リベンジ オブ ジャスティス 評価。 リベンジ・オブ・ジャスティスというタクティスオウガに少しブリガンダインを足した感じのゲームが気になるので調べてみた。

【PS4】リベンジ・オブ・ジャスティス プラチナトロフィーゲット感想│スカイブルー 白い雲間の青い空

リベンジ オブ ジャスティス 評価

ネットでおもしろそうなゲームがないか探していたときに見つけたゲームがこの2020年3月26日発売のリベンジ・オブ・ジャスティスというゲーム。 今では珍しいシミュレーションRPGでクォータービュー 斜め上の視点 、マルチエンディング、中世ヨーロッパ風のファンタジーと名作タクティスオウガによく似たゲームです。 そして価格がパッケージ版で税込3,278円 !とマルチエンディング搭載でこの値段と、なんとも怪しげ すみません汗 なゲームですが、このリベンジ・オブ・ジャスティスをさらに詳しく調べていきたいと思います。 あと、このリベンジ・オブ・ジャスティス、色んな国が様々な情勢、思惑がある所はブリガンダインみたいな所もありますよね。 メーカーのケムコ、シティコネクションとは? ケムコ リベンジオブジャスティスの販売元で、コトブキシステムというコンピュータソフト制作会社の ゲームソフトブランド名。 今は スマホ向けの昔懐かしい2Dドット絵のRPGを多数配信しています。 その移植版をPS4、スイッチにも配信しています。 僕も何かの作品をプレイしたことはありますが、よくも悪くもあまり特徴の無いRPGだったと思います。 スマホゲームだけあってか、自動戦闘などサクサクと快適にゲームを進められたと思います。 個人的には僕のケムコのイメージはこういうRPG群ではなく、スーパーファミコンの トップレーサーというレースゲームが印象に残っています。 クールでカッコいい音楽とニトロという車を加速させるシステムが楽しいゲームでした。 シティコネクション リベンジオブジャスティスの開発元で、シティコネクションというゲームが名前の由来のゲームソフトメーカー。 スーパーファミコンで多くのゲームを出した ジャレコのIP 知的財産権 を所有しているようです。 個人的にはあまり馴染みの無い会社ですが、IPというものを意識して事業を展開されているようです。 ちなみに、シティコネクションはスイッチオンラインファミコンで遊べるので、遊んでみるのもいいでしょう。 車を操作するのですが、アクションゲームです。 公式サイトを見たリベンジ・オブ・ジャスティスの印象 グラフィック、キャラデザ、ボイス グラフィックに関しては正直 携帯機、3DS並みのように見えます。 スマホ向けのゲームをメインに発売している会社なので仕方ないのかもしれませんが、リベンジ・オブ・ジャスティスは今のところ家庭用ゲーム機の PS4とスイッチのみ対応となっているのでもう少し頑張って欲しいのが正直な所です。 まあ、内容さえ良ければいいのですが。 キャラデザは 至って普通でしょうか。 個人的に気になるキャラは聖盾騎士団団長 アメリアと都市同盟の傭兵団長 エミリア、ヴォード王国の英雄王 ガルヴァリウスですね。 アメリアは狂信者ということでこういう片寄った人につくとどういう物語になっていくかおもしろそうですね。 発言も過激で狂信者らしくていいです。 エミリアは颯爽とした感じがカッコいいです。 でも金に汚く口が悪いというなかなか面白そうなキャラです。 ガルヴァリウスは単独でもめちゃ強そうな所がいいですね。 主人公が 記憶喪失というのもベタですが、謎めいていて面白そうです。 プレイしてみるまで分からないですが、 結構キャラは魅力的な感じはします。 いい意味でクセがあります。 ただ ボイスは無しです。 そりゃ 税込3,278円じゃ当たり前ですね。 