チラチーノ 育成。 【ORAS】チラチーノ(スキルリンク型)についての育成論

チラチーノの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

チラチーノ 育成

全国 No. 573 イッシュ No. 079 チラチーノ 分類 : スカーフポケモン タイプ : ノーマル 高さ : 0. 5 m 重さ : 7. 手持ちの先頭にいると、性別の異なる野生ポケモンが出現しやすくなる。 テクニシャン 威力60以下のわざの威力が1. 5倍になる。 隠れ特性 夢特性 スキルリンク 連続攻撃のわざが常に最大回数まで連続する チラチーノのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 チラチーノの特徴 【良いところ】• 特性「テクニシャン」により、威力60以下の技の威力が1. 5倍になります。 チラチーノの攻撃技は低威力の連続攻撃技が多く、相性が良い特性です。 夢特性「スキルリンク」が解禁されれば、2~5回の連続攻撃技を常に5回続けて出すこともできます。 期待値は「テクニシャン」の方がわずかに高いですが、「スキルリンク」は威力の安定が評価できます。 「スイープビンタ」「タネマシンガン」などの連続攻撃技を主体に戦います。 相手の「きあいのタスキ」「がんじょう」を無効にでき、特に「がんじょう」に頼る戦法を使うポケモンの対策になります。 【悪いところ】• ノーマルタイプなのでタイプ耐性が少ないです。 耐性を利用した交代出しができません。 一度繰り出したらできるだけ止まりにくくしたいところです。 夢特性「スキルリンク」が解禁されるまでは特性「テクニシャン」が採用されます。 チラチーノは2~5回の連続技を主体に戦いますが、何回連続で攻撃できるかは運が絡みます。 2回しか攻撃できなかったときは低火力です。 素早さ種族値が115と高く、多くの相手に対して先手をとりやすいです。 「テクニシャン」を生かしたバトル終盤の抜きエースとして期待できそうです。 しかしチラチーノの火力には運が絡むため、もう後がないバトル終盤で使うのは危険であるという矛盾もあります。 相手のHPをどこまで削れば全抜きできるかがはっきりしないため、バトルの流れの計算もしにくいです。 バトル終盤だけに使うのではなく「アンコール」や死に出しを生かして場に出し、できるなら流し際に攻撃していきたいところです。 ノーマルタイプで「テクニシャン」を持ち、素早さ種族値も同じアタッカーとしてはエテボースが挙げられます。 エテボースは火力安定の連続技「ダブルアタック」や「ほのおのパンチ」「けたぐり」などの技を持ち、火力が連続技で攻撃できる回数に影響されません。 運に頼らないため、バトルの流れを読みやすいです。 夢特性はまだ未解禁なので、覚える技と相性がよい「テクニシャン」採用です。 全抜きエースなので素早さ重視です。 激戦区に近いのでようき最速がオススメできます。 いのちのたま : 技が固定されずに決定力を強化でき、バトル終盤の全抜きに最適です。 シルクのスカーフ : 「いのちのたま」が他の味方に使われているときの候補です。 きあいのタスキ : 本来不利である相手を強引に突破できます。 スイープビンタ : メインウェポンです。 「テクニシャン」の対象技であり、2~5回連続攻撃です。 タネマシンガン : 「スイープビンタ」に耐性がある岩タイプへのです。 特にドサイドンの4倍弱点を突けます。 「テクニシャン」の対象技であり、2~5回連続攻撃です。 ゲンガーに等倍をとれ、「いかく」を持つボーマンダやギャラドスの弱点も突けます。 「テクニシャン」の対象技であり、2~5回連続攻撃です。 アンコール : 相手の「みがわり」や積み技読みで繰り出し、次のターンの先手「アンコール」で技を縛ります。 コンボ封じになるだけでなく、チラチーノを繰り出す機会をつくることに繋がります。 しかしメジャーな鋼タイプであるメタグロスやドータクンに対しては等倍です。 バンギラスの4倍弱点も突けます。 「テクニシャン」の対象技ですが、特性で威力が上がっても威力90と低めです。 とんぼがえり : 繰り出しにくいエースであるチラチーノが、攻撃せずに自ら退場するのは効率が悪いです。 役割関係.

