恐竜 超 世界。 NHKスペシャル絵本恐竜超世界 デイノケイルス・トロオドン・モササウルスの物語の通販/三木 茂/小林 快次 NHKスペシャル

絵本 NHKスペシャル 恐竜超世界 (児童書)

恐竜 超 世界

NHKスペシャル「恐竜超世界」の再放送ですが、9月中に4回再放送される予定です。 第1集「見えてきた!ホントの恐竜」: 2019年9月3日 火 [BS4K] 午後1時00分~1時49分 2019年9月17日 火 [BS4K] 午後3時45分~4時34分• 第2集「史上最強!海のモンスター」: 2019年9月10日 火 [BS4K] 午後1時00分~1時49分 2019年9月24日 火 [BS4K] 午後3時45分~4時34分 再放送が待ちきれない! 再放送の時間帯は用事があって見れない・・・という方は、「NHKオンデマンド」または「U-NEXT」という動画配信サイトで、いつでも好きな時間に視聴することが可能です。 こちらからご登録すると1ヶ月無料で利用できますので、ぜひご利用ください。 モササウルスとは? モササウルスが生息したのは、今から約7000万年前の中生代白亜紀後期になります。 体長は最大で20mという圧倒的な体の大きさを誇り、現在生息する動物だとマッコウクジラ(白鯨のモデル)と同じくらいの大きさです。 これは身近なもので例えると、東大寺大仏や国会議事堂の高さとほぼ同じであり、海の中とはいえ大仏様と同じスケールの肉食獣がたくさん暴れまわっていたと考えると、かなり恐ろしいですね・・・。 ワニのような顎と牙にサメのような体を持つモササウルス モササウルスの恐ろしさは、その体の大きさだけではありません。 頭の骨はワニを思わせるような形をしており、前に突き出した大きな口や顎はとても強靭で、獲物を一噛みで仕留めます。 さらにその口の中には、無数の鋭い歯が並んでおり、後方に湾曲した牙は釣り針のように鉤形となっており、一度食らいつかれた獲物は逃げることがほぼ不可能です。 また、体にはサメのようにとても発達した背ビレと尾が付いていたため、猛スピードで海中を泳ぎ回っていたと考えられています。 どう猛な性格で常に闘争を繰り広げていた? 主食としていたのは、イカや魚類、アンモナイト、貝類、またウミガメや他の海生爬虫類などだったため、温厚な性格と思われることがあるようですが、それは大間違いです。 これは現代の地球上最強生物の人間でも、サメやクジラよりエビや貝やふぐなど小さくとも味の良い生物を好んでいるのと同じと考えられます。 モササウルスは凶暴な性格を持った肉食獣であり、常に他の肉食獣と縄張り争いを繰り広げていました。 そのため骨には無数の傷跡が残り、化石には何度も傷ついては治癒した痕跡が残っていることから、海中で骨まで抉られるような激しい戦いをしていたことがわかっています。 モササウルスをもっと映像で楽しみたいという方は、ぜひ映画「ジュラシック・ワールド」もご覧になってはいかがでしょうか? 重要なシーンで衝撃的な登場を何度もして大活躍しているので、モササウルス好きな方には必見です! 最強の生物はモササウルス?他の恐竜・生物と徹底比較! モササウルスは恐竜時代に生息していた大型爬虫類の一種ですが、果たして史上最強の生物だったのでしょうか? 陸上で最強の恐竜といえば、一番に思い浮かぶのがティラノサウルスの方が多いかと思います。 また、海中生物最強と噂されている、メガロドンとも比較してみましたのでご覧ください。 ティラノサウルスvsモササウルス 体長は10mを超え、頭だけでも約1. 5m、体重は6トンという陸上生物としては史上最大最強の名を欲しいままにしてきた、ティラノサウルス。 そんなティラノサウルスですが、果たしてモササウルスと戦ったら、どちらが強かったのでしょうか? ティラノサウルスの強さの秘訣はなんといっても、その大きな顎です。 強靭な顎の力は最大8トンにも及び、他の恐竜を骨ごと砕いて食べていたと言われています。 他にも、あらゆる攻撃を跳ね返すその分厚くて頑丈な皮膚は、最大で約20cmにも達していたそうです。 天然の強力な武器と鎧を身にまとったティラノサウルスですが、それに対してモササウルスも負けてはいません。 体の大きさ、顎の力、皮膚の硬さなどはティラノサウルスと同等のものを持っていたと言われており、まさにその実力は五分と五分です。 しかし根本的に、陸上生物と海洋生物という違いがあるため、同じ土俵で戦うことが難しいのですが、もしティラノサウルスが海に近づいたり投げ出されるようなことがあれば、一瞬で海中に引きずり込まれ抵抗する間もなく、モササウルスの圧勝となるでしょう。 逆にモササウルスが大波にさらわれて陸へと揚がってしまったら、ティラノサウルスに食べられてしまう可能性は十分にあります。 そのためこのティラノサウルスvsモササウルスの勝敗は引き分けと考える人が多いようです。 メガロドンvsモササウルス メガロドンとは、約1800万年前に生息していた巨大なサメです。 全長は最大約10m(一説では40m級もいたとか)、サメ特有の鋭い歯に、大型のクジラを主食とする凶暴な性格を持った生物だった言われています。 生きた時代は違いますが、同じ海洋生物であり、体格・凶暴性などが互角なためもし同じ戦うこととなったら、かなりいい勝負になることが予想されます。 まずメガロドンの強みは、なんといってもその強靭な顎。 顎の咬合力は20トンにも及び、モササウルスやティラノサウルスの8トンを2倍以上も大きく上回ります。 しかし弱点もあります。 それはサメであるため軟骨魚の一種のせいで、皮膚や骨が柔らかく弱いので、防御力がかなり低い点です。 (骨があまりにも脆いので化石化すらしません) その点、モササウルスは爬虫類の一種のため、とても分厚い皮膚をしており、多少の攻撃ではなかなか倒れません。 メガロドンが最初の一撃でモササウルスを仕留めることができれば、そのまま決着が着くでしょうが、仕留め損なった場合はモササウルスの反撃でやられてしまう可能性が非常に高いです。 また、最初の一撃がモササウルスだった場合は、軟骨魚の体くらいなら簡単に砕いてしまう可能性が高いため、メガロドンvsモササウルスの勝負はモササウルスの勝ちと言えるでしょう。 メガロドンが気になる方のために、おすすめの映画をご紹介しておきます。

