ハリソン マディン。 ハリソン・マディン

METAL BUILD ガンダムF91 (ハリソン・マディン機) スペシャルページ

ハリソン マディン

0(ハリソン・マディン専用機)のレビューをご紹介します! MG ガンダムF91 Ver. ハリソン・マディン機の特徴的な専用カラーを、成型色と水転写デカールで再現。 ヴェスバーなどは配色を変更するため、カラバリパーツが一部追加されています。 価格は4,620円(税込み)。 プレミアムバンダイ限定の商品です。 「連邦の青い閃光」と呼ばれた青いF91がVer. 0でキット化。 2018年5月に発売されたMG ガンダムF91 Ver. 0(以下通常版)をベースに、頭部アンテナや各部ダクト口、背部のヴェスバーなどが異なる配色で再現されています。 胸部や肩部、脚部などの特徴的なイエローラインは水転写デカールによる色分けとなっています。 成型色はダークブルーとイエローがメイン。 内部パーツは通常版と同じダークグレーのABSパーツです。 ツインアイやセンサー、三角形のモールド内部などをホイルシールで補いますが、貼る箇所はごくわずかです。 背面にヴェスバーを背負っていますが、自立にほとんど影響はありません。 通常版が経年劣化で関節などが弱くなってきているので、これもそうなる懸念はありますね。 ハリソン・マディン機のイエローラインなどを補う水転写デカールです。 キット本体の大半がダークブルーなので、デカールを貼らない状態だと全体的に物足りなさを感じるかも。 あと、貼っても成型色のダークブルーが透けて、イエロー成型色の部分との色差が出るかもです。 アンテナはハリソン・マディン機の特徴である白成型色での再現。 通常版とは異なるカラーリングが印象的です。 左右のバルカンはイエロー、額と顎パーツはレッド成型色での再現となります。 このキット(ハリソン・マディン機)にはフェイスオープンギミックやダクト型マスクの再現はありません。 胴体部。 胸部左右にあるメガマシンキャノンは、通常版と同じイエロー成型色での再現です。 素組みだとイエローラインやV字がないので少し寂しい印象も。 腰部は三角モールドやダクトなどがパーツで色分けされています。 上部のコックピットハッチはスライド展開が可能。 コックピットはクリアーパーツの全天周囲モニター、パイロットフィギュア、モニターが造形されています。 パイロットやモニターの固定強度が弱いのがちょっと気になりました。 (個体差があるのか、金型流用による劣化か・・・;) 腹部のヒートシンク内部には、通常版と同じくゴールドのエクストラフィニッシュパーツが使用されています。 腰アーマー裏はすべて裏打ちパーツが造形されています。 通常版から外装が変わっただけになります。 ショルダーアーマーにマーキングがない素組み状態だと物足りない印象も。 左腕部には引き出し可能なビームシールド発生機が造形されています。 発生機の表面三角モールドはシールでの色分け。 左右とも前腕はロール可動します。 肩のバイオコンピューター冷却用スタビライザー(3枚羽)は展開可能です。 配色自体は通常版と変わりませんが、ハリソン・マディン機の特徴であるイエローラインがない分、素組みだと物足りなさを感じるかも。 前後の三角モールドはパーツでの色分けで、後部は中心のブラックをシールで補います。 膝左右のダクト内部にはゴールドのエクストラフィニッシュパーツが使用されています。 後部の3枚フィンは展開が可能です。 ソール部。 