ホロスコープ 二重円。 トランジットチャート(三重円)【占星術・ホロスコープ】

ホロスコープの三重円の作成・読み方・アプリの紹介|FRACTAL

ホロスコープ 二重円

こんばんは、村上碧です。 今回は少ーし発展的な内容になりますが…「トランジット(経過)」という言葉を聞いたことありますか? トランジットとは占星術の技法のひとつで、今リアルタイムで実際に運行している天体たちから、今自分がどんな影響を受けやすいのかをさぐることができます。 次回アップ予定の「プログレス(進行)」とともに重要になってくる学習項目です(エレオノーラでは発展講座で学習します)。 ネイタル(出生図)が読めるようになると、だいたどの本や講座もトランジットとプログレスについてふれていきますが… このふたつを終え、いわゆる「三重円」が読めるようになると、占星術中級者にレベルアップするイメージでしょうか。 Contents• トランジット(経過)って、何がわかるの? お話を元に戻しますね。 トランジットでわかるのは、「外的な影響」…つまり、「本人の意思とは関係なく、外部 環境や他人 からもたらされる要素や流れ」です。 (反対にプログレスは「内的な要素」…本人の内面・心境の流れを示します) トランジットはだいたいネイタルとトランジットを重ねた二重円、またはネイタル、プログレス、トランジットを重ねた三重円で読むことが多いですが… トランジットの天体がネイタルの天体に対してどんなアスペクトを取っているか、ネイタルのどのサイン・ハウスに入っているかなどを見ることによって、今自分がどの天体から、どんなことに影響を受けやすい時期にあるのかがわかるわけですね。 とまあ文章だけで説明していても「んん??」だと思いますので(笑)、実際にネイタルとトランジットの二重円を出してみてみましょう。 実際にトランジットチャート(経過図)を見てみよう これが実際のトランジットチャートです。 (二重円チャートは占星術ソフト・ケプラーで出しています) 内側にネイタルチャートが出ているのですが、その外側にもうひとつチャートが出ていますよね。 この外側のほうがトランジット(経過図)になります。 例えば、例のトランジット図の場合、ネイタル(内円)の太陽に対して、トランジット(外円)の火星がトラインの角度を取っています。 これは、今このホロスコープの持ち主は太陽の示す事柄に、火星の力強く情熱的なエネルギーが、外部から穏やかかつ調和的な形でもたらされている時期であることがわかります。 また、同じくネイタルの太陽に対して、トランジットの水星はオポジションを取っています。 これは、今このホロスコープの主は太陽の示す事柄に、外部から水星の知性的、論理的なエネルギーが良くも悪くも極端な形でもたらされている時期であることがわかります。 このようにトランジットでは、ネイタルの天体が示す事柄や資質に、リアルタイムの星々の配置が、どんなふうに影響しているかを読み取れるわけなんですね。 吉星ならいい影響が、凶星ならよくない影響が起こるイメージで 10天体はベネフィック(吉星)とマレフィック(凶星)にわけることができます(水星だけ中立)。 ベネフィック・マレフィックの分類 【ベネフィック(吉星)】 太陽、月、水星、金星、木星 【マレフィック(凶星)】 火星、土星、天王星、海王星、冥王星 【中立】 水星 このように、タイムリーに影響を受けている(ネイタル天体とのアスペクトや入っているサイン、ハウスなどのからみで)天体の種類によっていわゆる「吉凶」がわかれてきます。 ベネフィックであればその天体に応じたいい影響が、 マレフィックであれば、その天体に応じたよくない影響が外的な影響で起こりやすい。 そういったイメージを持つとわかりやすいでしょう。 ただ、わたし自身はあまり吉凶という言葉が好きではないです。 ぜひ「良いか悪いか」「当たるか当たらないか」ではなく、 「成長に向けて動くべき時か、休むべき時か」 「この星のエネルギーをうまく使うにはどう工夫すべきか」 という視点でチャートを読んでいただければ…と思います。 トランジットチャートを無料ホロスコープ作成サイト、Astrodienstで出すには? じつはネイタルとトランジットの二重円を、無料ホロスコープ作成サイト、Astrodienstで出すことができます。 Astrodienstで出すとこんな感じです。 Astrodienstだとあんまり二「重」円というかさなり感がないんですけども(笑) Astrodienstでネイタルとトランジットの二重円を出すやり方は、こちらのページをご覧ください。 しっかり図解入りで解説します^^.

