ご理解いただきありがとうございます。 「いただきありがとうございます」の使い方・例文|敬語/メール

「お返事ありがとうございます」にまつわるイタリア語10選

ご理解いただきありがとうございます

「ご愛顧いただき」は、「ごあいこいただき」と読みます。 「ご愛顧」はひいきにすることを意味するビジネス用語です。 似た言葉には「ご厚情」、「ご高配」、「ご懇情」、「ご芳情」、「ご高承」、「ご恵贈」などがあります。 かみくだいて説明すると「ご愛顧いただき」は「御」「愛顧」「いただく」から成ります。 「御」の読み方は「ご」、古くから相手を尊敬するときに用いられる接頭語です。 「愛顧」の読み方は「あいこ」、ひいきにすることを意味する熟語です。 「いただく」は謙譲の意を表す語です。 「愛顧」の意味はひいきにすることです。 が、頭に「御」の付いた「ご愛顧」だと意味合いが変わります。 それゆえに、「ごあいこいただき」と読む「ご愛顧いただき」は、ひいきにされている側がひいきしている側に使う言葉です。 「ご愛顧いただき」の使い方は? 閉店のお知らせ、ビジネスメールにおける「ご愛顧いただき」の使い方を紹介します。 「ご愛顧いただき」と言えば閉店のお知らせ、ビジネスメール、ということはありません。 それでも、「ご愛顧いただき」は閉店のお知らせやビジネスメールにおいてよく使われる言葉です。 閉店のお知らせでの「ご愛顧いただき」の使い方は? 閉店のお知らせでは「ご愛顧いただき」などを用い、顧客に感謝を告げます。 具体的な使い方は、『「ご愛顧いただき」ましてありがとうございました』などです。 緊急時などの一時的な閉店を除いては、シャッターを下ろしきってしまうのが閉店です。 「ご愛顧いただき」などを適切に使用してご愛顧いただいた方々への感謝を示すことは、礼儀とも言えます。 なお、閉店後の店舗正面に張る貼り紙の文面では『「ご愛顧いただき」今日まで営業を続けてまいりましたが諸般の事情により』という具合に使います。 閉店のお知らせでの「ご愛顧いただき」の使い方は、店によりさまざまです。 メールでの「ご愛顧いただき」の使い方は? メールでの「ご愛顧いただき」は、お礼の挨拶文としての使用が顕著です。 そして、大抵はメールの前文で用いられます。 「ご愛顧いただき」を用いる目的は、製品やサービスを利用してくれている顧客に対し、感謝を言葉にすることです。 具体的には『いつも弊社製品を「ご愛顧いただき」、ありがとうございます』、『日頃「ご愛顧いただき」心よりお礼申し上げます』、『平素は弊社製品を「ご愛顧いただき」厚く御礼申し上げます』などの使い方をします。 この場合の「ご愛顧いただき」の使い方は、「ご愛顧賜り」の使い方に近いと言えます。 「ご愛顧賜り」とは、「ご愛顧いただき」に次いで使用頻度の高い「ご愛顧」のフレーズです。 「ご愛顧いただき」と「ご利用いただき」の違いは? 「ご愛顧いただき」は、リニューアルオープンなどの挨拶文でも用いられます。 その際は、『毎度、格別の「ご愛顧をいただき」ありがたく厚くお礼申し上げます』、『「ご愛顧いただき」ました同店舗は、』などと使用します。 閉店にも、店舗移転にも、リニューアルオープンにも、使える「ご愛顧いただき」です。 使用の際はリニューアルオープンであることをはっきりと明記しましょう。 そして、文章全体に勢いを持たせるなどの工夫を凝らすことです。 「ご愛顧いただき」などの言葉だけでは、閉店なのか店舗移転なのかリニューアルオープンなのかが、伝わりにくいと言えます。 リニューアルオープンではなくて店舗移転の場合には、店舗は一度閉店します。 そのため、「ご愛顧いただき」の使い方は、閉店のお知らせの場合とほとんど同じです。 「ご愛顧いただき」などによってそれまでの感謝を伝えるのがベストです。 「ご愛顧いただき」の例文は? 「ご愛顧いただき」の例文を3つ紹介します。 「ご愛顧いただき」は、ビジネスで非常によく使われる言葉です。 ゆえに、「あ、見たことある」という例文が一つや二つは存在することでしょう。 たとえ何となくでも、例文に触れておけば「ご愛顧いただき」への理解が深まるのは必然です。 『「ご愛顧いただき」ありがとうございます』の例文 『「ご愛顧いただき」ありがとうございます』の例文は、『「ご愛顧いただき」誠にありがとうございます』などです。 この例文の後には、「おかげさまでこの秋、新創刊1周年を迎えました。 」などと続けます。 なお、『「ご愛顧いただき」誠にありがとうございます』は、ビジネスにおいて比較的使用頻度の高い一文と言えます。 