カラオケ バトル 四天王。 カラオケバトル コンサート in 中野サンプラザ U

THEカラオケ★バトル

カラオケ バトル 四天王

プロフィールを紹介 名前 佐々木 麻衣 生誕 2001年?? その後の2014年12月24日放送の「2014 U-18最強トーナメント」からU-18四天王の一人となる。 1選手権! 春の陣」で初出場で初優勝。 2014年5月28日放送「歌うまキッズU-12」でも優勝。 その後も出場を重ね、2014年12月24日放送の「2014 U-18最強トーナメント」で設けられた「U-18四天王」の一人に堀優衣、鈴木杏奈、角田龍一とともになる。 この大会ではさくらまやなどを抑えて優勝。 2014年中で3度優勝し、18歳以下の出場者では最多の優勝回数となっていたが、2015年以降他の四天王の堀優衣、鈴木杏奈などに競り負けることが増え、優勝回数は足踏みを続けることになる。 さらに2016年から出場を始めた竹野留里が台頭、2016年7月13日放送「チャンピオンズカップ2016」で竹野が優勝したこともあり、2016年9月7日放送の「U-18歌うま甲子園5」で竹野留里、西岡龍生のどちらかが佐々木を破り優勝すれば佐々木は四天王の称号を失うという取り決めで行われ、佐々木は竹野に予選で敗れたが、決勝で竹野は鈴木杏奈に敗れたため、四天王入れ替えは行われなかった。 また、2017年2月22日「U-18歌うま甲子園6」でも佐々木が優勝か準優勝でなければ称号を失うという取り決めで行われた、優勝は竹野に奪われるが佐々木は準優勝し、四天王の称号を守った。 2017年3月15日「2017春のグランプリ」で決勝に進出トップ7の称号も併せ持つことになった。 2017年10月18日「2017年間チャンピオン決定戦」で予選敗退したため現在はトップ7からは外れている。

次の

カラオケバトルで活躍する6人の宝塚OGの略歴とカラオケの成績

カラオケ バトル 四天王

【現四天王】• 鈴木杏奈(すずきあんな)• 佐々木麻衣(ささきまい)• 佐久間彩加(さくまあやか) A,B,Cブロックで予選を行い、各ブロックの1位3名で決勝を争います。 481 98. 」 平均点/98. 823 97. 832 96. 513(Aブロック3位:予選敗退) 分析&感想 Aブロックからの決勝進出者は馬場亜衣里さんでした。 back numberは男性が歌うと高音が多くて難しいのですが、女性が歌うことで高音も苦労なく歌えてちょうど良いですね。 5(20秒、29回、B-1) 下尾礼子さんが歌ったアニソンの『God knows... 』は、で現四天王の鈴木杏奈さんが決勝で歌って99. 575だった曲です。 二人の歌い方を聴き比べた感じそれほど違いは感じませんでした。 ただ鈴木杏奈さんのほうが安定感を感じましたね。 一言一言がはっきりしていて、音程の高低を素早く捉えているかなと。 まぁ当時は精密採点DX-Gという機種で今回のAiと比較は単純にできませんが… 田中なずなさんは完全に原曲重視というか、ミュージカル風な歌い方を突き通していましたね。 ミュージカル風だと感情がこもってしまうので採点には不向きなんですが、たぶんそれを承知で貫き通したんだと思います。 それにしてもAi感性が76点で低かったのが意外でした。 人の心を動かすと点数が高くなるはずなんですけどね。 採点基準が本当に謎です。 675 97. 717 95. 277 96. 114(Bブロック2位:予選敗退) 分析&感想 Bブロックは演歌の澤口優聖さんが決勝進出でした。 実はこのブロック、私は原藤由衣さんが決勝進出するかと思っていました。 なんといっても過去の平均点が99. 277ですからね、99点以上が当然かと。 蓋を開けると96点台という信じられない結果に。 0(16秒、34回、B-1) 分析レポートを見ると表現力とAi感性が足を引っ張っているようでした。 特に表現力は低かったようです。 確かにすこし迫力がないようにも感じました。 緊張で安全に行き過ぎたんでしょうか…。 あとはAi感性ですかね。 この項目は曲者ですよ。 精密採点Aiから導入された項目ですが、判定基準がいまだ不明です。 ちなみに筆者がヒトカラで歌った感じ、Ai感性90点台は結構取れました。 中には100点もちらほらと。 ですので人によるのかもしれません。 477 96. 911 95. 639 95. 219(Cブロック3位:予選敗退) 分析&感想 Cブロックからの決勝進出者は熊田このはさんでした。 ですが96点台での進出とかなりギリギリな状況でした。 過去には初出場の史上最高点を叩き出した程でしたが今回96点と予想外の結果でした。 5(10秒、18回、B-1) 分析レポート的にはBブロックの原藤由衣と同じ傾向が見て取れました。 表現力とAi感性ですね。 表現力の採点基準はDX-Gとあまり変わっていないはずなので、表現力に関しては機種が原因ということではないとないと思います。 藁品錬秀さんはロングトーンとビブラートが低かったようです。 精密採点Aiではビブラートの判定タイミングがDX-Gよりシビアになっているため秒数が比較的短くなります。 なのでしっかりとバー表示中にビブラートを入れないとカウントされないんですよね。 今回4秒と短い時間だったため点数を稼げなかったと思われます。 955(優勝:新四天王) 分析&感想 決勝では最初の2人は思った程の点数が出ていなかったでしょうね。 分析レポートの結果が表示されないのでなんとも言えませんが、やはり予選と同様に 表現力とAi感性が原因でしょう。 そんな中馬場亜衣里さんはほぼ99点と安定した点数を出せています。 まとめ ということで、堀優衣さんの欠けた穴を埋めたのは、岡山の高校2年生、 馬場亜衣里さんでした。 予選決勝ともにぶっちぎりの点数での優勝でした。 正直他の四天王からすると98点台は低い点数なのですが、採点マシンが変わったためまだなんとも言えません。 早く現四天王も精密採点Aiで採点してほしいですよね。 人の感情を揺さぶる歌声だと高い点数が出るという精密採点Ai。 100点が出やすくなったのか出にくくなったのか気になるところです。 今後100点ホルダー達が挑戦していくと思いますので楽しみですね。 では!.