次の

NHKスペシャル絵本恐竜超世界 デイノケイルス・トロオドン・モササウルスの物語の通販/三木 茂/小林 快次 NHKスペシャル

恐竜 超 世界

NHKスペシャル「恐竜超世界」の再放送ですが、9月中に4回再放送される予定です。 第1集「見えてきた!ホントの恐竜」: 2019年9月3日 火 [BS4K] 午後1時00分~1時49分 2019年9月17日 火 [BS4K] 午後3時45分~4時34分• 第2集「史上最強!海のモンスター」: 2019年9月10日 火 [BS4K] 午後1時00分~1時49分 2019年9月24日 火 [BS4K] 午後3時45分~4時34分 再放送が待ちきれない! 再放送の時間帯は用事があって見れない・・・という方は、「NHKオンデマンド」または「U-NEXT」という動画配信サイトで、いつでも好きな時間に視聴することが可能です。 こちらからご登録すると1ヶ月無料で利用できますので、ぜひご利用ください。 モササウルスとは? モササウルスが生息したのは、今から約7000万年前の中生代白亜紀後期になります。 体長は最大で20mという圧倒的な体の大きさを誇り、現在生息する動物だとマッコウクジラ(白鯨のモデル)と同じくらいの大きさです。 これは身近なもので例えると、東大寺大仏や国会議事堂の高さとほぼ同じであり、海の中とはいえ大仏様と同じスケールの肉食獣がたくさん暴れまわっていたと考えると、かなり恐ろしいですね・・・。 ワニのような顎と牙にサメのような体を持つモササウルス モササウルスの恐ろしさは、その体の大きさだけではありません。 頭の骨はワニを思わせるような形をしており、前に突き出した大きな口や顎はとても強靭で、獲物を一噛みで仕留めます。 さらにその口の中には、無数の鋭い歯が並んでおり、後方に湾曲した牙は釣り針のように鉤形となっており、一度食らいつかれた獲物は逃げることがほぼ不可能です。 また、体にはサメのようにとても発達した背ビレと尾が付いていたため、猛スピードで海中を泳ぎ回っていたと考えられています。 どう猛な性格で常に闘争を繰り広げていた? 主食としていたのは、イカや魚類、アンモナイト、貝類、またウミガメや他の海生爬虫類などだったため、温厚な性格と思われることがあるようですが、それは大間違いです。 これは現代の地球上最強生物の人間でも、サメやクジラよりエビや貝やふぐなど小さくとも味の良い生物を好んでいるのと同じと考えられます。 モササウルスは凶暴な性格を持った肉食獣であり、常に他の肉食獣と縄張り争いを繰り広げていました。 そのため骨には無数の傷跡が残り、化石には何度も傷ついては治癒した痕跡が残っていることから、海中で骨まで抉られるような激しい戦いをしていたことがわかっています。 モササウルスをもっと映像で楽しみたいという方は、ぜひ映画「ジュラシック・ワールド」もご覧になってはいかがでしょうか? 重要なシーンで衝撃的な登場を何度もして大活躍しているので、モササウルス好きな方には必見です! 最強の生物はモササウルス?他の恐竜・生物と徹底比較! モササウルスは恐竜時代に生息していた大型爬虫類の一種ですが、果たして史上最強の生物だったのでしょうか? 陸上で最強の恐竜といえば、一番に思い浮かぶのがティラノサウルスの方が多いかと思います。 また、海中生物最強と噂されている、メガロドンとも比較してみましたのでご覧ください。 ティラノサウルスvsモササウルス 体長は10mを超え、頭だけでも約1. 5m、体重は6トンという陸上生物としては史上最大最強の名を欲しいままにしてきた、ティラノサウルス。 そんなティラノサウルスですが、果たしてモササウルスと戦ったら、どちらが強かったのでしょうか? ティラノサウルスの強さの秘訣はなんといっても、その大きな顎です。 強靭な顎の力は最大8トンにも及び、他の恐竜を骨ごと砕いて食べていたと言われています。 