簿記3級 問題集。 日商簿記3級に独学1週間で合格した勉強方法

簿記3級

簿記3級 問題集

リンク もう一冊のオススメのテキストは、「 みんなが欲しかった! 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第8版(みんなが欲しかった! シリーズ)」です。 この本も、「TAC」さんから出版されています。 著者は、先ほど紹介した「 スッキリわかるシリーズ スッキリわかる日商簿記3級第11版」も監修し数々のベストセラーの本を世に送り出している「 滝澤ななみ」さんです。 「みんなが欲しかった! 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第8版」も、 ベストセラーのテキストで多くの人に支持されています。 「みんなが欲しかった! 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第8版」は、 テキストのみの本となっておりボリュームもあり、詳しく隅々まで勉強したい方にオススメです。 リンク 紹介した2冊のさらに詳しい特徴は、で分かります。 日商簿記検定3級の人気でオススメの問題集【TAC】 日商簿記3級の人気でオススメの問題集を2冊ご紹介します。 まず一冊目は、「 スッキリわかるシリーズ スッキリわかる日商簿記3級第11版」です。 この本は、先ほども紹介しましたが 問題集とテキストが一緒になっており、内容が 学生から大人の数字に苦手意識がある方でも分かりやすい言葉で、説明が書かれています。 もう一冊のオススメの問題集は、「 みんなが欲しかった! 簿記の問題集 日商3級 商業簿記 第8版(みんなが欲しかった! シリーズ)」です。 この本も、「TAC」さんから出版されている ベストセラーシリーズです。 著者は、先ほど紹介した「 スッキリわかるシリーズ スッキリわかる日商簿記3級第11版」などを監修した「滝澤ななみ」さんです。

