包茎手術 必要。 仮性包茎なら治療の必要は無し?~治療のメリットと海外包茎事情~

包茎手術で必要のない施術を追加され高額請求!

包茎手術 必要

男性の カンジダ性亀頭包皮炎の原因は、ペニスが包皮に覆われているため、カリの部分が乾燥せずに菌が繁殖しやすいために起こります。 つまり、包茎でなければカンジダ性亀頭包皮炎にはならない・・・ということになります。 仮性包茎なのが原因なので、当たり前と言えば当たり前なのですが。 そのため、包皮はできる限り剥いて乾燥させるよう指導されます。 カンジダ性亀頭包皮炎で手術が必要なケース 日本人の多くは仮性包茎です。 ですが、これは日本だけに限ったことではなく、海外でも非常に多いので、本来は包茎手術は必要ありません。 ですが、先ほども紹介したように、カンジダの原因はペニスに包皮が被っているからなので、場合によっては手術が必要なケースがあります。 ただし、そのケースは非常に稀であり、通常は手術をする必要性は全くありません。 手術が必要なケースは、 ・真性包茎 ・包皮が剥けても痛みが伴う ・ムケても窮屈 このような場合にのみ、手術が必要になります。 要は仮性包茎と言っても、真性包茎またはそれに近い状態の方のみが手術が必要であり、それ以外の方は必要ありません。 これは包皮をめくって乾燥させることができないことや、薬を塗るのが困難であるためです。 ただし、カンジタは一度症状が出ると長引く傾向があるので、長期戦を覚悟する必要があります。 けれど、面白いことに包茎手術を薦める医者は非常に多いんです。 「包茎だと彼女に嫌われる」「恥ずかしくて自信がない」など、巧みにメディアを使って誘導し、手術した方がよいと思わせています。 要は 医者の金儲けのための手段なんです。 本当にしっかりとしたアドバイスをしてくれる医者であればいいのですが、中には金儲けのためだけに薦める医者もいるので、カンジダ性亀頭包皮炎ですぐに包茎手術をした方が良いという医者には注意してください。 包茎手術でトラブル続発!! 当サイトではよほどの包茎(真性)ではない限り、手術はオススメしないと言ってきました。 事実、国民生活センター(2016年6月23日)の発表で、 大量出血や壊死・高額施術などトラブルが続発しているため、注意が呼びかけられています。 この相談では2011年から2015年の5年間が対象になっており、その数は1092件に上るようです。 被害は異性に対して敏感な10代〜30代の方が大半を占めているようです。 詳しい内容を知りたい方は、国民生活センターが発表しているPDFを載せておきますので、ご確認ください。 ですが、きちんと治療すれば治りますので、スグに治らないからといって安易に手術することはやめてください。

次の

包茎手術

包茎手術 必要

あなたの包茎は手術が必要? あなたの包茎は本当に手術が必要ですか? 包茎手術は「一生モノ」です。 慎重に情報を集めて、決断を下すようにしましょう。 【ほとんどの包茎は医学的には手術は不要】 日本人の3人に2人は包茎だと言われています。 しかしそのうちのほとんどが仮性包茎です。 仮性包茎とは、ペニスの先端の亀頭が普段は皮で覆われているけど勃起すると露出するという状態のことです。 仮性包茎は、医学的な用語ではありません。 これに相当するような英語も存在していません。 日本独自の概念なのです。 仮性包茎は病気ではありません。 「臭い」「不潔」というイメージを持っているかもしれませんが、剥くことができるのであれば清潔に保つことができます。 日々のケアを怠らないようにすればいいだけで、生活上の支障はありません。 要するに、医学的には仮性包茎は手術の必要がないと考えられているのです。 このため、仮性包茎の手術の場合には健康保険も適用されません。 全額自己負担となるのです。 治療というよりは、美容整形に近い扱いですね。 ここで重要なのが「医学的には不要」というだけで「してはいけない」と言っているわけではないということです。 現代の日本では、なんだかんだいって仮性包茎は恥だと考えられています。 皮をかぶっているというだけの理由で、深刻なコンプレックスを抱えている人もいるでしょう。 ズル剥けのペニスに憧れを抱いている人もいいでしょう。 そういう人は、手術のメリットとデメリットをきちんと比較したうえで、自分の判断で決断するようにすればいいのです。 【手術が必要な場合】 包茎の中でも、治療が必要な場合があります。 亀頭がほとんど露出できない状態のことを、真性包茎と呼んでいます。 皮が伸びないため性交時に激しい痛みを感じたり、不衛生なため炎症が繰り返す場合があります。 この場合には治療・手術を検討しましょう。 包皮(亀頭を包んでいる皮)の入り口が狭いのに無理してひっくり返すと、血流が悪くなってしまい赤くはれ上がってしまうことがあります。 この症状をカントン包茎といいます。 自分で元に戻せる場合にはいいのですが、元に戻せない場合には早急に病院に行き治療をする必要があります。 場合によっては、即手術ということもあり得ます。 手術は怖い?カントン状態の場合には、そういうことを言っている余裕はありません。 最悪の場合、ペニスが壊死して機能しなくなってしまう非常に危険な包茎なのです。 「包茎手術について」関連記事•

次の

仮性包茎に手術は必要ない!あなたの知らない包茎の真実を暴露!

