インターネット 速度 計測。 スピードテスト Speed Test

ドコモ光の回線速度測定方法!使い過ぎると速度制限され速度が低下する?

インターネット 速度 計測

測定結果をCopy インターネット回線の速度は主に利用するサービスによってどれくらいの速度が必要なのかが変わってきます。 WEBサイトの観覧であれば3Mbps~5Mbpsの速度があれば十分といった感じで、あなたの利用する用途でインターネット回線を決めるのが一番ではないでしょうか。 光回線は今や最大上り下り最大10Gbpsの速度で通信が可能な時代になっています。 そこまで本当に必要か?と聞かれれば、そんなにもスピードは必要ないでしょう。 1人で4K動画をみても20Mbps~40Mbpsあれば十分事足ります。 そんなに速度は必要ないと言っておきながら、もし私の住んでいる地域で10ギガサービスが展開されれば即申し込んでしまいます。 これはもうロマンですね。 1Gbpsを超える!スピードの向こう側を勝手に求めてしまいます。 スピードテストから少し話がずれましたが、光回線の現在のスタンダード1Gbpsを契約しても1Gbpsが出る事はありません。 ベストエフォートといって光回線の提供事業者は機器の最大値1ギガの速度を実現する為にサービスの改善をしながら提供していきますよ。 といったサービスです。 実際は様々な要因があって速度は落ちてしまいます。 私が以前利用していたフレッツ光ネクスト隼1ギガサービスは、昼間の快適な速度から夜間の混雑時には1Mbpsまで隼なみのスピードで悪化する光回線でした。 最近は画像なども多いWEBサイトが沢山ある為、WEBの観覧もスムーズにいかずにストレスMAXでしたので私はauひかりに乗り換えたわけですが、結果はものすごく良好で快適です。 インターネット回線を乗り換える前に是非一度スピードテストを実行して今の回線がどんな状況なのかを把握する事も大切かもしれません。 Contents• インターネット回線速度を改善できる一番簡単かつ有効的な方法 インターネット回線の速度を改善する一番簡単かつ効果的な方法としてはインターネット回線を乗り換える事が挙げられます。 特にフレッツ光をご利用中であれば絶大な効果を発揮できるでしょう。 今やインターネット回線はIPoE接続の光回線が主流になりつつあります。 残念なことにフレッツ光はPPPoE接続といって一昔前の古いインターネット接続方式となります。 IPoE接続との速度差は3~5倍程度IPoE接続が速い実験結果が公開されています。 実証実験元:NTT Communications インターネット速度はIpv6によく絡めて紹介されますが、Ipv6とはIpv4のIPアドレスの枯渇問題に対策した新しいIPアドレスの規格でインターネット速度とは根本的な部分が違いインターネット速度とは関連性が薄いので間違えないようにしてください。 インターネット速度はIPoE接続であることが高速通信を可能にする条件となり、その接続方式を採用しているのが、auひかりで先駆けとなっています。 続いてNURO光やIpv6オプション、プラス、アルファの名前で販売されている光コラボレーションとなります。 特に他社からの乗り換えでauひかりはキャッシュバックキャンペーンが手厚い為、業界No. 1の乗り換えメリットがあります。 光回線を選ぶ時には特に重視されるのが、利用しているスマホとのセット割引です。 ですが、実際問題光回線とセットで利用予定のスマホがあなただけの1台だとすると、お得!とは言えなくなっています。 1人の場合は500円~1,000円程度が割引の相場です。 しかもスマホの利用しているプランが割と安い料金設定である3G程度の通信料金プランの場合は割引額0円となることがほとんどです。 家族が多い場合でも割引対象になる料金プラン(5G以上の大容量通信プランがほとんど)を利用している家族は、果たしてどれくらいいるでしょうか? スマホのパケット利用量が割引金額が大きくなる境界ラインの5G程度であれば光回線を自宅に導入しWiFi環境を構築する事で3G程度に抑える事も可能になるでしょう。 そう考えるとスマホの利用コストを下げたいのであれば、格安SIM・格安スマホを利用した方がお得になる場合が多々あります。 POINT 光回線を選ぶ際にはスマホとセット割引を考える必要性は無い ですから自由に光回線を選ぶと良いかと思います。 業界No. 1のキャッシュバックキャンペーンを行っていて、IPoE接続のauひかりは文句のつけようがありません。 問題はauひかりがエリア外の場合です。 auひかりは人口密集地でもある東海エリア、関西エリアではホームタイプが提供不可となっています。 そういった場合はキャッシュバックキャンペーンがauひかりほどではありませんが、高速通信を期待できるIPoE接続が可能な光コラボレーションを選択すると良いのではないでしょうか。 インターネット回線が遅い場合の一番の対策方法を私の経験から紹介しましたが、速いはずの光回線を利用しているにも関わらず、スピードテスト結果が思うような数字がでない場合は、利用環境を疑った方が良い場合もあります。 10ギガサービスについての対策を紹介していますが、1ギガサービスの場合も同様です。 以下の記事で詳しくお伝えしていますので一度ご覧になってみてください。 スピードテストの仕組み スピードテストの仕組みを少しお伝えしておきます。 Flashプレーヤーが必要だったりJAVAが必要だったり、Javascriptが必要だったりでスピードテストを実行するにはいろいろな条件があったりします。 ですが、どの方法でも基本的な構造は同じで、サーバーから一定の量のデータを受信します。 その一定量のデータを受信する為にかかった時間とで算出されています。 