山梨 道 志村。 山梨県道志村の小学生行方不明事件は誘拐でしょうか?全く足跡や...

山梨県道志村での小倉美咲さん失踪事件は稲川会、CIAによる臓器売買。

山梨 道 志村

山梨県南都留郡の道志村は、人口約1,700人の自然あふれる村です。 道志村にはかつて「天下の名水・水晶水」と賞賛された水質の道志川が流れており、その美しい清流は多くのキャンパーや家族連れ、釣り人を魅了しています。 そんな道志村の、特産となっている野菜が「クレソン」です。 クレソンは、水中や湿地に生育するアブラナ科の多年草で和名を「オランダガラシ」。 学名は「Nasturtium Officinale」といいます。 Officinaleは、中世ラテン語で薬草という意味がありますが、その名の通りクレソンはカリウム、ビタミンA、カルシウム、鉄といった17種類もの成分を豊富に含む、非常に栄養分の高い野菜なのです。 その多くは道志村で生産されていたそう。 ところが道志村でクレソンを出荷していたのは、10軒にも満たない農家だったというから驚きです。 そこで「道志村クレソン栽培組合」を訪ね、出荷量が日本トップクラスになった秘訣について聞きました。 クレソン栽培を40年。 「トップになるのは目標にしていなかった」 「道志村クレソン栽培組合」組合長の佐藤美知子さんは道志村の出身。 かれこれ40年クレソンの栽培に取り組まれています。 もともと道志村には田んぼの畔にクレソンが自生していましたが、地元の方は「ドカタゼリ」と呼び、食品とは捉えていなかったんだとか。 美知子さんのお父さまが本職であった鉄鋼業を辞めたタイミングで、農林水産省から「クレソンを作ってみない?」と勧められました。 また、当時は減反政策により休耕田があったことから、1980年に道志村で本格的なクレソン栽培が始まりました。 佐藤さん一家は組合長としてクレソン栽培農家を増やすため、新規参入する人の生活を保障しつつ、苦楽を共にされてきたといいます。 ただ、がむしゃらにやっていただけ」と話します。 「水分が多い茎はジュース用に出荷。 出荷用に余分な葉を落とし、整えたクレソンは市場に。 落とした葉は粉末にしてせんべいやチョコレートに練り込んだり、クレソンの花が咲いたら何かに使えないか?と、ひたすら考えたりしたから出荷量が増えたんじゃないかな」 あっけらかんと笑う佐藤さんですが、「道志村クレソン栽培組合」の事務所には数々の賞状が飾られ、どれも組合のたゆまぬ努力を称えるものばかりです。 なんでもクレソン栽培には、きれいな水が一年中流れている所で、一定の水温を保つのが大事なんだそう。 しかし、谷合いにある道志村は、冬は冷え込み、水田が凍結してしまいます。 折しもクレソン需要が高まる中、冬でも出荷できるよう工夫する必要がありました。 冬は比較的あたたかい富士山周辺や西伊豆の水田を借り、夏場は山梨で、と場所を変えて生産します。 そうすることで、佐藤さんは、年中クレソンの出荷を実現することができたのだそう。 しかし、それでは出荷のためにあちこちの水田に赴き、収穫する必要があります。 「大変ではないですか?」と聞くと、こんなハッとするような言葉が返ってきました。 「みなさんが通勤するのと一緒ですよ。 どんな仕事も大変だけど、これで食べていこうと決めたのなら楽しさを見出ださないと。 例えば、西伊豆の水田まで行くルートを変えてドライブを楽しむ。 今日は帰りにどこの温泉に寄ろうか。 サクラエビの季節だから食べて帰ろうか、とかね。 「クレソンは本当に、遊びがいのある食材ですよ。 クレソンそのものを味わいたいなら生でサラダに。 火を通せば苦みと辛みが消えるので、子どもも喜んで食べるようになります。 刺身に巻いてワサビ代わりにするもよし。 mainichigrillbu. 万能食材の名の通り、火を通したクレソンは独特の辛みが消え、癖がありません。 誰にでも食べやすいものへと変身していました。 このケーキなら、野菜嫌いでも問題なく食べられそうです。 クレソンケーキは、道志村内の「道の駅どうし」で食べることもできます。 しかし現在、どの農家も次世代の担い手不足に悩んでいます。 佐藤さんに将来の目標について聞くと、「農業を始めたい人を応援することですね。 道志村でネット販売や無農薬農法など、自分の農業の理想郷を追い求めたっていい。 ただ、その間にも生活費は必要だから、ここでクレソンを作ってくれれば組合で買い上げ、生活の土台を作ってあげたいです」 頼もしく話す佐藤さんは、さらにこう続けます。 「若い人に道志村でクレソンを作ってもらうため、年長者がどうしたらいいか頭をやわらかくして考えなくては。 40年のクレソン栽培で培ったアドバイスはするし、生活の土台を作ってあげるから、道志村で伸びていってほしいですね」 そんな佐藤さんの言葉には、クレソン栽培に立ちふさがる困難を乗り越えてきた自信と、これから何があっても柔軟に乗り越えていく意思に満ちあふれていました。 佐藤さんは「ただがむしゃらにやってきただけ」と謙遜されますが、流水の中にしっかり根を張るクレソンのように、柔軟かつ強力なリーダーシップで、これからも一層活躍されることでしょう。