個人的にはこの手のゲームにボイスはいらないです。 ゲームのテンポが悪くなっちゃいますし。 システム マルチエンディングという事ですが、問題は1ルートのボリュームですね。 あまり短いと壮大さに欠け面白味がなくなってしまうような気がします。 まあ、時間のない社会人にはいいかもしれませんが。 5つの勢力があるので このあたりがブリガンダインぽい気が 、それぞれの勢力についた場合のエンディングがあればすごいですが、ソフトの値段的に厳しいかもしれないですね。 戦闘システムは スキルを選んで装 備と無難な感じです。 音楽 PVで聞く限りでは特別クオリティは高くないですね。 まあ普通という感じ。 一応壮大には聞こえますが、パンチに欠ける気がします。 世界観 とてもオーソドックスな中世ファンタジーの世界観ですね。 そういう意味では安心して世界に入って行けると思います。 サイト画像にある、 何もわからないまま、死ねと言われて・・・・死ねるものか! リベンジ・オブ・ジャスティス公式サイトから引用 なんて主人公のセリフはなんかタクティスオウガっぽいですし、 この手のものが好きなら違和感なく楽しめるんじゃないでしょうか。 リベンジ・オブ・ジャスティスはどんな人が買いか? とにかく公式サイト以外まともな情報がないので判断が難しいですが、 とりあえず 価格が安いですし、 マルチエンディングで 世界観も良く言えば無難なものなのでグラフィックが気にならないなら買うのもありだと思います。 でも 価格の安さというのはボリューム面で不安ですよね。 まあ、忙しい社会人からすればいいのかもしれませんが、壮大な物語を楽しむにはある程度のボリュームは必要だと思います。 シティコネクションではラングリッサーを作っていたこともありそのラングリッサーチームが開発を担当したとおっしゃっていますが、確かラングリッサーはメサイア、今はラングリッサーの権利はエクストリームという会社に譲渡されたので下請けとして作っていたのでしょうか。 SRPG開発経験ありのチームによる製作なので結構安定したゲームかもしれません。 なおハルスベリヤ叙事詩2の作者やしおじさんはリベンジオブジャスティス制作に関与していないことも報告されました。 そして、やしおじさんとは和解しリベンジオブジャスティス発売継続という事で問題は解決したようです。 やしおじさんのサイト「天涯八潮路結社」でも和解したことを報告されあまりお怒りの様子もなく一安心という感じ。 僕もパクリ騒動があってハルスベリヤ叙事詩2に関して調べましたがリベンジオブジャスティスがかなり寄せてるなという印象を持ちました。 何にせよ無事解決してよかったですが久しぶりに出たコンシューマゲームのクォータービューのシミュレーションRPGだというのにイメージに傷がついて残念です。 個人的にはこれで終わることなく管理体制をしっかりしてまた新しいシミュレーションRPGのゲームを出してほしいです。 でも管理する方もゲームだけでなくアニメ、漫画など膨大な作品の中からパクリがあるかなんて探すのも大変、というか無理ですよね。 結局作る人のモラルにかかってくるという事でしょうか。 グラフィックはソフトの値段が値段なので諦めましょう。 問題はあくまで内容です。 帝国、 教団がトップの国、 小国の集まった連邦国、 帝国の支配を拒んだ民が再興した国、 都市同盟とこれ等の国が入り乱れて物語が展開するのを想像するとソソられるものがありませんか? しかもマルチエンディングですしね。 まあ、何にせよ据え置き機でクォータービューのSRPG なんて今時珍しいですし、実際の内容がどうであれ出してくれるだけでもありがたいんですけどね。 駿河屋リベンジオブジャスティス中古.

