おやかたさま。 御館様 (おやかたさま)とは【ピクシブ百科事典】

「おやかたさま」 の由来と語源

おやかたさま

「永遠というのは人の想いだ 人の想いこそが永遠であり 不滅なんだよ」 CV: 概要 の最高管理者であり、と敵対する産屋敷の一族の97代目当主。 年齢は23歳。 その人心掌握術は後述する能力の項から来るものもあるが、作中の言動を見る限りでは一見人格者の様であり、その人柄によって多くの人間を従えている様である。 隊士達の事は年長隊士も含め、 「私のこども達」と我が子同然に思っており、隊士達を名前で呼ぶ。 戦死してしまった隊士の墓参りや、怪我で動けなくなった隊士の見舞いを完全に寝込んでしまうまで毎日欠かさないなど、無惨とは文字通り 正反対の人物だと思わされる。 その声を聴いたものは、心が落ち着くと共に不思議な高揚感を与えられ、心服する。 それは鬼の首領であるが懐かしさや安堵感を覚え 気味が悪いと感じるほど。 言い方は悪いが 一種の洗脳といっていいのかもしれない。 その他には「天才」と呼ばれる人物が持ちうる、漠然としてだが未来予知にも等しい精度の凄まじい勘・ 先見の明を持っており、これにより一族は財を成し幾度もの危機を回避してきたという。 人物 産屋敷一族はとある理由により代々病による短命を宿命づけられており、現当主の耀哉もその例外ではない。 容貌は顔の上半分が焼けただれたような痕があり、両目に黒目が描かれていない事や常に童子に手を引かれていることから、盲人の様である。 自身は体が弱いために前線で戦って人を守れないことを非常に歯痒く思っており、一度刀を振ってみたことがあるそうだが、10回もしないうちに脈が狂って倒れてしまったことがある。 実弥にいたっては 病弱の耀哉のために柱の中から最低でも2名を彼の 護衛として配置しようと悲鳴嶼に進言するほど。 悲鳴嶼も同じ考えであるが、しかし8年間言い続けているもののお館様は聞き入れてくださらないとの事。 穏やかで公平な人間で、常に冷静沈着な態度を崩さず、柱合会議においては元柱であるとからの命がけの嘆願、禰豆子が人を襲わなかったこと等、様々な事情を鑑みて、鬼であるを鬼殺隊の一員として容認し、その際に反発する柱達を宥めた。 その際のセリフからとも面識がある様で、恐らくは協力関係を結んでいると思われる。 前後の事情がありながらも、主人公のは一回会っただけで彼に心服しており、その人心掌握術の凄まじさが窺える。 鬼殺隊を従えていることからも無惨からは絶えず命を狙われており、の最大の目的の一つが、産屋敷一族の壊滅である。 またそれだけでなく産屋敷一族は無惨と古来より大きな因縁があり、現当主の耀哉は彼を 「我が一族唯一の汚点」と称している。 耀哉と無惨の因縁はの項目を参照( 耀哉自身の結末についても触れられているため、当然ながらネタバレ注意)。 関連イラスト.