次の

最強野菜「クレソン」の里道志村へ

山梨 道 志村

事件の概要 9月21日、山梨県のキャンプ場で7歳の女児の行方が分からなくなっている事件です。 21日午後5時ごろ、山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」で、千葉県成田市に住む小学1年の女の子が行方不明になっていると母親から110番通報がありました。 警察によりますと、女の子は母親と姉、そして、知人の家族らの約30人でキャンプに来ていて、他の子どもたちを追い掛けて森に入った後に行方が分からなくなったということです。 22日は悪天候のため、午後4時に捜索が打ち切られました。 23日は午前6時から警察や消防、そして、ボランティア団体の災害救助犬も加わって70人態勢で捜索が行われています。 美咲ちゃんの身長は125cmで、黒の長袖のTシャツに青いジーンズ姿だという。 24日からドローンを使って空から沢や崖の捜査も始め、またキャンプ場の近くの小屋や別荘の中なども捜査の対象にして、約60人の捜査態勢で行方を捜してました。 25日からは自衛隊も捜査に加わります。 スポンサーリンク キャンプ場から連れ去られた? 警察犬や捜査員も連日何十人態勢で捜査をして丸3日が経過していますが依然見つかっていません。 8家族30人で子供たちは15人でした。 これだけ捜しても何故見つからない? 捜索隊は半径5キロ以上を隈なく捜査をしていましたが、手掛かりがなく台風の影響で大雨も降り、朝晩の気温も低くなっています。 この様な状況で一刻も早く無事を確認したいご両親は夜も眠れない程の心配で憔悴しているのは想像に難くありません。 なぜ警察犬でもドローンでも発見できないのでしょうか。 スーパーボランティアの尾畠春夫さんが行方不明の男児を見つけたのは、子供の習性が上に上るのを知っていたからでした。 当然、捜査員や家族、ボランティアの方達もそれも踏まえて捜索しているとは思いますが、これだけ捜しても見つからないという事は・・・。 もしかしたら何者かに連れ去られた可能性も考えられるのではないでしょうか。 とにかく無事を祈るばかりです。 スポンサーリンク 椿荘オートキャンプ場 車で食材だけ持って行けば、設備もレンタル品も揃っているので、家族で行くには丁度いいスポットです。 三崎ちゃんの家の千葉県成田市からも中央自動車道で2時間半ほどで行けるので楽しい2泊3日の連休のはずでした。 道志村付近には川沿いに他にもキャンプ場が約20程点在しています。 他のキャンプ場にたどり着いて誰かが保護してくれたらと微かな希望もありましたが・・・。 追記:9月30日 ようやく公式に美咲ちゃんの写真公開 行方不明になってから30日で10日目も経ち母親が苦しい胸の内を会見しました。 警察が主体となり、38人態勢で美咲ちゃんを目撃した人がいないか国道413号沿いの付近の家で聞き込みをしたり、入り込む可能性もある倉庫などもしらみつぶしに捜索しているとの事です。 もし1人で倉庫などに入り込むくらいなら、民家に助けを求めているかと思われるのですが、いったいどこに? 10日間という日数と延べ人数で捜索しても手掛かりがないと、もうどこを捜せばいいのか途方に暮れるのでは・・・。 これだけ捜しても糸口が見つからないのは、意外と灯台下暗しという線の可能性も考えられるのではないでしょうか。 情報提供が頼りです。 大月署 0554-22-0110 スポンサーリンク 熊に会う危険性は 他に考えられる事は危険動物クマに出会ってしまう危険性です。 道村村から車で30分程はなれた同じ山梨県の都留市で、今年の5月12日にツキノワグマに襲われる人身被害が発生してました。 また、奥多摩に近い山梨県の小菅村にも出没するそうです。 これから秋には冬眠に備えてどんぐりなどを大量に摂取して冬眠に備えるが、どんぐり類が不作の年にはえさを求めて人里に出てくることが多くなる。 冬眠は12月頃からですが、この冬眠前が一番危険な時期で10~11月といわれています。 9月とはいえ、山間部は気温が低いです。 キャンプ場は夜になると真っ暗になる森が広がる山間部の中です。 体力の消耗もあり、どんなに心細く怖い思いをして過ごしているかと思うと胸が痛くなります。 ネットの反応 以外でも富士山近辺の林道は通行止になる前に色々昔バイクで入ったけど… 基本どこも似たような光景だし、周りは森だし、夜は真っ暗だし、初めて入る林道は当時GPSも無かったから、大人でも夜はこわい。 何処かにうずくまって無事なことを祈る…。 がんばるんだよ! 皆探してくれてるよ! 祈ってます。

次の

山梨県道志村の小学生行方不明事件は誘拐でしょうか?全く足跡や...