受信はサーバーからデータをもらう下り方向=ダウンロード速度となります。 送信はサーバーにデータを送る上り方向=アップロード速度となります。 各スピードテストサイトはその計算測定方法やデータをJAVAを利用して計測するのかFlashを利用して計測するかの違いになります。 スピードテストサイト毎で測定結果のばらつきがある 色々なサイトでスピードテストを実行し、測定サイトごとで少々の違いであれば、インターネットの通信とはそういったもですから気にする必要がありません。 計測するタイミングで違って当たり前です。 こちらでご紹介したスピードテストサイトで実際に私が計測した結果からは、BNR、USEN、RBB、Googleを除けばどこも似たような結果だったと言えます。 それでは特になぜBNRやUSENではかなり違う結果がでたのか?気になりますよね。 それはスピードテストの方法にあります。 スピードテストの開始直後にサーバーとやり取りをして測定に使うデータ量を決定している方式で、段階的にスピードが速い回線は大きいデータを準備して計測の正確性を求めます。 おそらく想定が100Mbpsの回線を想定したテストデータ量の為、それ以上の高速回線でスピードテストを実行した場合、ダウンロードにかかる時間が短すぎて、ロスなど考慮した計算式が当てはまらず、正確な計測が出来ない状態となっていると想定できます。 高速な光回線の場合はNURO光やKDDIauひかり公式、ラディッシュなどを利用して計測すると良いでしょう。 回線事業者が開発しているauひかりスピードテスト、NURO光やラディッシュは回線事業者が採用できるレベルの計測品質だという事です。 スピードテストサイトにあるPing値とは? スピードテストで重要な指標は〇〇Mbpsといった一秒あたりにどれだけのデータを転送できるかといった指標の他にPingという遅延に関する値があります。 このPing値、遅延ともいいますが、具体的にはデータをサーバーからダウンロードする際にはダウンロードしたい意思をサーバーに伝えた後にダウンロードが始まります。 サーバーにコンタクトするまでにかかる時間をPing値で表されています。 〇〇Mbpsを重視するあまりPing値がおろそかになってしまいがちですが、実はこちらの値非常に重要な値となっています。 特に展開が速いオンラインゲームにおいては、通信も同様に展開が速く、データ量はさほど必要としないが、頻繁なアクセスを行う必要があり、Ping値が悪いと即座にゲーム内ラグとして現れます。 一般的なオンラインゲームでの基準として50ms以下であればほぼほぼ支障なくプレイできるようです。 理想として良く言われているのが15ms程度であれば快適なプレイが可能と言われています。 100ms以上の場合はハッキリとしたラグが発生していると感じるでしょう。 特にオンラインゲームをする場合は注視すると良い指標です。 YouTube動画などは、データを先読みしますので、必要転送速度はある程度必要ですがPing値についてはそれほど問題にはなりません。 Pingの値を正確に計測できる方法もありますので、興味がございましたら以下の記事も参考にして頂ければと思います。 余り知られていない遅延Jitterとは 上記までは結構知識がある方も多いかと思います。 オンラインゲームが普及していますから、Ping値を気にしている方も多いでしょう。 今度は余り聞きなれないJitterといった遅延の値をご紹介します。 ラディッシュスピードテストを実行したあなたならお気付きかもしれませんが、測定品質といった指標は見られましたでしょうか?スピードテストを実行している時間10秒程度の間に安定して通信できたかどうか?といった指標です。 パソコンを起動してしばらくしてから安定した状態で測定するとより正確な値を計測できます。 と記載されていたと思いますが、パソコンはスピードテスト実行中にはスピードテスト以外の処理も実行されています。 その場合スピードテストに割り振れるパソコンの能力はいくらか落ちてしまうことになります。 そういった状況でスピードテストに割り振れる能力が低下したときに発生するラグや処理遅延などが、スピードテスト結果の測定品質として表示されているのです。 同じような状況が、あなたのパソコン、そして接続先のサーバーまでの途中通信経路の機器でも起こります。 そこで発生する遅延をJitter値として計測され、オンラインゲームで快適なプレイをするにあたり、30ms以下という一つの基準があります。 こちらも大切な指標ですから、計測できるサイトがありましたら注視してみると良いでしょう。 速度測定スピードテストのコツ 例えば現在のインターネット回線が遅く、回線を乗り換える予定で前と後で差を比較したい場合や、自分で何らかのインターネット回線速度を改善させる施策を実行して前と後でどんな違いがあったかを比較したい。 こういった用途でスピードテストを行うのであれば、どこのサイトでも良いですが同じスピードテストサイトで同じ時間帯に比較することでできるだけテスト環境を同じにすることが可能になり、より正確な比較結果を得ることが出来るでしょう。 使いやすいスピードテストサイト9選 当サイト以外にもスピードテストを出来るサイトが沢山あります。 それぞれのスピードテストサイトに特色もありますので、私の独断で使いやすい、精度が良いと思うサイトから順番にご紹介します。 以下でご紹介するスピードテスト動画はほぼ同じ時間帯にそれぞれのスピードテストサイトにて実際にauひかりのスピードテストを実行した結果を掲載していますので、参考にしてみてください。 最近インターネットが遅い、またインターネットの速度に興味がございましたら、それぞれスピードテストしてみて頂ければと思います。 こちらの記事のトップ画像のスピードテスト結果は私の環境、auひかり1ギガホームで計測を行った画像です。 