他にも、あらゆる攻撃を跳ね返すその分厚くて頑丈な皮膚は、最大で約20cmにも達していたそうです。 天然の強力な武器と鎧を身にまとったティラノサウルスですが、それに対してモササウルスも負けてはいません。 体の大きさ、顎の力、皮膚の硬さなどはティラノサウルスと同等のものを持っていたと言われており、まさにその実力は五分と五分です。 しかし根本的に、陸上生物と海洋生物という違いがあるため、同じ土俵で戦うことが難しいのですが、もしティラノサウルスが海に近づいたり投げ出されるようなことがあれば、一瞬で海中に引きずり込まれ抵抗する間もなく、モササウルスの圧勝となるでしょう。 逆にモササウルスが大波にさらわれて陸へと揚がってしまったら、ティラノサウルスに食べられてしまう可能性は十分にあります。 そのためこのティラノサウルスvsモササウルスの勝敗は引き分けと考える人が多いようです。 メガロドンvsモササウルス メガロドンとは、約1800万年前に生息していた巨大なサメです。 全長は最大約10m(一説では40m級もいたとか)、サメ特有の鋭い歯に、大型のクジラを主食とする凶暴な性格を持った生物だった言われています。 生きた時代は違いますが、同じ海洋生物であり、体格・凶暴性などが互角なためもし同じ戦うこととなったら、かなりいい勝負になることが予想されます。 まずメガロドンの強みは、なんといってもその強靭な顎。 顎の咬合力は20トンにも及び、モササウルスやティラノサウルスの8トンを2倍以上も大きく上回ります。 しかし弱点もあります。 それはサメであるため軟骨魚の一種のせいで、皮膚や骨が柔らかく弱いので、防御力がかなり低い点です。 (骨があまりにも脆いので化石化すらしません) その点、モササウルスは爬虫類の一種のため、とても分厚い皮膚をしており、多少の攻撃ではなかなか倒れません。 メガロドンが最初の一撃でモササウルスを仕留めることができれば、そのまま決着が着くでしょうが、仕留め損なった場合はモササウルスの反撃でやられてしまう可能性が非常に高いです。 また、最初の一撃がモササウルスだった場合は、軟骨魚の体くらいなら簡単に砕いてしまう可能性が高いため、メガロドンvsモササウルスの勝負はモササウルスの勝ちと言えるでしょう。 メガロドンが気になる方のために、おすすめの映画をご紹介しておきます。

次の

【第1話から全話まで】NHKスペシャル「恐竜超世界」を見逃し動画無料フル視聴しよう!

恐竜 超 世界

タルボサウルス モンゴル恐竜最大の肉食恐竜。 ティラノサウルスの仲間。 姿はティラノサウルス・レックスとよく似ているが体つきはやや細め、目の上には小さな突起があった。 デイノケイルス 長い間謎の恐竜とされていたが、発掘調査で全身化石を発見。 平たいクチバシ、背には大きな帆がある。 どの恐竜とも似ていない独特な姿からどんな生活を送っていたのか謎が更に深まっている。 トロオドン 小型の羽毛恐竜。 体に対する脳の割合が恐竜界で最も大きい「賢い恐竜」として有名。 厳しい環境を知恵を駆使し生き抜いていたと考えられている。 パリキノサウルス 白亜紀後期に生きていた大型の角竜。 通常皮膚がウロコで再現される事が多いが、今回は極圏、寒さへの適応の結果として、毛が広範囲に生えている姿として再現した。 ナヌークサウルス アラスカで発見されたティラノサウルスの仲間。 寒さへの適応の結果、全身に羽毛を生やしていた可能性は高い。 羽毛の色はわかっていないが、今回はホッキョクグマを参考に白い羽毛で再現した。 モササウルス 白亜紀後期の海における頂点捕食者。 パワー、知能、遊泳能力などあらゆる面で優れた最強のハンター。 最大の種類では全長は13メートルにもなる。 カムイサウルス 通称「むかわ竜」。 推定全長は8メートル。 北海道むかわ町穂別で全身骨格が発掘された恐竜。 日本の恐竜研究史に残る奇跡の発見であり、新属新種の恐竜であると考えられている。

次の