デス スト ランディング クソゲー。 海外レビュー「デスストの序盤10時間は最悪のクソゲー。しかしその10時間が必要なのだ」

デスストランディングはクソゲー。新作評価感想。人に勧めたいゲームではない。

デス スト ランディング クソゲー

調布のブックオフへ行ってみると、デスストランディング発見! まずは老舗大型中古本、ソフト買取チェーンの雄、ブックオフ調布店へ。 古本なんかいつもオープンなので、ついつい立ち読みして帰ってしまいすみません。 でも大学生の頃はよくCDやゲームを買い漁ったクチなので許してほしい。 そんなブックオフ調布店は、南口を出て5分程歩いた場所にあります。 駅からすぐ側というわけでもありませんが、京王線のターミナル駅である調布駅が最寄りなので、品揃えも人の出入りも多い店舗であることは間違いないわけで。 ということで、デスストランディングの有無を確認した結果…! 一本だけあった! デビルメイクライの脇に一本だけありました!デスストランディング! なんだ、売る売るネットで騒がれているほどではなさそうじゃん。 もっとこうドサっと並んで平積みにでもされているんじゃないかと思ったけれど。 やはり期待作故にそれなりに否定的な意見がありつつも、プレイヤーはそれなりに楽しんでいるということか。 価格は税込5,980円と値下がり率も少ない。 それだけ需要や価値があるということでしょう。 その脇にひっそりと佇む2019年を代表するクソゲーさん「レフトアライブ」様のお姿を発見!並んでいたのは3本。 価格を見てびっくり仰天。 もはやジャンク品価格。 まさかの税込250円。 「MGSと違う!」とかちょっとやそっとブーブー言われているものとはレベル感が違う。 PS4でこの金額のソフトをブックオフで見たのは初めてかもしれないぞ。 取り扱いの数といい価格といい、虫の息とか風前の灯という言葉がしっくりくる感じ。 なんだか涙で値札が滲んで見える。 あれは本当に250円だったのだろうか。 同情はしたけれど、買うことはできない。 だって今探しているのははレフトアライブではなく、デスストランディングなのだから。 後ろ髪引かれる思いで次の店へ。 (実際にはあまり引かれていない) ゲオにもあったぞ、デススト!その数は? 続いてゲオつつじヶ丘店へ。 つつじヶ丘は、世田谷に住みたいけど住めない層が住む街。 実際には川崎に住んでいるけれど、知人に住所を伝える時に見栄を張って「横浜の方」とか言ってしまうような、そんな惜しい街つつじヶ丘駅の北口を降りた目と鼻の先にゲオはあります。 1日の平均乗降人数は5万人ほどのベッドタウンなので、人の出入りはそこそこあると思われます。 ここにデスストランディングは売られまくっているのか!? 確認してみた結果…! 調布のブックオフより多い! ここにもありました、デスストランディング。 在庫は4本、価格は調布のブックオフと同じく5,980円。 調布駅のブックオフよりも中古の数は多め。 ですが、たかだか4本ではクソゲー過ぎて売られまくっているという程ではなさそう。 もちろん新品も多数用意してございましてよ! それよりも、同じく発売されて間も無いペルソナ5ザ・ロイヤルの方がデスストランディングよりもドサっと多い7〜8本ほど売られているのも気になった。 むしろ実はペルソナの方がプレイヤーからのガッカリ度が高かったということなのか!?通りで私も起動して小一時間でストップしているわけだ! さらにさらに気になったのが、昨日発売されたばかりのポケモンソードがいきなり中古で売られているという事実。 パパとママの言うことを聞かない子供が罰として売られてしまったため、今頃ギャン泣きしているのか?ゲームの評価云々はさておいて、そういう根拠の無い背景を想像してしまい、一人で勝手に落ち込み始めている私です。 ちなみにここにもレフトアライブ師匠は、3本というリアルな本数が売られていました。 別のブックオフにもデスストランディングありました。 最後に一軒目の調布とつつじヶ丘の間にある国領駅にもブックオフがあることに気が付いた。 調布にも世田谷にも住めないけれど、閑静さを売りに人気エリアとして主義主張をアピールしたい地域の魂胆が見え見えでありながら、どうにもそうなり切れない残念なエリアがここ国領。 所詮は各駅停車駅。 ここにもデスストランディングは売られているのか? デススト発見! ありました、デスストランディング。 ここにも一本だけ。 価格は先の2店と同じく税込5,980円也。 特段面白みのある街でもないので、驚きの早さで店を後にします。 デスストランディング、言うほど手放されていなかった。 結論として、デスストランディング、初週18万本以上も売り上げたタイトルにしては思ったほど中古店に売られていない印象。 つまりネットで叩かれているほどは手放されておらず、購入したプレイヤーはそれなりに楽しんでいる様子。 昨今代表的なクソゲー界のエースであるレフトアライブ先生なんかは、発売初週からブックオフに溢れんばかりの数が並んでいたものですが。 最後に、誰が言ったか知らないが、自称「京王線の自由が丘」の異名を持つ調布市と世田谷の狭間、同じく京王線仙川のゲオ仙川店へ行ってみたところ、残念ながら閉店してしまった模様。 しかし京王線の自由が丘とは紛らわしい異名を付けたもので。 言ってもあの猿田彦珈琲店や星野珈琲店、スターバックス、クイーンズ伊勢丹がある通り以外は、よく言えば昔ながらの情緒溢れる商店街、悪く言えば、パチンコや場末のキャバクラの立ち並ぶ小汚い街なので、自由が丘とは程遠い街なんだけどね。 ということで、昼過ぎに早くも黄昏が訪れる仙川の街を後にします、もう冬は近い。

