山梨未解決事件。 山梨県 丸石神(まるいしがみ)

【閲覧注意】山梨キャンプ場小1女児行方不明事件!誘拐説が濃厚!?〇〇で女児の情報収集をしていた事実!?

山梨未解決事件

岐阜・小学生女児キャンプ場行方不明事件は、 2009年7月、当時小学5年生だった 下村まなみさんが、 岐阜県にある、 ひるがの高原キャンプ場での宿泊研修中の山中で、 忽然と姿を消してしまった、というものです。 この事件の恐ろしいところは、 まなみさんが姿を消した当時の状況にあります。 まなみさんはその日、グループの女児と共に、 下見のために山に入ったそうです。 しかし、 まなみさんにはダウン症という障がいがあり、 他児よりも体力が劣っていたため、他児から数分遅れてしまいます。 グループの女児が気を遣ってくれましたが、 「 1人で行けるから大丈夫」というようなことを言ったそうです。 そのため、グループの女児はまなみさんより数分先に歩き、 まなみさんはそのあとを追うように1人で歩いていきました。 途中の曲がり角に校長先生が立っていて、 グループの女児と、 まなみさんを見送ったと言います。 まなみさんを見送り、後から誰も来ないことを確認した校長先生は、 まなみさんを追うように歩きます。 しかし、 いくら歩いてもまなみさんの姿が見えないのです。 慌てて走って追いかけますが、 最初に出会ったのは、 まなみさんの先を行ったグループの女児たちでした。 彼女たちもまた、まなみさんの姿が見えなくなったため、 引き返してきたのですが、 校長先生に会うまで、 誰ともすれ違うことはなかったのだそうです。 校長先生がまなみさんを見送ってから、 女児たちと校長先生が出会うまで追いつくまで、 わずか10分足らず。 そこまでに、 まなみさんらしき人影はなく、 声も、痕跡すらありませんでした。 道を間違えるようなところはなく、 間違えたとしても子どもの足で登れないほどの崖が続いています。 そして、 道には到底見えない茂み。 小川も近くに流れていましたが、溺れるような水位ではなく、 そこに落ちたのだとしたら、悲鳴や泣き声が聞こえたことでしょうが、 それも一切ありませんでした。 この わずかな時間に、まなみさんは忽然と姿を消してしまったのです。 まるで、 神隠しのように…。 誘拐、事故、遭難など、様々な可能性から捜索が進められていますが、 現在も、まなみさんの痕跡ひとつ見つかっていないのです。 どんなに技術や能力を駆使しても、 まなみさんの所在は明らかになるどころか謎が深まるばかりなのです。 あんな山の中で、誘拐犯が待ち伏せていたとも考えにくいのですが、 そんな山奥へ1人で進んでいくとも思えず、 事件は謎で包まれたままなのです。 まなみさんの一刻も早い発見を祈るばかりです。 岐阜に住んでいる私は、彼女を探すポスターを何度も目にしました。 いつまで経ってもはがされることのないそのポスターが、 この事件の恐ろしさを物語っているようにも思います。

次の

吉川友梨ちゃん行方不明事件【未解決事件の謎】

山梨未解決事件

山梨市七日市場公会堂では、 台座の上にバレーボールぐらいの大きさの 丸い石を盛って、 その上にだいたい1mほどの大きな球形の自然石が置かれています。 台座に置かれている石はどれも 球のようにまんまるで、 川や海などで角が削れた石を見ても、 ここまで球に近いものは見たことがありません。 この球形の石は 山梨だけで見られる 丸石神(まるいしがみ)と言われる道祖神で、 山梨には丸石神が数百箇所も点在しています。 コスタリカのオルメカ文明や、 メキシコのシエラ・アメカ鉱山で 丸石神ど同じ球形の石がみられ、 これらは火山が長い時間をかけて 生み出したことがわかっています。 山梨と言うと日本一有名な火山富士山や、 温泉で知られています。 この 丸石神も球形に加工されたのではなく、 オルメカ文明やシエラ・アメカ鉱山同様に、 火山活動が生み出した自然石だと考えられています。 集落の中心部や境界・辻の近くにあることから 道祖神だと考えられていますが、 実は 丸石神が何なのかは記録や言い伝えが残っていません。 山梨を中心にしたとても 古い宗教の名残だと考えられるのですが、 残念ながらそれがどういうものかは失われてしまい、 今では 道祖神として丸石神は祀られています。 七日市場公会堂に県内最大の丸石神があるのですが、 山梨には大小様々な大きさの丸石神があり、 場所によっては文字や彫刻を施されたもの、 何気なく通った道にそっと置かれている小さな物もあります。 七日市場公会堂のように目立つものはいいのですが、 日常に溶け込んだ 丸石神を探すのは大変で、 ゴミ収集所の隣におかれているのを見た時は 「こんな所に」と驚いてしまます。 観光名所ではないのでガイドや案内はないのですが、 地図を片手に古代宗教の遺物をたどりながら 昔の集落の境界に思いを馳せていると、 まるで遺跡探索者になったような気分を味わえます。 年末年始にはしめ縄で飾り付けが行われるということなので、 丸石神めぐりは結構歩くことになるので、 暑い時期を避けて 丸石神を探しやすい時期に 訪れるのがよいと思います。 都道府県&カテゴリから探す• 386•

次の

山梨県 丸石神(まるいしがみ)

山梨未解決事件

山梨市七日市場公会堂では、 台座の上にバレーボールぐらいの大きさの 丸い石を盛って、 その上にだいたい1mほどの大きな球形の自然石が置かれています。 台座に置かれている石はどれも 球のようにまんまるで、 川や海などで角が削れた石を見ても、 ここまで球に近いものは見たことがありません。 この球形の石は 山梨だけで見られる 丸石神(まるいしがみ)と言われる道祖神で、 山梨には丸石神が数百箇所も点在しています。 コスタリカのオルメカ文明や、 メキシコのシエラ・アメカ鉱山で 丸石神ど同じ球形の石がみられ、 これらは火山が長い時間をかけて 生み出したことがわかっています。 山梨と言うと日本一有名な火山富士山や、 温泉で知られています。 この 丸石神も球形に加工されたのではなく、 オルメカ文明やシエラ・アメカ鉱山同様に、 火山活動が生み出した自然石だと考えられています。 集落の中心部や境界・辻の近くにあることから 道祖神だと考えられていますが、 実は 丸石神が何なのかは記録や言い伝えが残っていません。 山梨を中心にしたとても 古い宗教の名残だと考えられるのですが、 残念ながらそれがどういうものかは失われてしまい、 今では 道祖神として丸石神は祀られています。 七日市場公会堂に県内最大の丸石神があるのですが、 山梨には大小様々な大きさの丸石神があり、 場所によっては文字や彫刻を施されたもの、 何気なく通った道にそっと置かれている小さな物もあります。 七日市場公会堂のように目立つものはいいのですが、 日常に溶け込んだ 丸石神を探すのは大変で、 ゴミ収集所の隣におかれているのを見た時は 「こんな所に」と驚いてしまます。 観光名所ではないのでガイドや案内はないのですが、 地図を片手に古代宗教の遺物をたどりながら 昔の集落の境界に思いを馳せていると、 まるで遺跡探索者になったような気分を味わえます。 年末年始にはしめ縄で飾り付けが行われるということなので、 丸石神めぐりは結構歩くことになるので、 暑い時期を避けて 丸石神を探しやすい時期に 訪れるのがよいと思います。 都道府県&カテゴリから探す• 386•

次の