次の

★西洋占星術でホロスコープを作成するには?

ホロスコープ 二重円

ホロスコープの三重円とは? そもそもホロスコープとは、天体や星座の配置によって人の運命や性格を読み解いていくもの。 それではホロスコープの三重円とはどのようなものなのでしょうか。 一重円 出生図(ネイタルチャート) ホロスコープの三重円とは、簡単に言うと、三つの種類のホロスコープがひとつになったものということになります。 これら三種類のホロスコープをひとつに重ねて読み解いていくことから、ホロスコープの三重円と呼ばれています。 まず一種類目の円が「出生図」と呼ばれるもの。 これは「ネイタルチャート」とも呼ばれるもので、その人が生まれた瞬間の星の配置を表しています。 この出生図は、出生時刻や場所などは変わらないため、生涯を通じて変わらないもの。 つまり、その人が生まれ持っている宿命や運命、性格といった要素を表します。 この出生図は、その人を占ううえで基本となるホロスコープです。 二重円 進行図(プログレス) ふたつめのホロスコープ、つまり「二重円」となるのが「進行図」です。 進行図はプログレスという呼び方をされるもので、出生の瞬間から移動していく天体の動きに注目したもの。 星座も天体も、自転や公転などで少しずつ場所を移動しています。 また、天体はそれぞれの場所によって他の天体と作る角度なども異なるため、移動によってその人に大きな影響を与えます。 この進行図は、その人の内部の進行を表しています。 つまり、心境の変化や価値観の成長といった、内面的な要素を表すのがこの進行図です。 三重円 経過図(トランジット) 三つ目の円である「三重円」は「経過図」と呼ばれています。 経過図は「トランジット」とも呼ばれるもので、これは現在の星の配置を表します。 いわば、現時点における最新の情報がトランジットです。 たとえば、生まれた瞬間はその人の出生図と経過図は一致しています。 しかし、出生図が生涯変わらないのに対して、経過図は変化を続けていくもの。 そのため、経過図は今現在の自分の状況を表すものとされています。 三重円は3つの要素を総合的に読み解くことができる この三重円を用いるメリットは、人の持っている要素を総合的に読み解けるという点にあります。 どのような人でも、生まれた瞬間から今現在に至るまでに、様々な経験を重ねて成長していきます。 その過程で、考え方や心境が変化することもあるでしょう。 この三重円は、その人の生まれた瞬間から今の状況に至るまでの変化を天体の動きを通じて読み解くのに最適な手法だと言われています。 トランジットから分かること それでは、これらの三重円からはどのようなことが分かるのでしょうか。 外的な影響 三重円であるトランジットからは、外的な影響を読み解くことができます。 ある程度成長した人の場合、自分の内面やものの考え方の基礎はすでに固まっているはず。 そこに外側からの刺激や影響が加わることで、人間の行動は変化していきます。 つまり、トランジットを見ることは、その変化がどのようなものかを知ることにつながります。 トランジット天体とネイタル天体のアスペクト、イン・ハウスに入っているか トランジットを読み解くときには、トランジットで現れた天体と、生まれ持った配置であるネイタルに現れる天体の関係に注目することが必要です。 それぞれの天体がどのハウスに入っているのか、またどのようなアスペクトを作り出しているのかを見ることで、その人がどんな影響を受けやすいかを知ることができます。 三重円の読み方 三重円は一見非常に複雑に見えるもの。 そのため、高い専門知識がなければいけないと考える方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、ポイントを押さえることで、初心者でも簡単に三重円が表すものを知ることができます。 まずネイタルでその人がどんな資質や才能を持って生まれてきたのかを読み解きます。 その後、プログレスで今現在の目的や、考えていることなどを理解します。 加えてトランジットで今受けている影響や、これから受けるであろうと考える影響などを予測していきます。 つまり、その人の成長過程に合わせてホロスコープを読んでいくと、自然に三重円のそれぞれが示すものが見えてきます。 まとめ 三重円は見慣れないうちは非常にややこしく感じられるもので、つい苦手意識を抱いてしまいがちなものです。 しかし、見慣れてくれば自然にそれぞれのホロスコープが表すものが分かってくるはず。 三重円が読めるとリーディングも正確に、幅広く行えるようになるため、占星術に興味がある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