時間帯で変わりますが、当サイトでスピードテストを実行した結果は大凡400Mbps~800Mbpsの範囲のテスト結果となりました。 以下で紹介するスピードテストサイトでもそれぞれauひかり1ギガホームのスピードテストを実行して結果を動画にまとめてありますので、参考にして頂ければと思います。 Radish Network Speed Testing ラディッシュのスピードテストは当サイトでも速度測定結果の統計の紹介やauひかりの実際の測定など利用させて頂いているスピードテストサイトの一つです。 動画をご覧になってみてください。 auひかりが爆速です。 こちらのスピードテストサイトでは、パソコン、スマホどちらでも計測可能です。 ChromeでもIEでも測定できます。 しっかりと測定できたかを表す測定品質も数値化され確認することができますので、この数値が高いほど安定したスピードテストが行えたことを意味しています。 わかりやすくお伝えしますと、パソコンやスマホはスピードテストを実行している最中でも他の処理を行っていることがあります。 そんな場合はスピードテストにムラができ測定品質が低下します。 特にWiFiやスマホの回線を利用したスピードテストは測定に利用する機器の影響の他に、電波の状況にも左右されますので、速度が低下する原因、安定しない原因の一つといえます。 非常に精度が高く、こちらのスピードテストソフトは下記でお伝えするNURO光公式サイトのスピードテストなんかでも利用されています。 速度が売りのNURO光公式サイトがこちらのスピードテストソフトを採用しているのです。 その精度はかなりのものと思われます。 是非一度測定してみてはいかがでしょうか。 NURO光公式スピードテストサイト 速度が売りのNURO光公式スピードテストサイトで測定してみました。 ラディッシュのシステムを利用していますので、品質や精度は大変優れてると言えます。 ただ測定にはラディッシュのJAVAタイプを利用していますので、JAVAのサポートを終了したChromeでは測定する事ができません。 JAVAを実行できるブラウザIE等での測定が可能です。 選択項目や郵便番号、住所などは適当に入力しても違いは感じられませんでしたのであえて個人情報に繋がる情報を入力する必要性はないでしょう。 郵便番号なんかは未入力で大丈夫です。 KDDIauひかり公式スピードテストサイト 現在auひかりホームタイプ1ギガを利用しています。 上記でお伝えしたスピードテスト動画と同じ時間帯に計測しています。 ラディッシュやNURO光のスピードテストよりは若干低めの計測結果でした。 測定サーバーを近い地域に設定する事でより良い結果が得られ、ラディッシュやNURO光の結果と同等の速度測定結果となりました。 KDDIauひかりの公式スピードテストサイトで、KDDIauひかり以外の環境では残念ながらスピードテストはできません。 KDDIネットワーク内に測定サーバーが設置されていますので、速度低下になる要因の影響を受けにくいスピードテストが可能です。 また利用のブラウザ環境にも左右されず、Chrome、IEどちらでも計測可能でした。 郵便番号の入力を求められましたが、それによって速度が変化するといったことは感じられませんでしたので、適当な郵便番号でも大丈夫でしょう。 auひかりに乗り換えた後で是非スピードテストを実行してみてください。 Googleスピードテスト Google検索にて【スピードテスト】と入力する事で表示されるスピードテストです。 GoogleはMeasurement Lab(M-Lab)と提携して、スピードテストを提供しているようです。 スピードテストを行うサーバーは地域によって変わるようで日本からのスピードテストの場合は東京のサーバーが選択されテストが実行されました。 他のスピードテストサイトよりもダウンロード速度が低め、アップロード速度が速めの傾向がありました。 こちらのスピードテストはパソコン、モバイルからでも測定が可能です。 簡単で30秒以内にスピードテストを完了できるのですが、遅延に関するPingの計測結果は表示されません。 オンラインゲームなどでインターネットを利用する場合Ping値(遅延)は大切な指標ですから、気になるようでしたら他のスピードテストサイトなどを利用すると良いかもしれません。 Speedtest. net 海外のスピードテストサイトになります。 海外サイトだから測定サーバーは海外なのかといえばそうではありません。 日本に設置されているスピードテストサイトよりも多くの日本各地のサーバーに対してスピードテストを行うことができます。 サーバーは自動的に近いサーバーが選択されますが、自分で変更する事もできますので使い勝手は非常に良く、Ping値も計測出来ますので、高性能となっています。 アメリカ、ロシア、インドなど世界各地からの利用者が多く、世界的に有名なサイトですから、世界的な基準のスピードテストが実行可能です。 テスト可能な環境は多く、パソコン、スマホからも利用するブラウザを問わず計測が可能です。 ブロードバンドスピードテスト 私の記憶ではADSLが主流のころからあったスピードテストサイトです。 当時は今のOSの様な仕様(自動で最適な速度にチューニングされる)はなく、回線速度を極めるにはパソコンのチューニングが必要でこちらのサイトも参考にチューニングを行っていました。 WindowsやMACでFlashPlayerがインストールされている環境であればスピードテストが可能です。 動画を使ってスピードテストを行っているようです。 スピードテストを実行するサーバーが自動で選択されますので、もし物理的に遠いサーバーが選択された場合は思ったような速度計測結果が得られない可能性があります。 