脚底がイエロー成型色で、通常版とは違った雰囲気が出ています。 ヴェスバーを含めたバックパック。 イエローで色分けされたヴェスバーが特徴的。 バックパック中央部(ジェネレーター)は通常版と同じ、クリアーやダークグレー、エクストラフィニッシュに外装パーツの混合で、特徴的な造形になっています。 ヴェスバー。 通常版とは配色が異なります。 こちらはデカールで補う箇所はなく、ほぼ成型色で色分けされています。 各部を展開した状態。 通常版のヴェスバーと並べて。 配色の違いが確認できます。 通常版と並べて。 成型色の関係か、ハリソン・マディン機のほうが少し小さく見えます。 ハリソン・マディン機の各部可動域については、通常版(MG ガンダムF91 Ver. LEDユニットが格納できる専用台座が付属。 ハリソン・マディン機にはマーキングシールや擦って転写するガンダムデカールは付属していませんでした。 細かい余剰パーツがいくつか付属。 成型色は異なりますが、通常版(MGガンダムF91 Ver. 0)のランナーが一通り付属しているので、余剰パーツでフェイスオープンギミックの頭部が作れます。 ツインアイやとさか前後センサー用シールも余剰で付属しているのがありがたいですね。 この配色もなかなかかっこいいかも。 フェイスガードを開放した状態のマスクパーツも付属しています。 フェイスガードを開放した状態のマスクパーツに組み換えて。 ビーム・ランチャー。 成型色以外は通常版と大きな違いはありません。 砲口上下の装甲やグリップは可動します。 センサーはシールでの色分け。 リアアーマーのラックを展開してマウント可能なのも同じです。 ビーム・ライフル。 こちらも成型色以外は通常版と同じです。 センサーはシールでの色分けで、フォアグリップは左右に可動します。 一通り武装して。 背部のビームランチャーが外れやすかったり、腰を回すとリアアーマーが外れたりして、直近のキットに比べるとややストレスを感じる部分があります。 アクションベースへのマウントパーツも、かっちりとハマるタイプではないので不安定さがありますね。 腕部の可動が柔軟ですしグリップも可動するので、ビームランチャーを担いだポーズはかなりラクです。 平手なんかが付属していると、さらに表現の幅が広がって良かったかも。 外れやすいリアアーマーやアクションベースジョイントパーツとの接続部分を強度アップしてやるだけで、かなりポージングがラクになりました。 イエローラインがないですが、これはこれで馴染んでくるような・・・。 徐々に渋さが感じられるようになります。 ビーム・サーベル、ビームシールドはブラックライトで照らすと発光します。 適当に何枚かどうぞ。 以上です。 キット自体はF91Ver. 0と同じで柔軟性があり、プロポーションもよく安定しています。 ヴェスバーや肩部スタビライザー、ふくらはぎのフィンなど、定番のギミックも楽しめるのが良いですね。 欠点的には、やはり色分けですね。 素組みだと地味に感じてしまうので、塗装や水転写デカールで補う必要があるのは素組み派にはツライところです。 パーツで色分けするとなると、構造をかなり変える必要があるので難しいんですかね。 ただ、このポージング時にヴェスバーを前面に展開させたりするとイエローが目立つようになりますし、素組みの状態でも割と様になります。 カラバリキットならではの良さも味わえるので、そういった部分を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

