東方ロストワード ショット レベル上げ。 東方ロストワードの配信日・事前登録|リリース日はいつ?【東方LW】|ゲームエイト

東方ロストワードオススメリセマラキャラ(俺調べ)

東方ロストワード ショット レベル上げ

おやしろ おやしろでは、一定時間ごとに霊Pを入手することができます。 施設のレベルを上げると霊Pの入手量と保有上限がアップします。 後半は必要費用が非常に高いですが、一度上げてしまえばずっと増えます。 霊Pは周回する上で重要ですし、やる気のある方はできるだけ上げることをおすすめします。 おやしろの各レベルの情報 レベル 必要時間 必要費用 必要プレイヤーLv 最大保有量 一時間あたりの増加量 1 10秒 100 1 300 60 2 15分 500 10 600 63 3 1時間 1,000 20 900 66 4 2時間 2,500 30 1,200 69 5 4時間 5,000 40 1,500 72 6 8時間 1,0000 50 1,800 75 7 12時間 2,0000 60 2,100 78 8 18時間 3,0000 70 2,400 81 9 24時間 4,0000 80 2,700 84 10 — — — 3,000 90 賽銭箱 賽銭箱では、一定時間ごとに賽銭を入手することができます。 施設のレベルを上げると賽銭の入手量と保有上限がアップします。 後半は必要費用が非常に高く元を取るのに時間がかかります。 上げてから上記日数が経過した段階で、上げない場合よりもプラスになっていきます。 長く続ければ続けるほど合計取得量の差が広がっていきますので、長く続けるつもりの方はできるだけレベルを上げることをおすすめします。 賽銭箱の各レベルの情報 レベル 必要時間 必要費用 必要プレイヤーLv 最大保有量 一時間あたりの増加量 1 10秒 100 1 900 180 2 15分 500 10 1,800 192 3 1時間 1,000 20 2,800 204 4 2時間 2,500 30 3,800 216 5 4時間 5,000 40 4,800 228 6 8時間 1,0000 50 5,800 240 7 12時間 2,0000 60 6,800 252 8 18時間 3,0000 70 7,900 264 9 24時間 4,0000 80 8,900 276 10 — — — 10,000 300 おやしろ、賽銭箱の各レベルの情報のまとめでした。 下記記事で攻略記事をご紹介しています。

次の

東方ロストワード【東方LostWord】 Part6

東方ロストワード ショット レベル上げ

extend:checked:vvvvvv:1000:512! extend:checked:vvvvvv:1000:512 東方LostWord(東方ロストワード) スレッドを立てる際に本文1行目に 『! extend:checked:vvvvvv:1000:512』 を3行になるように入れてください 先頭の! 妖夢同様221ブースト。 火力も高い。 1ブースト連打がコスパ良。 回復キャラだが回復力は初期だと低い。 1ブーストで1しか伸びない。 アリス…攻撃系バフ型、交代の霊力サポートも強い 大妖精…回復型。 同じような質問多いし、テンプレにどうですか…? よくある質問 Q. 紫が倒せない。 弱点属性(月・木)で攻撃して、フルブレイクしてからブーストスペカぶっぱ。 賽銭があまってる。 ショップの社務所で賽銭を使って、買い物ができるのでそこで使え。 オススメは封結晶と昇格素材。 施設で、霊Pや賽銭を受け取っても赤マークが消えない。 寺子屋を開放しているなら、キャラの横にあるハートをタップする。 周回しても昇格素材がおちない。 ハードの、上のステージいくほど落ちやすい?との噂。 無理してでも先に進んでから周回した方が良さげ。 星5以下の絵札はおわかれしていいの? A. 星4でも有能な絵札はあるので、自己責任で。 (例:霊力回収効率up等) Q. キャラ重ねるの課金しないとダメ…? A. 人形代という凸素材が週間課題を達成することで1つ貰える。 また、毎日課題でガチャを1回ひくことが出来るので、低確率だかキャラを引くことも可能。 あと、リセマラテンプレを更新してみた にとりとアリス持ってないから誰かよろしくお願いします リセマラは、「紫対策に月属性の攻撃ができるキャラ(パチュリー・うどんげ)」と「通常攻撃が全体攻撃のキャラ(パチュリー・うどんげ・妖夢・チルノ・にとり)」が推奨です。 特に、紫対策として月属性のキャラは確実に確保しておくことをオススメします。 パワー連携で味方の霊力も上げれる。 集中が全体攻撃。 火力も高い。 火力も高い。 月属性で紫の弱点を付ける。 ハード紫を単騎撃破の報告あり。 火力が高い。 1ブースト連打がコスパ良。 回復キャラだが回復力は初期だと低い。 ブーストすれば火力もでる。 霊力回収率が悪いので、パワー連携や絵札で強化する必要あり。 スペカが全体攻撃で、火力も高いのでステージ攻略に便利。 序盤は紫までは魔理沙のスペカだけでサクサク進む。 回復型。 早苗と同じく火力が低い。 正直、支援型と回復型は… 詳細不明 にとり…妨害型。 全体攻撃持ち? アリス…攻撃系バフ型。 交代の霊力サポートも強い。 パワー連携持ち。