何度かページをリロードし東京のサーバーが選択された後スピードテストを実行してみると良いでしょう。 RBBスピードテスト こちらのスピードテストは Internet ExplorerおよびSafarでのスピードテストが可能です。 GoogleChromeはJAVAをサポートしていませんので、計測する事が出来ませんでした。 スピードテストを実行するには利用している回線の情報を入力する必要があり、少々手間がかかります。 これは回線による最適な測定結果を算出する為というより、データ取りが目的でしょう。 光回線のプロバイダなんかはこちらのサイトの統計結果などを利用しているようです。 何度か適当な回線や郵便番号を選択してスピードテストを実行しましたが、都度測定結果には反映されませんでした。 スピードテストの精度上げる為の目的ならまだしもデータ取りの為の入力項目が多く、正直使い勝手が余り良くありませんでした。 BNRスピードテスト こちらのBNRスピードテストサイトも相当古くから存在し、当時ブロードバンドスピードテストと併用して利用していました。 Flashを利用してスピードテストを行っていますので、IE、Chromeどちらでも速度が可能です。 スマホから測定の場合は画像版で測定が可能です。 数年単位で継続してBNRでスピードテストを行っていますが、現在もこちらのサイトでは100Mbpsの速度を超えたことがありません。 ADSL主流当時のままのテスト構造で 計測のデータサイズは自動調整されるようですが、 ギガ回線の計測精度は低いように感じます。 他のスピードテストサイトと比べ、計測数値は一番低く計測されました。 USEN USENのスピードテストサイトになります。 計測方法はFlashプレーヤーが必要なためブラウザにインストールしてある必要があります。 スマホからの計測は出来ませんでした。 USENはもともとメタルケーブル(電話線)を利用したサービスであり、こちらのスピードテストサイトもギガビット通信を測定する構造になっていないような感じがしました。 40Mbps程度までは正確に計測できるのではないでしょうか。 スピードテストまとめ スピードテストを実行して現在のあなたのインターネット回線の状態を把握出来ましたでしょうか? 混在が少ない日中、そして混雑が激しい夜間で計測してみるとより回線の状態を把握しやすくなるかと思います。 日中と夜間で比べて、もし夜間に極度な速度低下があるようでしたら利用者が多く混雑の影響を受けていると考えても良いでしょう。 内内な情報ですが、プロバイダによってはPPPoE接続の場合、利用者の公平を保つため帯域制限をかけるとか、かけないとか。。。 そんな情報が耳に入ってきています。 そういった対策を行っているプロバイダや光回線は時間帯、混雑状況で帯域制限が発動しますので、どんな対策を講じても速度は改善しません。 昼は速いのに夜間になると隼のスピードで遅くなる場合はかなりあやしいです。 今の時代PPPoE接続では対応しきれないのが現状でしょう。 そんな場合はIPoE接続のauひかりが威力を発揮します。 auひかりの速度につきましてはIPoE接続も含め、詳しく以下の記事にてお伝えしていますので興味がございましたら、コーヒーでものみならゆっくりとご覧になって頂ければと思います。 IPoE接続が可能なのは実はauひかりだけではないんですよね。 ビックローブ光なんかでもIPoE接続が可能です。 その場合かなり高速なインターネット通信が可能なんですね。 じゃあなんでauひかり紹介してんだよ? ってはなしですが、auひかりはキャッシュバックキャンペーンも凄いんです。 現在の速度に不満があって光回線を変えようかなと思ったら、どうせならキャンペーンがおいしいところが良いですよね。 速度が速く、キャンペーンもおいしいauひかり!そんな感じです。 お得なキャッシュバックキャンペーンのもらい忘れが無いよう安心のauひかり代理店も比較紹介しています。 auひかりはキャンペーンが凄くて人気なのですが、それに付け込んで悪質な商売をしている代理店なんかもありますので、代理店選びは慎重になさってください。 auひかりは東海エリアや関西エリアはエリア外ですから、エリア外の地域にお住いなら、ビッグローブ光がおすすめです。

次の

ネット回線速度の目安や平均は?快適な下り上りの通信速度をチェック

インターネット 速度 計測

インターネットが快適に利用できる回線速度の目安は? 快適に感じる速さの目安は下り10〜30Mbps 普通にインターネットでWEBサイトの閲覧を中心に利用されるのであれば、下り10Mbpsほどあればサクサクと快適にインターネットに接続できます。 高画質動画を見られる方でも実は100Mbps以上の速度は必要ありません。 インターネット動画の視聴やオンラインゲームをされる場合まで考慮に入れても、 30Mbps程度の回線速度が1つの目安となります。 『上り』よりも『下り』の回線速度が重要 インターネット回線速度は『上り』と『下り』の2種類があります。 上り(アップロード)・・・メールを送信したり、写真を送信• 下り(ダウンロード)・・・ホームページ閲覧や動画視聴 ネットサーフィンをしたり、動画視聴する時に重要になるのは下りの回線速度です。 大きなファイルをネット上にアップロードするのでなければ、 上りの回線速度は1Mbpsでも快適に利用可能です。 最大通信速度はベストエフォート型!実測速度は違うので注意 インターネットを契約する時に『最大通信速度100Mbps』、『最大通信速度1Gbps』などの速度が記載されていたかと思います。 しかし、これらはベストエフォート型となっており、『最大限の努力をする』という意味での 理論値です。 実際に出る速度ではありません。 