恵比寿 パーティー。 パーティー向きのお店 恵比寿・代官山 | ヒトサラ

パーティーパーティー婚活パーティー体験談@恵比寿|婚活コンシェルジュ

恵比寿 パーティー

閉じる スタイル• ガーデン• テラス• 宴会場• 一軒家• 少人数対応 20人以下• 大人数対応 100人以上• 貸切 店舗• 貸切 フロア• 個室 スタッフ• 幹事代行可• 司会代行可• プランナー手配可• カメラマン手配可 特徴• 新郎新婦控室• クローク• カラオケ• ピアノ• プロジェクター• マイク設備• ステージ• バンド演奏可能• DJブース• 音響設備• 照明設備• 携帯の電波が入る• 会場に窓がある• バーカウンター• 夜景が見える• ホテル内 手配可能アイテム• プチギフト• ビンゴ• インスタントカメラ• 招待状・案内状・印刷物• ウェディングドレス• BGM• ゲーム各種• ブーケ• ウェルカムボード こだわり• 3時間以上利用可• 21時以降スタートOK• クーポン・特典あり.

次の

コース一覧 : マッシュルーム (MUSHROOM)

恵比寿 パーティー

情報と若者のファッションの発信地、渋谷。 品格ある街並みと都市的な魅力を備えた代官山。 その渋谷と代官山のほぼ中心に忽然と現れるガラスの建物は、 隠家的存在感と1棟貸しの貸切感を味わえます。 2Fと3Fを繋げる御影石の大きな螺旋階段は、CARATO71ならではの特徴です。 建築に71枚のガラスを使用し、71カラットのダイヤモンドをイメージして創られました。 4mを超える天井高と自然光の入るガラス面、御影石の床壁、螺旋階段は他にはない開放感あふれる空間です。 DJブース・マイク・プロジェクターを完備し、様々な演出やサプライズが可能。 バンド演奏もできますので、音楽をテーマに賑やかなパーティも素敵です。 コンセプトに合わせてお選びいただけるフードプランや豊富なドリンクと共に、お楽しみください。 低予算からわがまま演出まで対応します。 アペリティーヴォはもともとアペリティフ(食前酒)のイタリア語ですが、いまでは、軽めのカクテルやワインを片手に、おつまみをつまんだりしながら、友達と会話したり、その空間を楽しむひとつの文化的な意味を持つ言葉として使われるようになりました。 この文化は北イタリア、ミラノあたりから始まり、近隣のヴェローナや、ヴェネチアへと広まっていきました。 いまでは、ウィークデイなら夕方5時くらいから、週末なら午前11時くらいから町中の至る所でアペリティーヴォが始まっています。 とってもおしゃべり好きなイタリア人は、特に約束するわけでもなく、いつものバールやリストランテに併設されたワインバーなどに集まり、リズムのよい、独特のイタリアンアクセントで会話が弾みます。 とくに、人と合うのが好きなイタリア人。 仕事が終わったらすぐに家に帰るなんてつまらない!!「ちょっとアペってく??」なんていうふうに、数十分のつもりが、時間を忘れて3時間もしゃべりつづけることも。 おしゃべり好きなイタリア人にとってなくてはならない習慣です。 15名様以上で店舗の半分の貸切が可能です。 プロジェクター・照明音響設備も充実しているので、お客様の目的に応じたオリジナルなパーティーアレンジが出来ます! また、店内奥のステージを使ってのライブイベントやダンスの発表会等にもご利用いただけます。 お気軽にスタッフに相談ください。 最高の一日になるように、スタッフが全力でサポートします! 《最寄駅》 JR恵比寿駅東口 徒歩7分 地下鉄日比谷線恵比寿駅 徒歩10分 地下鉄日比谷線広尾駅 徒歩10分 《料理タイプ》 スペイン料理 ZONA ROSA(ソナロッサ).

