テリーのワンダーランドレトロ 成長。 【テリーのワンダーランドレトロ攻略】完全マップ

【テリワンレトロ】超戦力!序盤におすすめのモンスターと入手方法(配合方法)|じっぺゲーム

テリーのワンダーランドレトロ 成長

DQM1 最強のダークドレアムへの道 ドラゴンクエストモンスターズ(GB版)ダークドレアムへの道 GB版の「テリーのワンダーランド」に準拠。 Switch移植版(RETRO)では通用しない部分もあるかも知れない。 まして2やPS版、3D版などでは全く異なるはずである。 1,配合早見表 基本事項: 通信プレイや、一過性のイベント(わたぼうを除く)は考慮しないが、利用できるならするべきである。 ダークホーンは迷いの扉のボスとして出てきたときに肉を与えれば捕獲可能。 スカイドラゴンは牧場でタマゴを入手することができる(怒りの扉クリア後は消える?)。 デスタムーア1が生まれる配合は両親が逆でも良い、つまり通信お見合いを使えば2体同時に作れる。 ????系の図鑑をそろえつつダークドレアムを作ることを考えている。 ダークドレアムのみが目的なら、竜王とミルドラースを第二形態にする必要なし) 第一、第二、第三形態ともゲーム中は同じ表記だが、ここでは便宜上数字を付けた。 赤字は他国マスターから奪う。 青字は野生で出現 上側が血統、下側が相手。 代用が存在する配合も多いが、もっとも楽だと思われるもののみ表記した。 とりあえず、グレイトドラゴンはアンドレアルでも可。 まおうのつかい りゅうおう1 りゅうおう2 ゾーマ デスタムーア1 デスタムーア2 デスタムーア3 ダークドレアム グレイトドラゴン スカイドラゴン しんりゅう やまたのおろち グレンデル アクバー ジャミラス シドー グレンデル ホークブリザード にじくじゃく ひくいどり 植物系 ローズバトラー まおうのつかい りゅうおう1 グレイトドラゴン ずしおうまる デュラン デスピサロ エスターク ミルドラース1 ミルドラース2 ひょうがまじん ゴールデン ゴーレム ようがんまじん スカイドラゴン しんりゅう やまたのおろち パオーム キングレオ パオーム ぶちキング ゴールデン スライム ひょうがまじん ゴールデン ゴーレム ようがんまじん デンタザウルス ホーンビートル さそりアーマー ホーンビートル スカルゴン ワイトキング ハーゴン バラモス ムドー ぶちキング ぶちキング メタルキング メタルドラゴン やまたのおろち 獣系 ダークホーン まおうのつかい りゅうおう1 グレイトドラゴン わたぼう 2,????系の配合の流れ 上の表を見て気が滅入ってしまったかも知れないが、焦らずにじっくりといこう。 まずは基本的なことを。 まず、 ダークドレアムの能力成長はすさまじいので、配合途中での能力を気にする必要はない。 Lv10を超えたらすぐ配合してしまって良い。 高レベルまで育てたキャラを途中で使うのはもったいない。 特技と耐性に関しては最後の配合の時に調整する。 つづいてモンスター捕獲時に知っておくと便利なテクニックなど• レミラーマ草、旅のしおり、聖水を駆使すれば難なく出会える。 一気に20階下へ。 他国マスターに会いたいときは、図書館やメダル王などの狭いフロアが出やすいところへ。 能力強化詩人が現れる可能性があるのも嬉しい。 アストロンを使っておけば、敵を倒すことなく肉を与えられるので便利。 「まだ仲間にしたことがないモンスター」は仲間になりやすい。 その場合、霜降り肉は1個で十分なことも多い。 作る過程でそれなりに増えると思われるが、 その程度では話にならない。 よって、配合で生み出したモンスターに野生で捕らえたものをどんどん付けるのが理想。 個人的にオススメしたい方法は、 メタルドラゴンをベースにドラゴン系(やまたのおろちは除く)をかけ続けること。 そして生まれてくるのも同じメタルドラゴン。 サンチの家の深層にLv50前後のドラゴンが出現するから楽に達成できるだろう。 なによりメタルドラゴン自身の能力値が高めなので、捕獲やレベルアップのお供にも最適。 なにより基本能力が弱めなので連れ歩くのが辛い。 他に主力を用意する必要がある。 その点、メタルドラゴンは自身が主力級の強さを持っている。 改めて上記の表をご覧いただこう。 表の下の方、ハーゴンの親のメタルキングの親としてメタルドラゴンの名前がある。 メタルキング自体は他国マスターも連れているがなかなか捕獲しづらいし、何よりメタルドラゴンを直接活用できる強みがあるためにこのルートを推奨する。 しかし、ただでさえ用途の多いやまたのおろちを余計に使う上、何度も祝福をする必要があるので費用がかさむ。 