次の

「おやかたさま」 の由来と語源

おやかたさま

今回の解説はです。 基本データ No. 0m 重さ 12. けがわは こうきゅうひんだ。 、、 ボディーに だんりょくせいが あり おこらせると いきを すいこんで どんどん おおきく ふくらむ。 バージョン だんりょくせいに すぐれた からだは おおきく いきを すいこむと どこまでも ふくらんでいく。 、、 2ひき よりそいあうと おたがいの けがわが きもちよすぎて はなれられなく なってしまう。 、 キメこまやかな けがわの もちぬし。 おこらせると どんどん ふくらみ のしかかってくるので ちゅうい。 ふわふわの たいもうに さわると てざわりが とても よいので はなれられなく なってしまう。 ほこりが ついても すぐに あらい ながされる。 、 だんりょくせいに すぐれた からだは おおきく いきを すいこむと どこまでも ふくれていく。 ふくらんだ は ふんわり はねるよ。 ごくじょうの けなみを もつ。 と そいねすると さいこうの ねごこち。 いきを すうと からだが どんどん ふくらむ。 、、 キメこまやかな たいもうは ごくじょうの はだざわり。 いきを すいこんで ふくらむ。 2・ホワイト2 きめこまやかな たいもうは てざわりが よすぎて うっかり さわると はなれられなくなる。 ふわふわの けは きせつの かわりめに ぬけおちる。 それを ひろいあつめて つむいだ けいとは こうきゅうひん。 いきを すって どんどん ふくらむ。 どうしは どっちが おおきく ふくらめるか しょうぶ するよ。 ウルトラサン だんりょくの ある ボディーと キメこまやかな けがわが にんき。 だきしめて ねると きもちいい。 ウルトラムーン おこると おもいっきり いきを すいこみ どんどん ふくらんでいく。 なんと 20ばいに なることもある。 プリンの進化形。 レベルなどに関係なく「」を使うことでいつでも進化できる。 卵型の体系とウサギのような耳が可愛いで、その毛並みは極上の肌触りで、体のふわふわとした弾力を伴って大変気持ちが良いらしい。 ・青のグラフィックのみ、左右の目の大きさが異なっており、かなり不気味である。 ファンシー系 なにかとやピクシーと比較される。 対戦面では名ストッパー、優れた特性をもつピクシーの影に隠れており、第5世代までは完全に格下であった。 シナリオ面では初代のみ序盤で入手でき、高いHPを有していることもあって、壁役として運用することができる。 キャラの面では汚れ担当のギャグキャラのピクシーとヒロインのパートナーに使われるマスコット役のという面で差別化されていた。 対戦の 能力 防御や特防の低さを高いHPで補っており、耐久力はそこそこ。 ノーマルタイプらしく、覚える技は豊富。 特性 「かちき」は能力を下げられると「とくこう」が2段階上昇する。 では特性「いかく」が多く、発動機会に恵まれる。 特に、こだわり持ちが対面してしまうと複数体に麻痺を撒かれる可能性があり非常に厄介である。 パーとゴーストの弱点全てを半減以下に抑えるほか、ドラゴン技の一貫性も同時に潰してしまう。 また、かちきにより思わぬ高火力が飛んでくる場合もある。 対策方法 起点化を防ぐためにこだわり持ちを対面させないか、あるいは選出しない事も考えられる。 ちょうはつなどで逆に起点にしてしまうのが有効だが、普通に殴ってくる型もある上、みがわりはで貫通してくる。 毒技を持つゲンガーや鋼技を持つなら、ゴースト技を受けに来られても押し切れる。 課題 一致技の火力が足りない等の問題もまだ残っている。 「ばくおんぱ」よ「」は習得不可能なため、特殊最大火力は「」・「」となるからだ。 共に範囲攻撃なのでかちきを活かせるダブルトリプルでは重宝される技だが、「かちき」が発動しないとどうしても火力不足に陥りがち。 一応、威力100以上のタイプ一致特殊技として、癖のある「りんしょう」と「」があり、「かちき」が1回でも発動すれば「」を軽く凌ぐ火力を出すことができるため、こちらの採用価値も十分にある。 では同じタイプで耐久に優れたが登場した。 と異なりタイプ一致の回復ソースを持っている。 とはいえは「枠を他に回せる」という利点と優秀な特性があるので差別化は容易。 