次の

恵比寿の婚活パーティー/お見合いパーティー専用会場「恵比寿ラウンジ」

恵比寿 パーティー

1人で婚活は淋しい!友達を誘って婚活パーティーへ。 その時は俺1人で参加したので、パーティー開始前後の移動時間とかカップリング不成立の時とか孤独だった。 実際にその時参加していた人に中には、友達同士で参加している人もチラホラいた。 今回は彼女欲しいと嘆いてた友人を誘ってみた(二つ返事でOKw) では、友達と参加するのは全然OKだが、たまに1人参加じゃないと参加できないという主旨の婚活パーティーもあるので注意が必要だ。 選ぶ際は、参加条件欄をよ〜く見ておきたい。 手続きを進めて行くと、マイページ画面に自分のプロフィール入力しなければならない。 このマイページの情報は、今回俺が申し込んだ婚活パーティーで使われるiPadに表示されるので結構重要。 後々の事を考えると、しっかり入力した方が良い。 もし、マイページの情報が何もない空欄だと、当日使うiPad画面上も空欄になってしまう。 そうすると、そんな空欄のプロフィールを見た参加女性たちは何と思うか。 恐らく印象に残らないで終わってしまうのだ。 そんな事を俺は知っていたので、しっかりマイページを充実させパーティーに臨むことにした。 特に自己紹介は重要! 自己紹介欄は、休日の過ごし方やデートで行きたいところを書くらしいが基本。 なんでも書いて大丈夫。 一応全角で600文字まで書けるので、思う存分自由に書いた。 俺が書いた自己紹介はこれ! ・性格について いつものんびりマイペースです。 ・趣味について ヨーロッパサッカーをWOWOWで見たりしてます。 あとは、海外旅行が趣味で年に1回ペースで行ってます。 ・よく見るテレビ アナザースカイ、王様のブランチ ・好きな女性のタイプ お互いに趣味を分かち合える人がイイです。 こんな感じで、 自分でお題を書いてアンサーする形式だと楽。 これで、オリジナルの自己紹介が完成するのだ。 そもそも自己PRで重要なのは、いかにほかのライバル男性と差別化できるかだ。 差別化出来るように、好きに書けばよいのだ。 ちょっとした一工夫!応用編! 兄弟構成や趣味欄は、普通に記入してはもったいない! 兄弟構成の箇所に、例えば兄、妹と普通に書いてしまうのも良いが、俺の場合「一人っ子だけど寂しくないです。 」と書いてみた。 全角12文字以内までなら何でも書けるので、文字制限数を最大限に活用した方が良いだろう。 ギリギリまで使えるものは使うのが俺流だ。 それに、こう書いておけば「一人っ子って淋しくないですか?」って聞かれない気がする。 相手が聞きたい質問の答えを先に見せておくことで、その分別の会話が出来るので効率的だ。 同じように趣味欄も、全角15文字まで記入可能。 俺の場合、サッカー観戦(日本代表戦)、フットサル(友人とやってる!)、旅行(海外中心!)といった感じで、()使って補足情報を盛り込んだ。 こんな風に、出来るだけ詳細に書くことで、自分がどういう人なのか具体的に伝えると良いだろう。 友人と一緒に申し込んだ! 今回は友人と一緒に申し込んだので、パーティー会場付近で待ち合わせした。 割と久しぶりに友人に会うので、ちょっとお互いに近況報告とかしたいと思い、パーティー開始時間1時間前に恵比寿駅に集合した。 で、ちょうどパーティー会場の近くにマックがあったので、そこで1時間ほどたわいもない話をする事にした。 マック以外にもおしゃれなカフェなどあったけど、男同士の集まりなのでマックで十分だった。 「どうなの?最近仕事の方は?」 「いやーボチボチだねー」 「じゃ女の方はどうなのー?」 「そっちは全然ダメだねー」 そんなよくある男同士の会話が1時間ぐらい続いた。 パーティー時会場は、マックのあるビルの隣の隣ぐらいだったので、パーティー開始10分前ぐらいにマックを出た。 ビルの外壁にしっかり看板があったし、見つけやすいと思う。 因みに1階にはアイスという店名の美容院があった。 ガラス張りで中の様子がよく見える。 覗いてみるととってもオシャレな雰囲気の中のカットが行われていた。 さすが恵比寿という感じで、俺の地元にはないような美容院でビックリした。 俺も髪の毛が伸びてきたので、整えたかった。 もっと早く恵比寿に着いてれば、パーティー参加する前に1階の美容院に寄れたかもしれない。 パーティーに参加する前に、美容院でキレイにするっていうのも良いかも知れない。 オシャレなヘアスタイルで参加するれば異性からモテモテかも。 ビルの奥に入ると、フロアガイドがあった。 ところで、3階のキテレツって何の会社なのか気になってしまった。 どうでもいいけど。 エレベーターもなんとなくオシャレ。 このビル自体が最近建てられたのかもしれない。 エレベーターでは、知らない女性と一緒になった。 なんとなくタイミング的に同じパーティーに参加するのでは? 思った通りその女性も、同じフロアで降りた。 見た目は、目がパッチリとしていて北乃きいに似ているなって思った。 服装も、ベージュのピーコートとネイビーのスカートを着ていて、大学生っぽい感じだ。 この女性と後で話すと思うとドキドキというか楽しみになってきた。 受付 2階の受付では、クリスマスツリーがディスプレイされていた。 女性のスタッフが出迎えてくれ、まずはいつも通り本人確認の為に身分証明書の確認が行われた。 身分証明書としては、運転免許証とかクレジットカードでも大丈夫だ。 受付が終えたら、会場の奥へと案内された。 恵比寿会場は、全席が個室タイプになってた。 俺が以前参加した東京会場や有楽町と同じような雰囲気でとってもキレイだった。 恵比寿会場の雰囲気が好きな人なら、きっと東京会場や有楽町会場も気に入るだろう。 荷物置き場も完備! 途中、広々としたお部屋があって、そこが荷物置き場となっていた。 俺も手持ちの大き目なカバンを、そこに置くことにした。 ダウンとかコートとかも邪魔だったので、ハンガーラックにかけた。 個室で待機 スタッフ:「1番のお部屋となりますので、どうぞ!」 個室には番号が付けられていて、俺は1番の席となった。 部屋には、タブレットとナンバープレートとメッセージカードが置かれていた。 あと、小さな鉛筆があった。 一応パーティー当日の持ち物になっている筆記用具は、忘れても大丈夫のようだ。 他のパーティー業者の場合は、忘れた場合小さな鉛筆を貰えない事もあるのでそういう意味ではパーティーパーティーさんは良心的だ。 横には女性が既に着席していた。 ネイビーのロングスカートにニット系のトップスを着ていた。 足元はファー素材のショートブーツ。 なんとなく森系?カントリー娘?そんな柔らかい印象な服装だった。 着込んでいるせいで、スマートなのかぽっちゃりなのかよくわからなかった。 この女性と何を話そうか考えながら、パーティー開始を待った。

次の