もちろんプロを目指していましたし、それ以外の目標はありませんでした。 だから、どうやったらいいプレーができるか、ゴールできるか、ずっとそればかり考えていました。 ものすごくストイックにサッカーのことだけを考えて生きていましたし、少し極端なくらいに、サッカーに必要なこと以外はすべてムダに感じていた気がします。 例えば、『学校に行く暇があったらボールを蹴っていた』なんて逸話がブラジルにあると聞けば、それを信じて『勉強は悪だ!』と思い込んでしまったり。 恋愛もそう。 そういうものをすべて犠牲にして、すべてのパワーをサッカーに注いでいました。 技術的な意味ではずっと『ヘタクソ』と言われ続けていたので、足元のうまい選手がうらやましかった。 そういう選手との差は、ずっと感じていました。 宇佐美と対戦、身の丈を知ってしまった。 本当にすごい学年でしたね。 宇佐美貴史(ガンバ大阪)選手が17歳でACL(AFCチャンピオンズリーグ)に出場してゴールを決めたり、宮市亮(ザンクトパウリ)選手がJリーグを経由せずにアーセナルに加入したり。 彼らはU-17ワールドカップであのネイマールやフィリペ・コウチーニョがいるブラジル代表と対等以上に渡り合っていたし、もっとさかのぼれば、U-13の世界大会で優勝して世界一になっているんですよ。 だから、子どもの頃から思っていたんです。 「俺らの世代って、もしかしたら史上最強なんじゃないか」と。 ちなみに宇佐美選手とは1度だけ対戦したことがあるんですが、もう、本当にうますぎて何もさせてもらえなかった。 宮市選手とも高校時代に対戦しましたけれど、圧倒的に速すぎて、まるで教習所に1台だけフェラーリが走っている感覚でしたね。 忘れもしない、2010年11月13日ですね。 都大会の決勝で駒澤大学高校に負けて、僕のサッカー人生は一度終わりました。 「これ以上ない」と言える努力をしたという自負があったし、これでダメなら、もし人生が3度、4度とあっても絶対にプロにはなれないと思える努力をしました。 そういう意味で、最後の試合が終わったあの瞬間は、清々しさと悔しさが入り混じった複雑な感情になりましたね。 今でもうまく説明できません。 何しろ、ずっと追い続けてきた「プロになる」という夢がかなわないことを実感した瞬間だったわけですから。 人生であれ以上の屈辱を味わったことはありません。 裏切られた気持ちになって、あれだけ好きだったサッカーを遠ざけるようになってしまったんですよ。 エネルギーはサッカーで味わった悔しさ。 目の前が真っ暗になって「何をしたらいいんだろう」と思った。 でも、このままで終わりたくない。 絶対に逆転したいという思いだけは強かったんです。 自分の力で人生を変えるなら、水商売しかない。 自然と、歌舞伎町に足が向きました。 僕の場合は、悔しさがエネルギーでした。 サッカーでプロになることができなくて、落ち込んで、俺は何やってるんだと自分を責めたこともあります。 でも、この業界で頑張って、結果を出して、周りに認められることで自尊心を取り戻すことができた。 自分を好きになることができたと思うし、そういう状態になって、初めて「好きなものは好きなままでいたい」と思えるようになったんです。 で、テレビで放送されていたサッカーの試合を観てみたんですよ。 やっぱり面白いんですよね。 ホストの世界で自分をここまで押し上げてくれたエネルギーは、間違いなくサッカーからもらったものだった。 頑張ってよかったなと思います。 ホストとして頑張れなかったらたぶん今でもサッカーが嫌いなままだったと思うから。 今の自分は自分のことが好きだし、サッカーのことが好き。 あそこで人生をあきらめなくてよかったと思いますね。 セレッソ大阪には感謝してもしきれません。 「言葉にできない」とはとてもありきたりな表現ですけれど、本当に、言葉にできないくらいの感動がありました。 入場の際、一歩一歩普通に歩いていたように見えて、「これが夢見ていたピッチか」と、溢れ出る思いを抑えることができなかった。 あきらめなければ夢は叶う。 少し形が変わったとしてもちゃんと叶うことを自分自身で証明できた瞬間でもあって、またひとつ、自分自身を認められた気がします。 自分にとっては本当に素敵な、きっと死ぬ間際に思い出すんだろうなと思える最高の瞬間でしたね。 普段からJリーグの舞台に立っている選手からすれば、もちろんもともと才能のあるプレーヤーで、「俺だからそこに立っている」と思えるかもしれません。 