オーロング。 【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

オーロンゲ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

オーロング

サンライズオレンジ RPM• マルーンレッド RPM• アズライトブルー P• ダークメタルグレー M• インペリアルアンバー P• ダイヤモンドブラック P• カシミヤグレージュ TPM• ブリリアントシルバー M• ブリリアントホワイトパール 3P• ホワイト•

次の

オールナイトロング

オーロング

概要 [ ] の映画初監督作品。 に起きた「歌舞伎町少女アキレス腱切断殺人事件」を基にした集団リンチやレイプ、SM殺人等々、あまりにも過激な残虐描写で話題を呼んだ。 そのための審査員全員は成人指定を協議し、撮影の自粛まで要求しようとしたものの、松村克弥監督と大揉めしたため、結果的にR指定(15歳未満は鑑賞禁止)になった。 ビデオパッケージの表面には 『あの"映倫"を震撼させ、R指定を受けたニューバイオレンスムービー!! 』、裏面には松村克弥監督のメッセージ(後述)が書かれていた。 日本では4作目と5作目は既にDVD化されているものの1 - 3作目は2008年現在、ビデオソフトのみでDVD化されていない。 本作にあたってのメッセージ [ ] 以下、監督側のコメントを要約したもの。 今このビデオを手にした… おい、そこのキミ・・・つまらないよね・・・ホントつまらない・・・人は コロせないしね。 オンナの 子を串刺しにできないし、シュショウは射殺できないし アイドルの 生き血をススって食べられないし でも キミ、セイシュンは思った事を結果を恐れず実行することだって言うだろう。 さぁ、思い切ってやろうよ。 両親もその赤ちゃんも〇〇しちゃってさ。 ついでにペットの子犬も 首を ヒネってあげよう。 できれば一人娘の オイシイ子だけ残しといてさ・・・・すかっとするだろうな モチロン最後はその子も XXXX!!(ちゃんと後片付けのため火をつけるのも忘レズニ・・・ あー、震えて来るよ、なぁ キミ・・・・こんど極上の天国で会いましょう・・・・・ — 監督直筆、VHS裏面より ストーリー [ ] 飛行機整備士を目指す斎藤慎治(17歳)、予備校通いの優等生田中徹也(18歳)、金持ちの息子の鈴木健介(19歳)の少年三人は精神異常者による女子高生メッタ刺し通り魔事件現場に居合わせたことで知り合う。 ある日健介は彼女連れのパーティーを計画するものの、健介と徹也はいつまでたっても彼女が出来ずにイライラがつのり、慎治は彼女を作り幸せな青春を手に入れかけるも、二人を狙った五人の不良少年達に襲撃されて傷を負い、彼女は無残にも集団レイプの上にアキレス腱を切断され取り返しのつかない重傷を負わされてしまう。 少年三人の怒りが煮え立つ状況下、健介が猟銃を持ち出したことから彼らは不良少年達への復讐 を計画。 アジトに殴り込んだ三人は猟銃で不良達を脅し、徹底的に叩きのめすが、徹也が誤って不良の一人を射殺した瞬間、三人の狂気は爆発し、復讐は見境なき殺し合いへと発展する。 キャスト [ ] 鈴木健介 演 - 19歳。 無職だが裕福な家の息子で、外車を運転したり自宅で悠々自適に暮らしている。 家が金持ちであることを鼻にかけ体裁を気にし、見栄っ張りでカッコつけな性格。 女性には人気がないらしく作中のパーティーに知り合いの女性を誘うがことごとく断られている。 