次の

【最新】日商簿記3級のおすすめのテキスト&問題集&過去問をまとめて紹介【2020年度】

簿記3級 問題集

毎週・毎月開催されているわけではないからね 簿記3級の合格点と合格率は? 続いては簿記3級における合格点について。 これは「簿記3級 合格点」あたりで検索すると速攻で上に表示されるので知っている方も多そうですが、 2~3級は70点以上取れていれば合格です。 合格人数が限られているわけでもないので、必要以上に周りを気にすることもありません。 70点以上なら簿記3級の内容をおおよそ理解していれば取れる点数ですが、変に気を抜きすぎるのも禁物です。 続いて合格率ですが、ここ数年でこんな感じ。 いや、よく受かったな… 簿記は試験範囲が変わることも多い ので、合格率に差があるようです。 自分が受ける年の出題範囲はよく調べておきましょう!! 実際独学で合格できるものなのか? 独学は学校で色んな人と一緒に勉強するのとはわけが違います。 人によってはかなりハードルが高く感じそうです。 とりあえず 簿記3級の独学で必要なものをざっと並べてみました。 電卓 必須• 教科書や問題集 必須• 勉強の計画表 ほぼ必須• 独学で資格を取るんだ!というやる気 ほぼ必須• 勉強用の紙やノート• ペンと消しゴム 紙とペンあたりはなんかもう思いつくものを惰性で付け足したようなもんですが、実際必要なので挙げています。 まじめな人ですら。 独学に抵抗がある人も大体ここが気になってそうです。 そんな人におすすめなのが「 計画表」 試験に申し込む前に、とりあえず計画表だけは最低限作ってみてほしいです。 勉強する前に計画表を作ろう! 小学生じゃないんだから…と言われそうで大変恐縮なのですが、簿記3級に限らず 独学で何か資格を取る場合は「計画表」の作成を強くおすすめしています。 学校や職場で学ぶ場合はある程度「義務感」があるため、嫌でも勉強をする姿勢が取れるかと思うのですが、独学だとそうはいきません。 試験日直前までだらだら怠けてしまう前に、まずは計画表を作ってみましょう。 計画表の作り方 作り方は本当に簡単。 試験日から逆算して紙やパソコンのメモ帳などに勉強内容を書き込んでいくだけです。 ただし、 絶対に休日 思うように進まなかった場合を想定した勉強予定を組む日 は作りましょう。 計画で一番大切なのは完璧に物事を進ませていくことより、 急用が入った場合や予定通りに進まなかった場合のリカバリー力です。 休日という名の予備の勉強日を作っておくことで万が一、丸1日予定が潰れたとしてもなんとか立て直すことができます。 今日は本当に疲れた… 今からこの勉強量は無理! こんな日があったとしても、休日に回してしまえば問題ナシ。 頑張って計画通りに進めることができたら本当に休日としてゆっくり休んでもいいし、軽く予習をしておくのもアリ。 とにかく、 週に1~2日ほど休日を入れておくことでグッと気が楽になります。 予定ギリギリのところを適当に進めるより、余裕をもって進める方が理解度も段違いなのでぜひ作ってみてください。 簿記3級の独学でおすすめの教科書&問題集 計画表云々の章は少し「簿記3級」から話がそれてしまいました。 気を取り直して、 独学で資格を目指す場合におすすめの簿記3級の教科書と問題集をそれぞれ1冊ずつ紹介していきます。 簿記は試験範囲が変わることも多いので、 必ず最新版のものを購入しましょう。 と同じ出版社の問題集です。 Amazonでは簿記カテゴリーで1位という人気っぷり。 計算器具(そろばん、電卓)を使用しても構いません。 ただし、 電卓は、計算機能 四則演算 のみのものに限り、例えば、以下の機能があるものは持ち込みできません。 ・印刷(出力)機能 ・メロディー(音の出る)機能 ・プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓) ・辞書機能(文字入力を含む) 注 ただし、次のような機能は、プログラム機能に該当しないものとして、試験会場での使用を可とします。 なんだか禁止事項が多くて「どの電卓がNGか分からない…」という場合は、とりあえず下の電卓なら問題ありません。 レビューや口コミで「試験で使った」という報告があったものをピックアップしています。 数学超苦手だけど…大丈夫か? 記事冒頭でも書いた通り、筆者は学生時代に数学赤点を取りまくるレベルには数字が苦手。 それに加え試験日までの間は別の資格試験の勉強も必要だったため、 かなり余裕を持たせて 3ヵ月間を簿記3級の勉強にあてました。 計算や数字に苦手意識がなかったり、時間がある人は2ヵ月~1ヵ月半くらいかなぁ。 勉強時間は「」で決めた勉強範囲にもよりましたが、 大体1日3~5時間弱。 1日どのくらいやるかにもよるんで、本当に差が激しいです。 ぶっ続けで数時間は集中力が持たないので、 何時間かに分けて勉強するのがオススメ。 教科書の内容をノートにまとめる人をたまに見かけるのですが、正直 内容をまとめるのは何度勉強しても読み直しても分からない部分だけで十分だと思っています。 それよりかは ひたすら問題集の内容を解くことに専念した方が効率的かと。 この記事ではを紹介しましたが 、不安な方はもう1冊問題集を買って解いてみても良いかもしれません。 分からない箇所が出てきた場合 独学で不安なのはなんといっても「 質問できる人がいないところ」 周囲に簿記の資格を持っている人がいれば直接聞いても良いのですが、 まずはネットで調べてみるのも手段の1つ。 それでも望む回答が無かった場合はネットで聞いてみる。 筆者も教科書を読んでも分からない箇所があったときは、ネットの掲示板で聞いたこともありました。 人に質問した時点で独学なのか…? と疑問にも思いましたが、自ら学ぶ手段を探したという意味では独学ってことでも良いと思います。 綺麗にまとまったな まとめ• 簿記3級は 年に3回開催!• 独学なら計画表は作っておきたい!• 教科書や問題集はAmazonのカテゴリーランキング上位のものでOK!• 勉強期間は余裕を持たせて1日4時間くらいの勉強時間で2ヵ月~3ヵ月くらい推奨!• 分からない箇所は資格持ちの人に聞いたりネットで調べてみたりしよう! 将来事務職系につくなら、簿記3級は取っておいて損はないかなと思います。 数字も計算も苦手な筆者が合格できたくらいなので、 数ヵ月もあれば勉強期間としては十分かと。 出題範囲と持ち込みができない電卓については下調べはきっちり行ってくださいね!.