でも、プロになった彼らを頂点とするなら、その下には、僕を含めて本気で目指したけれどプロになれなかったプレーヤーが数え切れないほど存在するわけです。 だから、僕にとってプロのピッチは、いつまでたっても夢の場所であり、本当に夢をつかんだひと握りの人だけが立てるところ。 僕にとってJリーグは、永遠の憧れです。 キラキラとした夢の空間です。 プロ・フットボーラーは夢のような仕事であり、最高の幸せだなと思います。 主役になるために必要なこと。 僕は柏レイソルのアカデミー出身なのですが、今はもう、夢を叶えてくれたセレッソ大阪の大ファン。 新加入の西川潤選手には期待していますし、昨シーズンの久保建英選手のような活躍を見せてほしいですね。 主役のなり方ですか? 個人的には、主役のなり方よりも脇役のなり方のほうが難しい。 主役になる方法を教える代わりに、脇役になる方法を教えてもらいたいですね(笑)。 サッカー選手としての僕自身がそうだったように、身の丈を知ってしまった時点で限界が決まってしまう。 これは特に若手選手に当てはまることかもしれませんが、ミスをしたっていいんです。 サッカーは、たった1つの美しいプレーで称賛されるスポーツですから。 だからこそ、身の丈を知らずに突っ走ってほしい。 「そんなもの知るか!」という気持ちでプレーし続けることが、主役になる、さらに上に行く、もっともっと輝くための秘訣なんじゃないかなと思います。

次の

ローランド・ホストの元の顔・本名や学歴は?父親や妹もスター!

ローランド サッカー 選手

「ソノサキ」で、歌舞伎町ホストの帝王・ローランドさんが出演します! 「群雄割拠の歌舞伎町ですが、歌舞伎町にホストは2種類しかいません。 ROLANDか、それ以外か。 」 「女性はパンと水とローランドさえあれば生きていける」 「ローランドであることが天職」 「俺が見上げるのは星空だけ」 などなど数々の名言、桁違いに豪華な暮らしぶり、しかし優雅で品格漂う物腰など、とびぬけた魅力で圧倒的な別格感をかもしだし、テレビに出るやいなやファンを急増させた歌舞伎町のホストの帝王・ローランドさん。 1晩で6000万円を稼いだという伝説は、すでに日本全国に知れ渡り、すでに伝説ではなくファンの基礎知識 笑。 外見やビッグマウスだけではなく、この人のポリシーは一貫性があり ホストの生き様を貫いています。 どんな道でも極めれば一流で、ただただ凄いと思います。 プロ意識が非常に高く、ホストという職業において「お客様に最高のパフォーマンスを提供するため」お酒を一切飲まないという信念を貫いています。 仕事第一の人で、従業員が実力を発揮できるよう、徹底した配慮を怠りません。 下の人の面倒をしっかり見てます。 今回は、ローランドさんの基本的な経歴・プロフ、整形前の顔などについてまとめました。 【参考】 ローランドさんの本名や昔の様子は? まずは基本的なプロフィールを確認。 本 名: 松尾風雅 源氏名:ROLAND(ローランド) 旧芸名:東城誠 生年月日:1992年7月27日 2019年で27歳 出身地:パリ出身、東京で育つ。 え?待って笑 この前YouTubeで歌舞伎町のホストのROLANDって人みたんだけど、風雅じゃん!!笑 びっくりだわ!小学校の頃と全然違ってびっくり!!笑 サッカーの天才チームメイトが有名ホストになってんのは衝撃でしょ笑 — たっつん gaaaaki0622 怪我で挫折してしまい、Jリーガー選手になるのを諦めたローランドさんは高校を卒業して一瞬大学に進学しますが、 一週間で退学してホストの道に入ります。 ローランドさんが「東城誠」の源氏名を使っていた時代のから、高校時代のサッカー部のユニフォームが掲載されています。 このよせ書きの中に「風雅」と書かれてあります。 黄色く囲った枠の中に「風雅へ」、左下のピンクの丸の中に「拓斗」という名前が見えます。 画像はからお借りしました。 「シャツの中と同じように「土井拓斗」というチームメイトがいたことがわかります。 これで、赤シャツとこのメンバー表に関連性があることが証明されました。 そして、上の赤シャツの水色の丸の中は 「小門勇太」という名前が書かれていて、この人は、現在湘南ベルマーレで活躍中のサッカー選手で、 ローランドさんと同じ年生まれです。 これらのことから、ローランドさんの本名は以前から「松尾風雅」説がささやかれ、濃厚でした。 そしてローランド様は、2018年10月からさまざまな法人を設立しているのですが、その代表者名の欄に 「松尾風雅」と記載されていますので、 確定です。 