イラスト制作 副業。 デザイン・イラスト関連の副業の種類と始め方まとめ「収入度・難易度も紹介」

イラストを使った副業9選!家にいながら始めれる副業を厳選!

イラスト制作 副業

オリジナルのイラストを制作しそれを売って収益を得る• イラスト制作の仕事を受注して収益を得る まずは、オリジナルのイラストを制作し、それを売って収益を得る方法について解説していきます。 オリジナルのイラストを制作しそれを売って収益を得る方法 イラストを販売する方法は「」でも解説した「オンラインショップを作る」という方法もありますが、他にも イラストを販売しているサービスに自分が作ったイラストを登録するという方法もあります。 前者については以下の記事で詳しく解説しているため、このページでは後者について紹介していきます。 イラストを販売している会社は色々ありますが、中でも参入しやすいのは「」です。 日本語教師の方なら、絵カードを作る際に利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか? 実はこちらのサイトでは自分が書いた絵を登録をしておくことで、絵がダウンロードされるたびに収益が得られるようになっています。 登録審査もやさしいので、基本的にどんなイラストでも登録することが可能で、 1ダウンロードあたり3,56円の報酬が得られます。 これを聞いて低いと感じる人も多いと思いますが、イラストACは基本的に無料でイラストがダウンロードできるサービスなので、ニーズをきちんと捉えて、たくさんアップロードしていけばダウンロードされやすいです。 また、 月間100万人近い人が利用するサービスなので、多くの人の目にとまる可能性も十分にあります。 実際に、2018年のデータですと、月に20万円以上稼ぐ人もいました。 流石にここまで稼ぐのは難しいですが、稼げないことはないということはわかってもらえるのではないでしょうか。 日本語教師の場合、「 授業で使う絵カード」を中心に作っていけば、ライバルも少なく多くの日本語教師の方にダウロードしてもらえることでしょう。 一度作ってしまえば半永久的にダウンロードされ続けるので、副業としては最適です。 また、すでにイラストデータがあるのであればそれをアップロードするだけで済みますのでとても簡単ですよね。 興味がある方は、一度イラストACをチェックしてみてください。 尚、他のイラスト販売サービスも知りたいという人向けに、参考までに以下にリンクを貼っておきます。 これらは基本的に有料でイラストを販売しているので、イラストACよりも報酬は高いですが、その分登録審査が厳しく、購入されにくいというデメリットがあります。 自分ができることやサービス提供価格などを登録フォームに登録しくだけで、あとは自然にお仕事の依頼が来ます。 イラスト制作以外にも「翻訳」や「動画制作」など、なんでも自分ができることをサービスとして販売することができます。 実績が増えていくと、依頼してもらえる数も増える可能性があり、とても利用しやすいサービスです。 ちょっと副業してみたいという人はチェックしてみてください。 実際にイラストをアップロードしている日本語教師はいるの? 調べてみると、イラストACのほうにいらっしゃいました。 「ひれ」さんという「」というブログを運営されている方のようです。 68点のイラストを投稿されていて、2019年7月時点では548回ダウンロードされているようです。 つまり、報酬は1ダウンロードが3,56円なので、約2、000円となります。 思ったよりも少ないと感じた人もいるかもしれませんが、授業のために作ったイラストをアップロードしておくだけでお金になるので、その点は魅力的だと思いますし、もっと絵を増やして行けばもっと収益アップのチャンスがあるでしょう。 最後に このページでは、イラスト制作で収益を得るための方法やおすすのサービスを紹介してきました。 これまでにたくさんの絵カードを作って来られた方や絵を描くのに自信があるという方はチャレンジしてみtはいかがでしょうか。

次の

自分のイラストや絵をネットで売る、販売するサイトと方法!