次の

【ガンプラ】HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機 レビュー

ハリソン マディン

F91 ハリソン専用ガンダムF91(Harrison's Gundam F91) [ ]• 登場作品:、、• デザイナー:大河原邦男• 分類:量産型(1号機は増加試作機説あり)• 装甲材質:ガンダリウム合金セラミック複合材• 全高:15. 本体重量:7. 全備重量:19. 主動力:• ジェネレーター出力:4,250kw• スラスター総推力:88,400kg• アポジモーター数:51(8)• 開発組織:• 主なパイロット:、 が開発したの量産型。 の専用機で、カラーリングが彼のパーソナルカラーである青を基調としたものに変更されている。 ベースとなっているのはだが、一般機ではなくエース用の「限界稼働対応機」であり、搭載されたを改良しつつヒートシンクの構造や触媒添付の効率化、最終装甲の材質変更等を実施する事によってが発生しなくなった代わりにフェイスカバーと放熱フィンの展開だけで機体の最大稼働が出来るようになっている。 なお、ハリソン機は以下の2機が存在している。 1機目 [ ] 海賊軍との初戦闘時の機体。 全身のほとんどが青一色で染め上げられている。 量産型ではなく増加試作機を専用機として改装しているという説もある。 2機目 [ ] 木星戦役の終盤以降に搭乗した機体で、別の量産型F91を専用機に改装している。 当初は1機目と同じカラーリングだったが、0136年時にはカラーリングの一部が青から白に変更され、前腕部の形状も若干変化した。 登場作品 [ ] パイロットは。 地球連邦軍の宇宙艦隊所属機として出撃し、のと交戦。 接近戦で優位に立てるよう調整されている機体を相手に限界稼働で互角以上の戦いを繰り広げたが、「2枚のビームシールドとビームザンバー」という3段構えのビームでヴェスバーを防がれ、その隙に右半身を斬られて戦闘不能になっている。 戦争終盤には2号機で出撃し、を奇襲する海賊軍を援護した。 ハリソンが搭乗。 木星軍残党による郵便船ジャック事件や旧のE衛星事件で出撃している。 パイロットはハリソンと。 許可なく地上に降りてきて戦闘を始めた木星軍とトビア達の戦闘に介入。 ハリソンがミノルらからの事を聞かされてからは彼らに密かに協力すべく、「調子が悪い気がする」という言い訳で本機を置いていっている。 その後、木星軍が襲撃してくるとミノルが乗ってトビアやギリと共にのと戦い、何とかこれを撃破するも本機も破損。 宇宙へ運ばれ、へと改修される事になった。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 頭部に内蔵されている。 武装・必殺攻撃 [ ] 60mmバルカン砲 頭部に2門内蔵。 主に迎撃や牽制等に使用される。 メガ・マシンキャノン 胸部に2門内蔵。 威力はバルカン砲よりも上で、接近戦で使用すればMSをも破壊可能とされる。 ビーム・ライフル 本機専用に造られた主兵装で、バランスが小型MS用に最適化されている。 デバイスは標準的な物を使っていて、稼働率が高い。 出力調整によってビーム・マシンガンのような速射も可能。 ビーム・サーベル 右腰部に2本格納している。 これも本機専用に造られていて、内部のユニットはごく一般的なデバイスが使われている。 一方で稼働時間を延長させるべくエミッター等を調整しなおした為に耐久性がかなり高く、高出力状態での稼働にも耐えられる。 ビーム生成の任意変更がある程度は行えるようになっており、間欠式のビーム生成機能も搭載されている。 ビーム・ランチャー 携行式の高出力ビーム砲で、パルス状に圧縮した強力なビームを発射する。 名称もここから来ている。 時からが開発していたビーム・バズーカを発展させた物で、バズーカ系実弾兵器の強化型として造られたとされる。 作中では装備されなかった。 「ヴェスバー」と読む。 「 Variable Speed Beam Rifle(可変速ビームライフル)」の略称で、背部に2挺装備している。 そのせいで射角がある程度制限されているという短所があるが、それでも非常に強力な武装である。 その名の通り、ビームの発射速度を変更する事が可能であり、高速だとビームシールドすらものともしない貫通力が、低速だと高い破壊力が得られる。 エネルギーは直結したジェネレーターから供給されているが、機体から分離しても内蔵された大容量コンデンサー内のエネルギーを使えば発砲可能。 不使用時はユニットとして機能する為、デッドウェイトになる事はない。 左腕に装備された防御兵装。 発生装置の周りにの「場」を膜のように展開して敵機からの攻撃を防ぐ。 攻撃遮断領域をよりも効率的に形成でき、また実体式シールドよりも圧倒的に小型で軽いので機動性を高められるという利点があるが、さすがにシールド以上の出力を持つビームまでは防ぐ事は出来ない。 右腰部には予備の発生装置が格納されており、投擲武器に転用可能。 対決・名場面 [ ] 対 戦闘不能状態となった僚機に変わって、ハリソンのF91が対決。 相手の得意とする接近戦においてもF91の基本性能を余すことなく発揮し、のクロスボーン・ガンダムと互角の勝負を繰り広げる。 決着をつけるべくハリソンは切り札であるヴェスバーを使用し、照準内に相手を捉えた。 しかし、キンケドゥはヴェスバーが防御不可能と思いこんでいるところに隙があると踏み、ビーム・シールドを展開したままのブランド・マーカー2基を投げつけて発射されたビームの威力を削ぎつつ更にビームザンバーでヴェスバーを受け止めた。 それを見たハリソンは驚愕し、その隙を突かれてF91の右半身を斬り落とされ敗北した。 関連機体 [ ] ハリソン機が「鋼鉄の7人」作戦用に改修された姿。 試作機。 ベース機。 商品情報 [ ] [ ]• フィギュア [ ]• 話題まとめ [ ] 資料リンク [ ] リンク [ ]•

