シャオミ mi10。 auの激安5Gスマホ、Xiaomi Mi 10 Liteの外観やスペックについて分かっている事まとめ

Xiaomi Mi10 シャオミ スペック 予想 日本での発売はあるのか

シャオミ mi10

「小米十年 梦幻之作(シャオミ10周年、夢の製品)」と題した発表会は、中国時間2月13日14時(日本時間15時)、マスク姿の雷軍(レイ・ジュン)CEOの新型コロナウイルスとの戦いに必ず勝つとの宣言から始まった(記事上写真:Twitterより)。 シャオミ創業10周年を記念する発表会でもあることから、「10年で最年少の世界500強となり、売上2000億元(約3兆2000億円)を超えた」と輝かしい業績に触れた後、新製品「Mi10」に詰め込まれた機能を紹介した。 「Mi10」の主なスペック• ハイスペック有機ELディスプレイ「6. 高速スクロール90Hz、抽出率120Hz• ユーザーの使い方を学習する自動調光機能• 最新モバイルチップ「クアルコムSnapdragon865 5G」搭載• 5G時代の標準であるWifi 6対応• メモリストレージ「UFS3. 0」+Write turboにより高速データアクセス• 30Wワイヤレス充電器で高速充電(100%:69分、完全充電:76分)• 1億画素、クワッドカメラ• 8K録画機能(8K画質のまま写真にすることも可能)• 「天気を変える」動画加工(雨や雪を降らせることも可能) Mi10の主なスペック(微博「小米手機」アカウント) 価格 雷軍CEOが最初に「価格の限界を打ち破り、コストを考えずハイエンド市場に挑戦していく」と表明したように、非常にコストパフォーマンスの高い価格に設定されている。 なお日本での発売時期は明らかにされていない。 1億画素 クワッドカメラの説明(微博「小米手機」アカウント) 当初、発表会はこれまで通り観客を招いて行う予定だったが、今回は異例のオンライン中継のみとなった。 理由は新型コロナウイルスの影響と思われる。 また世界最大の携帯見本市MWC(モバイル・ワールド・コングレス)が行われるスペイン・バルセロナでも発表会を行う予定だったが、MWC中止を受けて開催は不透明だ。