まだダークドレアムにはしないこと。 特技をつける ドレアムを作る過程では無視していたが、実戦で使うためには特技を考えるのは当然。 月並みだが、使えそうな特技を羅列しておく。 正直実戦は未経験なので穴はありそう、要検討。 (修得手段については気が向いたら書く予定) 攻撃系:ばくれつけん、さみだれぎり、すてみ、しっぷうづき、マヒこうげき、マダンテ 補助系:バイキルト、だいぼうぎょ、みかわしきゃく、さそうおどり、いてつくはどう、まねまね、パルプンテ 回復系:ベホマ、ベホマズン、ザオリク、ひかりのはどう、せいれいのうた 穴埋め:くちぶえ、トラマナ、レミラーマ MPは有り余っているのでベホマズンがあればベホマは不要に見えるが、使用条件が違うので併用することでより確実に回復できるらしい。 ひかりのはどうは無差別戦なら耐性が完璧だろうから不要だが、モンスターレート制(後述の攻略本による)なら出番があるかも。 くろいきりは2では有効なのだが、1だと敵側が攻撃呪文を持っていないと発動しないらしい。 故に、(封印中の回復手段として用いられる)めいそうは不要か。 「穴埋め」は、特技を8つ未満にしたい場合に採用する(忘れさせることはできないため、戦闘中に使えない特技で埋めておく)。 1では3つしかない、つまり最低でも5つの戦闘用特技を覚えさせる必要があるので、専門アタッカーを作りたい場合は注意。 これらの特技はわたぼうに覚えさせる。 これで任意の特技を覚えたわたぼうが出来上がる。 そのままデスタムーア 3 と配合させればよい。 この時、 両親の守備力の合計が500以上になってから配合することで、生まれてくるダークドレアムはドーピングせずとも全能力が999に達する。 一応、ダークドレアムに欠けている耐性をマダンテ以外で列挙すると、 メラ(ビッグバン)、ギラ、イオ、バギ、デイン、即死、マホトラ、ルカニ、炎の息、氷の息である。 (メラ、ギラ、炎の息がそれぞれ別属性扱いだったり、ビッグバンがイオではなくメラ扱いだったり紛らわしいが) このうち、即死とマホトラについては(デスタムーア3とわたぼうの配合で)確実に完全耐性となる。 バギ、デイン、吹雪に関しても半々の確率で完全耐性となる。 しかしこのゲームをプレイしているなら、ダメージ系の特技は何の役にも立たないことを承知しているはずである。 むしろ対戦においては、 無駄な特技を覚えている相手からそれを誘発させる可能性があるため、 致命的な耐性(即死、麻痺、休みなど)以外は完璧にしておかないほうが有利とさえ言えるのである。 ルカニ耐性に関しては、ひゃくれつなめ対策として必須なのではないかという指摘があるかも知れない。 ただし、AI判定では休み耐性を参照していたはずなので、ルカニ耐性が欠けていても問題ないはずである(要確認)。 気になる場合はぶちキングなどを配合すれば即死耐性を強化(維持)しつつ強化できる。 「実用度外視で完璧な耐性(いわゆるメタル化)のダークドレアムが欲しい!」という方もおられよう。 その場合はメタルスライム(メタルスライム、はぐれメタル、メタルキング、ゴールデンスライムでも可)をひたすら重ねがけすれば良い。 いずれもドレアムに欠落している耐性が完全なので、配合するごとに半々の確率で引き継がれる。 既にダークドレアム側でも完全になっている耐性ならば、これらと配合しても生まれる子供の耐性は下がることはないので、いつかはメタル化が可能。 耐性の確認は、牧場の扉の奥にいるマネマネを使うのがお手軽。 イベントクリア後も、テーブルに話しかければ何度でも戦える(バグっぽいがマネマネが化けているという解釈が)。 しかもボスフロアがタイジュ国内扱いなので、目の前でセーブすることも出来る。 パーティのうち、一番Lvが高いモンスターに変身する習性があるのでうまく利用しよう。 ちょうど、ドレアムがメタルスライムとの配合のおかげでザキを覚えているはず。 ちなみに、マネマネは倒せば何度でも仲間になる。 これはこれで非常に役立つ小技だがまたの機会に。 なお、耐性が上がったドレアムを他のモンスター(素のドレアムが持たない耐性を持たないモンスター)と配合すると、 せっかく上げた耐性が戻ってしまう。 要注意。 おもわずタマゴ鑑定士に見せたくなることだろう。 あとは孵化させて、レベルを上げるだけ!なのだが、最後の注意点として性格がある。 