の歴史 第一世代 火力や耐久力で勝り、習得技もほぼ同じであるピクシーが存在したため活躍の場は少ない。 しいて言えばHPが高くて防御が低いのでカウンターのダメージ量が上がりやすい点で差別化可能。 第二世代 とくしゅの分割によりとくこうが大幅に上昇。 ほとんどのノーマルタイプと同様にの獲得を獲得し、パーやゴーストに弱点をつけるようになる。 鈍足アタッカーとしては猛烈な強化を受けたの存在が痛く、上位互換のピクシーもアンコールやの獲得などといった強化を受けたため、対戦においては居場所がなかった。 ほろびのうた要員としてもくろいまなざしで足止めできるが適役。 第三世代 特性メロメロボディを得るも、発動機会が限定的で運頼みであるため強化らしい強化にはならなかった。 ピクシーが習得できるタマゴうみも習得できない。 一方でシナリオでは進化前のプリンのメロメロボディが発動すると手こずることがあった。 ルビー・期にはものまねを使用できるのが系統のみ。 また同期においては、デメリット持ちのケッキングを除けばのしかかりで最高火力を出せるでもあった。 第四世代 の特殊化により使いやすい特殊一致技を得たものの、新たにが目の上のたんこぶになった。 同じ特性だったピクシーがを獲得、があまえるを獲得し物理受けをこなせるように、がに進化できるようになるなど、ようせいグループの厚遇の中でもには強化らしい強化はなし。 プラチナではピクシーがとっておきを覚えるようになり、その点でも差別化が不可能になった。 一応、当時入手が面倒であった74から覚えるジャイロボールを、進化前のプリンがようせいグループとしては唯一レベルアップで覚えるという、孵化界隈における利点はあった。 の教え技でを獲得したため、シングルバトルの重力パではうたうと合わせて実戦レベルとなった。 これに加えてピクシーとの差別化点であるほろびのうたを使えば、差別化しつつ最低限の実戦性能は確保できないことも無かった。 第五世代 特別な強化はなし。 おみとおし個体は産のから間接的に入手可能だった。 当時としては比較的容易に入手可能であったが、それでもプリンがフレンードとを獲得したため、ほろびのうたを軸として活躍したプリンの後塵を拝すようになった。 第六世代 特攻の強化に加え、タイプにフェアリーが追加されたため、耐性面でピクシーとの差別化が可能になった。 特性かちきが追加されたことで特性「いかく」のが幅を利かせるでの利用もしやすくなる。 ほろびのうたがうそなき、ねがいごとなどと同時遺伝できるようになったのも強化点。 を始めとするはがねタイプが重いため、などのほのおタイプの技がレート戦では好まれ、リーグやシーズンによっては威力を優先してかがよりも採用率を伸ばすケースもあった。 統計を調べるに、初期のシーズンではほろびのうた、でんじは、で起点を作りつつやなどとの相性補完でサイクル戦を有利に進めるタイプが主流であったが、後に攻撃技が主体の技構成に変わっていき他のとのに拘泥しないタイプが好まれるようになったと言える。 WCS2014代表選抜戦インターネット予選(カロス図鑑限定)ジュニアカテゴリ21位の使用率を記録しており、韓国の低年齢層のプレイヤーにはカロスダブルにおける一定水準に達したかちきアタッカーとして認識されていた面がある。 第七世代 『SM』期 ウイのみなどの回復量の上方修正、ノーマルZの登場などが主な変更点。 ただ、程度の耐久ではよほど厚く耐久にを割かない限りウイのみ込みでも2発耐えを安定して行うことは難しい。 また、カプやの登場などフェアリーが普及した影響でどくのウエポンが対策として導入化されたため、結局は不一致サブウエポンの使い勝手に依存するはここに来てフェアリーが邪魔に感じられるようになった。 『USUM』期 いかく二大巨頭のとが君臨するようになると、はいかく中心のパーティに牽制できるようになった。 上手く行けばかちきアタッカーに対して無警戒なプレイヤーに対して合計4段階特攻のランク補正が上昇したで役割破壊ができる。 やなどのこおり4倍弱点のいかく持ちを攻め切るが役立つ。 の主要な攻撃を等倍受けするが厄介なら1:1交換と割り切ってで処理するという手もある。 単体構成としては、いかく解禁後のUSUMリーグであると型やこだわりメガネ型など役割破壊に寄せたものが需要を伸ばした。 