次の

チラチーノ育成論

チラチーノ 育成

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるチラチーノの育成論と対策について掲載しています。 チラチーノのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 本来は当てた回数によりダメージが変動してしまう連続技ですが、特性と合わせることで威力が常に一定となり、威力125の高威力技としてスイープビンタやタネマシンガン、ロックブラストを使うことが出来ます。 おうじゃのしるしと相性抜群 連続技を多く習得することからおうじゃのしるしとも相性がよく、 連続技を当てるたびに相手を怯ませる確率を上げることができます。 特性「スキルリンク」とも相性がよく、5回の連続技を全て当てた場合には 4割程度の確率で相手を怯ませることが出来ます。 高い素早さから起用に立ち回れる チラチーノは、アンコールやでんじは、はたきおとすといった 強力な補助技を習得することからサポート型としても活躍することができます。 優秀な補助技はアタッカー型とも親和性が高いため、でんじはやアンコールを織り交ぜながらアタッカーとして戦うなど器用な立ち回りをすることもできます。 高い素早さで上から連続技を撃てることからおうじゃのしるしと相性がよく、一度相手を怯ませてから突破することも可能となります。 補助技を織り交ぜながら戦うことでよりトリッキーに立ち回ることができ、アンコールで積み技や回復技を使ったポケモンの行動を制限することができ、はたきおとすで相手の持ち物を無効化することで自身や後続が戦いやすくすることもできます。 でんじはを使うことで、ドラパルトやスカーフヒヒダルマにも先制できるようになり、おうじゃのしるしを持っている場合には怯みと麻痺を合わせることで相手をより行動しづらくさせることができます。 でんじはやひかりのかべを使うことで場を整え、味方のエースポケモンや積みポケモンのサポートをすることができます。 退場技としてとんぼがえりを習得するため、起点にした相手の交換をケアしながら後続のエースポケモンへと繋げることが出来ます。 でんじはとアンコールの両方を習得することから起点になりづらく、1ターン目にでんじはを撃つことで、相手のりゅうのまいやロックカットにもアンコールを合わせることが出来るようになります。 連続技はきあいのタスキを貫通してしまうため、低耐久ポケモンで相手をする場合には注意しましょう。 アンコールを習得することから積み技や起点技、回復技などを使うと逆に起点にされてしまう恐れがあるため注意が必要です。 対策方法 上からの行動が基本対策 かなり素早いポケモンですが先制技などを使用することで上から行動ができます。 上から行動することは怯みの回避につながるだけでなく、安全に処理できるルートなので意識しておきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

チラチーノの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

チラチーノ 育成

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるチラチーノの育成論と対策について掲載しています。 チラチーノのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 本来は当てた回数によりダメージが変動してしまう連続技ですが、特性と合わせることで威力が常に一定となり、威力125の高威力技としてスイープビンタやタネマシンガン、ロックブラストを使うことが出来ます。 おうじゃのしるしと相性抜群 連続技を多く習得することからおうじゃのしるしとも相性がよく、 連続技を当てるたびに相手を怯ませる確率を上げることができます。 特性「スキルリンク」とも相性がよく、5回の連続技を全て当てた場合には 4割程度の確率で相手を怯ませることが出来ます。 高い素早さから起用に立ち回れる チラチーノは、アンコールやでんじは、はたきおとすといった 強力な補助技を習得することからサポート型としても活躍することができます。 優秀な補助技はアタッカー型とも親和性が高いため、でんじはやアンコールを織り交ぜながらアタッカーとして戦うなど器用な立ち回りをすることもできます。 高い素早さで上から連続技を撃てることからおうじゃのしるしと相性がよく、一度相手を怯ませてから突破することも可能となります。 補助技を織り交ぜながら戦うことでよりトリッキーに立ち回ることができ、アンコールで積み技や回復技を使ったポケモンの行動を制限することができ、はたきおとすで相手の持ち物を無効化することで自身や後続が戦いやすくすることもできます。 でんじはを使うことで、ドラパルトやスカーフヒヒダルマにも先制できるようになり、おうじゃのしるしを持っている場合には怯みと麻痺を合わせることで相手をより行動しづらくさせることができます。 でんじはやひかりのかべを使うことで場を整え、味方のエースポケモンや積みポケモンのサポートをすることができます。 退場技としてとんぼがえりを習得するため、起点にした相手の交換をケアしながら後続のエースポケモンへと繋げることが出来ます。 でんじはとアンコールの両方を習得することから起点になりづらく、1ターン目にでんじはを撃つことで、相手のりゅうのまいやロックカットにもアンコールを合わせることが出来るようになります。 連続技はきあいのタスキを貫通してしまうため、低耐久ポケモンで相手をする場合には注意しましょう。 アンコールを習得することから積み技や起点技、回復技などを使うと逆に起点にされてしまう恐れがあるため注意が必要です。 対策方法 上からの行動が基本対策 かなり素早いポケモンですが先制技などを使用することで上から行動ができます。 上から行動することは怯みの回避につながるだけでなく、安全に処理できるルートなので意識しておきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の