名称(仮) 上げるには… 下げるには… 高いと起こる可能性 低いと起こる可能性 勇敢さ ガンガンいこうぜ ぼうけんたん いのちをだいじに(小) めいれいさせろ こわいはなしのほん 打撃系コマンドが全て会心の一撃に 防御系コマンドの効果アップ 思慮深さ いろいろやろうぜ あたまがさえるほん ガンガンいこうぜ(小) めいれいさせろ ユーモアのほん 状態異常系特技が必ず成功 「やいばのぼうぎょ」確実に成功 優しさ いのちをだいじに やさしくなれるほん いろいろやろうぜ(小) めいれいさせろ ずるっこのほん 回復系特技がMP0に 「うけながし」確実に成功 やる気 めいれいさせろ以外 めいれいさせろ 「にげる」 あらゆるダメージが1. 5倍に 「みかわしきゃく」で確実に打撃回避 本で矯正できない上に、性格に反映されない「やる気」は注意。 特にはぐれメタル以外からは逃げていたりするプレイスタイルだとあっという間に下がってしまう。 なお、やる気以外は最大値(最低値)になると、本を読んでも「効果がなかった」となる。 基本的に、思慮深さと優しさは最大に、勇敢さとやる気は役割に合わせて最大か最低に合わせるのが良いと思われる。 (性格で言えば「ねっけつかん」か「にんじょうか」に) 性格に気をつけながら、ひたすらレベルアップに励む。 支配の扉の奥底でひたすらはぐれメタル狩りだ。 しばし感慨に浸るも良し、ドレアムの相棒の育成に取りかかるも良し。 最強のモンスターマスターへの道は果てがない。 特技と耐性の再調整について もしも特技が気に入らずに育て直したい場合、即死耐性が完璧なモンスターに必要特技を覚えさせてから配合すれば良い。 ぶちキングを使えば(即死耐性とルカニ耐性を維持しつつ)無駄なダメージ耐性を引き下げることもできる。 逆に、高めたダメージ耐性を維持したいのならば、メタルスライムなどを使えば良い。 広告 本作を対象としている中では最も充実した攻略本。 ファイナルエディションの名は伊達ではない。 おすすめ配合はなぜか耐性遺伝を1代限りしか考慮していなかったり、ダメージ耐性を過大評価しているのが気になるが、基本データは完璧。

次の

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド

テリーのワンダーランドレトロ 成長

・攻略本のレビュー記事を書きました。 サイトの信頼性 本サイトは、『テリーのワンダーランドレトロ』の攻略に特化したサイトです。 月間の閲覧数は43万回を記録しています。 サイトの信頼性がGoogleに評価され、『テリーのワンダーランドレトロ』のキーワードで検索1位を量産しました。 「テリーのワンダーランドレトロ」のキーワードで59個の検索1位を量産しました😌 トップ10入りを含めると130個ほど。 キーワードは全て関連キーワード取得ツール(Related Keywords)で抽出したもの。 やはりSEOライティングは重要です。 僕のブログ、kenblogでは「テリーのワンダーランド レトロ」の攻略記事が人気なのですが、なんとGoogleの検索窓で「kenblog」と入力するとサジェストワード(検索予測)で「kenblog テリー」と表示されるようになりました。 順番に読み進めることで、ほぼ間違いなくクリアが可能です。 たびだちの扉・格闘場Gクラス・まちびとの扉・まもりの扉 サブイベント攻略 こちらでは劇中に登場する サブイベントを攻略した記事を紹介します。 中には「マドハンドのじゃんけん」など、隠し扉を解放するために必須の情報もありますよ。 マドハンドのじゃんけんに勝つ方法 こちらの記事には「マドハンド」にじゃんけんで勝てる方法を書きました。 地味ですが、 格闘場の扉を解放するために重要です。 攻略記事はこちらから>> ちいさなメダル収集 こちらの記事ではメダルおじさんにメダルを渡すことで貰える報酬を書きました。 頂いた 報酬の有効活用の仕方も合わせて解説しました。 攻略記事はこちらから>> 王妃のお願いイベント こちらの記事では「王妃のお願い」イベントについて書きました。 タイジュの 王妃にモンスターを見せ報酬を頂くイベントですね。 割と大変ですが完全クリアには避けて通ることはムリ 笑 王妃から貰える 全報酬をリスト化しました。 攻略記事はこちらから>> お見合いについて こちらの記事はタイジュの 町の住人が持っているモンスターとのお見合いについて書きました。 実はこのお見合い 適切なモンスターを差し出せば、序盤から強力なモンスターを手に入れたりと非常に有効活用できてしまいます。 一度は目を通してもらいたい記事。 攻略記事はこちらから>> 全モンスターの配合レシピ・特技・道具など各種データ この章では全モンスターの配合レシピ。 特技、呪文、道具などの各種データを書いた記事を紹介します。 2クリック以内に目的の情報にたどり着けるように設計しました。 