包茎手術 必要

さてさて、これを読んでいるみなさんは仮性包茎と聞いてどんなイメージを持ちますか? 「恥ずかしい」「かっこ悪い」「女性にバカにされそう」「衛生的にだめ」「臭い」…… などなど、あまり良いイメージとは言えないですよね。 統計では、日本人の包茎の割合は6割以上らしいですが、そのうちの80%が仮性包茎なんだそうです。 残りの20%は真性包茎やカントン包茎です。 だからこそ、包茎に悩む人の中には、手術をしたり、自力で治すために包茎矯正グッズを試したりする人もいます。 でも皆さん、よ~く聞いて下さい! 最近では、包茎=恥ずかしい という観念が変わってきているんです!! そんな、最近変わりつつある包茎事情を報告していこうと思います。 ペニスをおおっている包皮の出口が狭く亀頭が露出しない状態を真性包茎、手を用いると完全に露出できても、包皮が過剰なため通常は亀頭が露出していない状態を仮性包茎といいます。 包皮と亀頭の一部が癒着して完全に露出できないことがよくありますが、このような状態は生理的包茎と呼ばれ、真性包茎とは区別され、特別な治療の必要はなく、大部分は徐々に癒着がはがれてきます。 真性包茎は新生児の96%、乳児の80%、幼児の60%、小学校低学年の40%にみられ、思春期前では10%、思春期後は5%と減少し、真性包茎の大部分は思春期までに自然に治ります。 成人になって生殖活動が始まるまでは、むしろ小児の包茎は、包皮によって亀頭をおおい保護する意味をもち、生理的な自然な状態であるとの意見もあります。 と書かれています。 簡単に言うと、日常的に「ズルムケ状態ではない」ということです。 これが、この記事の大事なポイントなのですが、果たしてこの 「むけてない」状態は本当に恥ずかしいことなのでしょうか? 男の子なら思春期の頃には必ずこういう会話をするはずです。 「お前むけてないのか?!」 私も友達とこのような会話のやり取りしていたことが記憶の奥の方にあります。 これはどう考えても「むけてない」状態がかっこ悪いということ前提での会話ですよね。 しかし、包茎の割合が示すように、「むけてない」ほうが多数派のはずです。 多数派のほうが恥ずかしいというのはなぜなのでしょう? 明確な理由は無いけれど、昔から包茎はかっこ悪いこととして、私達の頭の中に刷り込まれてしまっているのです。 記事の最初に書いた包茎に対してのイメージを思い出して下さい、「恥ずかしい」「かっこ悪い」「女性にバカにされる」「臭い」 すべて心理的要因ばかりです。 医学的根拠はまったくない。 しかも、澁谷和美「平成男塾」という本には鈴木おさむと高須クリニックの院長との対談でこのような文章が記載されているのです。 このことからもわかるように、 日本においては仮性包茎に対して、意図的に作られた悪いイメージだけが独り歩きしてしまい、 現在においても、その風評が残ってしまっているというのが妥当な解釈だと思います。 包茎の種類 仮性包茎とはどのような状態なのか? 包茎の種類にはどのような物があるのか?ここでそれぞれの包茎のポイントをまとめておきます。 仮性包茎 仮性包茎は日本人で一番多いタイプ。 平常時に亀頭が革を被っている状態です。 「皮は被っているけれど、手でむけば簡単に亀頭を露出できる状態」というのがポイントです。 平常時の皮をかぶっている状態で、亀頭がすべて皮をかぶっていれば真性包茎で、少しでも亀頭が出ていれば仮性包茎だと勘違いしている方がいますが、 皮のかぶり具合は全く関係ありません。 勃起すると、亀頭が自然に露出する比較的軽い仮性包茎から、勃起しても皮をかぶったままの重度の仮性包茎まで症状は様々です。 真性包茎 平常時、勃起時にかかわらず、一切亀頭が露出せず皮を被ったままの状態です。 手で皮をむこうとしても痛みや固着で全く亀頭を露出することができない状態を指します。 生まれたときは誰もがこの状態なのですが、成長とともに皮を向くことを覚え、日々自分で皮を剥くための努力をし この状態から脱却するのが王道パターンです。 カントン包茎 仮性包茎の中でも包皮の先端(包皮口)部分が狭くなっている状態。 無理に手でむくと、どうにか亀頭を露出させることができるが、包皮口が狭いため元に戻すことができなくなり 亀頭の根本が締め付けられ、うっ血し、大きく腫れ上がったりしてしまいます。 「頑張れば亀頭を露出することができるが簡単に元に戻すことができない状態」というのがポイントです。 上記のように包茎には3種類のタイプがあります。 