ハンギョドン。 ハンギョドン|2020年サンリオキャラクター大賞 公式サイト

「仲間が呼んでる気がする」ハンギョドンはアマビエだった!? Twitterイラストが話題に「待ってた」「ご親戚ですか?」 | ガジェット通信 GetNews

ハンギョドン

ハンギョドンの正体は? 宇宙人? うつぼ? いえいえ、違います。 ハンギョドンは名前からもわかるように、半魚人のキャラクター! 半魚人のキャラクターって、斬新ですごいですよね(笑)。 彼(彼女?)は、一度目にしたらもう忘れられない、インパクトのある見た目をしています。 漢字では「半・魚丼」と書きます。 誕生日は3月14日のため、魚座です。 半魚人だから魚関連の魚座なのかもしれないですね! そんなハンギョドンは、人を笑わせるのが得意というコミカルな性格。 その反面、さみしがりやでロマンチストという一面も持ち合わせています。 いつもヒーローになりたいと思っているハンギョドンですが、なぜかうまくいかないみたい。 実はハンギョドンとタコのさゆりちゃんがいつも一緒にいるのには、仲良し以外にも理由があります。 それはとっても夢のない、現実的な理由…!(汗) サンリオピューロランドのハンギョドンが頭にさゆりちゃんを乗せている理由。 それはハンギョドンの2頭身体型を保ったまま着ぐるみにするため、なんです。 中に入る大人の頭身とバランスを合わせるためにはかさましが必要。 だから頭にさゆりちゃんを乗せているんですね。 ハンギョドンに妹がいることはあまり知られていないかもしれません。 すみれちゃんは半魚人であるハンギョドンの妹なのに、なぜかサンショウウオのキャラクターなんです。 これは筆者の想像ですが、もしかしたらふたりの両親が人間とサンショウウオなのでしょうか? ハンギョドンはハーフの半魚人になり、妹のすみれちゃんは魚の血を強く引き継いだために半魚人ではなくサンショウウオとして生まれてきた……と想像することもできそう。 ハンギョドンの両親についての情報は見つからず、真相はわかりませんでした。 すみれちゃんのプロフィール 本名:すみれ 種類:サンショウウオ 性別:女の子 生まれ:日本 誕生日:11月18日 血液型:A型 性格:しっかり者 掃除が好きな働き者 キンギョちゃん(ガールフレンド?) キンギョちゃんは、金魚の女の子。 キンギョちゃんはハンギョドンの片想いの相手だったり、時には彼女だったり……。 お話によって設定が変わることがあるみたいです。 そのアニメとは『名探偵ハンギョドン』! ちなみにハンギョドンの声優を担当したのは、中尾隆聖さんです。 ここでは過去に販売されたハンギョドンのグッズをご紹介します。 販売が終了していることもあるのでご了承ください。 小物入れやペンケースとして活躍しそうなサイズで、何を入れようか迷っちゃいますね! まとめ いかがだったでしょうか。 80~90年代キャラの再ブームが起きているサンリオ界で、じわじわとまた注目を浴びだしているハンギョドン。

次の

【楽天市場】サンリオ > ハンギョドン:CharaBasket(キャラバス)