『』シリーズの おやかたさま 概要 『時・闇・』にてギルドの長を務めている。 その後『超』にも出演を果たし、メンバーとして使用も可能。 彼のギルドには多くの弟子がおり、「おやかたさま」と呼ばれ慕われている。 探検隊シリーズでは主人公やパートナーも彼のもとにお世話になる。 アニメ版では声優を担当した。 特徴 わがままな性格でで好物()がないと大声で泣き叫ぶ(部屋が爆発するほど)など、子供っぽい面が目立つ。 一方で、時折思慮深い一面を見せることも。 特技は目を開けたまま寝ること。 蓄財に余念がなく、弟子がこなした依頼の成功報酬9割をしたり、朝礼時の標語など、一見するとに思えなくもない。 チャームズやレイダーズなど名だたる探検隊と知り合いでもある。 宝物はまもりのオーブという専用道具。 が持っていても効果はないが、これは彼が幼少時に出会ったあると最初に見つけたお宝。 このとの出会いが探検隊として活動を始めるきっかけとなったという。 戦闘能力 一番弟子の曰く「ようせいのようなおかた」で、とても強そうに見えないが、ドクローズに奇襲されても反撃して倒したりなど、見かけによらず強い。 あくのだいまおう おやかたさま曰わく、神秘の森の奥に潜んでいる。 凶暴で誰も関わりたくないと評判のモンスターという設定。 正体はとその弟子たちで、主人公とパートナーはギルドの卒業試験のために彼らと戦うことになる。 数の暴力で攻めつつ、自身は「うたう」で動きを止め、「おうふくビンタ」で体力を根こそぎ奪いにかかってくる。 『赤・青の救助隊』 ともだちエリアを扱う不動産屋。 客をともだちと呼びつつ、超高額で物件を売りつけてくる。 『』の シリーズではともだちのわという技をひっさげて登場。 これは控えが多ければ多いほど威力が上がるという、どことなくふくろだたきを彷彿とさせる技である。 比較的少ないコストで発動ができるためなかなか強力で、おかげでこのはゲーム版()に登場するキャラのデッキに4枚積みされていたり、漫画版(めざせ!! カードマスター)のライバルのデッキの切り札を務めていたりする。 クールな性格として設定されているライバルがともだちのわ持ちのを駆使して主人公を追い詰めていく様はなかなかシュールである。 アニメにおける センターの XY編ではのラッキーやののようにでジョーイの助手を務めている。 かつてで大量発生したの暴走をただ1匹で鎮め、その際傷ついたたちも同じく1匹で治したという逸話かららしい。 その他• ハーリーの。 無印編第69話で初登場。 ヒート南野の撮る映画の女優だった。 では、ゲーム同様ギルドの親方役で登場。 声優は。 の逆襲では、スイートのとして登場。 例外として、マロンだけはなんとなくわかるらしい 性格は天然。 世間知らずでいつもお手伝いさんが付いている。 、ピッピ、とは自分がプリンで、ピィの時からの幼馴染。 実家は金持ち。 からのアプローチに全く気づかないと言う鈍感。 ブルーの移動手段。 ブルーの幼少時代から所持しており、マスク・ド・チルドレンの頃は共に修行していたが、その頃はニックネームで呼ぶことをマスクオブアイスから禁じられていた。 身体を風船のように膨らませる事で空を飛んだり、通路を塞いだりなど出来る。 第5章ではを使い、に進化する。 Lv53 第22話 第9回終了後~第2章が始まるまでの間の話• Lv55 第6巻• Lv57 第15巻• Lv67 第24巻 技• おうふくビンタ• うたう• かなしばり• トライアタック• これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【よくわかるポケモン解説】プクリン編

おやかたさま