ローランド様の小学校時代のエピソード 小さい頃から、自分の徹底したこだわりを持ち、そして貫き通していたローランド様。 当時、小学校ではカードゲームが流行っていましたが、「流行とは自分で作り出すもの。 あれを流行らせたのは俺じゃない」と、当時からそういう考え方を持ち、けっしてゲームに加わりませんでした。 友達が流行のカードゲームに夢中になっているあいだ、ローランド様が夢中になっていたのが映画。 『ゴッドファーザー』や『タイタニック』に影響を受けました。 中学校からプロのサッカー選手を目指し、Jリーグ下部組織のチームに所属します。 ローランド様の高校時代のエピソード ローランド様は運動神経も抜群。 なんとサッカーの名門・私立帝京高校にサッカー特待生として進学します。 そして実家から離れて寮生活になり、今では信じられませんが周囲に女性がまったくいない、 男浸けの青春を送っています。 こういう特殊な環境では、勉強の成績よりも周囲の同級生たちとのトークを楽しみ、笑いを取ると一目置かれるそうです。 ローランド様はもちろん、周囲の男子学生たちもたいへん頭の回転が早い子たちが多く、しぜんと話術が鍛えられる環境にありました。 ローランド様の大学中退の理由 ずっとサッカーに情熱を傾けていた青春時代。 しかし、全国大会の決勝戦で敗退ししてプロサッカー選手の夢を絶たれ、激しい虚無感に襲われたローランド様。 学校と両親のすすめで、いちど帝京大学に推薦入学しています。 しかし、入学式にして感じたのは「ここは俺の居場所じゃない」という違和感で、たった 1日で退学。 理由は、大学の入学式で感じた「恐怖」だったといいます。 大学入学式初日のときに、人生の先が見えてしまったから。 よく人って、「先の見えない人生は怖い」って言うじゃないですか。 でも、そのとき知ったのは 「先は見えたほうがもっと怖い。 それ以上上にいけない、これ以上行けない」とわかったとき に、すごく恐怖を覚えた。 自分の未来が閉ざされる恐怖を肌で感じたローランド様は、入学式の翌日すぐに退学届を提出。 その足で18歳で「先の見えない」ホストの世界に入り、1年間の下積みを終えると、ホスト界でさまざまな伝説を残し、現在の不動の地位を確立しました。 スポンサーリンク ホスト界に入ったきっかけ もともと学生時代に、売れっ子ホストの特集番組をテレビで見たのがきっかけで、もともと「ホストになる」ことは、頭の片隅にあったそうです。 大学の入学式から数日後、周囲の大反対を押し切って新宿ALTA前に立ち、最初に声をかけてきたホストクラブ店に入店。 最初の1年間はまったく売れず、歯磨き粉を食べたいと思うこともあり、この時代は自分を指名してくれたお客様を、ママチャリの後ろに乗せて出勤したとか(すごいな……)。 次第にお客さんが増え、どんどん売り上げが伸び、入店から1年半ほどで売上1000万円を記録。 2年後にはお店を買収し、オーナーになりました。 しかし、経営の知識がなかったためすぐにお店はつぶれかけ、さらにローランド様の人気に嫉妬した新しいオーナーに、自分が買い取った店を追い出されてしまいます。 転んでもタダでは起きないローランド様は、2014年から多額の移籍金で「プラチナ本店」に移籍。 300万円踏み倒された苦い経験から売掛をいっさいせず、ここからスターダムを一気に駆け上がったのです。 ローランドさんの元の顔は? 金髪ロン毛でスーツを筋肉で着こなす歌舞伎町ナンバーワンホスト・ローランド様。 ローランド様はよく知られているように、 総額1000万円もする整形手術を受けています。 もともと非常に男性らしい顔立ちでしたが、高校時代は、なぜかモテなかったとか^^;。 なんでだろう。 ローランドさんは「VERTE CLINIC」という美容整形外科で整形手術をしています。 まだ本格的な金髪じゃない頃の貴重な画像。 本格的な手術時期は2015年の前半頃で、22歳頃だったようです。 少しずつ整形していったのでしょう。 金髪になりました。 カリスマ東城誠さま。 Rr叶真矢代表。 山P楓ルイプロデューサー。 あ、そっくりです。 つい最近までなかなか出身がわかりませんでしたが、ここまで顔が変わっていたら、テレビに映っても地元の友人だって判別がつきませんね。 18歳でホストの世界に入って4年ほど経過した後の大変身。 今も、少しずつ微調整しているようです。 