イラスト制作 副業

イラストで副業ができるの? 「いつか得意な絵を仕事にしてみたい!」と思っている人は意外と多いのではないでしょうか。 筆者の周りでも、イラストや絵を書くことがとても上手で、いつか形にしたいと話している友人がたくさんいます。 しかし、描画スキルを専門的に学ぶには時間がかかるし、今の職業から思い切って離れるのは不安という人がほとんどです。 また、素人からその道を目指して生計を立てて行くのは、とても大変なことです。 そんな方には、副業という選択肢を考えてみることをおすすめします。 イラストは、さまざまなコミュニケーションにおいて需要があります。 よりイメージを湧きやすくしたり、購買意欲を引き出すような役割を果たしています。 使用される場面としては、テレビや広告、絵本や雑誌、Webページやアプリ、細かいところでは社内資料や名刺に使用されるものまで多岐にわたります。 大手企業の広告や書籍に使われるものは、副業でチャレンジするのはかなり難しいですが、その他に関しては、副業イラストレーターにもチャンスはありそうです。 特に、オンラインビジネスやモバイル市場では、写真やイラストなどのイメージは重要な役割を果たしているので、今後も需要は高まっていくと言われています。 最近では、クラウドソーシングや、イラストを出展できるWebサービスがあり、イラストを必要としているクライアントへより簡単にアクセスすることができるようになりました。 副業の場合、営業活動やクライアントとのコミュニケーションに大きな労力を割くことは難しいと思いますが、営業コストが小さければ、たとえ作品が売れなかったとしても、負担は最小限の工数で済みます。 これからチャレンジしてみたいという人には、まずはWebサービスを利用する方法から試してみることをおすすめします。 Webサービスを利用してイラストを副業にする方法 1.イラストデータをオンラインで売る まずは、イラストを出展できるWebサービスを利用する方法をご紹介します。 予め制作しておいたイラストデータをオンライン上にアップロードしておき、そのイラストデータをクライアントが利用することで収入が得られるという仕組みです。 自分のイラストを利用してくれる人が増えれば、まとまった収入につながる可能性もあります。 ・ イラストACは、イラストを利用したい人が無料でイラストをダウンロードできるサイトです。 ユーザーがダウンロードをすると、イラスト制作者に都度3. 56円収入が入るという仕組みになっています。 無料で登録でき、単価は小さいもののイラストが人気になれば大きな収入につながる可能性があります。 登録されているイラストは、さまざまな企業や教育機関に使われており、国内のイラスト素材サイトとしてはアクセス数・出展数共に最大規模です。 自分のイラストをお披露目する場として、気軽に始められるサイトです。 ・ PIXTAは、イラスト・写真・動画・音楽素材の購入サイトです。 ユーザーが素材を購入することで、イラスト制作者に収入が入るという仕組みです。 購入をするという仕組みであるために、イラストACに比べるとハードルが高まります。 2.クラウドソーシングで仕事を受ける クラウドソーシングの場合は、クライアントからの制作依頼に合わせて納品する形で仕事を受けます。 仕事を受けるためには、クライアントとスムーズにコミュニケーションできることが重要です。 自分の作風を表すポートフォリオや、どれくらいの納期で対応できるかなどをサイト上のプロフィールに登録しておきましょう。 ・ ココナラは自分の得意なスキルを登録し、仕事が受けることができるクラウドソーシングサイトです。 例えば、イラスト制作をする場合であれば、 【イラスト制作500円でお受けします!】 などという形でスキルを登録し、クライアントからの依頼を待ちます。 納期やプライスリスト、自分の作品例などをプロフィールページに登録することができ、クライアントにアピールできるようページを充実させることがポイントです。 無料で登録でき、イラストやデザインに関する案件が多いので、おすすめです。 ・ デザイン・イラストに特化したクラウドソーシングサイトです。 漫画やアニメ調のイラスト作品が多く出展されています。 プロフィールページやギャラリーを利用して、あなたの実績や作風、価格帯や納品スピードなどをクライアントに対して提示することができます。 一度クライアントから依頼を受け、あなたの作風を気に入ってもらえれば、指名で継続的に仕事がもらえるチャンスもあります。 ・ さまざまなお仕事を扱っているクラウドソーシングサイトですが、クラウドワークスではイラスト案件の依頼も多く見られます。 3.イラストを利用したグッズを売る データとして売るのではなく、グッズとしてイラストを売る方法として2つのWebサイトをご紹介します。 イラストをグッズとして売る場合は、グッズ制作コストや制作納期を計算する必要があり、データを売るケースと比べると手間がかかります。 ただ、イラストの作風によっては、グッズとして売る方がヒットする可能性もありますので、ぜひ参考にしてみてください。 ・ ハンドメイドグッズのオンラインマーケットとして有名なCreemaですが、イラストを使って制作したポストカードやハンドメイドシール、イラストフレームの出展も多く見られます。 インテリア小物として飾るグッズを売るのであれば、おすすめのサイトです。 ・ Creemaに並ぶハンドメイドグッズの販売・購入サイトです。 イラストをスマートフォンケースに加工したもの、アクセサリーに加工したものなど、様々なグッズが販売されています。 他の出展者のアイディアも参考にしながら、自分のイラストはどのように売るのが良いのか考えてみましょう。 自分のイラストの利用シーンを考えよう さまざまなWebサイトをご紹介しましたが、自分の作風に合ったものは見つかりましたでしょうか? お気づきのように、イラストの作風によって売るターゲットが異なり、イラストを売る場所も異なってきます。 例えば、ハンドメイドに合いそうな素晴らしい絵画調のイラストを描いても、ビジネス利用が多い画像素材サイトやクラウドソーシングでは売れないかもしれません。 前述のWebサイトを試してみる前に、自分のイラストが どのようなシーンで使われるべきかを一度考え直してみましょう。 カラーリングや、ちょっとしたニュアンスだけでも雰囲気は異なり、別の利用方法が開ける可能性もあります。 紙やグッズなど、物理的な媒体に印刷をしてみることで、新たな発見が得られる可能性もあります。 あなたの作風に合う販売サイトが見つかったら、あとは実践するのみです。 どんどん試していきましょう。