次の

【PS4】ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリー 攻略 プラチナトロフィーゲット│スカイブルー 白い雲間の青い空

リベンジ オブ ジャスティス 評価

リベンジ・オブ・ジャスティス ヴァルシリアアーク ヒーロースクールストーリーをクリアして、次にプレイを始めたのが「リベンジ・オブ・ジャスティス」を始めました。 国産シミュレーションRPGという事で期待していたのです。 自分の中のシミュレーションRPG最高峰は「ディスガイアシリーズ」な訳ですが、このランキングが変わるかな? などと期待してプレイを始めました。 「ディスガイアシリーズ」は、「育成メイン」のシミュレーションRPGということでクリアしてからが本番などとも言われるゲームですね。 では、 「リベンジ・オブ・ジャスティス」はどうかというと、「ストーリーメイン」でした。 プレイした感想 面白いけど、物足りない。 というのが感想。 シミュレーションRPGとしては、「限られた状況下で以下に戦うか?」に忠実なゲームという印象。 プラチナトロフィーをゲットした今、「もう一度、プレイしたいか?」と言われると、「No」です。 良かった点 プレイ難易度は「やや高め」で、ごり押しすると初見殺しされるというのは良かった。 1度クリアすれば、ストーリー分岐条件が明確になるのは有難い。 物足りない点 ・ストーリーについていけない感。 ・育成しようと思うと時間がかかる。 (お金も経験値も中々に稼ぎにくい) ・2週目の引継ぎ要素が少ない。 (お金と武器が引き継げない) ・回復アイテムなどが無い。 (不足する回復役は増援で賄うしかない) スポンサーリンク 引継ぎ要素 クリアデータ引継ぎではなく、育てた「キャラクター」を引き継ぐイメージですね。 キャラクター引継ぎにとらわれ過ぎて、「お金」や「アイテム」「増援スキル」が引き継げないのは惜しい。 引継ぎする時のメニューも「 過去の力」ですからね。 「お金」や「アイテム」を引き継がないというのは、「リベンジ・オブ・ジャスティス」の根底にある考えなのでしょうね。 条件分岐 エンディングは計5ルート分あるのですが、条件は「HISTORY」から確認ができます。 分岐は大きく「3点」あります。 1つ目が、「エミリア」「ガミール」の参入が大きな分岐。 2つ目が、「神の提案」に対する回答分岐。 3つ目が、「ヴィクター」と「アメリア」の撃破数による分岐ですね。 上記で「エミリア」と「ガミール」の加入条件が判明ですね。 (これは自然に仲間にするのは難しい。 ) こんな感じで、「どうすれば、どのエンディングルートに入るのか? というのは分かります。 ありがたいですね。 プレイ最終情報 トータル4週しました。 本当に疲れた。 「ヴィクター」と「アメリア」の撃破数分岐だけ、同一セーブデータでプレイしました。 ちなみに、このレベルになれば、最終戦もごり押しできます。 (某エンディングルートは、ヴィクターに「回復増援スキル」を設定していないと無理だと思う。 ) スポンサーリンク まとめ プラチナトロフィーをゲットしたのは、「2020年04月12日」で土日しかプレイしていないので、ボリュームは軽めですね。 プラチナトロフィーは「難しくはない」ですが、「面倒」です。 さて、「パクリ疑惑」や「盗作疑惑」と騒がれていたようですが、制作会社がパクリを認めているようですね。 (厳密にはパクリという表現じゃなくて、参考にした。 という事らしい。 ) パクられた側のフリーゲーム作者さんは「リベンジ・オブ・ジャスティス」制作会社の謝罪を受け入れたそうで……。 だとしても、そんなお話はプレイヤー側には関係ないですね。 シミュレーションRPGにも、いろんな方向性があります。 私は「シミュレーションRPG」ではなく、 「育成メインのシミュレーションRPG」が好きなんだと実感しました。 最近は、「Steam版 魔界戦記ディスガイア5」をプレイしています。 (PS4版はプラチナトロフィーゲット済)•