こちらのまとめ記事から各系統のモンスターについて調べて頂けると幸いです。 モンスター性格データ こちらでは、モンスターの性格27種の変更方法や効果について解説しました。 さらに隠しステータス「やる気」を紹介。 おすすめの性格など、性格についての全ての疑問を解決できます。 性格についてはこちらから>> 仲間になるボス・ならないボス一覧 こちらの記事ではストーリー進行中に 仲間にできるボスとできないボスを一目で分かるように表にしました。 さらに、ボスモンスターの活用方法から効果的な配合方法まで解説。 「ボスが仲間になったけど…どう使えば良いの?」いった疑問を解消できます。 仲間になるボス・ならないボス一覧はこちら>> 全特技・呪文データ こちらの記事では、テリワンレトロ内に登場する全特技・呪文のデータを紹介しています。 呪文のダメージ量や回復量。 補助効果や覚えるモンスターまで全て公開しました。 さらに、特技や呪文の組み合わせで 新たな技を「思いつく」条件も解説しています。 道具データ こちらではテリワンレトロに登場する 全アイテムデータを紹介しています。 道具の効果から入手場所、購入価格から売却価格まで全て網羅。 さらに 他国マスターが所持しているモンスターも紹介。 中でも利用価値の高いモンスターをピックアップした。 他国マスターについてはこちら>> 使える豆知識シリーズ ここでは劇中で使える豆知識を紹介しています。 非常に有用な情報を取り揃えました。 序盤でおすすめのモンスター この記事では 序盤で大活躍するモンスターとその配合方法を紹介しました。 何故おすすめなのか?物語のどの辺で作成でき、どう活躍するのか説明付きで解説しました。 これを見れば全クリ可能レベル。 こちらからどうぞ>> 効率の良いレベルの上げ方:一日でレベルをカンストする方法 この記事では 効率を徹底的に極めたモンスターのレベル上げの方法を紹介しました。 どんなモンスターでも 一日でレベルをカンストさせることができます。 最強のモンスターを作りたい、効率よくモンスターを配合して図鑑を完成させたい人におすすめの記事。 楽してレベルを上げたい人はこちら>> 最強モンスターの紹介・育成方法 こちらの記事では 最強モンスターをランキング形式で紹介。 さらに 全耐性を完全耐性(マダンテ以外)にする「メタル化」の方法を解説しました。 自分だけの最強モンスターを作ろう! 最強モンスターについてはこちら>> 弱モンスターでもクリアできる:戦術紹介 「スライム」や「ぐんたいアリ」などの 弱モンスターでも本編をクリアさせることが可能になる「戦術」を紹介しました。 【絶対に必中するまじんぎり】や【せいしんとういつを使用した8連続攻撃】など目から鱗の戦術を紹介しています。 気になった方はこちら>> お金稼ぎの方法 こちらでは コロシアムを利用したお金稼ぎの方法を紹介したいと思います。 本記事を読めば 数時間で5万Gほど簡単に稼ぐことができますよ。 お金の稼ぎ方はこちらから>> 暇つぶしにどうぞ こちらではテリワンをクリアして「やることがない…。 」「テリワンに飽きた…。 雑魚モンスター縛りや一人旅、やり込み方法など一風変わったプレイスタイルを紹介しています。 さらに、マジで飽きた人向けに自宅で無料で暇つぶしする方法も教えます。 テリワンに飽きた人はこちら>> テリワン名曲の数々を視聴 こちらの記事ではテリワンの劇中に登場した名曲を紹介(YouTube)。 2冊ともレアな攻略本で絶滅寸前。 しかし本の攻略内容は神な逸品。 テリワンの攻略本をチェック>> 月間20万回読まれているゲームブロガーがテリワンレトロをレビュー・評価 テリワンレトロ攻略記事を書いている僕が、テリワンレトロを辛口レビュー・評価しました。 iOSからAndroid版さらにはSwitch版まで情報をキャッチ次第更新します。 アプリセール情報はこちらから>> 続編やリメイク版の入手方法 テリワンレトロの 続編やリメイク版の入手方法を紹介した記事。 テリワンの続編にあたるイルルカの紹介やリメイク版にあたるPS版の紹介など。 どれも 絶滅寸前。 詳細な 入手方法を書いたので気になる方はこの記事を読みましょう。 続編の入手はこちら>> テリワンが僕にくれたもの【それは〇〇〇〇だった】 テリワン攻略記事を書き始めてから4か月。 テリワンが僕にくれたものを書きました。

次の

【GB】配合システムが面白すぎる「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」

テリーのワンダーランドレトロ 成長