斎藤慎治 演 - 17歳。 工業高校2年生。 飛行機整備士を目指している。 明るいが軽薄な性格。 趣味は、バイクに乗ることとおもちゃのプロペラ機を飛ばすこと。 同い年ぐらいの葉子と知り合って好意を持ち始め、出会って数日間で急接近する。 田中徹也 演 - 18歳。 高校3年生。 成績優秀で予備校の選抜特Aクラスに所属。 おとなしく気弱な性格で女性に興味はあるものの上手く気持ちを伝えられないタイプ。 普段は声が小さいが、恐がりなため大声で泣きわめくことがある。 健介たちのパーティーに誘われる女性たち [ ] 良子(よしこ) 演 - 20代半ばぐらいの女性。 健介と知り合い親しくなる。 年下の健介には異性として挑発的、高圧的な態度を見せる。 葉子 演 - 高校生ぐらいの少女。 自転車のチェーンが切れて困っていた所、慎治に手助けしてもらったことで親しくなる。 屈託のない笑顔と親しみやすい性格だが周りの人に気持ちを合わせるのが苦手で、本人によると友達が一人もいないとのこと。 江理 演 - 徹也と同じ予備校に通う。 徹也がたまたま予備校で見かけて好意を寄せる相手。 予備校では私立文系Aクラスに所属。 親しくなった玉利からの紹介で徹也と知り合う。 その他の人たち [ ] 玉利 演 - 徹也と同じ予備校に通う若者。 決してイケメンではないが、女性と親しくなる方法を知っており 詳細は不明 、複数の女性にモテている。 ただし偏屈で不誠実な性格で、女性に対して独自の考え方を持って接している。 通り魔 演 - スーツを着た男。 踏み切り待ちで偶然そばにいた少女に道を尋ねるフリをしてナイフで襲う。 踏み切りの少女 演 - 冒頭の踏み切り待ちをしていた時に、健介たちの目の前で通り魔に襲われる。 不良リーダー 演 - 自身と同じく20歳前後の5人の仲間を仕切る。 仲間とアジトで高校生ぐらいの少年に暴力を振るって恐喝をするなど悪事をはたらく。 廃屋の少女 演 - 不良たちのアジトである廃屋にいる。 不良の仲間らしいが作中では5人とは別の部屋で1人で過ごしている。 航空会社人事担当官 演 - 慎治の面接を担当。 部下と共に自社では、航空整備士の教育に力を注いでいることを慎治に伝える。 工業高校教師 演 - 慎治が通う高校の教師。 翌日志望する企業面接に臨む慎治に助言する。 馴れ馴れしくタメ口で話してくる慎治にも敬語で話す。 スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 監督・脚本:• プロデューサー:桝井省志、小林紘• 音楽:(P-MODEL)、• 音楽プロデューサー:中村通宏• 撮影:村川聡• 照明:伊藤寛• 美術:小林正己• 録音:中村裕司• 整音:間谷行雄• 編集:• 助監督:桧垣雄二• 製作担当:古沢敏文• 音響効果:• スペシャルメイク:• テクニカルアドバイザー:(神尾悦郎、宮田義三)• MA:• 現像:• 製作協力:• 製作: 続編 [ ] 配給会社・大映の尽力により中野武蔵野ホール(2004年閉館)で上映された本作で、松村克弥は初監督ながら第14回で新人監督賞を受賞し、以降シリーズ化されるまでになった。 特に、『』と『』は映倫が本作よりも過激な残酷描写に審査を拒否したためR指定(自主規制版)および成人指定(ノーカット版)(正確には一部が修正された)の作品となっている。 (1995)• (1996)• (2001)• (2003)• (2009) 脚注 [ ] [].