次の

METAL BUILD ガンダムF91 (ハリソン・マディン機) スペシャルページ

ハリソン マディン

概要 [ ] 腐敗した連邦内で、搭乗のにを使わせた確かな腕を持つパイロット。 をで扱っている。 『機動戦士クロスボーン・ガンダム』では「ハリソン」としか呼ばれておらず、フルネームが判明したのは『スカルハート』から。 の謀略でキンケドゥと交戦した際、無用な殺傷を行わないの戦いぶりを見て「ただの海賊ではない」と判断する。 その後、木星帝国と連邦の最終決戦においても他の戦力が倒れていく中、彼の部隊は最後まで奮戦し、に肉薄するキンケドゥらの援護を行った。 『スカルハート』では、実直で機転も割と利くが、方々でニブい性格が強調されている。 人間としてもとても良くできた人物だが、上層部の無理解のため、能力の割に報われない苦労人。 また、ややロリータ・コンプレックスの気があり、部下によるとそれが「 上層部にいらぬ不安をかきたてさせる」らしい。 いったいどこまで知れ渡っているのか。 の遺産である「E計画」の調査においてと共闘した。 『鋼鉄の7人』でようやくトビア達の素性を知り、大っぴらには同道できない立場のため密やかな協力に骨を折る。 木星帝国のの脅威を上層部に具申し、これはある程度真摯に受け止められた模様で、後の連邦の遷都にも影響した。 しかし上層部の意向を無視した行動の結果、軍には居られなくなって民間運送会社ブラックロー運送(クロスボーン・バンガード)に就職することとなった。 慣れない民間業務に苦労している模様。 その後、を舞台とする『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』(SRW未参戦)では、に参加。 "青い閃光"隊隊長としてMS部隊を率いている。 宇宙細菌撲滅を目的とする大規模な草の根作戦に協力したが、それを主導するを知った上でかは定かでない。 登場作品と役柄 [ ] [ ] 初登場作品。 声は『GジェネF』の青羽剛氏。 まだフルネームが判明する前だったので「ハリソン」表記。 ルートによっては敵対するシナリオもあるが、後半にと共に参入。 まさかのドゥガチとの戦闘前会話がある。 オールドタイプではあるものの、はクセがなく使いやすいラインナップであり、貴重な持ちなので機体ともども積極的に育成していこう。 パイロットステータス [ ] [ ] 、、、、、 [ ] L3、L4、L2 [ ] 小隊移動力+1 『』での能力。 パイロットBGM [ ] 「クロスボーン・ガンダム」 人間関係 [ ] お互い顔を知らないまま、彼との対決に敗北。 後に本性を現したを相手に共闘する。 その後「弁護士つけてやる」とハリソンが冗談を交わしている。 なお、『』では顔を合わせて、キンケドゥの正体がかつてのガンダムF91のパイロットであることを知った上でが量産されている現実を彼に語るが、キンケドゥは「一対一ならともかく、多数を敵に回すと厄介ですからね」と語っている。 ハリソンは「熟知しているから当然か」とお互い全く意に介さない言葉を交わしている。 彼とは顔を合わせるが、のパイロットと知るのは『鋼鉄の7人』からである。 トゥインク・ステラ・ラベラドゥ 彼女の幼い外見が好みらしく、赤面して顔をそむけてしまう。 『鋼鉄の7人』エピローグでは、ブラックロー運送での業務に苦戦するハリソンを指導している。 その後結ばれることができたのかは不明だが、『ゴースト』にて2人でリガ・ミリティアに参加している姿を見ることができる。 ミノル・スズキ 『鋼鉄の7人』に登場。 かつての恩師であり、「青の閃光」の異名は彼からもらったエースナンバーである。 余談だが、彼も作中でロリコン疑惑を掛けられている(実際どうかは不明)。 実年齢(22)に比べて幼い外見(高く見積もっても14らしい)で、エドガーがロリコン扱いされてしまう原因に。 作中ではまだ赤ん坊である。 名台詞 [ ] 「こちら連邦軍第17機動中隊ハリソン大尉だ!貴君の意図を理解した!援護する!そのまま進めーっ」 『』本編より、との最終決戦でキンケドゥを援護したときの台詞。 どうしてこう物分かりのいい人が連邦には少ないのか。 「うまくいったら裁判にいい弁護士をつけてやるぞ!海賊!」 上の台詞の後でキンケドゥに投げかけた台詞。 連邦軍人である彼らしい激励である。 「はっ! しかし…なんであれ…国民の財産を守るのが私の任務でありますから」 『』にて、連邦高官の汚職の記録が入ったコンテナを確保した際の台詞。 当然上官からは怒られるが「どうせ出世には縁がない」と通信を途絶した。 迷台詞 [ ] 「それにしても、クロスボーンの奴らは一体どうしてここに?」 『スカルハート』にて、『E計画』の調査の際にと共闘した後の台詞。 現れたのパイロットが目の前にいる少年だとは全く気付いていなかった(『』でトビアと再会した際も「き、君は…………誰だっけ?」と完全に忘れており、トビアをズッコケさせた)。 搭乗機体 [ ] ハリソン専用機。 青いカラーリングをしている。 (SRW未登場) 『鋼鉄の7人』でF91を海賊軍に譲った後に搭乗。 SRW未登場。 リガ・ミリティアに参加した際の乗機。 こちらも青い。 ミノフスキードライブ非搭載の青い試作機の試験運用に携わった。 余談 [ ]• ハリソン役の青羽剛氏は現在副業禁止の劇団四季に所属しているため声優活動を休止しており、一部ゲーム作品では氏がハリソン役を担当している(平川氏は同じく青羽氏が声を担当していた役も引き継いでいる)。 資料リンク [ ]•

次の