・モンスターが覚える特技と呪文の詳細解説。 ・特技の覚え方を解説(特技の成長や思いつく方法) 【重要】特技の覚え方:「自力で覚える」・「特技の成長」・「思いつき」を解説 特技を覚えるためには「自力で覚える」方法の他に、特技の「成長」と「思いつき」を合わせると3つ方法がある。 自力で覚える特技 モンスターにはそれぞれ自力で覚える特技が「3つ」ある。 詳細はゲーム内ならば、図書館のモンスター図鑑で確認可能だ。 上記、本サイトのモンスター配合レシピにも詳細を載せてあるのでそちらも参照してみて下さい。 ちなみに、どうやっても技を覚えないことがあるモンスターもいる。 例えばスライムは「マダンテ」を覚えることが可能なモンスターだが、普通に育てても一向に覚えてくれない。 メダルおじさんから貰ったサンダーバードも「ジゴスパーク」を覚えるモンスターだがレベル40に達しても覚えないことがある。 これは、その特技を覚えられるレベルが足りないことの他にMPや賢さなどのパラメーターが足りていないことが原因だ。 中々覚えない時は、レベルが高く強いモンスターと配合し各パラメーターを上げることで覚えるようになるぞ。 特技の成長 特技の成長とは、例えば戦闘終了後に「ホイミ」が成長すると「ベホイミ」になったことがあるかと思う。 これは、モンスターがある一定のレベルに達した時に覚えられるように設定されたものだ。 レベルの他にも、MPや賢さなどのパラメーターが一定量必要となる。 思いつき 特技の中には自力では決して覚えることができない技もある。 それらの技は戦闘終了後にある一定の条件を揃えることで習得することが可能だ。 例えば、「ベホマ」と「みかわしきゃく」を習得すると戦闘終了後に「ハッスルダンス」を思いつく。 他には「イオナズン」「しゃくねつ」「かがやくいき」を習得すれば「ビックバン」を思いつく。 このように、特定の特技を揃えることで新たな特技を習得することが「思いつき」だ。 ただし特技の成長と同じ様に、レベルやMP、賢さなどの各パラメーターが一定量に達しないと覚えることはできない。 思いついた特技を子に引き継ぐ 思いついた特技を子に引き継いだらどうなるのか? その答えは子供は思いつくための条件である特技を必要とせず、いきなり思いつき技を覚えてくれるぞ。 おもいつき技を忘れてしまうと、また条件を揃えることになるので気をつけよう。 回復系の呪文 こちらではHP回復や状態異常を回復する呪文を解説しました。 持ち物の所持数に制限がある本作では、アイテムでHPや状態回復するのは非効率。 最低でも「ホイミ」「ザオラル」は必ず覚えるようにしよう。 「ホイミ」が成長し習得。 「ベホイミ」が成長し習得。 「ベホマラー」が成長し習得。 蘇生時のHPは最大値の半分。 たまにに失敗してしまう。 蘇生時のHPは全回復。 「ザオラル」が成長し習得。 蘇生時のHPは全回復。 強力な呪文や特技を優先させすぎ、ダンジョンで毒をくらい回復できないといったことはよくある。 呪いは毒よりも厄介な状態異常。 回復手段を用意していないことがほとんどなので注意。 ・はなまどう ・ヘルボックル ・しりょうのきし ・ウインドマージ 攻撃呪文 攻撃呪文は多用な属性があるのが特徴。 属性耐性を持ったモンスターに撃つとダメージが軽減されてしまう。 ダメージ量はレベルや能力値に左右されないのも特徴。 なので序盤のメラミが強力に感じることがある。 覚えるなら雑魚敵を一掃できる全体攻撃呪文を中心に覚えたいところ。 バザー会場の扉を開く時に使える。 序盤では中々のダメージ。 「メラ」が成長し習得。 「メラミ」が成長し習得。 単体とはいえ、非常に高威力。 ミミックが連発してくるメラゾーマがかなり痛く感じる。 自力で覚えるモンスターが非常に多い。 「ギラ」が成長し習得。 「ベギラマ」が成長し習得。 「ヒャド」が成長し習得。 「マヒャド」が成長し習得。 「バギ」が成長し習得。 何気に威力が高いのでストーリー攻略時に使える呪文。 「バギマ」が成長し習得。 「イオ」が成長し習得。 「イオナズン」が成長し習得。 ビックバンを思いつかせるのに必要。 「デイン」が成長し習得。 「ライデイン」が成長し習得。 残りMPとレベルによりダメージが変動するので、残MPが多い方が威力が高まる。 MP999、且つレベル99で最大の威力を放つことができる。 使用者は戦闘不能になる。 耐性持ちがいるので効かない敵がいるのがネック。 ・はぐれメタル ・フーセンドラゴン ・シルバーデビル ・ばくだんいわ 補助系呪文 補助系呪文には、仲間の能力値を上げるバフ系の呪文や、逆に敵の能値を下げるデバフ系の呪文が揃っている。 中には ダメージを倍にする「バイキルト」の様に非常に強力な呪文もある。 