次の

buildandquote.challenger-ag.com : オーエ フロウ ラバー風呂すのこ ロング 60×100cm ブルー 防カビ加工 滑りにくい : ホーム&キッチン

オーロング

和名:オールアロング 英名:All Along 1979年生 牝 鹿毛 父:ターゴワイス 母:アグジッタ 母父:ヴューマノワール 凱旋門賞・ロスマンズ国際S・ターフクラシックS・ワシントンDC国際Sと4連勝して芝専門馬として史上初めてエクリプス賞年度代表馬に選ばれた世界的名牝 競走成績:2~5歳時に仏英日加米で走り通算成績21戦9勝2着4回3着2回 誕生からデビュー前まで 仏国の画商で馬主でもあったダニエル・ウィルデンシュタイン氏によって生産・所有された仏国産馬で、仏国パトリック・ビアンコーヌ調教師に預けられた。 競走生活(2・3歳時) 2歳11月にアミアン競馬場で行われたドルノイ賞(T1700m)でデビューして、ターベリシマと1着同着ながら初戦で勝ち上がった。 2歳時はこの1戦のみで終え、3歳時は2月にサンクルー競馬場で行われたミルスカ賞(T2000m)から始動した。 結果は2着ザラテアに4馬身差をつける圧勝だった。 ここでは本領を発揮し、2着アキーダに1馬身半差、3着となった伊グランクリテリウム・マルレ賞などの勝ち馬グリースにはさらに頭差をつけて優勝した。 5倍の1番人気に支持されていたが、2番人気以下は混戦模様で、ニエル賞を勝ってきたクリテリウムドサンクルー勝ち馬ボンサン、アスコット金杯2回・ロワイヤルオーク賞・ガリニュールS・ヨークシャーC2回・グッドウッドC・ジェフリーフリアS2回などグループ競走13勝の欧州調教馬最多タイ記録を保持していた名長距離馬、ハーバー、仏ダービー・ガネー賞の勝ち馬で前年の凱旋門賞2着のビカラ、アキーダ、前年のヴェルメイユ賞・ターフクラシックSの勝ち馬で凱旋門賞3着の、ヨークシャーオークスを勝ってきたアワーシフ、ドーヴィル大賞を勝ってきた、ノーアテンションなどがひしめき合っていた。 本馬は8番人気で、前走で負かしたアキーダ(6番人気)より人気薄だった。 結果はアキーダが勝ち、本馬はアキーダから21馬身差の15着と惨敗した。 その後は招待を受けたために来日して第2回ジャパンC(T2400m)に出走した。 他にも、前年のジャパンCで2着していた加国調教馬フロストキング、新ダービー・ローズヒルギニーを勝っていたオセアニア代表のアイルオブマン、セクレタリアトS・ニッカーボッカーHの勝ち馬、翌年のジャパンCを制するなどの海外馬が出走していた。 対する日本馬は、天皇賞秋で2着してきた朝日チャレンジC勝ち馬ヒカリデユール、マイラーズC・高松宮杯・函館記念の勝ち馬カズシゲ、宝塚記念の勝ち馬カツアール、安田記念・七夕賞・牝馬東京タイムズ杯と重賞3連勝中の牝馬スイートネイティブ、東京四歳S・弥生賞・オールカマーの勝ち馬トドロキヒホウが出走していたが、8大競走勝ち馬は1頭もおらず、前年のジャパンCで日本馬勢が完膚無きまでに叩きのめされた事実も相まって、今年も海外馬による決着と目されていた。 実績では断然だったジョンヘンリーが貫禄の1番人気に支持され、エイプリルランが2番人気、本馬は3番人気となった。 レースはカズシゲがマイペースで先頭を走るゆったりした流れとなり、三角でジョンヘンリーが上がっていくと他馬も仕掛けて、典型的な上がりの競馬となった。 直線に入ってしばらくしてジョンヘンリーが脱落し、スタネーラが先頭に立ったが、本馬が内側からこれをかわして先頭に立った。 そこへ外側からハーフアイストとエイプリルランがやって来て、ゴール前ではこの3頭による接戦となったが、ハーフアイストが勝利を収め、本馬が首差2着、エイプリルランがさらに首差3着だった。 3歳時はこれが最後の出走で、この年の成績は9戦4勝だった。 ビアンコーヌ師は、このレースで本馬に初めて騎乗したフレデリック・ヘッド騎手に対して、序盤は抑え気味に進めて末脚勝負をするように指示した。 これは先行策が主体だった今までの本馬のレースぶりとは異なっており、作戦転換を図るものだった。 タイムチャーターが牝馬ながら堂々の1番人気に支持され、サンプリンセスが2番人気。 以下、ダイヤモンドショール、スタネーラ、シャラヤ、アワーシフ、ザラテア、ルースエンシャンティと続き、主戦となるウォルター・スウィンバーン騎手と初コンビを組んだ本馬は、同馬主同厩馬サガスとのカップリングでようやく単勝オッズ18. 