次の

【リベンジ・オブ・ジャスティス】ルート分岐の条件と2周目について

リベンジ オブ ジャスティス 評価

こんにちは。 ytです。 いきなり私事で恐縮ですが、PCが先々週から故障しておりまして・・・ 修理に出していました。 2週間ほどタブレッドでブログを更新していましたが、 これが、思ったほどシンドイ! そう! シンドイんです!! 一文字一文字打つのに0. 早速新作ゲームの紹介に移りたいと思います! 100年もの間続く戦争で、世界は混迷を極めていた。 戦の先に何があるのか。 各々の正義を信じ、道を切り拓いていく戦士たちの物語。 勢力図 ソリダリア帝国 古代の暴君を打倒した勇者が興し、 現在に至るまで1000年にわたり大陸全土を治めている統一帝国。 極めて高い戦力を誇る常備軍を有しているが、 その維持のためにかえって国力が摩耗し諸侯の離反を招いている。 テルニア聖界守護同盟 国境テルニア教のトップである聖教主を筆頭とした大陸西部の聖職者・貴族による軍事同盟。 神の威光のもと大陸の平和をもたらすことを大義として掲げ、 宗主国であるソリダリアとも不和が広がりつつある。 タラーラ連邦 国土の大半を砂漠が占める小規模国家の集合体。 帝国より長く植民地支配を受けており、 過去に数度大規模な反乱を起こした。 帝国の統治力低下とテルニア教の腐敗、 銃器の発達を受けて再度反旗を翻した。 総じて頑健な肉体と優れた技術を持つものの文字を持たず、 旧態然とした戦い方にこだわる余り軍としては他国に大きく引き離されている。 ルザーン都市同盟 大陸にあける商工業の中心地として栄える、自由都市の連合体。 権益を狙う周辺国や諸侯との小競り合いが多いことから傭兵産業も盛んであり、 「ゲルツクネヒト」を筆頭に精強な傭兵団を雇い対応している。 ストーリー推論 世界観は自国(帝国)の名声や名誉を保つため、 一方は自身の信念を晴らす(貫く)ため それぞれの思惑が入り混じった戦争物語となっています。 地球でいう中世ヨーロッパを連想させますね^^ 長く大陸を統治していた『 帝国』、 そこからの独立を目論む『 連邦』、 内部組織である『 騎士団』、 三勢力がどのような思いを持ち、 お互いにどのような行動に出て、 『 記憶を持たない謎の男』が物語とどのように混じっていき、 どう作用するのか、 非常に気になりますね! 人と人との物語ですから 戦争時代らしく重厚で奥の深い人間模様が展開されていくと思います! ゲーム紹介 臨場感のあるグラフィックと共に繊細な戦闘を楽しもう!! 本ゲームはシュミレーションRPG! シュミレーションはリアルタイムでの時間の経過がない分、 アクションやシューティングなどに比べると一見地味に感じるかもしれません。 しかし! アクションとは違い 敵などの外的要因に邪魔されることなく 自分が選択した技が自分のタイミングで発動できる利点。 武器によって、近距離・遠距離で2分類されますが、 武器によって味方と敵の間合いが重要になります。 近接は敵に隣接しなければ攻撃できませんし、 逆に遠距離は敵から離れないと攻撃できない場合もありますので 頭を使った繊細な配置を必要とします。 「頭使うゲームは苦手だよぉ~」 って思う方もいるかもしれませんが、 全然っ 気にする必要はありません。 要は『 慣れ』なのです! トライ&エラーを繰り返していけば、 自然とシュミレーション脳が身についてきます!(理屈じゃないんです!) まずは、 『考えるより感じろ』 ということを意識してプレイすればシュミレーションRPGが 楽しくて楽しく たまらなくなりますよ!^^ 選択次第で結末が変化!? マルチエンディングでやり込み抜群!! 物語の結末は、 ストーリーの中でプレイヤーがとった行動によって大きく分岐していきます。 選択肢によっては世界のあり方を大きく変えてしまうことも…!? 戦いの果てに何が残るのかを知る者は勝利者だけ。 幾多の陣営がにらみ合う戦場を制し、すべての結末を見届けよう!! 最適な布陣やスキルを組み合わせて戦闘の可能性を探求しよう!! 好きな組み合わせを選んで装備できるスキルパーツが、戦況に大きな影響を与えてきます。 戦場や敵の特徴に応じてスキルを自由に組み換え、常に最適な布陣を敷きましょう。 個別の能力値の見極め、 攻撃と守りのタイミングも、 自軍勝利に欠かせない大事な要素になります。 まとめ いかがでしたでしょうか? シュミレーションRPGらしい きれいなグラフィック 重厚感のある奥深いストーリー の2点の期待値はものすごく高いです! 本ゲームは マルチエンディングということで、 プレイヤーの行動によって大きくストーリーが分岐していきます。 ですので、多角的に色々な勢力側面を拝めるかもしれません。

次の