その他には敵を眠らせたり、混乱させる状態異常系の呪文もあるぞ。 一部のボスに状態異常が効くので戦闘を有利に進めるためにも確認してみよう。 非常に強力なバフ系呪文。 重ねがけが可能なので物理攻撃主体の敵にめっぽう強い。 「スカラ」が成長し習得する。 物語ではデュラン戦で非常に活躍する呪文。 重ねがけすればダメージを1にまで減らせる。 戦闘で素早さを上げるメリットは、相手より早く動き「ラリホー」などで行動を妨害する時。 何故か覚えるモンスターがすごく少ない。 ピオラの全体版。 「ピオラ」が成長すると習得。 とりあえず全員の素早さが上がれば、それだけで敵より早く回復できるので生存確率が上がる。 非常に強力な呪文。 パーティーに一人は絶対に覚えたい。 4回攻撃の「ばくれつけん」の威力も上がるので併用したい。 耐性持ちには効かなかったりするので素直にバフ系の呪文の方を覚えた方が良い。 全体版ルカニ。 「ルカニ」が成長すると習得。 耐性持ちには効かないが、とはいえ効く相手には強力な呪文ではある。 耐性のある敵に効かない時があるのでピオラに軍配が上がるかも。 ボエミの全体版。 「ボエミ」が成長すると習得する。 通信対戦の無い本作では微妙な立場になってしまった。 敵にやられるとうっとうしい呪文の代表格。 系のボス戦で使えば戦闘を有利に運べる。 物語後半やクリア後のダンジョンのボスは呪文を連発してくるので使いたい。 本作のボスは「ラリホー」がかなり効くので終盤まで覚えておいて損はない。 ラリホーの全体版。 「ラリホー」が成長し習得。 素早さの高いモンスターに使わせ先制で打ち込みたい。 敵にやられると地獄絵図になることも…。 回復する手段がなく敵に使われると回復できなくなり戦闘がかなり辛くなる。 一部のボスにも有効なので覚えておいても良い。 これをかけると敵から呪文で攻撃されなくなる気がする…。 検証中。 「マホターン」が成長して習得する。 本作は歩けばMPが自動で回復するが、ダンジョンが深くなるとMP切れに陥りやすくなる。 そんな時に使える呪文がこれ。 効果は全体。 効く相手には連発しても良い。 「マホトラ」が成長し習得する。 成長後の呪文なのに、使い勝手が格段に落ちるのは何故なのか…。 中には敵全員が即死といった強力なものもある。 最後のあがきに使えなくもない。 なんとボスに変身することができる。 相手によっては非常に有用。 特技も変化し「はげしいほのお」「こごえるふぶき」になる。 攻撃力や守備力が400以上のモンスターが使用すると逆に弱くなるので注意。 ・ドラゴスライム ・とさかヘビ ・りゅうおう 回復系の特技 こちらではHP回復や状態異常を回復する特技を解説しました。 回復系の特技は、 戦闘中にしか使用できないという特徴の他、 呪文ではないので呪文を封じられていても使えるといった利点がある。 【思いつき】 「ベホマ」「みかわしきゃく」を習得すると思いつく。 だだし使用者は戦闘不能になる。 【思いつき】 「キアリー」「キアリク」「キアラル」「シャナク」 ・ゴールデンスライム ・にじくじゃく ・ゴールデンゴーレム ・りゅうおう(竜) 攻撃系の特技 物理攻撃系 大半の技のダメージ計算が攻撃力に依存するので、レベルが上がり攻撃力も上がればダメージも上がる仕様。 (中には例外もあり) 基本的に攻撃力の高いモンスターに覚えさせたい。 3倍のダメージを与える。 ダメージに攻撃力が加味されるので「メラ」を打つくらいならこちらの方がまし。 3倍のダメージを与える。 しかし、本作はモンスターの系統ごとに有効な特技がありそちらの方が効き目も高かったりする…。 3倍のダメージを与える。 井戸の中の扉を開くための「いなずま」として利用できる。 ボーンプリズナー辺りが有力候補。 3倍のダメージを与える。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 本編のボスにはドラゴンが多いのであっても良いかも。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 5倍のダメージを与える技。 グランドクロスを思いつくのに必要。 5倍のダメージを与える技。 本編のボス戦で使うとしたら「ゴーレム」と「うごくせきぞう」。 ならば「ラリホー」を覚えた方がいいと思う…。 しかし本作でメタル狩りをするなら、攻撃力の高いモンスターの「しっぷうづき」の方が効率が良い。 毒を期待するくらいならさっさと倒した方が良い。 より強力な「マヒこうげき」の方を覚えたい。 効いてしまえば完全に行動を封じてしまう非常に強力な技。 レベルが上がるとダメージ量が上がる仕様なので威力はそこそこ。 