3倍の9番人気だった。 レースは出走馬26頭のほとんどが団子状態になって進んだが、本馬は前走同様に抑え気味に進んだ。 そのために直線に入るまで実況は本馬の名前を呼ぶ事は無かった。 直線ではサンプリンセスが先頭に立って逃げ込みを図り、それをタイムチャーターが追いかけていたが、最内からするすると上がってきた本馬が残り30mでサンプリンセスを差し切り、最後は1馬身差をつけて優勝した。 凱旋門賞を牝馬が勝ったのはこれが5年連続(14回目)だった。 ちなみにこの年の凱旋門賞は3着ルースエンシャンティ、4着タイムチャーターも牝馬であり、上位4頭を牝馬が占めるという牝馬のための凱旋門賞だった。 競走生活(4歳後期) 本馬は凱旋門賞勝利の9日後に大西洋を渡り、北米大陸に遠征した。 マンノウォーS・ソードダンサーHなどを勝ってきた前年の同競走勝ち馬マジェスティーズプリンス、ラトガーズH・レッドスミスHの勝ち馬で前年の同競走2着馬サンダーパドルズ、凱旋門賞で22着に終わっていたウェルシュタームなどを抑えて1番人気に支持されると、後方からひとまくりで2着サンダーパドルズに2馬身差で快勝した。 凱旋門賞から僅か41日の間に、史上初めてロスマンズ国際S・ターフクラシックS・ワシントンDC国際Sという当時北米で最も権威があった芝競走を3連勝した馬となり、ワシントンDC国際Sの優勝賞金15万ドルに加えて100万ドルのボーナスを手にした。 4歳時の成績は7戦4勝で、この年の仏年度代表馬・最優秀古馬牝馬に加えて、エクリプス賞年度代表馬・最優秀芝牝馬を受賞した。 1971年のエクリプス賞創設以来、牝馬が年度代表馬に選出されたのは初めて(エクリプス賞創設以前も含めれば1965年のモカシン以来18年ぶり史上7頭目)であり、選出年に1度もダート競走を走らなかった馬が選出されたのも初めてだった(エクリプス賞創設以前も含めて初めて。 芝を主戦場としながら年度代表馬に選ばれた馬は過去に、ジョンヘンリーの2頭がいたが、いずれも選出年にダート競走にも出走している)。 ここには、前年のワシントンDC国際S3着後にソードダンサーH・マンノウォーSを勝っていたマジェスティーズプリンス、マンハッタンH・ラトガーズH・タイダルH・バーナードバルークHなどを勝っていたウインなどに加えて、かつてジャパンCで対戦したジョンヘンリーの姿もあった。 ジョンヘンリーはジャパンCで13着と惨敗した後に一時期不振に陥っていたが、9歳になったこの年になって復活し、ハリウッド招待H・サンセットH・バドワイザーミリオンなどを勝っていた。 主な対戦相手は、仏オークス・ヴェルメイユ賞の勝ち馬、愛2000ギニー・エクリプスS・愛チャンピオンS・ベレスフォードS・デリンズタウンスタッドダービートライアルSの勝ち馬、前年の凱旋門賞11着後にコンセイユドパリ賞・フォワ賞を勝ちガネー賞で2着していたサガス、この年もコロネーションCを勝ちエクリプスS2着と活躍していた前年の4着馬タイムチャーター、この年のコロネーションCで2着していた前年の2着馬サンプリンセス、豪州でローズヒルギニー・AJCダービー・クイーンズランドダービー・コックスプレートなどを勝った後に海外に飛び出して前走バーデン大賞を勝っていた、愛オークス勝ち馬で愛チャンピオンS3着のプリンセスパティ、グレートヴォルティジュールSの勝ち馬でデューハーストS・愛ダービー2着の、ノアイユ賞・ユジェーヌアダム賞・ニエル賞の勝ち馬カリエロール、前年の凱旋門賞7着後にアルクール賞・プランスドランジュ賞を勝っていたラヴリーダンサー、オイロパ賞・ミラノ大賞の勝ち馬エスプリデュノール、ベルリン大賞2連覇のアバリなどだった。 ノーザントリックが単勝オッズ3. 2倍の1番人気、サガスが単勝オッズ4. 5倍の2番人気、カリエロールが単勝オッズ10倍の3番人気、本馬とサドラーズウェルズが並んで単勝オッズ13倍の4番人気となった。 ここでも得意の後方待機策を採った本馬だったが、生憎の重馬場で切れ味を殺されてしまい、勝ったサガスから8馬身差、2着ノーザントリックからも6馬身差の3着と、今ひとつの結果だった。 なお、この年のワシントンDC国際Sはロスマンズ国際Sの前日に施行されていたために本馬は出走しなかった。 