ハンギョドン

ハンギョドンは、1985年に生まれた中国出身(!?)の半魚人キャラです。 それまでホラー映画のキャラであった半漁人をうまい具合にゆるキャラにしており、今でも根強い人気を誇っているようですが、そんな彼のトリビアを紹介しましょう。 と言っても、別に金田一やコナンのように推理をウリにするのではなく、どちらかと言えばアクティブに事件を解決する、ホームズのような冒険探偵の部類に入ります。 また、児童向けの作品のため過激な描写も一切なく、棚からボタモチ的に事件を解決することも多いので、狂言回し的な立ち位置で探偵をやっているのかもしれません。 サンリオが発売したOVAでその声が聴けるのですが、目を閉じて聴くとばいきんまんが探偵をしているようにしか聞こえず、笑いが込み上げてくるかもしれません。 ちなみにハンギョドンにはライバルの怪盗がいるのですが、その声を演じているのはドラゴンボールZのセル役の声優です。 何故無くてはならないかと言うと、実物の着ぐるみにした場合、ハンギョドンの低身長さに合わせるために、中の人の頭の部分を必ずタコのさゆりの部分にしてごまかさなければならないからです。 この仕組みは、後にKIRIMIちゃんとかまぼこちゃんのセットにも使われ、着ぐるみの上手いギミックとなっています。 実はとあるエピソードで6500万年前の先祖にハンギョドンが会いに行ったことがあるのですが、ハンギョドンの先祖がハンギョボンと微妙に名前を変わっていたのに対して、キンギョちゃんの方は全く変わっていませんでした。 単に名前をもじるのが面倒なだけだったのかもしれませんが、キンギョちゃんの家系とハンギョドンの家系が各時代で毎回結ばれる運命にあるというのも、中々面白い設定です。 懐かしさも含めて、ぜひ会いに行ってあげて欲しいと思います。

次の

【楽天市場】サンリオ > ハンギョドン:CharaBasket(キャラバス)

ハンギョドン

ハンギョドンの正体は? 宇宙人? うつぼ? いえいえ、違います。 ハンギョドンは名前からもわかるように、半魚人のキャラクター! 半魚人のキャラクターって、斬新ですごいですよね(笑)。 彼(彼女?)は、一度目にしたらもう忘れられない、インパクトのある見た目をしています。 漢字では「半・魚丼」と書きます。 誕生日は3月14日のため、魚座です。 半魚人だから魚関連の魚座なのかもしれないですね! そんなハンギョドンは、人を笑わせるのが得意というコミカルな性格。 その反面、さみしがりやでロマンチストという一面も持ち合わせています。 いつもヒーローになりたいと思っているハンギョドンですが、なぜかうまくいかないみたい。 実はハンギョドンとタコのさゆりちゃんがいつも一緒にいるのには、仲良し以外にも理由があります。 それはとっても夢のない、現実的な理由…!(汗) サンリオピューロランドのハンギョドンが頭にさゆりちゃんを乗せている理由。 それはハンギョドンの2頭身体型を保ったまま着ぐるみにするため、なんです。 中に入る大人の頭身とバランスを合わせるためにはかさましが必要。 だから頭にさゆりちゃんを乗せているんですね。 ハンギョドンに妹がいることはあまり知られていないかもしれません。 すみれちゃんは半魚人であるハンギョドンの妹なのに、なぜかサンショウウオのキャラクターなんです。 これは筆者の想像ですが、もしかしたらふたりの両親が人間とサンショウウオなのでしょうか? ハンギョドンはハーフの半魚人になり、妹のすみれちゃんは魚の血を強く引き継いだために半魚人ではなくサンショウウオとして生まれてきた……と想像することもできそう。 ハンギョドンの両親についての情報は見つからず、真相はわかりませんでした。 すみれちゃんのプロフィール 本名:すみれ 種類:サンショウウオ 性別:女の子 生まれ:日本 誕生日:11月18日 血液型:A型 性格:しっかり者 掃除が好きな働き者 キンギョちゃん(ガールフレンド?) キンギョちゃんは、金魚の女の子。 キンギョちゃんはハンギョドンの片想いの相手だったり、時には彼女だったり……。 お話によって設定が変わることがあるみたいです。 そのアニメとは『名探偵ハンギョドン』! ちなみにハンギョドンの声優を担当したのは、中尾隆聖さんです。 ここでは過去に販売されたハンギョドンのグッズをご紹介します。 販売が終了していることもあるのでご了承ください。 小物入れやペンケースとして活躍しそうなサイズで、何を入れようか迷っちゃいますね! まとめ いかがだったでしょうか。 80~90年代キャラの再ブームが起きているサンリオ界で、じわじわとまた注目を浴びだしているハンギョドン。

次の