この記事で取り上げるテーマは「仮性包茎に手術が必要か?」ということ。 仮性包茎に対す概念が変わって来ているという流れの中で、本当に手術は必要なのか? そのあたりをじっくり探っていきましょう。 仮性包茎は恥ずかしくなんか無い! ではでは、さっそく本題に入っていきましょう。 仮性包茎の真実に近づいていきます。 仮性包茎の真実を暴露! 日本人のペニス観 そもそもなぜ仮性包茎が恥ずかしいことと考えられるようになったのか? 信じられないような話ですが、 古くは江戸時代には「包茎は恥である」という観念が出来上がっていたらしいです。 これには理由があって、江戸時代に平田篤胤という国学者がいのですが、この人が徹底した国粋主義者で、 すべてにおいて日本が最高だと考えていた。 その篤胤が、外国人と接触したことのある日本人から西洋人は包茎だということを聞き、大いに嘲笑ったらしいいです。 おそらく篤胤はしっかりむけていたのでしょう、すべて日本人が最高と思っている篤胤にとって 先細りで皮被りの西洋人のペニス事情はみっともなく映ったに違いありません。 このことから西洋人のような包茎は恥ずかしいというペニス観が広まったと考えられています。 それが現在まで受け継がれてきてしまったということです。 しかも先に記述したように高須院長の話などもあり、 マスコミや雑誌の広告などで包茎には手術が必要などと言った文面に踊らされてしまったのです。 このために、包茎に対して「大人になりきれていない」とか「女性に嫌われる」、「衛生的に悪い」などといった悪いイメージが定着してしまい、自分が仮性包茎であることに思い悩んでしまうのです。 仮性包茎につて「恥ずかしい」「女性に嫌われる」といったイメージは結局、作られたものです。 江戸時代の平田篤胤の話に始まり、高須クリニックの院長の発言、雑誌広告の煽りなど 全ては何の根拠もない話に踊らされているのです。 そこに医学的根拠は無いのです。 まったくもって仮性包茎であることを恥じる必要などありません! 正常に勃起し、女性との行為も問題なく行え、射精に至ることができれば、悩む必要などないのです。 ただこれは仮性包茎に限った話です。 真性包茎やカントン包茎については状況によっては何らかの治療が必要になってきます。 そのときに手術という選択肢も出てくる可能性は十分考えられます。 仮性包茎の問題点 仮性包茎は恥じることはないと話しましたが、多少のデメリットはあります。 それは、 恥垢が溜まりやすいということです。 他にも、亀頭の表皮が弱いために免疫力の低下や、性病性病や炎症のリスクも高いということもあげられます。 衛生面の問題に関しては、入浴時によく洗い清潔を保っていれば、日常生活に特に支障はないです。 ただ免疫力の低下などに関しての対処としては、美容クリニックや病院で相談をすることも場合によっては必要です。 真性包茎やカントン包茎は治療を受けることの必要性は高いですが、仮性包茎に関してはその限りではありません。 日本において仮性包茎の治療や手術を希望するのは、あくまでも仮性包茎のイメージからの脱却が優先されるからで、 そう考えないのであれば、特に治療する必要性を感じていない人のほうがが多数のようです。 また、 真性包茎やカントン包茎の手術については、通常の病院であれば保険が適用されるケースもありますが、 仮性包茎に関しては保険適用外です。 このようなことも含めながら、仮性包茎の治療や手術においては、検討する必要があるようです。 仮性包茎を改善するために 仮性包茎は決して特別な状態でなく、治療も必要ないと考える人も増えてきていますが、 実際にはまだまだ仮性包茎であることに悩み、コンプレックスを持っている人が多いのも事実です。 ここからはそのような人たちのために、話を進めていきましょう。 まず、仮性包茎は日本人の男性の6割以上が該当していますが、世界的にはどうなのでしょう? これも意外かもしれませんが実は世界的に見ても仮性包茎である割合は6割と言われています。 日本も海外もあまり変わらないと言うことです。 広く世界に目を向けても亀頭が常に露出 皮が剥けている している人の方が少数派だということです。 しかしながら、先にも述べたように日本においては医学的な根拠は無いにしろ、仮性包茎に対するイメージはネガティブです。 精神的ストレスからの開放という意味でも、手術を受けることの恩恵はあるのかもしれません。 仮性包茎の原因 当然ながら生まれてきた子供はみな真性包茎です。 成長の過程において、日々の努力が実を結び?この真性包茎から脱却していくのです。 