インターネット回線速度は、利用しているプロバイダ、場所、混み具合などで大きく異なります。 光回線の場合、実測速度は契約速度の3割〜6割ぐらいが目安となってきます。 最高通信速度1Gbpsの光回線になると実測速度はかなり落ちてくるので、3割の 300Mbpsほど出ていれば十分な速度が出ていると言えます。 実測速度• 100Mbpsの回線なら・・・30〜60Mbps• 1Gbpsの回線なら・・・〜300Mps ベストエフォートの通信速度と実効速度の乖離が起きないように、実行速度計測手法や情報提供などに関するガイドラインもできています。 参考: ネット回線速度の目安を用途別に紹介 インターネットの回線速度の目安は、インターネットを利用して何をするのかでも変わってきます。 PCを利用するのか?スマホに接続するのか?テレビを視聴するのか?用途別の回線速度の目安を紹介していきます。 用途 回線速度 LINE・メール 128kbps〜1Mbps ホームページ閲覧 1Mbps〜10Mbps YouTube動画 1Mbps〜20Mbps オンラインゲーム 30Mbps〜 LINE・メールの送受信の目安 LINE・メールの送受信に必要な回線速度は128Kbps〜1Mbps程度です。 LINEでのやり取りや、メールの送受信はほとんどデータ容量を利用しません。 ですので、もし速度制限にかかっていて128kbpsの速度しか出なかったとしても普通に通信することは可能です。 PCでのホームページ閲覧・ファイルのダウンロードの目安 ホームページ閲覧やネットサーフィンでは 1Mbps〜10Mbpsほどの回線速度が目安となります。 画像が多いサイトでも3Mbps〜10Mbps程度でスムーズにアクセスすることができます。 文字テキストが中心のページならば1Mbpsでも問題はありません。 YouTube動画の視聴の目安 画質 推奨回線速度 4K 20Mbps HD 1080p 5Mbps HD 720p 2. 5 Mbps SD 480p 1. 1 Mbps SD 360p 0. 7 Mbps YouTube動画は、動画の解像度によって推奨される回線速度が異なります。 1Mbps〜20Mbps程度の回線速度が必要となります。 スマホで標準画像の動画を視聴するならば1Mbps。 最も高画質となる4K画質の動画の場合は20Mbpsの速度が必要となりますが、HD動画でも5Mbpsで十分ですので、 4K画質の動画を見ない場合は5〜10Mbpsもあれば十分と言えます。 参考: PS4やPCでオンラインゲーム(ネトゲ)をする場合 オンラインゲームもゲームの種類によっては回線速度が8Mbpsぐらいでも問題ないものはあります。 私も以前PS4でFF14を10Mbpsの速度で接続したことがありますが、簡単なプレイならば問題なく接続できました。 ただ、激しい戦闘などは少しでも止まってしまうと問題がありますので、速ければ速いほどよいですね。 FPSなどをされる場合は実測値で50Mbpsほどの回線速度は欲しいです。 インターネット回線の応答速度(PING)も重要 特にFPSなどのオンラインゲームをされる場合は回線速度だけではなく応答速度(PING値)も重要となってきます。 スプラトゥーンなどのFPSゲームや格闘ゲームを遊ばれる方は Ping値10m以下がおすすめです。 1〜15m・・・かなり速い• 15〜35m・・・速い• 35〜50m・・・普通• 50m〜・・・遅い Ping値は25mほどで快適に利用可能です。 50mを超えていたら遅いと認識しておくと良いです。 Ping値の目安は、有線LANならば〜20mbps、無線LANならば20m〜50mぐらいとなりますので、 有線接続にするだけでも応答速度を改善することが可能です。 ネット回線速度とPING値の実測を測定してみよう 自分のインターネット回線速度がどれくらいなのかをチェックしてみましょう。 スピードテストで有名な『』で回線速度の測定をしてみましょう。 『Speedtest. net』は回線速度と応答速度(PING)の両方を測定することができます。 スマホからでも簡単にアクセスすることができます。 環境・・・Broad WiMAX『W05』• 場所・・・都内のスタバ• 回線速度・・・37. 4Mbps• 応答速度・・・72m 回線速度はポケットWiFiでも問題ない速度がでます。 仕事や動画視聴であれば十分です。 応答速度は遅めになりますので、オンラインゲームには向かないと言えます。 Googleで『スピードテスト』と入力してもチェックできる 簡単にスピードテストをしたい場合はGoogleの検索窓に『スピードテスト』と入力してみましょう。 以下のような画面になり、直接スピードテストを行うことができます。 実際にポケットWiFiでスピードテストを利用してみましたが、18Mbpsでも高速と診断されます。 インターネット回線速度の平均は?どれくらいが普通なの? ブロードバンド通信速度測定サイト『』のランキングデータ集計では、回線速度の平均値を確認することができます。 スマホの回線速度の平均値• 固定回線速度の平均値• 都道府県別の平均値 などの月間80万件ほどのデータを集計しているので信頼できますね。 光回線の回線速度の平均 NURO光とauひかりの回線速度の平均は900Mbps以上とかなりの高速です。 1位・・・NURO光• 2位・・・auひかり(au one net)• 3位・・・auひかり( nifty) プロバイダはSo-net、au one net、 nifty、BIGLOBEの平均値が速いですが、そこまで変わらないので誤差ですね。 ケーブルテレビは一部の地域でしか利用できませんがもTOP10入りしているものがあります。 光コラボの回線速度の平均 光コラボレーションはフレッツ光の回線を利用しています。 