高額の追加登録料を嫌ったジョンヘンリー陣営が脚部不安を理由として回避したため、主な対戦相手は、マジェスティーズプリンス、凱旋門賞5着後にワシントンDC国際Sで3着していたストロベリーロード、一昨年のケンタッキーダービーを勝った後は迷走が続き、芝路線に活路を見出してサンルイレイS・オークツリー招待Hで2着していたガトデルソル、 仏グランクリテリウム・グロット賞・プシシェ賞の勝ち馬でヴェルメイユ賞3着のトレジエム、アーリントンH・ケルソHの勝ち馬フーズフォーディナー、ウィリアムヒルフューチュリティSの勝ち馬で英セントレジャー3着のアルファベイティム、ディキシーH・セネカH・ゴールデンハーヴェストHの勝ち馬パーシャンティアラ、コンセイユドパリ賞を勝ってきたラシュカリなどだった。 マジェスティーズプリンスが単勝オッズ2. 5倍の1番人気、本馬が単勝オッズ4. 2倍の2番人気、ストロベリーロードが単勝オッズ6. 2倍の3番人気となった。 スタートが切られるとストロベリーロードが逃げを打ち、本馬はそれを見るように先行集団の中を追走。 三角で仕掛けるとストロベリーロードを捕らえて先頭で直線を向き、粘り込みを図ったが、外から追い上げてきた単勝オッズ54. 4倍の最低人気馬ラシュカリに差されて首差2着に惜敗した。 このレースを最後に、5歳時4戦未勝利の成績で競走馬を引退したが、獲得賞金総額は301万8420ドルに達し、当時の世界賞金女王になっている。 血統 ターゴワイス Round Table Princequillo Prince Rose Rose Prince Indolence Cosquilla Papyrus Quick Thought Knight's Daughter Sir Cosmo The Boss Ayn Hali Feola Friar Marcus Aloe Matriarch Bold Ruler Nasrullah Nearco Mumtaz Begum Miss Disco Discovery Outdone Lyceum Bull Lea Bull Dog Rose Leaves Colosseum Ariel Arena Agujita Vieux Manoir Brantome Blandford Swynford Blanche Vitamine Clarissimus Viridiflora Vieille Maison Finglas Bruleur Fair Simone Vieille Canaille Zionist Ficelle Argosy Coastal Traffic SWE Hyperion Gainsborough Selene Rose of England Teddy Perce-Neige Prosodie Prince Rose Rose Prince Indolence Protein Manna Brulette 父ターゴワイスは産駒で、現役成績は8戦5勝。 その後は3戦1勝止まりで、3歳限りで競走馬を引退している。 種牡馬としては当初仏国で供用されて1980年の仏2歳首位種牡馬になったが、本馬の活躍を待たずに1981年からは日本で種牡馬生活を開始した。 日本でも1989年の全日本三歳首位種牡馬になり、天皇賞秋を制したレッツゴーターキンを出すなどそれなりの成績を残したが、本馬ほどの大物産駒を他に出すことは出来ずに1992年に他界した。 母アグジッタは現役成績11戦2勝、ロワイヨモン賞の勝ち馬。 種牡馬としても仏ダービー馬ヴァルドロワールを出すなど活躍し、1958年の仏首位種牡馬となった。 競走馬引退後 競走馬を引退した本馬は米国ケンタッキー州スリーチムニーズファームで繁殖入りした。 繁殖牝馬としては、、、、、、、、、、アティキャスといった種牡馬達との間に合計13頭の子を産んでいる。 1990年に米国競馬の殿堂入りを果たした。 米ブラッドホース誌が企画した20世紀米国名馬100選で第68位。 2003年に繁殖生活も引退し、その後はスリーチムニーズファームで余生を送った。 2005年2月に老衰のため26歳で安楽死の措置が執られ、遺体はスリーチムニーズファームに埋葬された。 牝系子孫は現在も残っており、日本で繁殖入りした馬もいるが、これといった馬は登場していない。

次の