『「ご愛顧いただき」誠にありがとうございます」は、言わずもがな感謝を伝える文です。 ビジネスにおいて感謝を伝える場面は非常に多くあります。 ゆえに、シチュエーションに関わらず、『「ご愛顧いただき」誠にありがとうございます』を置くことがあります。 ひとまずと言っては聞こえが悪いですが、ビジネスでは無意識に用いておかしくない文です。 『「ご愛顧いただき」まして』の例文 『「ご愛顧いただき」まして』の例文は、『「ご愛顧いただき」まして誠にありがとうございます』などです。 例文、『「ご愛顧いただき」まして誠にありがとうございます』の使い方は『「ご愛顧いただき」ありがとうございます』とほぼ同じです。 ゆえに、『「ご愛顧いただき」まして誠にありがとうございます』を、『「ご愛顧いただき」誠にありがとうございます』へと置き換えることは可能です。 ただ、『「ご愛顧いただき」まして誠にありがとうございます』と『「ご愛顧いただき」誠にありがとうございます』とでは、受け取られ方が異なることがあります。 『「ご愛顧いただき」誠にありがとうございます』だけ、『「ご愛顧いただき」まして誠にありがとうございます』だけ、ではなくて適宜用いましょう。 『「ご愛顧いただき」ますよう』の例文 『「ご愛顧いただき」ますよう』の例文は、『「ご愛顧いただき」ますよう願います』などです。 『「ご愛顧いただき」ますよう願います』は、引き続きのひいきをお願いする一文です。 他の例文とは異なり、『「ご愛顧いただき」ますよう願います』は継続が確定しています。 ビジネスでのお付き合いが今後も継続してゆくことを暗に示唆する例文です。 ただし、『「ご愛顧いただき」ますよう』には『「ご愛顧ください」ますよう』という類似のフレーズが存在します。 それどころか、使用頻度が高いのは後者です。 ビジネス文書では、『「ご愛顧いただき」ますよう願います』などを無理に使う必要はありません。 しかし、使用頻度の高さだけにこだわり過ぎるのは考え物でしょう。 ビジネス用語通のあなたにおすすめの本はこちら ビジネスですぐに使えたり、今後に役立つビジネス書籍を2冊紹介します。 「ご愛顧いただき」を身に付ければ、ビジネススキルはアップします。 しかしながら、仮に「ご愛顧いただき」の使い方がわからなくてもビジネススキルを向上させることは可能です。 そのコツとは、自分の覚えやすい分野から足を踏み入れることです。 スキルアップは一歩ずつ図りましょう。 そのまま使えるビジネスメールの本はこちら ビジネスに生かせるビジネスメールの本を紹介します。 「ご愛顧いただき」は、メールでもよく使われる言葉です。 それゆえに、メールが上手に作れると「ご愛顧いただき」を用いる際には有利と言えます。 ビジネスメールの苦手な人でも入り込みやすいおすすめの一冊です。 そのまま使える! ビジネスメール文例事典 「ビジネスメール文例事典」は、ビジネスメールのコツのわかる本です。 おまけに、コピペ用文例テキストの無料ダウンロードサービス付きです。 たとえ文章力がなくても、「ビジネスメール文例事典」には、そっくりそのままマネできる例文が満載です。 「ご愛顧いただき」の使い方でつまずいてしまった人にもおすすめできる一冊と言えます。 仕事の敬語がマンガでわかる本はこちら 仕事で使う敬語をマンガで教えてくれる本を紹介します。 「ご愛顧いただき」もそうですが、ビジネスには、間違いやすい言葉が数多く存在しています。 それらを仮に「間違い敬語」とします。 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥とは昔からよく言ったものですが、「間違い敬語」は聞くに聞けないと言える敬語です。 そして、「ご愛顧いただき」も例外ではありません。 マンガでわかる 仕事の敬語 「ご愛顧いただき」は顧客とのスムーズなコミュニケーションに必須の用語です。 ゆえに、顧客とコミュニケーションをとる必要のある人には欠かせない言語スキルと言えます。 しかも、文書、スピーチと使用頻度も非常に高いです。 「ご愛顧いただき」が使いこなせると楽になるのは自分だけではありません。 スムーズな対応をしてもらえれば顧客は安心感を覚え得ます。 そして、スムーズな対応の鍵を握るのが前文での挨拶文です。 「ご愛顧いただき」は、挨拶状でも挨拶文でも用いられる言葉です。 主に感謝の気持ちを「ご愛顧いただき」では、伝えることが可能です。 用いるシチュエーションが店舗の閉店でも移転でもリニューアルオープンでも同じです。 大切なのは、顧客への感謝の気持ちを表す言葉を忘れないことです。