次の

デスストランディングはクソゲー。新作評価感想。人に勧めたいゲームではない。

デス スト ランディング クソゲー

コナミ時代から小島氏と共にゲーム制作に従事してきた旧友であり、その経歴は、• Metal Gear Solid 4:Guns of the Patriots• Metal Gear Rising:Revengeance• Metal Gear Solid V:The Phantom Pain 上記三作でのプロデューサーを務めたというもの。 更にコジマプロ創成にあたっては立ち上げメンバーを務め、名実ともに幹部クラスと言って差し支えない人物でしょう。 このような重要メンバーが、デス・ストランディング発売直後に退職したというのは、果たしてどのような意味を持つのでしょうか。 なぜ今泉氏は退職したのか? レビューサイトが100点満点を連発する一方で、初週の売り上げ初動は18万本と芳しくないものになっています。 これはほぼ同時期のリリースであったペルソナ5 ザ・ロイヤルが20万本であったことを考えると、かなり物足りない数値です。 この数値はDL版を含まないものですが、デス・ストランディングだけが突出してDL版の売り上げが多いという見方は贔屓目すぎると思われ、実態はさほど変わりないと思われるでしょう。 また二週目も3万本程度と、猛追の気配も見えません。 肯定的意見• 躍動的で感動を呼び起こすストーリー• 延々とやめられない配達中毒• 美麗なグラフィックス 肯定的な意見としては、独自の世界観で繰り広げられる躍動的なストーリーを絶賛しています。 またリアリティに溢れた最高峰のグラフィックスで、無限に広がるオープンワールドを駆け巡る配達。 あえて作り出された不自由なシステムに、虜にされる人が後を絶たないようです。 否定的意見• 無味無臭な荒野を延々お遣いで走らされる苦痛• プレイヤー置いてけぼりの飛躍シナリオ 否定的な意見としては、あまりにも長いムービーを嫌うものが多いです。 また昨今、オープンワールドシステムが人々に飽きられ始めているのもひとつの要因でしょう。 広大な大地を見たプレイヤーは初め感動し、その後数十分で疲れ始める。 デス・ストランディングの世界もそれは免れず、特色の無い無人の荒野をたったひとりで駆け巡ることに飽き飽きしている人は多いようです。 小島氏は映画とゲームを融合しようと試みている ゲームはインタラクティブ(双方向)のものなので、映画とは180度違うものです。 しかし将来的にはストリーミングなど同じ場所に集まるはず この発言や、今作で用いられたノーマン・リーダス、マッツ・ミケルセンの完全再現CG。 こうしたものに加えて、後年のメタルギアシリーズでどんどん肥大化していったムービーシーン。 彼が制作したいものが、すでにゲームそのものではないことを薄っすらと我々に感じさせています。 また今後、映画作品を制作したい、とBBCへ向けて答える場面もありました。 デス・ストランデイングは、コントローラ入力のある映画。 こうした捉え方をすると、驚くほど腑に落ちるはずです。 私見:ゲームと映画は同じステージに立つのか? 共に映像系のプラットフォームであるという共通点はあるものの、この論理は飛躍気味でしょう。 映画館でコントローラを握ってVRゴーグルをかける時代が来るでしょうか? 映画に対して操作性を求めたことはあるでしょうか? またゲームに対して、映画的な寄せ方をしていくのも疑問点です。 我々にとってゲームの楽しみとは、• 昇龍拳を素早く出せた時• 初めてイヤンクックを討伐した時• 新たな篝火に辿り着いた時 こうしたミクロに宿ります。 そこに、シネマティックな演出や大仰なギミックは不要なのです。 これはすでにゲームの範疇を一歩越えて来た、新たな分野の映像作品です。 その事実を確かに受け止められる人にとっては、最高の体験を得られるものになっているでしょう。 しかしゲームというものに対して、昔気質な成功体験を求めるユーザーにとっては、決して受け入れられるものにはなっていないでしょう。 今泉氏の真意は不明.

