クリスティー ン 映画。 映画感想

クリスティーナ・リッチ

クリスティー ン 映画

テレビが勝手に録画しない限り、絶対に見ることがなかったであろう アガサ・クリスティーの映画。 アガサ・クリスティーは、名前しか知らなかったが、 なんとなく、推理物であることは知っていた。 推理物には、必ず殺人がある。 僕は、人が死ぬ映画を極力避けるようにしているが、 なんとなく、見てしまった。 幸いなことに、殺人と言っても 良くあるハリウッド映画のように血をドバドバと流して死んだり、 意味もなく死んだり、敵と分類された方は何人も死んだりということではないので 見ていても気分が悪くなることなかった。 推理物は、見ている方がうまく推理していって、 最後には、「あー、そういうことね。 へー」と感心するような 完璧なストーリーでなければならない。 そのため、その他の多くの映画のように、 矛盾しているけど、まあいいか。 と、いうような部分がなくて、とても見やすかった。 僕は、矛盾や無理矢理なところが 非常に嫌いなのだ。 もしかして・・・ありうるかも?というギリギリのラインが好き。 以前、セブンという映画を見たときに、 これはあり得ないとは思うけど、 もしかして可能性はゼロではない。 自分のすぐ側でも起こっても不思議はない。 と、思ったときに、非常に感心したのを覚えている。 この映画もそうだった。 人の感情をうまく使っている。 自分が主人公と同じ立場だったら、 同じことをするかもしれない。 と、思ってしまう。 誰もが正しいことをして、 誰もが正しいことを言い、 誰もが納得できる結果に終わる。 しかし、最後まで結末は分からない。 アガサ・クリスティー恐るべし。

次の

クリスティーン・バランスキー

クリスティー ン 映画

110分、カラー。 のの監督による映画化作品。 クリスティーンは作品の中心となる車、赤の1958年型に付けられた名前である。 1958年型プリムス・フューリー 本作は原作の出版以前から映画化企画がなされ、カーペンターは5週間で撮影を終了した。 長編である原作を2時間以内の映画にするには、持ち主の怨念がとりついた車と、それに取り巻く母子の愛憎劇という原作の筋書きは描ききれないため、もともと邪悪な意思を持つ車という設定に変更された。 製作費の多くが、ストーリーの中心となるプリムス・フューリーの再現と特殊効果に回され、全米から23台のプリムス・フューリーが集められた。 原作の各章の冒頭にロックの歌詞が書かれているのを受け、カーペンターは各場面に自身の選曲したオールディーズが、カーラジオから流れるという形で挿入した。 ベストセラーとなった原作の出版から間をあけず公開され、アメリカでは興行的には健闘した。 日本では、同じくキング原作の『』の1ヶ月後に封切られたが、2週間で上映を打ち切られた。 あらすじ [ ] 1957年、デトロイト。 1台の赤のプリムス・フューリーが完成しつつあった。 生産ライン上にあるその車に乗って一服していた工員が車中で謎の死を遂げる。 時は流れて1978年、カリフォルニア州ロックブリッジ。 いじめられっこの気弱な高校生アーニー(キース・ゴードン)は、友人デニス(ジョン・ストックウェル)と学校の帰り道、偶然、ボロボロになって打ち捨てられていたクリスティーンと名付けられた1958年型プリムス・フューリーに魅入り、貯金をはたいて持ち主の世捨て人ルベー(ロバーツ・ブロッサム)から買い取る。 支配的な両親はこのことを許さず、アーニーは車をダーネル(ロバート・プロスキー)が経営する自動車修理工場に持ち込み、そこで働きながら、クリスティーンを整備し可愛がり、新車同様までに修理する。 だが、実は邪悪な意志を持つ車だったクリスティーンは、アーニーを積極的だが粗野な性格に変えてゆく。 アーニーの変わりようを見たデニスはルベーを訪ね、クリスティーンの呪われた過去を知る。 クリスティーンがアーニーのガールフレンド、リー(アレクサンドラ・ポール)を殺しかけた夜、クリスティーンは工場に忍び込んだ不良たちに破壊される。 しかしアーニーが「よし、(力を)見せろ」と言うとクリスティーンは自ら元通りによみがえる。 そしてアーニーのいない間に不良たちを次々と殺害し、ダーネルもまた殺される。 デニスは支配されてしまったアーニーを救うため、リーと共にブルドーザーでクリスティーンに戦いを挑むが、その最中にアーニーは死んでしまう。 壮絶な戦いは終わり、完全に破壊されスクラップの塊になったクリスティーンは、なおまだうごめくのだった。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 版 アーニー・カニンガム デニス・ギルダー リー・キャボット ウィル・ダーネル ルドルフ・ジャンキンス刑事 レジーナ・カニンガム ジョージ・ルベー バディ・レッパートン ウィリアム・オストランダー ムーチー マルコム・ダネア ドン・ヴァンデンバーグ スチュアート・チャーノ ロザンヌ マイケル・カニンガム ロバート・ダーネル• テレビ朝日版:初回放送1990年9月16日『』 スタッフ [ ]• 監督:• 製作:リチャード・コブリッツ、• 製作総指揮:カービー・マッコレー、マーク・ターロフ• 原作:『クリスティーン』• 脚本:ビル・フィリップス• 撮影:ドナルド・M・モーガン• 音楽:ジョン・カーペンター、アラン・ハワース 余談 [ ]• 2018年の映画『』の冒頭におけるカーレースのシーンで、本作に登場するクリスティーンと同型の車両が登場する。 脚注 [ ].