次の

「いただきありがとうございます」の使い方・例文|敬語/メール

ご理解いただきありがとうございます

文法的に言うと、「ございます」は現在形で、「ございました」は過去あるいは完了を示します。 ところが、その時制は感謝の対象になる行為の時制と直接連動しません。 感謝の対象になっている「確認する」という行為が終わっているから「ございました」、終わっていないから「ございます」という関係ではないのです。 「ご確認いただき」は確認行為が完了していることを強く感じさせる表現です。 確認中なら日本人は「ご確認していただいており」と言うでしょう。 つまり完了した行為に対して、日本人は現在形の「ございます」も完了形の「ございました」も同じように使っています。 違いはいったい何なのか? わたしは話者の心理的姿勢psychological attitudeがそこに反映されているとその現象を解釈しています。 現在形「ございます」を使うことで、話者は今現在の感謝の気持ちを表明し、聞き手は話者の感謝の気持ちが現在の状態であると理解します。 完了形「ございました」が使われることで、話者は既に完了したことがらについての感謝の気持ちを述べる表明をし、聞き手は話者が感謝の気持ちを完了したことがらとして表明していると理解します。 つまり、相手の行為に対する感謝の気持ちを今現在のものとして表明するか、あるいは既に終わったことがらとして表明するか、という点に違いがあるということなのです。 感情移入ということをそこに関連付けて見ると、「ございます」はたいへん強い感情が混入されるのに対し、「ございました」は少し距離を置いて客観的に眺めるような、どちらかというと感情的には冷静な雰囲気が強いように思われます。 日本人はそれぞれの語法が持っている意味・ニュアンス・情緒的効果などを勘案して、同じ状況で同じ出来事に対し、使い分けをしているように思われます。

次の

「お返事ありがとうございます」にまつわるイタリア語10選

ご理解いただきありがとうございます

この記事の目次• ご了承いただきありがとうございます の意味 「ご了承いただきありがとうございます」は「納得・承諾してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご了承の意味は「事情をくんで納得すること、承諾すること」 ご了承(読み:ごりょうしょう)のもとになる単語は「了承」であり、意味は「事情をくんで納得すること」「承知すること」「承諾」 つまり「ご了承ください」だと意味は… 「事情をくんで納得してほしい」「理解したうえで承諾してほしい、認めてほしい」「了解してほしい」のように解釈できます。 すると意味は「納得・承諾してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご了承」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 了承 = 事情をくんで納得すること、承諾すること• すると「ご了承いただきありがとうございます」の意味は… 「納得・承諾してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「ご了承いただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご了承いただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご了承いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「了承」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「了承」に謙譲語「お・ご」で 「ご了承」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご了承いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご了承いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご了承いただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに「納得してもらいたい・承諾してもらいたい」とお願いしたメールに返信がきたとき。 お礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご了承いただきありがとうございます」はとくに返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 在庫が無くて納期をのばすよう依頼して「OK」との返事をもらったとき。 -ビジネスメール例文- このたびの在庫不足にともなう納期調整に際し、 ご了承いただきありがとうございます。 のようにして使うと丁寧です。 「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」が丁寧 ただ注意点として「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」としたほうが丁寧な印象となります。 お礼のフレーズは「ありがとう」だけじゃなくって本当にたくさんあります。 お詫びをともなう時は「恐縮・恐れ入る」などを使うと丁寧 またお詫びシーンではお礼よりも「恐れ入ります=申し訳なく思う」「恐縮です=恐れ入ります」というように申し訳なく思う気持ちをあらわすフレーズをつかったほうがよいシーンもあります。 そうすると…以下の例文のほうがよいでしょうね… 「ご了承くださいまして~」の「ください」は「くれる」の尊敬語「くださる」を使っています。 どちらを使っても結局は同じことを述べています。 「ご了承いただき vs ご了承くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご了承いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご了承くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」+接続詞 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご了承いただく=納得・承諾していただく」なのか「ご了承くださる=納得・承諾してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご了承いただきありがとうございます」「 ご了承くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご指導して くださりありがとうございます」 「 ご指導 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご了承」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご了承いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご了承」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご了承」 お礼シーンだけじゃない「ご了承」の使い方。 ほかには何かしらの不都合がおきて目上や上司・取引先に「納得・承諾してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「ご了承くださいますようお願い申し上げます」 意味は「納得・承諾してくれるようお願いします」• 例文「ご了承のほどお願い申し上げます」 意味は「納得・承諾してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご了承いただければ幸いです」 意味は「納得・承諾してもらえたら嬉しいです」• 例文「ご了承いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「納得・承諾してもらいたいと思います」• 例文「ご了承いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「納得・承諾してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご了承いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「納得・承諾してね!よろしく」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご了承くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご了承くださいますよう お願いいたします」「ご了承くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご了承くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご了承」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「誠に恐縮ではございますがご了承〜」 「大変恐縮ではございますがご了承〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「誠に恐れ入りますがご了承〜」 「大変恐れ入りますがご了承〜」 「たびたび恐れ入りますがご了承〜」• お手数=お手間 「誠にお手数お掛けしますがご了承〜」 「大変お手数ではございますがご了承〜」•

次の