歯もすべて矯正している ローランドさんは週に1度は歯のメンテナンスのために歯医者に通っています。 実は歯も矯正していて、自分の歯はもう一本もありません。 500万円かけてインプラント手術をしているんです。 ローランドさん曰く、「ホストにとって歯は見えないオシャレであり勝負下着。 せっかく来てくれたお客さんがホストの茶色い歯を見たらどう思います? 歯の矯正は、ホストとしての必須業務ですよ」と言い切っています。 ローランド様の仕事意識の高さ 普段はお酒好きのローランド様。 しかし、 完璧な接客をするためにお酒は不要と言い切り、仕事中にはぜったいにお酒は飲まない、というプロ意識の高さが、また魅力的。 酔っ払って乱れて、女性に残念な思いをさせたくない、ムラのない100%の接客を心がけています。 また、身体づくりにも余念がなく、少しでも時間を作ってジムに行き、旅行に行くにしてもトレーニングウェアを持参するという徹底ぶり。 毎日1時間は身体を動かすようにしているとのこと。 「今日は疲れたな…一日くらいいいかな」と、誰でも思う時にこそ、ファンの声をフラッシュバックさせるのがローランドさん! ・お客さんをがっかりさせたくない ・お客さんを喜ばせたい この思いから、全てをファンのため徹底させています。 枕営業の噂は? 生き馬の目を抜くようなホスト業界で、みごとナンバーワンの座を掴んだローランド様。 現在では非常にストイックに、自分の哲学を持って仕事している方というのはよくわかったのですが、ここまでスターダムにのし上がる前の時代については、どうだったのでしょうか。 枕営業とかあったのでしょうか? そのことについても、東城誠時代のローランドさんはしっかり回答しています。 東城 お客さんにとって「ホストとヤる」っていうのはゴールなんです。 だから、「完全にヤレない」存在というのは夢がない。 僕は、その駆け引きをUFOキャッチャーだと思っていて、例えばUFOキャッチャーで3万円使っちゃったら、景品が落ちるまで立ち去れないでしょう? それと同じで、 僕に1,000万円くらい使っちゃったお客さんは、薄々「ヤレないだろうな」と感じていても、 もう立ち去ることができなくなる。 僕ならその状態で、あともう1,000万円使わせられると思いますけど。 それがホストの仕事です。 やっぱり、夜のお仕事は肉体関係の話も出てきますが、ローランドさんは 「たくさんのお金を使ってくれる人とそうでない人に差をつけた接客をするのは、それは ホストとしてのマナーです。 これは『差別』ではなく『区別』です」という真摯なコメント。 「ローランドさんと過ごす時間」を調整することで、たくさんお金を使うお客さんの隣には長く居て、そうでないお客さんのところには短めに切り上げる形で、「時間」で調整しているとのことです。 スポンサーリンク ローランド様の家族は? こんな大スターを輩出したローランド様、いったいどのような家族に囲まれて育ったのでしょう? やはり、お父さんの影響が大きいようです。 ローランド様の父親はミュージシャン? 「父親と自分の人生は別」という、ローランド様一流の矜持から、現在に至るまでお父さんの名前は明らかにされておりません。 ローランド様は特に父親からの影響を強く受けていて、小学生の頃から自己主張や好き嫌いの強かったローランドさんは、給食も食べたくないものは残す子供でした。 担任の先生は、ローランド様の実家に連絡し、「お子さんが給食を残すので困る」と連rなクを入れたところ、お父さんはこう答えたそうです。 「何でも好き」とか「どっちでもいい」という人間の好きという言葉に、一体何の価値がありますか? 嫌いなものを、しっかりと嫌いと言えない男にはなるな。 息子にはそう教えています。 なんと芸術的な回答でしょうか。 普通の親なら「すみません」と学校の先生にペコペコ腰を折り、他人の意見をそのまま子供に垂れ流すのがデフォです。 ローランド様の芯の強さは、この頃からお父さんによって培われて、その美意識もお父さんによって守られたものでした。 実はローランド様の実家はかなりのお金持ちのようで、父親はミュージシャンで、しかも会社経営者という噂は以前から流れています。 ギタリストの松尾洋一さんでは?と言われています。 松尾洋一さんは かつて影山ヒロノブさんがボーカルを務めるバンド「AIRBLANCA」で活動していたという、その道では有名なギタリスト。 ローランド様はと投稿しています。 G:堀崎 翔 G:松尾洋一 Ba:村上 聖 Dr:土橋 誠 Key:岸田勇気 松尾洋一さんが出演されているので、これはかなり濃厚でしょう。 