次の

[写真あり]デスストはブックオフやゲオで大量に売られまくっているのか?調べてみた。

デス スト ランディング クソゲー

普段ゲームをやらない人まで遊んでいる「デスストランディング」にいま熱い 最近、周辺が何やら騒がしいんです。 それは、PS4本体は持っているけど、全然ゲームをしなくなった人が みんな「」を遊んでいるのです。 スマホゲームにハマって、おすすめしてくる人はいるけれど PS4のゲームにハマって、オススメされるなんて結構なレアケース でも、ネットを検索すると必ずしもデスストランディングに対して高評価ばかりではなく、むしろネガティブな低評価を目にすることも多いのです。 なぜ、こんなに超ハマる人がいる一方で 低評価のコメントも見られるのか? 賛否両論が大きく分かれる本作「」の魅力について 今回は深掘ってみたいと思います。 PS4版デスストランディングはどんなゲーム? [amazon] デスストランディングはPS4ハードでしか遊べない独占タイトル メタルギアソリッドシリーズの生みの親、小島監督の独立後、最初のタイトルとして以前より注目されてきました。 ゲームジャンルは 海外ゲームではもはや当たり前になったオープンワールドゲームタイプ 広大なマップが用意されていて、プレイヤーはこの世界の中で「さまざまなミッション」をこなしていきます。 一般的にオープンワールドゲームといえば、どこまでも広がる世界が魅力 なんでもできることが魅力なのですが 本作デスストランディングは、オープンワールドゲームとはいえ、ゲームという領域で語るにはハードルが高いリアルすぎるオープンワールドゲームです どこがリアルかというと 本作のテーマである「つながり」を 主人公サム(=プレイヤー)はプレイをもって体現するわけですが このサムは配達人であり、このオープンワールドの世界で世界を繋ぐ配達人を担うことで、世界の繋がりを作っていくというゲームです。 つまり、 とにかく歩かされますし ゲームの序盤はかなりの不自由を強いられます。 ・整備されていない道なき道を歩く ・とにかく歩かされる ・道の途中では荷物の重さにも注意が必要 ・ちょっと油断すると崖から落ちて死んでしまうことも ゲームなのに、そこまで試練とプレイヤーへのストレスを与える必要なんてないし ユーザーはそれを求めていないよ! というのがネガティブな意見の大半を占めています。 しかし、その一方で私の周辺で本作「」にハマりまくっている人からすると、 この不自由感と、それを超えて「お使い」を成し遂げた時の達成感が 半端無いということらしいのです。 一般的なゲームっぽい「オープンワールドゲーム」に慣れきってしまっている人からすると、もう苦痛でしかないのですが ここが評価が分かれる部分だと思います。 デスストランディングのここが神ゲー(高評価) ・配達人としての役割を果たした結果、得られる達成感 とにかくオープンワールドの世界を不自由に歩かされるという、最近のゲームにはないゲーム耐性が問われる内容なのですが、これってファミコン時代には普通にあった話。 でも最近のゲームは、「ゲームの難しさ」「不自由さ」「耐えること」から避けてきた印象があります。 いわゆる 「ゲームのゆとり化」がスマホゲームアプリの登場から急速に加速した印象があるのですが、その逆を行く本作が一部のゲームファンにとって神ゲー評価を得たのは不思議な話ではないと思います・ ・ありがとうの気持ちが伝わるSNS機能が秀逸 オンラインに繋がっているものの、基本的にデスストランディングはひとりプレイです。 