おしながき• 初登場 お館様が最初に姿を現したのは、コミックス2巻、炭治郎たちが最終選別を通過した際、鴉の伝令でそれを聞いたときでした。 最終選別を通過したのは4人だったはずですが、ここでお館様は「5人」と言っています。 ここには伊之助も含まれていたようです。 義勇としのぶに十二鬼月の討伐を命じたときは、顔の下半分までが登場しています。 お館様は、鬼殺隊の剣士のことを「こども」と呼びました。 そして、実質の初登場となるのは、コミックス6巻、柱合会議のときでした。 炭治郎と実弥が争っている中、彼は現れました。 額から目にかけて病気のような痣があり、すでに目は失明しているようです。 お館様の前では、気性の荒い実弥や、何事にも無関心の無一郎ですら、ひざまずいています。 能力 お館様の能力の一つに、「f分の1ゆらぎ」というものがあります。 彼の声音・動作の律動は、話す相手を心地よくさせるそうです。 これには動作も含まれていることから、単純に声だけの性質というわけではなく、彼の全てが人に影響を与えているのだと思います。 大衆を動かす力を持つ者は、この力を備えていることが多いと言います。 ただ、この能力だけで鬼殺隊をまとめているワケではありません。 一番は、やはりお館様が人格者だということです。 それは、作中の行動や立ち振る舞いからも、察することができます。 杏寿郎 杏寿郎の訃報を受けたお館様。 200人の乗客を守り切った杏寿郎を、お館様は凄い子だと認めました。 そして、杏寿郎が亡くなったことを「寂しくない」と言います。 自分が長くないことを知っているお館様は、杏寿郎たちのいる黄泉の国へ行き、そこで再び会えると信じています。 天元 まだ、痣が少ない頃のお話。 天元の生き方が辛いものであると、お館様は知っています。 天元は、幼少期から忍としての価値観を父に叩き込まれてきました。 幼少期に形成された価値観というのは、そんな簡単に変わるものではありません。 そして、その価値観を否定しながら戦う天元を、お館様は認めています。 天元は鬼殺隊に入り、矛盾や葛藤という人間らしさを感じることができました。 その環境を作ってくれたお館様に対し、天元は感謝しています。 病状 天元や炭治郎たちが、上弦を倒したことを知るお館様。 お館様は、生きている間に時代の変化を感じることができました。 炭治郎や禰豆子、善逸・伊之助がいなければ、堕姫と妓夫太郎は倒せていなかったでしょう。 お館様が禰豆子を生かした判断は、正解だったと証明されました。 柱合会議では目の辺りまでだった痣は、口元、首や手にまで広がり、病状はかなり悪化している様子です。 それでも、お館様は嬉しかったでしょう。 100年変わらなかった状況が変わった瞬間。 その波紋は広がり、鬼舞辻の首まで届く。 そうお館様は確信しています。 無一郎 無一郎が鬼に襲われ負傷した時、それを救ったのはお館様の妻であるあまねと、その子供達でした。 無一郎は日の呼吸の剣士の末裔だという事もあり、お館様にスカウトされていました。 体が悪いお館様に代わり、スカウトを行っていたのがあまねです。 あまねは、無一郎の家にずっと通い続けていたそうです。 そこでたまたま、負傷している無一郎たちを発見したのでしょう。 そして、無一郎は治療を受け何とか回復し、柱まで上り詰めています。 「杓子定規に物を考えてはいけないよ」 お館様は無一郎にそう言いました。 杓子定規という言葉は、謝った基準で物事を判断し、融通がきかない様を表す言葉です。 そして、お館様は信じていました。 無一郎が記憶を取り戻し、真に強くなることを。 蜜璃 蜜璃は、怪力・大食い・髪色が原因で、見合いが破談になったことがあります。 そのときから髪を黒く染め、怪力や大食いということを隠すようになりました。 そうすることで、結婚したいと言う男が現れます。 しかし、蜜璃はずっと疑問を感じていました。 本当の自分を隠して生きるということに。 そして、鬼殺隊に入ることを決めました。 そこでお館様は蜜璃のことを、 「神様から特別に愛された人」 と称しています。 本当の自分を認めてもらえた蜜璃は、お館様と鬼殺隊という場所によって救われました。 末期 お館様の病状は、柱合会議に出られないほど悪化していました。 そして、今後皆の前に姿を現すことができなくなってしまったと、あまねは言いました。 ここが実質、柱達とお館様の別れ。 あとは死が待っています。 そして、お館様の使いである鴉が、珠世の元を訪れました。 この鴉は、ずっと珠世を探していたようです。 珠世を見つけた頃にはお館様の病状は悪化。 お館様は動けなくなっています。 お館様の使いは、鬼舞辻無惨を倒すため協力してほしいと、珠世に言いました。 行冥 悲鳴嶼行冥は、過去にお館様に命を救われています。 人殺しという罪を着せられ処刑されそうだったところを、お館様によって救い出されました。 