やはりバギ系。 こちらもレベルが上がるとダメージ量が上がる仕様。 「かまいたち」が成長し習得。 消費MPが5しかなく、コストパフォーマンスに優れている。 効かないモンスターもいるので「さみだれぎり」に軍配が上がるか。 消費MPの割りには強力な方。 一発ごとに対象が再選出されるので標的がばらける。 しかし、失敗することが多く運ゲー的な技。 一発ごとに対象が再選出されるので標的がばらける。 「なかまをよぶ」から成長し習得。 しかし、やはり失敗しやすい。 次のターンダメージを与える技。 しかし、飛んでいても呪文の攻撃は普通に受けてしまうのが残念。 攻撃後、自分自身もダメージをくらう。 しかし自分のHPも1になる。 効く相手によっては有効打になるかも。 反動で与えたダメージの3割程のダメージを自分もくらう。 HPに余裕がある時にどうぞ。 非常に運頼みな攻撃なうえ、自分で使用すると大体事故る。 しかし、そのターンで自信が受けるダメージも2倍になる。 先制で確実にとどめを刺せる時など、使い方次第では非常に強力な特技。 この技は「はぐれメタル狩り」をする際に重宝する。 攻撃力の高いモンスターに覚えさせれば、はぐれメタルを逃げる前に一撃で倒せる。 画面左側の敵に与えるダメージが高く、右に向かってダメージが少なくなっていく。 消費MP5とコストパフォーマンスに優れる優秀な技。 攻撃力が高いモンスターに使わせれば威力も上がるので雑魚処理として申し分なし。 命中率は50%。 だが、なんと行動不能の相手には確実に命中させることができるというとんでも仕様。 「さそうおどり」などで行動不能にしてからの必中「まじんぎり」が強力無比。 会心の一撃は守備力を無視するのではぐれメタルにも有効。 消費MPが低くコストパフォーマンスが良い。 バイキルトをかけると威力が増すのでさらに強力に。 一撃目で敵を倒すと2発目は他の敵を攻撃する。 「れんぞくこうげき」が成長し習得。 テリワン断トツの最強特技。 バイキルトで威力が増すのでボス戦で非常に有効。 一撃目で敵を倒すと二撃目以降は他の敵を攻撃する特性を生かし、雑魚戦で全体攻撃さながらの攻撃をお見舞いすることができる。 なんと「せいしんとういつ」との併用が有効で、1ターンに2回「ばくれつけん」を放つことができる。 ゾンビ系が相手だと威力が増す。 何気にバギ系の技なので、耐性持ちには効かないことも。 消費MPが多いのがネックだが、技名と見た目がカッコイイ。 敵単体に370ポイント前後の特大ダメージを与える。 ギガスラッシュ属性という属性の技。 つまり耐性持ちのモンスターもいたりする。 しかし、完全な耐性持ちは少ないので安心。 バイキルトの影響を受けない所が残念。 とはいえ強力なことには変わりない。 【思いつき】 「かえんぎり」「いなずまぎり」「マヒャドぎり」「しんくうぎり」 ・リザードマン ・あくまのきし ・エスターク 召喚系特技 MPを消費し精霊を召喚。 仲間として戦わせるレアな技。 召喚に失敗することもあるので覚えておこう。 バザー会場では入るのに召喚の特技が必要な扉があるので一度は必ず覚えたい。 仲間をかばったりしてくれるが、正直使えるレベルではない。 「ひゃくれつなめ」「バイキルト」「はげしいほのお」でサポートしてくれる。 バイキルトをかけて貰えると嬉しい。 「タッツウしょうかん」が成長し習得する。 「しっぷうづき」「さみだれぎり」「まじんぎり」といった物理攻撃でサポートする。 「デアゴしょうかん」が成長し習得。 「ジゴスパーク」「こごえるふぶき」「いてつくはどう」でサポートしてくれる。 ジゴスパークが強力。 「サムシンしょうかん」が成長し習得。 なし 補助系の特技 敵の攻撃や行動を封じたり、技の威力を上げる特技が揃っている。 中でも 「ひゃくれつなめ」「さそうおどり」は強力なのでおすすめ。 単純に2回攻撃するのと同じでは?と思われがちだが、敵に回復させずに一撃で仕留めたい時に有用。 5倍の威力の攻撃を繰り出す。 もともと鈍足のモンスターなら割とありな特技。 相手が「だいぼうぎょ」状態でも貫通する。 この技の真骨頂は4回攻撃の「ばくれつけん」を1ターンに2回放つことである。 さらにバイキルトをかければダメージが2倍になるのでHPの高いボス戦で使おう。 効く相手が多く非常に有用な技。 先制で撃ち込めば何もさせずハメることも可能。 「なめまわし」が成長すると習得する。 リップスとマチコから貰えるうごくせきぞうだけが覚えれるレアな技だ。 飛んでいる敵には効かないのがネック。 しかし、スライム系には効きやすい。 やはり飛んでいる敵には無効。 