次の

【カラオケバトル】U

カラオケ バトル 四天王

宝塚出身のOGの方は舞台女優に転身したり、映画やTVドラマなどに活躍の場を広げる方もいますが、歌がとても上手い! 歌がとても好き! そんな理由で歌手活動をされる方も少なくありません。 歌の巧さを競うTV番組 「 THE カラオケバトル」にも歌の上手い元・タカラジェンヌが登場し、その活躍が目に止まっています。 そんな歌うまなOGジェンヌさんを紹介していきます。 カラオケマシンの採点で自慢の歌声を競い合う、まさに『歌の格闘技』ともいえる番組です。 tv-tokyo. ビブラートなども拾う高機能の採点マシンにも驚きです。 そして出場者の特典も90点以上は当たり前? ほとんど0. 1ポイント差、時には0. 01ポイントぐらいで競っているハイレベルな内容です。 AKANE LIV(神月茜) AKANE LIV (神月茜)略歴 宝塚在団中の芸名は、 神月茜(かみづき あかね)。 1997年に宝塚音楽学校に入学。 1999年に宝塚歌劇団入団、85期生。 首席入団。 雪組に配属。 」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。 同期生に柚希礼音。 退団後の2004年にイギリスに留学。 2005年にポーランドでソロリサイタルを開催。 2009年、シンフォニックメタルプロジェクト・LIV MOONを結成、ロック歌手として活動。 抜群の容姿を活かしてモデルとしても活躍、ミュージカルにも出演。 AKANE LIV (神月茜)のエピソード もともと高音域を得意としたそうですが、宝塚在団中に男役をするう地に低音まで音域が広がり、「 4オクターブの美神」と言われたそうです。 宝塚退団の理由は宝塚音楽学校卒業公演の稽古中に膝を負傷し、そのまま活動していたが、手術を受けて療養中に海外ミュージカルを観劇、それに衝撃を受けたことが引き金となったそうです。 AKANE LIVのカラオケバトル出演歴 カラオケバトルへは、2016年8月31日 【SP最強女子ボーカリストNo. 1決定戦4】に出演されています。 AKANE LIV (神月茜)のブライベート ポーランド系スウェーデン人の父と、韓国系日本人の母の元、スウェーデン イェーテボリで誕生。

次の