次の

橙の評価【東方ロストワード】

東方ロストワード ショット レベル上げ

ショット 橙のショットについて紹介します。 拡散ショット. 小耳猫耳 通常弾で陽気寄りの、全体ショットです。 Pがない状態ではヒット数が5と少なめですが、その分ブースト時の追加数は多くなっています。 なお、橙の攻撃はすべて命中が 50%と他のキャラに比べて低いかわりに、クリティカル率が高くなっています。 集中ショット. 招福キャットハンド 斬撃弾で陽気寄りの、単体ショットです。 ブースト1段階目と3段階目にある、「対妖精じゃれつき」は、妖精相手だとダメージがアップします。 スペカ 橙のスペカを紹介します。 ショットと同様、スペカもすべての弾が命中 50%なので注意が必要です。 スペカ1. 仙符「鳳凰卵」 質量弾で 陽気のみの、単体スペカです。 1段階ブーストではあまり攻撃力が伸びず、命中も低いことから2段階ぐらいはブーストしたいところです。 ブースト1段階目と2段階目にある、「エンスウのタマゴ」と「ガクサクのタマゴ」に妖精特攻がついています。 また、スペカ発動前に速力を2段階上げるという効果もついてきます。 持続が3ターンと長めですが、現状速力アップ自体はあまり使い道はありませんので、おまけ程度の効果と考えていいでしょう。 スペカ2. 鬼符「青鬼赤鬼」 光弾で陽気寄りの、単体スペカです。 こちらのスペカも、1段階ブーストではあまり火力が伸びません。 攻撃前に、相手の回避と命中を下げる効果があるため、命中が低いという橙の弱点を補えます。 ラストワード 解放次第、紹介します。 気質 橙の気質は「日和」です。 日と水に弱く、月と木に耐性を持つ 火、星属性です。 能力 橙の能力、「妖術を扱う程度の能力」は、ブーストするだけで速力が上がります。 レベルが足りず、ショットでは先制が取れないときなどに使えます。 現状、しっかり育ててさえいれば先制されることはないので、そこまで強い能力ではありません。 スキル スキル1. 式神強化[速力] スキルの一つ目は、自身の速力と霊力を上昇させるものです。 速力はともかく、霊力上昇は優秀なスキルです。 スキル2. 式神強化[回避] 自身の回避を1段階、霊力を0. 25上昇させるスキルです。 こちらのスキルも、霊力回復がメインとなります。 スキル3. 式神強化[命中] 自身の命中を1段階、霊力を0. 25上昇させるスキルです。 命中率の低い橙にとって、このスキルはかなり重要なものとなりそうです。 橙を本格的に使う場合は、このスキルが解放されるRANK4までは昇格させたいところです。 特性 特性1. 化猫エンジン 攻撃された後、自分の速力を1段階アップします。 発生率が50%で、発動タイミングも攻撃を受けた後なので、少し使いづらい特性です。 特性2. 高速砂かけ wave開始時に、相手の速力を1段階下げます。 こちらは発生タイミングはつかみやすいものの、発生率が50%と相変わらず低いので、あまり頼れそうにありません。 特性3. [P]アイテム拾い ターン開始時に、自身の霊力を0. 75上昇させます。 確率が15%とと低いものの、効果自体はかなり強力です。 安定した運用は難しいですが、リセット前提の運用なら活躍の機会はあるかもしれません。 連携 橙の連携は、スピード連携です。 後衛に下がるとき、速力、命中、回避を上昇させます。 特に、 命中の上昇はかなり使えますので、スピード連携を組み込んだ編成は一考の余地ありです。 昇格に必要な素材 橙の昇格に必要な素材を、現在わかっているところまでまとめました。 橙の強いところ1. 霊力上昇のスキル 橙のスキルには、すべて 霊力上昇の効果があります。 現状最強の絵札の一角が、霊力上昇の効果を持つものであることを考えると、これはかなり有用なスキルだと思われます。 また、特性を最後まで解放すると、 ターンの最初に霊力を上昇させることもできるようになります。 同じ速攻式の十六夜咲夜も、同じような特性を持っています。 さらにいうと、橙は昇格に要求される素材のレア度が低く、 ランクを上げやすいキャラです。 この点は、スキルが強いという橙の長所に噛み合っています。 橙の強いところ2. スペカの回避ダウン効果 橙のスペカの鬼符「青鬼赤鬼」は、相手の 命中と回避を一段階下げる効果があります。 特に、回避を下げる効果は、回避を上げてくるボス(1章の八雲紫など)に使うと相性がいいです。 ただ、下げ幅はそこまで大きくないので過信は禁物です。 橙の弱いところ 次に、橙の弱い点をまとめてみます。 弱いところ1. 全攻撃が無属性 これは、八雲家の定めなのですが、全攻撃が無属性で統一されています。 そのため、スペカが2つとも単体攻撃であるにもかかわらず、ボス戦には少し連れていきにくい性能をしています。 弱いところ2. 全体的に能力値が低い 火力、耐久力で比べると、やはり攻撃式や防御式と比べて見劣りしてしまいます。 もちろん、速攻式なので速力はかなり高めです。 しかし、現状速力はそこまで重要なパラメータとはいえないため、全体的に力不足な印象はぬぐえません。 弱いところ3. 攻撃の命中が低い 橙の攻撃の命中は、すべて 50%となっています。 東方ロストワードでは、命中75%が基本的なラインなので、この命中は他のキャラと比べて低いということがわかります。 命中75%でも攻撃力が安定しないので、命中50%では安定した火力は見込めないといえます。 橙の評価まとめ スキルがすべて霊力上昇の効果を持つ、というユニークで実用的な性能を持っています。 しかし、現状、昇格はかなりキャラが育ってから手を出すコンテンツなので、即戦力として期待できるかと言われれば微妙なところです。 また、命中も全体的に低めのため、ストーリー攻略のメインキャラに据えるのはあまりおすすめできません。 将来的には強くなる可能性はありますが、リセマラの優先度では、同じ時期に追加された八雲藍の方が高いでしょう。 八雲藍の評価の速詳細については、以下のページから参照してください。 参照:.

次の