次の

クリスティーン (映画)

クリスティー ン 映画

110分、カラー。 のの監督による映画化作品。 クリスティーンは作品の中心となる車、赤の1958年型に付けられた名前である。 1958年型プリムス・フューリー 本作は原作の出版以前から映画化企画がなされ、カーペンターは5週間で撮影を終了した。 長編である原作を2時間以内の映画にするには、持ち主の怨念がとりついた車と、それに取り巻く母子の愛憎劇という原作の筋書きは描ききれないため、もともと邪悪な意思を持つ車という設定に変更された。 製作費の多くが、ストーリーの中心となるプリムス・フューリーの再現と特殊効果に回され、全米から23台のプリムス・フューリーが集められた。 原作の各章の冒頭にロックの歌詞が書かれているのを受け、カーペンターは各場面に自身の選曲したオールディーズが、カーラジオから流れるという形で挿入した。 ベストセラーとなった原作の出版から間をあけず公開され、アメリカでは興行的には健闘した。 日本では、同じくキング原作の『』の1ヶ月後に封切られたが、2週間で上映を打ち切られた。 あらすじ [ ] 1957年、デトロイト。 1台の赤のプリムス・フューリーが完成しつつあった。 生産ライン上にあるその車に乗って一服していた工員が車中で謎の死を遂げる。 時は流れて1978年、カリフォルニア州ロックブリッジ。 いじめられっこの気弱な高校生アーニー(キース・ゴードン)は、友人デニス(ジョン・ストックウェル)と学校の帰り道、偶然、ボロボロになって打ち捨てられていたクリスティーンと名付けられた1958年型プリムス・フューリーに魅入り、貯金をはたいて持ち主の世捨て人ルベー(ロバーツ・ブロッサム)から買い取る。 支配的な両親はこのことを許さず、アーニーは車をダーネル(ロバート・プロスキー)が経営する自動車修理工場に持ち込み、そこで働きながら、クリスティーンを整備し可愛がり、新車同様までに修理する。 だが、実は邪悪な意志を持つ車だったクリスティーンは、アーニーを積極的だが粗野な性格に変えてゆく。 アーニーの変わりようを見たデニスはルベーを訪ね、クリスティーンの呪われた過去を知る。 クリスティーンがアーニーのガールフレンド、リー(アレクサンドラ・ポール)を殺しかけた夜、クリスティーンは工場に忍び込んだ不良たちに破壊される。 しかしアーニーが「よし、(力を)見せろ」と言うとクリスティーンは自ら元通りによみがえる。 そしてアーニーのいない間に不良たちを次々と殺害し、ダーネルもまた殺される。 デニスは支配されてしまったアーニーを救うため、リーと共にブルドーザーでクリスティーンに戦いを挑むが、その最中にアーニーは死んでしまう。 壮絶な戦いは終わり、完全に破壊されスクラップの塊になったクリスティーンは、なおまだうごめくのだった。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 版 アーニー・カニンガム デニス・ギルダー リー・キャボット ウィル・ダーネル ルドルフ・ジャンキンス刑事 レジーナ・カニンガム ジョージ・ルベー バディ・レッパートン ウィリアム・オストランダー ムーチー マルコム・ダネア ドン・ヴァンデンバーグ スチュアート・チャーノ ロザンヌ マイケル・カニンガム ロバート・ダーネル• テレビ朝日版:初回放送1990年9月16日『』 スタッフ [ ]• 監督:• 製作:リチャード・コブリッツ、• 製作総指揮:カービー・マッコレー、マーク・ターロフ• 原作:『クリスティーン』• 脚本:ビル・フィリップス• 撮影:ドナルド・M・モーガン• 音楽:ジョン・カーペンター、アラン・ハワース 余談 [ ]• 2018年の映画『』の冒頭におけるカーレースのシーンで、本作に登場するクリスティーンと同型の車両が登場する。 脚注 [ ].

次の