なお、ローランド様は公式ブログの中で「父はGACKTと共演したことがあり、やっぱりGACKTさんはオーラが違う」というようなことを記載していました。 あと、昔の源氏名・東条誠さん名義のプロフィールに、「パリ出身」って書いてたんですよ。 ホスト用のプロフィールかなと思ってたんですが、父親がこのような一流ギタリストなら、しばらくパリで暮らしていて、そこでローランド様が生まれていても不思議ではありませんね。 ローランド様は、自分はこれからホストでやっていくと父親に告げた時、猛反対されて勘当されています。 後年、ホストで大成功したローランド様は仲直りに「ポルシェのカイエンをくれた」というエピソードを披露していますが……1000万円以上の車をプレゼントってすごいですね。 やっぱりお金持ちだったんですね。 ローランド様の母親は? お母さんについては具体的な言及はされていませんが、名前は「あけみ」さんというらしいです。 やはりお父さん経由でそのエピソードが流れてくるのですが、 男に生まれた幸せは、惚れた女を大切にし、喜ばせ、そして振り回されることだ。 と、中学生のローランド様にそう諭したお父さん。 なんと、(家の中は別ですが)外出先ではローランドさんの父親は、母親にドアノブに触れさせたことがなく、徹底したレディファースト文化を持つジェントルマン。 ローランド様とは「友達のような付き合い」で、お母さんのバースデーには宝塚に連れて行ったというほど仲の良い関係です。 たぶんタダ者ではないです。 【参考】 ローランド様の妹は? ローランド様には双子の妹さんがいるのですが、これが相当のハイスペック女子。 イタリア語• フランス語• 日本語 の4ヶ国語を話せるため、旅行に行った際は通訳として連れて行ったと答えてます。 2017年9月時点でフランス・パリに住んでいて、そのときローランド様はパリを案内してもらっています。 ローランダーとしては本当に羨ましいことですが、 ローランド様は妹さんをとても大事にしています。 溺愛している妹さんに彼氏ができたと知ったとき、ローランド様は大ショック。 即妹さんに電話し、「オレ以上にお前を幸せに出来る男は俺だけだ。 彼氏なんて作らなくてもいい、何なら俺が養ってやる」とまで言ったローランド様。 妹さんの返答は 「お兄ちゃん、ウザイ」という一言で、ローランド様の心を粉砕しました。 また、妹さんが就職する時に、歌舞伎町のホスト界の帝王として、その珠玉のメソッドやアドバイスをすべて詰め込んだ、長文ラインを送っています。 ローランド様は、 膝から崩れ落ちたそうです。 ローランド家では、とにかく女性が強いようですね 笑。 ローランドさんの弟は? 少し年の離れた弟さんもいるのですが、どうやらバーテンダーをしている様子。 ローランド様のに記載があるのですが、書き方がちょっと気になります。 「仕事帰りに弟のBARへ」とあるのですが、この書き方、「弟が働いているBAR」なのか、「弟が経営している店」なのかがよくわかりません。 普通の感覚だったら前者の解釈になるのですが、 なにせローランド様の弟なので、後者の意味である可能性も否定できません。 ローランド様が働いている歌舞伎町のクラブから「仕事帰りに」寄れるのですから、そんなに遠くない場所にあるBARなのでしょう。 ローランド様とは5歳くらい離れている説がネットにありますが、ローランドさんはやっと27歳になったばかりなので、この弟さんも、まだまだ20代前半のはず。 ローランド様一家、恐るべし……。 まとめ:文章やコメントをたどっていくほど、すごく優しい人 2018年6月に彗星のごとくテレビに登場したローランド様ですが、なんと2018年末に引退しました。 2019年4月に新しいホストクラブをオープンし、プラチナ本店においては、ホストではなくプロデューサーとして関わっていくことをで発表しています。 ブログやツイッター、今までの番組を見ていると、とても真面目で優しい人だということがわかります。 ローランド様の本質を知れば知るほど、素敵な男性ですね。 ホストを引退しても、またテレビに出てくれると期待しています、待ってます! 当ブログは、ローランド様を応援しています! 【参考】 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の

ローランド(ホスト)の本名と元の顔・学生時代/帝京サッカー部に今の原点があった!