そして 見事ズルムケ状態になったペニスこそ、ステータスであると刷り込まれてきました。 仮性包茎はここまでの地点に到達できなかった状態です。 途中で皮むきトレーニングを断念したか、何らかの影響でできなくなったためにゴールに至らなかったということです。 具体的には以下に示すようなことが、一般的に仮性包茎の原因だとされています。 ペニスを覆う包皮が長い 単純にペニスを覆うための包皮が体質的に長い傾向にある ペニスが小さい 上記の理由と同じことだが、皮の長さに対してペニスが小さいという見解 親からの遺伝 これに関しては医学的には根拠が無いとされているようですが、お悩み系のサイトや、書籍などでは原因の一部として紹介されていることが多いです。 オナニーのやりすぎ 過度のオナニーのやりすぎで、ペニスを覆う皮が伸びてしまい仮性包茎の状態から脱することができなくなっている。 また時代の変化とともに、子どもたちの生活していく環境も変わってきていることが原因にあるとも言われています。 現在の子どもたちは外で遊ぶ習慣が少なくなり、体を動かす事が少なく、亀頭に刺激を受けずに育ってしまっています。 このことが、仮性包茎を卒業できない原因とも考えられています。 この方法は間違いなく仮性包茎から脱却することができます。 包茎手術を行っているクリニックもたくさんあるので、まずはカウンセリングなどを受けてしっかり手術について理解した上で行うことが必要です。 真性包茎やカントン包茎と違い仮性包茎手術には保険が適用されません。 料金や術後のケアなど納得の上で施術することが重要です。 子供の頃父親とお風呂に一緒に入ったときに父親にやってもらうことで、少しずつズル剥けへの階段を登っていくというもの。 思春期に友達との会話や情報から関わりの中で自分で努力していくことで見事ズル剥けへステップアップする。 要するに、 皮を向いた状態を長く保つことができれば仮性包茎でなくなるという単純明快なトレーニング。 リングなどの器具を使ったりすることを進めているサイトも有るが、ペニスを炒めてしまう恐れがあるので オススメできません。 増大サプリを飲んだり、増大トレーニングをすることによって効果を得る方法です。 即効性があるわけではないので、今すぐにでも仮性包茎からの脱却を望んでいる人にとっては、難しい選択かもしれません。 仮性包茎の手術 仮性包茎からの脱却として 最も確実な方法として包茎手術がります。 余分な包皮を取り除く事により亀頭を露出させるというものです。 ペニスの状態などによっても手術方法や内容が異なるので、美容クリニックや病院でカウンセリングをしっかり受けた上で行うことが重要です。 またアフターケアや術後の検診なども含め、手術料金のこともしっかり確認しておく必要があります。 真性包茎やカントン包茎に関しては場合により保険が適用されるケースもありますが、仮性包茎は保険が適用されません。 もちろんこれは、一般的な病院で治療を行った場合のことで、美容クリニックなどで手術を行うことに関しては、保険は適用されず、自費治療ということになります。 包茎手術についてはコチラの記事で詳しく取り上げているので参考にして下さい。 まとめ 日本においてはまだまだ仮性包茎に対するイメージは変わっていません。 医学的根拠は無いにしても今でもおそらくこの先しばらくは、「ズル剥け」の方がステータスが高いという認識はそうそう変わらないと思います。 しかし、割礼の習慣があるアメリカやオーストラリアではこのような日本のイメージとは逆に 仮性包茎が本来あるべきペニスのスタイルだという考えのもと 包茎再生の手術を行う男性が増えています。 幼い頃に割礼の習慣により失った包皮を取り戻すために行っているようですが、 このような仮性包茎がナチュラルだという考え方が近年世界で広まりつつあります。 日本人が包茎に対してコンプレックスを持っているのとは逆に、ズルムケの亀頭に対して コンプレックスを持っている外国人が多いということです。 ここまでいろいろと書いてきましたが、近年ではナチュラルペニスの考えが広まり、仮性包茎に対してのイメージも変わってきています。 ただ日本においてはまだまだこれまでの悪いイメージがそう簡単に払拭されるとは考えにくいです。 考え方や価値観は人それぞれ違うので一概には言えませんが、悩みや不安を抱えている人にとっては、仮性包茎の治療を行うことでストレスから開放され前向きに女性との関係も築くことができるのであれば、大いに意味のあることだと思います。

次の