次の

【2020年最新】Xiaomiのおすすめスマホ9選【ハイエンドですら安い】

シャオミ mi10

昨年末日本上陸を果たした中国IoT家電メーカー「シャオミ(小米)」の新フラッグシップスマホ「Mi10(小米10)」が14日、「Mi10 Pro」が18日中国で発売された。 実物がユーザーの手に渡って様々なリアクションがネットに投稿されている。 今回は中国版Twitterと呼ばれる「微博(ウェイボー)」からユーザーたちのリアルな声を紹介してみたい。 シャオミといえば「米粉(ミーフェン)」という熱烈なファンユーザーが売り上げだけでなく、プロモーションにおいても大きく貢献しているが、今回Mi10発売においても「熱い」投稿が見られた。 「シャオミファンがMi10を買うことを支持します。 口でも心でも、文字上でも誠心誠意サポートします。 シャオミはハイエンド市場に挑み、フラッグシップモデルの最低価格を一気に1000元上げる決心は簡単ではなかったはず、背水の陣と言ってもいい。 今回の販売数が良くなかったら、次世代のフラッグシップモデルで価格を戻すのではメンツが立たない。 フラッグシップモデルでハイエンドの看板を掲げたからには、決して失敗してはならない。 シャオミファンは団結してMi10を成功させよう。 口先だけ(の応援)で、雷軍CEOを失望させてはいけない」。 一方では、ファンまでは行かないまでも好意的だったはずのユーザーから手厳しい意見も見られた。 「3999元のMi10、発表会の後すぐに買いました。 スマもにはそんなこだわりはないけど、雷軍CEOがついにハイエンド製品市場に挑むのを見てとても嬉しくなりました。 フラッグシップらしく、早速シャオミの公式サイトで買いました。 しかし、結果的にちょっとがっかりしました。 回線の不通です。 フラッグシップとしてこれはいけない。 このような初歩的なトラブルで気分が悪い」。 回線トラブルは一部で起きているようで、別のユーザーの投稿も。 「Mi10で回線が切れる問題があった。 私は今Mi10の動画編集をしているが、トータル的にはとても満足している。 朝、撮影中に初めて回線が繋がらなかった。 家ではWifiを使っているが、アクセスポイントを切り替えたら正常に戻った。 ついさっきも動画編集中に回線が切れた。 微博で検索したら他の人にも同じ問題があるようだった。 シャオミさん、雷軍さんバグが出ましたよ。 とはいえ、Mi10はなかなか良く、ハードの水準も十分、操作も快適だ」。 ちなみに以前からのアンチのような人も書き込みもあった。 「1億画素の画像、実際は平凡で新しさがなく、味気もない。 方向が間違っている」。 Mi10の売りの一つである1億画素の画質に難癖をつけるあたり、シャオミは好き嫌いがはっきり分かれるブランドのようだ。 また8日朝にはMi10のハイスペック版「Mi10 Pro」がネット上で発売されたが、ほどなくして売り切れとなった。 これについてのユーザーのコメントも多く投稿されていた。 「Mi10 Proは今日午前10時から販売。 55秒で全プラットフォームの売上高は2億元を突破した。 今回はどれぐらいの数が用意されているか計算してみよう」。 「数秒で売り切れた。 Mi10を買えた人っているの?」 「みんなの手の速さには参った」 「今までスマホの奪い合いには参加してこなかったけど、Mi10は初めて喉から手が出るほど欲しくてかなり準備したよ」。 「Mi10 グローバルモデル」の日本発売は2月23日に発表されると見られていたが、発表イベント延期により、未だ未定となっている。 Mi10 Proの主なスペック(微博「小米手機」アカウント)).

次の

「Xiaomi Mi Note 10」と「OPPO Reno A」の違い

シャオミ mi10

スナドラ845機に匹敵するパワーたぁ、驚くわあ。 「このお値段で、こんなにも!? 」なセールストークがされるに違いないと思っていたXiaomi(シャオミ)の「 Mi 10 Lite 5G」。 スマホレビューサイトGSMArenaに詳細なスペックが掲載されていたので、早速チェックしてみましょうか。 プロセッサに Snapdragon 765Gを採用。 同じくスマホレビューサイトのKimovilによれば、Antutuスコアは 330,587。 これは2世代前のハイエンドプロセッサ Snapdragon 845と同格のスピードを叩き出します。 2018年型のハイエンドAndroidと肩を並べるスピードをもっているのかー。 メモリは6GB版と8GB版があり、 ストレージは共に 128GB。 販売する国によって異なるメモリのモデルが流通するのでしょうか。 57インチのディスプレイはAMOLED... 肝心のカメラですが、なかなか、なかなか。 メインカメラは4眼で、 26mmの広角が4800万画素 f1. 超広角は800万画素 f2. マクロは500万画素 f2. 4で、深度カメラは200万画素 f2. 4です。 349ユーロ ( 約4万1000円) なのに頑張りました。 インカメラは1600万画素 f2. 5です。 4K 30pの動画がとれるほか、フルHDは120fpsまで、 720p HDは960fpsまでイケます。 ハイスピード撮影がカジュアルに楽しめるってのは、いいね! バッテリーは4160mAhと多めで、SIMはデュアルSIM。 すばらしきかな、microSDカードスロットもあるよ! もちろんヘッドホン端子もね! いままでエントリークラスのスマホは、安いぶん処理速度が遅いという印象がありました。 しかしMi 10 Lite 5Gは違う。 このスペックであれば3DCGのゲームも、ショートムービーの撮影・編集も難なくこなせるでしょう。 ほかのSnapdragon 765G搭載機が6万円前後でリリースされる予定だということを考えると、これは売れちゃいそうだなあ。 Source: ,• Tags :•

次の