お館様は行冥を見て、人殺しをするような人間ではないということを、感じ取ったのだと思います。 この頃のお館様は14歳。 まだ顔の痣はありません。 行冥はこのとき18歳です。 「あの方はいつも、その時人が欲しくてやまない言葉を、かけてくださる人だった」 行冥はそう言いました。 「君は人殺しではない」 そうお館様に言われた行冥は、心底救われた気持ちになったでしょう。 そして、お館様は死ぬ間際、自分を囮にして無惨の頸を取ってほしいと行冥に頼みました。 「5日以内に無惨が来る」 お館様には、特殊な声やカリスマ性に加え、先見の明と言われる力がありました。 そしてそれは的中し、お館様の前に無惨が現れます。 無惨 お館様の予想通り、突如屋敷に現れた無惨。 二人はこれが初対面です。 お館様は、無惨のことを同じ血筋だと言いました。 それはずっと過去のお話。 元を辿れば同じ血筋だということです。 この血筋に関することなのですが、16巻掲載のボツになった扉絵から、過去に無惨とお館様の先祖は双子だったのではないかと、私は予想しています。 そして、無惨を生みだしてしまったことが、産屋敷一族の呪いの元凶であることも、お館様は語っています。 この時、お館様との話の途中で、無惨は奇妙な感覚を覚えています。 長年の敵である一族を目の前にして、憎しみの感情が湧かず、安堵感まで感じています。 これもお館様の声によるモノなのでしょうか。 お館様は、無惨が不滅を夢見ていることを言い当て、本当の不滅・永遠とは何か語りました。 「永遠というのは人の想い」 そうお館様は言いました。 確かに、大切な命を奪った者を許さないという想いを受け継ぎ、鬼殺隊は千年続いてきました。 そして、無惨は誰にも許されることなく虎の尾を踏み、龍の逆鱗に触れているとお館様は言いました。 それは柱達や炭治郎、その他の隊士も含む、無惨が生みだした鬼によって家族や友を殺された者たちのことです。 お館様は、人の想いこそ永遠であると信じています。 そして、それは自分が死んだところで消えはしない。 そう信じています。 無惨にはそれが無い。 お館様は見抜いています。 無惨には、想いで繋がっている者はいません。 「無惨が死ねば全ての鬼が滅ぶ」 お館様はそうも言っています。 無惨の反応からして、それは当たっているのでしょう。 そして最後にお館様は、 「ありがとう、無惨」 と言いました。 最後まで話を聞いてくれた事に対してです。 無惨が殺そうと思えば、すぐに全員殺せていたでしょう。 しかし、何故か無惨はそれをせず、話を最後まで聞きました。 それはお館様の声によるものなのか、もしくは、同じ血筋という事から何かを感じていたのか。 その「どちらも」だったのかもしれません。 最期 お館様の最期。 それは、大量に仕込まれた爆薬で、家族もろとも吹き飛ばすというものでした。 これには無惨も驚いています。 深手を負う無惨ですが、すぐに回復していきます。 しかし、これは無惨を倒すための自爆ではありませんでした。 この後の珠世・行冥の攻撃に繋げるお館様の、自身を使った囮作戦だったのです。 その想いを繋ぎ、珠世・行冥が攻撃を仕掛けます。 それぞれの想い お館様の元へ向かっていた柱と炭治郎。 途中で爆発が起きてしまいます。 この時だけはいつも冷静な小芭内すらも、動揺の色を隠せていません。 そして、それぞれが技を繰り出そうとした瞬間、全員無限城に落とされてしまいました。 この中で、お館様の死を特に悲しんでいたのは、無一郎・行冥・実弥でした。 実弥は涙を流しています。 鬼殺隊のみんなが、お館様を慕っていました。 悲しいことではありますが、隊士たちは前に進まなければなりません。 それが、お館様への弔い。 想いを繋ぐという事になります。 まとめ的なもの 産屋敷耀哉。 享年23歳。 最高の男でした。 お館様は、病の進行により動けなくなるまで、無くなった隊士の墓参りを一日も欠かさなかったそうです。 お館様と共に命をかけた、あまねや子供達もまた、素晴らしい人でした。 お館様の代で、100年変わらなかった状況を変えることができた。 それがせめてもの救い。 お館様にはまだ3人の子供が残されていますので、その子供達もお館様の想いを継いでいくことでしょう。 以上、産屋敷耀哉こと、お館様についてでした!.

次の