ローランド サッカー 選手

ローランド(ホスト)のプロフィール紹介! ジム終わりに1枚。 本名:不明• 旧活動名:東城誠• 生年月日:1992年7月27日(27歳 2020年2月現在)• 出身地:東京都• 血液型:AB型 実はローランドさん、 サッカーの名門校として有名な 帝京高校出身なんです。 そのため サッカーも上手いらしいです! 高校卒業後に大学へ進学するも、中退してホストの世界へ。 18歳でホストデビューを果たし、しばらくは下積みの日々を過ごします。 そして 弱冠 20 歳にして、当時勤務していたクラブの代表に就任! デビューしてからわずか2 年で代表の座に上り詰めたわけですよ。 すなわち ローランドさん含め、 5 人家族ということになります! そしてローランドさんの父は、なんと 現役プロギタリストなんだとか。 さらにバックミュージシャンが所属する事務所の経営者でもあるそうで…。 親子そろって会社の代表を務めているだなんてすごいです。 しかもローランドさんと喧嘩をした際は、 仲直りの印にポルシェのカイエンをプレゼントしたらしいですしね。 やはり 父もローランドさん並みにリッチです(笑) また噂によると?とも言われています。 もしかしたらいずれ親子でテレビ出演するかもしれませんね。 妹さんは2017年からパリに留学しており、弟さんはバーを経営しているそうです。 ちなみに妹さんはというと、 超絶美人でなんと!!!なんだとか!! ということはローランドさんにソックリなんでしょうか? 双子でも二卵性の場合はそれほど似ないと言われますしね。 実はローランドさん、 整形したことをすでにカミングアウト済みなんです。 なんと整形手術にかかった費用は 1000 万円オーバーだとか!ビックリですね。 そこでローランドさんのホスト時代で 整形前の元の顔がわかる写真を探してみたところ、こちらの画像が出てきました。 整形のビフォーアフターを公開してるとかある意味男気あるよね。 net ローランドさんの整形前の元の顔(すっぴん素顔写真)と整形後の現在の写真(若干のメイクあり?)とが並んでいますね。 こうして比較してみると、確かに元の顔とかなり違いがあります。 どちらもすっぴんなので、どこを整形したのか一目瞭然です。 同一人物と言われても、ついつい 「本当?」と疑ってしまいたくなるレベルです。 調べてみると、ローランドさんが受けたとされる施術内容が出て来ました。 鼻のプロテーゼ(隆鼻術)• 鼻中隔延長術• 鼻翼縮小• 鼻翼拳上• 涙袋生成• 歯の矯正• 眼瞼下垂• 眉間プロテーゼ こうして並べてみると鼻に関する整形手術が一番多いですね。 また、ローランドさんが整形でもっともお金をかけたのは 歯だそうです。 たしかに真っ白!おそらく セラミック矯正をしたのではないでしょうか。 お客さんと話す仕事なので、特に歯には気を使ったのでしょうね。 顔の整形にかかった 費用は1000万円のうち、 「歯」に関してだけでも 400万円の費用がかかっているといいます。 さらに高校時代の画像も見つかりました。 com サッカー選手だったこともあって典型的な スポーツ少年といった 凛々しい顔つきで、鼻翼が広く目も一重だったことが分かります。 やはり目と鼻が変化するとだいぶ雰囲気が変わるんですね。 ローランドさんの整形前の素顔はとても男らしい感じがします! 整形しなくても全然OKなのでは?という印象ですが…そこはご本人にしかわからないところですからね。 ホストであるローランドさんなりの美学・信念に基づいて整形に踏み切ったのでしょう。 能天気な人は嫌いだけどポジティブな人は好き。 整形をカミングアウトしていることも潔くて好感度に繋がっているようですし、カッコイイというのは 外見は当然ですが、特に内面のことも指しているようです。 確かにや振る舞いからは、余裕と自信が感じられますよね。 地道な下積み時代を経てここまで来たわけですから、やはり大変なこともたくさんあったでしょう。 しかしその大変さを微塵も見せず、常にカリスマホスト・ローランドとして存在感を発揮しているわけです。 この生きざまは最高にカッコイイですよね。 また、いつでも最高のパフォーマンスを発揮できるように、日頃の負荷の高いトレーニングも欠かさないというローランドさん。 美しい容姿に反して鍛え上げられたがさらにカッコよさを倍増させていると思います。 肉体美に加えても気になるところですね! 一般的にホストというと女性に人気があるイメージです。

次の