とはいえ、先制で刺さる相手には有効な手段には変わりない。 「あしばらい」が成長し習得。 しかし、成功率がやや低いので「さそうおどり」の方が強く感じる。 敵に使われると厄介。 呪い状態になるとランダムでHPやMPの減ったり、バットステータスを引き起こす。 とはいえ、これで麻痺などを期待するくらいなら最初から狙って技を撃った方が良いと思う。 これを使うくらいなら「おいかぜ」や「きょうふう」を使いたい。 序盤でコドラに使われると攻撃が当たらなくなりイライラする。 特に行動することが無い時にどうぞ。 「ハッスルダンス」を思いつく際に必要。 敵に使われると超絶厄介。 MPにダメージを与えるよりも吸収したいよね。 MPを回復したい時にどうぞ。 使い勝手の悪いマホキテに成長してしまうマホトラよりは使える。 「ふしぎなおどり」が成長し習得。 決まる確率が非常に高くほとんどのモンスターに有効。 かなり強力なので「すいめんげり」や「おたけび」を使うくらいならこっちを覚えよう。 ボスのファンキーバードが使用してくるが、これだけで全滅の可能性がある。 ザラキと同じ効果。 効く相手には連発すると良い。 使いどころがボスのファンキーバード戦くらいしかない。 「だいぼうぎょ」をしている仲間に他のモンスターで回復してやれば安全に回復が行える。 攻撃力が上がりすぎたグリズリーの攻撃をドラゴンキッズに受け流され、自滅するなんてことも…。 対戦機能があれば使えた技。 HPを強化したメタル系に使わせたい。 「みがわり」が成長し習得する。 やはりあらゆる攻撃に耐性が強くHPの高いモンスターに使わせたい。 フバーハやスカラなどバフをかけてから使用するのもあり。 反射する確率が低く、たまに失敗する。 これを使うくらいなら「だいぼうぎょ」を使いたい。 跳ね返すたびに使用するくらいなら「フバーハ」の方が有効かも。 使用者以外の仲間にも効果が及ぶ。 一度だけ使ってきた相手に跳ね返す。 「くちをふさぐ」を使うくらいならこちらを使おう。 「おいかぜ」が成長し習得する。 何気にドラゴスライムやスカイドラゴンがこのコンボを使ってくる。 その後受けた息技を敵に返す。 この時の反撃は敵全体が対象。 ダメージを引き受け反射するので息耐性があるモンスターに覚えさせると「きょうふう」よりも強力。 しかし効果が1~2ターン程で切れてしまう。 しかし、いまいち効果が分からない特技。 使う必要はおそらく無い。 肉弾戦で確実に勝てる相手にだけ使用しよう。 状況を選ぶことになるので使いづらい技だ。 一度に3つのデバフ効果のある特技だが耐性持ちには効かないことも。 しかし、効く相手には非常に強力。 ボスにやれると痛い。 しかも強いモンスターほどこの特技を覚えている。 自分で使おうとしたら、使う機会が全くないのが事実。 物理攻撃の威力は使用者の攻撃力に依存。 まねまね状態になると敵は全体攻撃をしてこなくなる。 全体攻撃封じに使えるかも。 【思いつき】 「モシャス」「せいしんとういつ」 ・ぶちスライム ・スーパーテンツク ・わたぼう ・マネマネ 息系の特技 攻撃から状態異常まで一通り揃っている。 呪文とは異なり耐性が息系になっているのが特徴。 なので「ラリホー」は効かないが「あまいいき」なら通るといったことがある。 さらに、 呪文ではないので呪文封じの効果を受けない。 覚えるモンスターが非常に多く、「しゃくねつ」と「かがやくいき」は強力な全体攻撃なのでぜひ覚えたいところ。 ダメージが小さいが序盤ならあり。 「ひのいき」が成長し習得。 「かえんのいき」から成長し習得。 威力が高く覚えやすい。 「はげしいほのお」から成長し習得。 ひのいきと同じく序盤で敵のHPを削る時に。 「つめたいいき」から成長し習得。 「こおりのいき」から成長し習得。 「しゃくねつ」よりも威力が高い。 「こごえるふぶき」から成長し習得。 これよりも、HPの減少量が多い「もうどくのいき」があるので影が薄い。 息系に属するので「ラリホー」が効かない相手に効く可能性がある。 効く相手が多く、戦闘中自然回復しないので非常に有用。 逆に敵に使われると非常に危険。 毒よりも減少ダメージ量が多い。 しかし、これを使うくらいなら素直に攻撃した方が良いかも。 冒険に役立つ特技・呪文 こちらは冒険に役立つ特技・呪文を紹介しています。 中でも 全体マップを表示させる「レミラーマ」は必ず覚えたい。 ダメージ床のダメージはそれ程高くないので必要ない。 「レミラーマそう」と同じ効果。 これがあるとダンジョンをさくさく進めるようになる。 はぐれメタル狩りにこれを使えば作業効率が上がる。 ・スラッピー ・わたぼう ・おおなめくじ ・おばけキャンドル.

次の