次の

簿記検定で予想問題集を使うときの注意点

簿記3級 問題集

Contents• 1.参考書選びのポイント 書店に行くとたくさんの参考書が並んでいますが、簿記3級の参考書は以下の4点を中心に選ぶのがポイントです。 ・1冊で試験範囲を全て網羅しているか ・イラストが豊富で、取引の内容が分かりやすいか ・解き方のコツが記載されているか ・最新の試験範囲に対応しているか 1冊で試験範囲を全て網羅しているか 簿記3級のテキストの中には「漫画で学ぶ簿記」のように、 あくまで簿記の導入部分のみで実際の試験範囲をカバーしていない本が結構あります。 簿記は最初の取っ掛かりが難しいので、初学者向けに書かれている漫画等で最初の導入から始めるのは悪い選択肢ではありません。 しかし、あくまで 最終的なゴールは「簿記3級合格」ではないでしょうか。 そのためには、簿記の導入部分から 試験範囲の全てをカバーしている本を選んだ方が1冊で済みますし、体系的に理解ができます。 本試験レベルの応用問題も記載されている参考書がおすすめです。 イラストが豊富で、取引の内容が分かりやすいか 簿記は「会社のやり取り(取引)」を記帳することがメインの学問です。 会社勤めの方はイメージができる取引でも、高校生・大学生・主婦の方は イメージが難しい場面も出てきます。 会社の取引が具体的にイメージできるかで、仕訳の定着度も変わります。 そのため、 会社のやり取りをイラストを使用して具体的にイメージができるよう工夫されている参考書がおすすめです。 解き方のコツが記載されているか 簿記は仕訳に始まり仕訳に終わると言っても過言ではありません。 実務においては、何時間も1つの仕訳について考えることもあります。 しかし、限られた時間の中で解く試験においては、仕訳を1つ1つ丁寧に書いていては間に合いません。 そのため、 試験本番でも使える解き方のコツが載っている参考書がおすすめです。 最新の試験範囲に対応しているか 2016~2018年度の3年間に渡り、簿記2級の出題範囲改正が行われていました。 これに続き、2019年度試験(2019年6月)に、 簿記3級も試験範囲の改正が実施されています。 そのため簿記3級の参考書を選ぶ際は、 「最新の試験範囲に対応したテキストか」「テキストは最新版か」を確認することがおすすめです。 2.おすすめの参考書・問題集 簿記・会計に強い資格の学校TACが出版している参考書で、上2冊と比較すると THE・教科書というイメージの参考書です。 資格の学校が出している参考書だけあって詳しく纏まっており、 実際の本試験で使える解き方のコツが満載です。 一方、値段が高く教科書のようなテイストなので、上2冊と比べると簿記の初学者にはおすすめできませんが、 本試験への対応力が身につくという意味では最も優れています。 (参考書の内容例) 3.(番外編)簿記講座に通うのもあり 簿記は個人的に取り掛かりが一番難しく、「仕訳」を理解するところからつまづいてしまう方も多いと思います。 筆者も簿記3級の理論を理解するのにとても苦労しました。。 独学だと疑問点があっても聞くことができず、モチベーションが続かない、、といったことも多いです。 結果として不合格になってしまったり、挫折してしまうことがあります。 筆者は簿記検定をきっかけに公認会計士を目指していたため、早々に資格の学校TACに通っていました。 やはり 疑問点を聞くことができる環境に身を置いて、切磋琢磨することでモチベーションが持続し、合格を勝ち取ることができると感じています。 簿記3級の講座を開講している場所はたくさんあるため、もし独学が厳しいと感じているなら、まずは 各種スクールの資料請求(無料)をしてみましょう。 資格を専門に扱う「 」で無料で各種専門学校の資料を取り寄せることができます。 その上で独学を続けるか講座に通うかを考えて、選んだ道で簿記3級合格を勝ち取りましょう!.

次の