次の

イラスト制作の副業はどれくらい稼げるのか?体験談とおすすめサービスも紹介

イラスト制作 副業

イラストレーターや絵師とは 絵を描く人を「イラストレーター」や「絵師」などと言います。 中には同じくくりにしないでほしいと考える人もいるようですが、簡単に分けるとイラストレーターがプロ 本業 で絵師がアマチュア 趣味 といった感じでしょうか。 ただの趣味と言っても、中にはとても技術が高い人もいます。 実際どのくらいのレベルか見たい場合は、有名なイラスト投稿サイト 「pixiv ピクシブ 」などを見てみましょう。 イラストコミュニケーションサービスのピクシブでは、毎日数多くの人が創作活動をしています。 利用には会員登録が必要ですが、これから絵を始めたい人には欠かせないサイトの1つです。 絵が上手いことで生まれる可能性 子供の頃は誰でも一度は絵を描いて遊ぶことがありますが、年齢を重ねるにつれてほとんどの人が絵を描くということはしなくなります。 そのため、幼少期に絵を描いた経験が乏しい人は大人になっても「絵心がない」なんて言われたりもするかもしれません。 逆に絵が好きでずっと描いてきた人は、人体から顔の表情まで非常にリアリティがある絵を描くことができます。 そしてこの 「絵を描く才能」を持っている人の中には、様々な方法でお金を稼ぐ人がいます。 具体的に稼ぐ5つの方法 私がおすすめするイラスト業で稼いでいる人達の「稼ぎ方」を5つご紹介します。 サイト・ブログに掲載 自身が運営するサイトやブログへイラストを掲載する稼ぎ方です。 サイトとブログの違いですが、サイトの場合はいわゆる 「素材サイト」として運営する形になります。 以下で紹介している素材サイトはほとんどがパブリックドメイン化した画像を掲載しているだけのものですが、形としてはこれらのようなサイトが理想的です。 素材サイトとは、訪問した人が誰でも掲載されている画像やイラストをダウンロードして利用することができるサイトのことです。 そのためダウンロードは無料でできるようにしましょう 有料にするのがダメということではありませんが、アマチュアのレベルではハードルが高いので現実的ではありません。 無料でダウンロードにしてしまっては何でお金を稼ぐのかということですが、 広告収入で稼ぎます。 実際に多くの無料素材サイトがこの方法で収入を得ています。 次にブログの場合ですが、こちらも基本的にはサイトと同じく広告で稼ぎます。 少し違う点は、イラスト掲載以外にも絵を練習したい人向けに描き方やコツなど 関連した記事も書くことでアクセスの入り口を広げることができます。 ブログ内で「イラストなんでも描きます」と依頼を呼びかけてみるのもいいでしょう。 クラウドソーシングを使う イラストやデザインの制作は、クラウドソーシングサービスでもよく募集されているジャンルです。 自分のレベルに合った募集にアプローチしてフリーデザイナーとして活躍してみましょう。 クラウドソーシングはランサーズなどが有名です。 同人誌の販売 アニメ系のイラストが得意な人は、同人誌を作成して毎年夏や冬に行われるコミケや文学フリマに出店する方法もあります。 コミケではある程度の画力さえあれば同人誌でそれなりに稼げるので、とにかく一度参加してみるのがいいでしょう。 中にはたった数日で 数百万円売り上げたという人もいます。 同人誌とは少し違いますが、オリジナルの漫画が描ければ 「電子書籍」として出版する方法もあります。 出版するまでの費用も全て無料で行えるのでこちらもおすすめの稼ぎ方です。 SNSの利用 ツイッターなどSNSで定期的に描いたイラストを投稿し続けて自分のファンを作りましょう。 良い作品であればあるほどシェアされる可能性も高くなるので、上手くいけばそれほど時間をかけずに人気になれるかもしれません。 少しずつ見てくれる人が増え始めたら、 「ツイッターのアイコンやヘッダー画像の作成します」といった募集をかけます。 依頼が来る場合はそのままツイッター上でダイレクトメールも使えるので手間がかかりません。 念のため、事前にトラブルを防ぐためにも作成期間や要望に応じた金額設定などはしっかり決めておきましょう。 また、イラストを通して集客ができれば 依頼がなくても稼ぐことは可能です。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。 オリジナルキャラクターの制作 一時期ゆるキャラが爆発的にヒットしたように自分でオリジナルキャラクターを作るという稼ぎ方です。 人気を出すのは簡単なことではありませんが、少しでも固定のファンを獲得できればお小遣い程度稼げている人もいます。 その方はイラストからまずは存在を知ってもらい、そのキャラクターをグッズ化して商品販売で稼いでいるとのことです。 イラストはペンタブで描く人の方が多い イラストや絵といえば筆やペンで紙に描くものだと思いますが、今では多くの人が 「ペンタブ」を使っています。 イラストに限らず有名漫画家でペンタブを使用されている方も増えました。 決して安くない買い物ではありますが、これから始めてみたい方は最初のうちからペンタブに慣れておくことをおすすめします。

次の