対戦とか共闘とかそういうものはデスストランディングにはありません。 でも、オープンワールドの世界にはオンライン上の誰か作った橋などがあって、そんな名前も知らない誰かが建てた橋に対してFacebookのような「いいね」をつけることができます。 この「いいね」をもらったからといってゲーム内で何かアイテム報酬などがもらえるわけではないのですが、この見知らぬ人からの「ありがとうの気持ち」が本当に嬉しいわけです。 これが「つながり」をテーマにしている本作の魅力です。 ・戦いはあくまでもメインじゃない、戦わず「繋いでいく」ことの大切さ デスストランディングの世界にも「戦うべき敵」は存在して時にはバトルモードに突入することがあります。 でも、このあたりは、メタルギアソリッドのスニーキングアクションにも通じる部分はあるのですが、 戦うことはあくまでも選択であり 配達人としての役割を果たすためには無駄な戦闘はせず 自分の役割達成に徹する という遊び方ができるのも「」の魅力ですね。 これら、他のゲームにはなかった 少なくても最近のスマホゲームアプリにはなかった体験こそ、冒頭に説明した熱狂的なファンを生み 最近はあまりなかった 「デスストランディング面白いからおすすめ」的なクチコミに繋がっているわけです。 デスストランディングのここがクソゲー(低評価) 一方で、低評価をあげている人のほとんどが ・ゲームといえば敵が出てきて派手なバトルがあるもの ・荷物を運ぶ配達人としての役割が地味、辛い、ストレスが溜まる ・メタルギアソリッドのようなゲームを期待してプレイしてしまった といった「デスストランディング」のテーマそのものが 理解できず、耐えられなかったという点に集約されています。 その他 ・文字が小さい ・ムービーばかり、かつ長い といったゲームシステムに依存する不満もありますが、こういった部分よりも、「デスストランディング」のテーマである「つながり」という部分に賛同できなかった部分がネガティブな意見になっています。 でも、ここでネガティブ意見になっている部分は その一方で、神ゲー評価を与えている人にとっては大きな魅力ポイントになっているという 表裏一体の関係性が存在しており こんな クソゲーでもあり、神ゲーでもある賛否両論を生み出したタイトルは、ここ10年ではありませんでした。 それだけゲーム市場に向けて一石を投じたタイトルだといえるでしょう。 デスストランディングの総合評価、買いか?見送りか? [amazon] [amazon] なんで、ここまで評価が分かれるのか そう考えてみたら、周囲で超クチコミをしてくる、PS4本体は持っているけど、久しぶりにPS4をデスストランディングのために起動した という人の多くは30代オーバーの人ばかりでした。 彼らは最近の緩いゲームや、スマホゲームではちょっと満足できないファミコン、スーファミ時代からのオールドゲーマーだった印象があります。 ですから オールドゲーマーには相性が良いかもしれないけど 最近の若いゲームファンにはあまり相性が良くないかも というのが周囲を見た上での印象でした。 とはいえ、プレイする人を選ぶゲームでもありますが 他にはない特殊な楽しさを与えてくれるゲームとも言えます。 もし、ちょっとでも気になったら、まずはプレイしてみることをおすすめします。 クソゲーか、神ゲーかは最後は自分自身で判断するべきで、 「」にはその価値があるタイトルだと思うからです。

次の