ビッグローブ光、 nifty光、AsahiNet光の回線速度の平均値が高いですが、対象の計測数はドコモ光やソフトバンク光が圧倒的に多いです。 特にドコモ光はプロバイダによってかなり速度が変わりますので、どのプロバイダを利用しているのかもチェックする必要があります。 それでも改善しないようであればインターネット回線自体を乗り換えてしまうのが確実です。 NTTのフレッツ光や光コラボを利用している場合、NTT以外の回線に乗り換えをすることで速度が改善することはよくあります。 NURO光(最大通信速度2Gbps) NURO光は 最大通信速度2Gbpsの光回線です。 他社の光回線は最大1Gbpsですので、 2倍の回線速度となります。 一番速度が速い光回線として有名で、施設したけれど使われていない『ダークファイバー』という光ファイバーを利用しています。 しかし、NURO光は関東と関西の一部の地域のエリア限定の光回線となりますので、エリア外の方は残念ながら利用することができません。 月額料金は戸建て4,743円、マンション1,900円〜2,500円と他社の光回線と比べて料金が安いので『速度が遅い』とお悩みの方は乗り換えの考慮に入れてみることをおすすめします。 キャッシュバック額は35,000円と高額キャッシュバック特典も付きます。 nuro光(2Gbps)導入までの顛末。 結果として得られた速度は最高でした — Engadget 日本版 engadgetjp auひかり(auユーザーにおすすめ) auひかりもNURO光と同じぐらいの実測速度が出る光回線です。 NURO光が対象外のエリアにお住まいの方におすすめです。 ネットのみの申込みでも43,000円のキャッシュバック特典があります。 月額料金は戸建て5100円、マンション3,800円とNURO光よりは高くなりますが、auのスマホをお使いの方はスマホ料金も割引となりますので、特にauユーザーにおすすめできます。 インターネット契約を変更する際の違約金負担もしてくれるのが魅力ですね。 ちなみにauひかりの仙台サーバとの通信速度はこうだった — 喘息肺炎治らないマン NTRoLIKoNs ドコモ光(v6プラス対応プロバイダがおすすめ) ドコモ光も回線速度が速いと評判の光回線で、フレッツ光を利用中の方は簡単に転用できますし、光電話や光テレビも継続して利用することができます。 しかし、ドコモ光はプロバイダによって速度がかなり異なります。 現在ドコモ光を利用されている方であればプロバイダを変更するだけでも速度は改善する可能性があります。 高速通信をしたい場合はv6プラス対応のプロバイダを選択することが重要です。 月額料金も戸建て5,200円、マンション4,000円と低価格です。 『GMOとくとくBB』のドコモ光では公式サイトで実測速度を公開していますし、対応の無線LANルーターも無料でレンタルできますので、ドコモの携帯電話やスマホをお持ちの方にはとてもおすすめの光回線です。 900Kbps. もし、『自宅であまり高画質動画を見ない』『オンラインゲーム』をやらないのであれば最大1Gbpsの光回線は必要ありません。 WiMAXの最新機種『W05』の最大通信速度は758Mbpsで、高速通信ができるモバイルルーターです。 自宅のみで利用されるのであればホームルーター『L01s』で安定通信が可能です。 マンションタイプのフレッツ光ネクストを利用している場合、集合住宅で共有となりますので、モバイル通信に切り替えてしまった方が通信速度が改善する場合があります。 ギガ放題プランに加入することで月間のデータ通信量は無制限、通信制限無しで利用可能となります。 月額料金2,726円〜利用可能なので、光回線を利用されている方ならば毎月2,000円近く節約できる可能性が高いです。 関連記事: まとめ ネット回線速度の 目安は下り30Mbps、応答速度25msほどあれば十分快適にインターネット利用することができるでしょう。 光回線は確かに高速通信ができるのですが、そこまでの速度を必要としていない方は多いはずです。 高画質動画やオンラインゲームを利用されない方でしたら、通信速度は10Mbpsでも十分ですので、WiMAXなどの料金の安いプランに変更をしてしまった方がお得にインターネットが利用できるかと思います。 逆に、ネット回線速度が速ければ速いほどいい方はNURO光やauひかりがおすすめです。

次の

回線速度を計測する│接続・設定方法|eoユーザーサポート

インターネット 速度 計測

上記、無料ツールも、 ご利用ください!! No. 9『USEN スピードテスト回線速度・通信速度測定』 要Flashプラグイン! <出典:> 世に存在するスピードテストサイトにはさまざまな測定方法がありますので、測定方式によって結果が異なることがありますが、それぞれ正しい数値と言えます。 また、ご利用PC環境や性能、ご利用しているISPバックボーンの回線状況など多くの影響を受けますので異なる場合があります。 速度測定には Flash Playerが必要になります。 iPhone、iPadなどFlash非対応端末をご利用の場合は測定できません。 <出典:> ケーブルテレビ『USEN』が提供しているスピードテストの計測サービスです。 『Flashプレイヤー』が必要なので、 最近のPC Safariなど では、非対応のことも多く、計測が出来ないケースもあります。 「フレッツ光」と「フレッツ光以外」の回線で、計測方法が異なるようです。 計測PCと、www. usen. comサーバ間の回線速度を計測しているので、他社のツールと比べて、計測値が異なるケースもあります。 8『NURO スピードテスト速度測定』Radishツールの転用 <出典:> 国内の高速回線『NURO光 上限2Gbps 』の速度計測ツールです。 