山梨 道 志村

山梨県南都留郡の道志村は、人口約1,700人の自然あふれる村です。 道志村にはかつて「天下の名水・水晶水」と賞賛された水質の道志川が流れており、その美しい清流は多くのキャンパーや家族連れ、釣り人を魅了しています。 そんな道志村の、特産となっている野菜が「クレソン」です。 クレソンは、水中や湿地に生育するアブラナ科の多年草で和名を「オランダガラシ」。 学名は「Nasturtium Officinale」といいます。 Officinaleは、中世ラテン語で薬草という意味がありますが、その名の通りクレソンはカリウム、ビタミンA、カルシウム、鉄といった17種類もの成分を豊富に含む、非常に栄養分の高い野菜なのです。 その多くは道志村で生産されていたそう。 ところが道志村でクレソンを出荷していたのは、10軒にも満たない農家だったというから驚きです。 そこで「道志村クレソン栽培組合」を訪ね、出荷量が日本トップクラスになった秘訣について聞きました。 クレソン栽培を40年。 「トップになるのは目標にしていなかった」 「道志村クレソン栽培組合」組合長の佐藤美知子さんは道志村の出身。 かれこれ40年クレソンの栽培に取り組まれています。 もともと道志村には田んぼの畔にクレソンが自生していましたが、地元の方は「ドカタゼリ」と呼び、食品とは捉えていなかったんだとか。 美知子さんのお父さまが本職であった鉄鋼業を辞めたタイミングで、農林水産省から「クレソンを作ってみない?」と勧められました。 また、当時は減反政策により休耕田があったことから、1980年に道志村で本格的なクレソン栽培が始まりました。 佐藤さん一家は組合長としてクレソン栽培農家を増やすため、新規参入する人の生活を保障しつつ、苦楽を共にされてきたといいます。 ただ、がむしゃらにやっていただけ」と話します。 「水分が多い茎はジュース用に出荷。 出荷用に余分な葉を落とし、整えたクレソンは市場に。 落とした葉は粉末にしてせんべいやチョコレートに練り込んだり、クレソンの花が咲いたら何かに使えないか?と、ひたすら考えたりしたから出荷量が増えたんじゃないかな」 あっけらかんと笑う佐藤さんですが、「道志村クレソン栽培組合」の事務所には数々の賞状が飾られ、どれも組合のたゆまぬ努力を称えるものばかりです。 なんでもクレソン栽培には、きれいな水が一年中流れている所で、一定の水温を保つのが大事なんだそう。 しかし、谷合いにある道志村は、冬は冷え込み、水田が凍結してしまいます。 折しもクレソン需要が高まる中、冬でも出荷できるよう工夫する必要がありました。 冬は比較的あたたかい富士山周辺や西伊豆の水田を借り、夏場は山梨で、と場所を変えて生産します。 そうすることで、佐藤さんは、年中クレソンの出荷を実現することができたのだそう。 しかし、それでは出荷のためにあちこちの水田に赴き、収穫する必要があります。 「大変ではないですか?」と聞くと、こんなハッとするような言葉が返ってきました。 「みなさんが通勤するのと一緒ですよ。 どんな仕事も大変だけど、これで食べていこうと決めたのなら楽しさを見出ださないと。 例えば、西伊豆の水田まで行くルートを変えてドライブを楽しむ。 今日は帰りにどこの温泉に寄ろうか。 サクラエビの季節だから食べて帰ろうか、とかね。 「クレソンは本当に、遊びがいのある食材ですよ。 クレソンそのものを味わいたいなら生でサラダに。 火を通せば苦みと辛みが消えるので、子どもも喜んで食べるようになります。 刺身に巻いてワサビ代わりにするもよし。 mainichigrillbu. 万能食材の名の通り、火を通したクレソンは独特の辛みが消え、癖がありません。 誰にでも食べやすいものへと変身していました。 このケーキなら、野菜嫌いでも問題なく食べられそうです。 クレソンケーキは、道志村内の「道の駅どうし」で食べることもできます。 しかし現在、どの農家も次世代の担い手不足に悩んでいます。 佐藤さんに将来の目標について聞くと、「農業を始めたい人を応援することですね。 道志村でネット販売や無農薬農法など、自分の農業の理想郷を追い求めたっていい。 ただ、その間にも生活費は必要だから、ここでクレソンを作ってくれれば組合で買い上げ、生活の土台を作ってあげたいです」 頼もしく話す佐藤さんは、さらにこう続けます。 「若い人に道志村でクレソンを作ってもらうため、年長者がどうしたらいいか頭をやわらかくして考えなくては。 40年のクレソン栽培で培ったアドバイスはするし、生活の土台を作ってあげるから、道志村で伸びていってほしいですね」 そんな佐藤さんの言葉には、クレソン栽培に立ちふさがる困難を乗り越えてきた自信と、これから何があっても柔軟に乗り越えていく意思に満ちあふれていました。 佐藤さんは「ただがむしゃらにやってきただけ」と謙遜されますが、流水の中にしっかり根を張るクレソンのように、柔軟かつ強力なリーダーシップで、これからも一層活躍されることでしょう。

次の