ホロスコープで『相性』をみる方法

ホロスコープ 二重円

「METROPOLITAN」 シングルチャートのみの表示となりますが、とても見やすいホロスコープ無料作成サイトです。 アスペクトを組んでいる星を実線で表示してくれるので、わざわざ表を確認しなくても一目で判断する事が出来ます。 また、実線以外でもアスペクト表を表示してあるので細かな角度を形成している星も見逃す事がありません。 惑星もルーラーから引き出し線が出ているので、ハウスの際に滞在している惑星の居所が明確になっています。 サイン区分もすっきりとしているので、わざわざ数える必要がありません。 星座や天体の記号説明もあるので、占星術初心者にも親切なホロスコープ作成サイトと言えます。 「MyAstroChart」 プロも実際に使っている有名なホロスコープ無料作成サイトなので、御存知の方もいるのではないでしょうか。 表示出来るホロスコープも、シングルチャート、ダブルチャート、そしてこれからの星の動きの3種類を出す事が出来ます。 なかでも「これからの星の動き」は、今現在から何日後にどの惑星がどのハウスに移動しているかを知る事が出来るので未来予測にはもってこいです。 ホロスコープは実線が出ないのでアスペクトは若干解かりづらいと感じる人が多そうです。 星座区分も英語表記なので慣れるまでは時間が掛かるかも知れません。 しかし、アスペクトはメジャーアスペクトに加えて5種類もが詳細に表示されます。 まったくの初心者向けではありませんが、ある程度ホロスコープが読めるようになれば有効に使えるホロスコープ無料作成サイトなのではないでしょうか。 「nekomata's tarot page」 これは珍しい、三重円のホロスコープが描けるサイトです。 二重円が一般的なのですが、三重円ではプログレス法という方法を用いて未来予知をする事が出来ます。 1日を1年という特殊な星の読み方を行い、生まれた年から現在まで何があったのかが鮮明に現れていますし、これから先の未来も克明に表示されています。 プログレス法を使用するのはプロの鑑定士に限られてしまうかも知れませんが、通常の一重円、二重円ならば初心者にも使いやすく出来ています。 今よりも占星術の学びが深くなり、三重円も読み解けるようになったらこのホロスコープ無料作成サイトを利用すると良いかも知れません。 「ASTRO DIENST」 大きく見やすい表示で、ごちゃごちゃになり易い占星術の記号などがすっきりと表示されています。 アスペクトをはじめ、星座区分、出生図も全て表にまとめられているため、必要な情報が何処にあるか直ぐに解かります。 星同士の角度もメジャーアスペクトのみですが赤と青の実線で結ばれているので、見落とす事無くホロスコープが読めます。 まとめ 如何でしたでしょうか? ホロスコープの無料作成サイトと言っても、沢山の種類がありますね。 初心者向けの物からプロ仕様のものまで、自分のレベルに合わせてサイトを使い分ければ有料のホロスコープ作成ソフトはいらなくなるかも知れませんね。

次の