中身は、No2の項目で書いている、 を使っています。 Javaのインストールが必要ならため、 一部のPCや、スマホでは、計測出来ないこともあります。 NUROユーザーが計測出来るように、プルダウンで選択できるようになっていますが、 NURO以外のユーザーも「登録をSKIP」のリンクから、計測できます。 計測後は、Radishさんの計測サイトで、速度結果を確認することもできます。 7『BROADBAND speedtest. 本家は、イギリスの、です。 日本版として展開しているのが、上記のURLの速度測定サイトです。 あまり知られていないですが、『BROADBAND speedtest. jp』サイトでは、速度の統計データも公開されています。 <出典:> 分かりやすい計測ツールで、計測もすぐに終わるという点で、利用しやすいサイトです。 たまにTwitterなどで、計測結果を貼り付けているユーザーさんもいるようです。 現在、利用出来る大手オススメ速度サイトは、 、です。 『ラピッドネット』の特徴は、 スマホでも速度計測できるように、いち早く対応した点が特徴です。 サイト内にも「"FLASHは使っていないので、iPhone、android両方でご利用いただけます。 "」と書かれている通り、これまでFlashでの計測が一般的だったところを、改善したツールになっています。 2013年頃からサービスが開始されています。 サイトは、シンプルな作りで、速度測定ツールなので分かりやすいです。 時々、繋がることもあるかもしれませんが、 繋がらないことが多いようなので、下記で紹介しているツールでの計測をオススメします。 5『BNRスピードテスト』 Flash計測 <出典:> 『BNRスピードテスト』は、2002年頃から運営されている、速度計測サイトです。 かなりの老舗ですね。 ただFlash計測であったために、利用者が限られていました。 上記のリンクでは、検索出来るページにリンクしていますので、スマホでの計測も可能です。 ADSLが主流だった頃からの計測サイトなので、昔から速度チェックをしていた方には、なじみがあるかもしれません。 印象では、ギガ対応の光回線で、計測した際に 若干、時間帯によって、低めの速度が表示されることもあるようです。 2004年頃からサービスが開始されています。 各地域の速度や、プロバイダの速度を計測したランキング化、RBBアワードという賞を設けて、良いサービスを表彰する制度を作っていることなどが特徴です。 記事ページが多く、5000ページ近くの記事があるので、光回線・スマホ端末機器などの、記事が多いようですね。 国内で、速度計測サイトというと、この『RBB スピード測定』と『Radish』の2サービスは、比較のためにも、計測しておくことで、大手の計測結果として、役立つはずです。 もあるので、スマホタブレットの計測の際には、便利なツールです。 計測時に、回線と、プロバイダを必ず選ぶ必要があります。 結構な数から選ぶことになるので、ちょっと大変かもしれません。。 その他FFHで、いつも計測してしまっています。 3 すぐに計測したい!『Fast. com Netflix 』 <出典:> 動画がもたつく際の速度計測に最適! 『Fast. com Netflix 』は、2016年から始まった速度計測サービスです。 特徴は、 シンプル!そして、計測が簡単! ページを開いたらすぐに計測が開始して、数秒以内に計測が完了します。 『スマホでの動画が遅い!』という声に応えて、スタートしたサービスです。 この『Fast. com Netflix 』も動画を観るために、使いにくさをなくすための、とても良いサービスだと思います。 特に、動画サービスに契約していなくても、だれでも使える点も素晴らしいですね。 2 国内で実績のある『Radish』 <出典:> 国内で、『ネット回線の速度測定ツール』というと、『Radish』さんは、とても便利で役立つはずです。 2005年頃から、スタートしています。 なにが便利かというと、各地域ごとの速度計測結果を詳細に比較できる点です。 最近、スマホでの計測にも対応し、さらにサービスが改善されており、個人的にオススメのサービスです。 1 もっともオススメ!世界標準の『Ookla speedtest. net』 <出典:> 世界標準の速度計測サイトとして、『Ookla speedtest. net』があります。 2006年頃から、スタートしているサービスです。 ユーザー数の多さから、 おそらく世界で最も多く使われている速度計測サイトだと思われます。 こちらも、スマホ対応したツールが提供され始めています。 もあり、こちらも手軽に速度計測ができ、かつ、計測の正確性においても、標準的な数値を確認することができて、便利です。 英語のサイトですが、画面上の『GO』ボタンを押すだけで、結果が分かります。 後述しますが、速度計測は、どんなに有名なサイトでも、計測の方法がそのサービスごとに異なるため、絶対的な完全な速度結果はないと、考えておいた方が良いです。 あくまで、複数の測定方法があると知った上で、 複数のサービスを利用しながら、おおよその値を確認するのが、もっともオススメする方法です。 【番外編】『ネット回線@街データ』 宣伝です。 当サイトでも、 速度計測ツールを制作して、できるだけ役立ててもらえるように計測結果を公開するための準備中です。 もしご協力頂けるようでしたら、数十秒で計測出来るツールですので、ご利用頂けますと幸いです。 ネット回線の速度測定ツールを使う際の注意点 ネット速度の計測の際の注意点として、まず、「ネット回線の速度」をどのように計測しているか?という計測方法自体に、統一した定義や方法がありません。 各社サービスによって、 計測値は異なるという点に注意が必要です。 【その他、速度計測の際に速度が遅くなる要因】 ・計測する時間帯が、20〜23時には、ほぼ確実に遅くなる ・住んでいる地域の回線網に、ヘビーユーザーがいると遅くなる ・住んでいる住宅と、プロバイダとの基地局が遠いと、常に遅くなる ・プロバイダが、速度制限をかけていると、遅くなる ・WiFi無線LANルーターを利用して、ネットを観ている場合、直接LANケーブルで繋ぐより遅くなる ・LANケーブルが古いと遅くなる 10BASE-TのLANケーブル:「10Mbpsまで」。 100BASE-TのLANケーブル:「100Mbpsまで」。 1000BASE-Tだと、「1Gbps」まで速度がでるのでオススメ ・計測するパソコン自体のスペック・メモリが低いと、速度も遅くなることが・・・ インターネットの利用時間帯 平成30年版 <出典:> などなど、速度が低下する原因は、たくさんの要素が掛け合わされている!ということなんです。 とは言え、上記の要素の中で、一つ一つ解決して、最後に残る問題点として、大きいのは• 『プロバイダによる速度制限』• 『基地局でのアクセスが集中している』 という原因から、常に速度が遅い!という声が多いです。 そういった悩みに応えられるように、地域のデータを集計し、少しでも役立つよう目指しています。 【その他・国内の Wimaxインターネット光回線の速度測定ツール】• WiMAX-info. net停止中• 【その他・海外の 速度測定ページ】• Ooklaに近い値が出ている。 元Ooklaのツール開発者?• 【国内プロバイダーが提供するインターネット光回線の速度測定ツール一覧】 有線パソコンのネットスピードテスト• リンク切れ多数• NTT東日本• Google スピードテスト【その他・海外の 速度測定ページ】 インターネット速度テスト あまり知られていないツールとして、Googleで『ネット速度』と検索すると、40MB以下の計測が、行えます。 周辺地域の計測結果などは、今のところ分からないようなので、一時的に利用する場合には、便利かも知れません。 10:00~19:00 年中無休 Yahoo! BB ー So-net 0120- 80 -7761 9:00~18:00 DTI 0120-830-501 10:00~17:00 平日のみ ASAHIネット 0120-030-275 平日 10:00-19:00 土日祝 10:00-17:00 T COM 0120-805633 10:00~20:00 bb. excite 0120-087-231 10:00~20:00 SANNET 0120-989-481 9:00~19:00 WAKUWAKU 0120-309092 10:00—19:00 UQ WiMAX 0120-929-818 9:00~21:00 年中無休 速度が遅くて、困っている場合、最終的にオススメな方法は、やはり、サポート窓口に確認すること!です。 大手のプロバイダ、回線サービスのサポート窓口をまとめてみました。 場合によっては、プロバイダ側で速度規制をしているケースもあるので、 ネット回線の会社に確認を、まずした上で、プロバイダにも確認を取ってみると、なにかヒントが得られるかも知れません。 この際に、伝えるべき項目をまとめると・・・• 時間帯によって遅いのか?常に遅いのか?を伝える• PCのスペック CPU・メモリ に問題がないか調べて、大きな問題がないことを伝える。 WiFiまたは無線LANでの接続か? LANケーブルでの接続か?を伝える• 複数回、ネット回線の速度ツールで、計測をしておいて、何度計っても〇〇Mbps程度なんです!と伝える 確認したい項目をまとめると・・・• 特にLANケーブルで速度が出ないのは、回線側の原因が考えられるので、 接続に問題が無いか?再度確認する• ネット回線の会社と、 接続に問題がないか?を確認してもらう• 接続には問題ありませんね、と言われたら、「他に 私のほうの設定で改善できる設定や作業などはありますか?」と確認する。 ここで、協力的であることをアピールしつつ、目的の速度改善方法が本当にないか、聞き出す ここまでサポートに聞いてみても、これ以上速度が改善しません!と言われた場合、 『利用場所と、回線基地局との距離』または 『同じ回線網の利用者が多い・ハードユーザーがいる』などの原因が考えられます。 多くの集合住宅で、1Gbpsの光回線を分岐 同じ集合住宅内でシェアし合うイメージ してことが多く、そのために、時間帯や・通常の利用でも速度が遅くなっているケースが多いようです。 どうしてもマンション・アパートの場合で、遅くて速度を改善したい場合、 ・関東・関西・東海県内の『NURO光』エリア範囲内 という条件が達成出来て、かつ、 ・8階以上のマンションでかつ4人以上の『NURO光』加入者が見込める という場合はが、とても速い 上限2Gbps ためオススメです。 ztv. インターネット・光回線の速度の平均的な基準値・目安・見方・単位って?• インターネット・光回線の速度の単位ってGbps?Mbps?Ping値・RTTって??• PC/Windows7・8・10/MAC OSX/スマホ での速度の確認・調べる方法 って?• インターネット・光回線の速度の改善・向上のための方法って?• インターネット・光回線の速度の最速だとどれぐらい?平均値ってどれぐらい?• ネット回線が遅い!原因・改善方法・設定の見直し法7選!• 無線LAN・WiFiルーターが遅い時に気を付けたいポイント7選• PS4・PS3/Switchが遅い!速度改善の重要ポイント7選• インターネット・光回線の速度計測アプリ7選!• 速度で選ぶネット回線・おすすめBest5!!.

次の