宇髄天元画像。 宇髄天元 の属性、似てるキャラ、みんなの書き込み&画像

鬼滅の刃 きめつのやいば コスプレ 宇髄天元 うずいてんげん

宇髄天元画像

音の呼吸・肆ノ型「響斬無間」 引用元:鬼滅の刃11巻 第90話 音の呼吸・肆ノ型「響斬無間」は第90話で使用。 ノーモーションで繰り出してきた上弦の陸の広範囲な技に対抗すべく、宇髄天元が咄嗟に繰り出します。 目の前の攻撃を斬りまくり、合わせて大爆発を起こすこの技はまさにド派手に尽きる一言。 「鳴弦奏々」との違いは、こちらの技は敵に突っ込んでいくのではなく、あくまでその立ち位置から静止した状態で発動します。 敵から広範囲な攻撃を仕掛けられたときに、捌いたりするのが向いてるのでしょうか。 音の呼吸・伍ノ型「鳴弦奏々」 引用元:鬼滅の刃11巻 第89話 音の呼吸・伍ノ型「鳴弦奏々」は第89話の上弦の陸との戦いで使用。 宇髄天元が二本の刀を回転させつつ相手に猛攻します。 刀が触れたところからは爆発が起こり、その様は上弦の陸が「騒がしい技」と形容するほど。 派手好きな宇髄天元らしい技です。 特殊な火薬玉 引用元:鬼滅の刃10巻 第87話 忍び時代から使っていたのか上弦の陸に傷をつけるほどの威力を誇る特殊な火薬玉。 斬撃の僅かな摩擦で爆発します。 戦闘計算式「譜面」 引用元:鬼滅の刃11巻 第93話 絶対音感を持つ宇髄天元が相手の攻撃を音に変換して分析する独自の戦闘計算式。 音の隙間を攻撃すれば敵に打撃を与えられるめちゃすごい能力だが分析に時間がかかるのが難点なのと、肝心の本人の攻撃能力が落ちていたら攻撃できないので、その場合は第三者の助けがいる。 宇髄天元が使える全技まとめ 今回こちらでご紹介した宇髄天元が使える全技まとめです!• 音の呼吸・壱ノ型「轟」• 音の呼吸・肆ノ型「響斬無間」• 音の呼吸・伍ノ型「鳴弦奏々」• 特殊な火薬玉• 戦闘計算式「譜面」 宇髄天元の技の特徴は『派手』です。 とりあえず派手に敵を倒したい本人の趣向がより投影された技になっています。 宇髄天元について、もっともっと記事が読みたいという方はこちらの記事も読んでみてくださいね! 鬼滅の刃のアニメが30日間無料で見れる! 鬼滅の刃のアニメが30日間無料で見れる方法をあなたは知ってますか? それは Amazonプライム会員になることです。 今、Amazonプライム会員に申し込むと30日間の無料体験で鬼滅の刃のアニメが見れます。 無料体験期間を超えると月額500円の料金が発生するのでご注意ください。 詳しくはこちらからAmazonプライムを見てみましょう。 鬼滅の刃の単行本全巻が実質無料で買える方法! 鬼滅の刃の単行本全19巻(2020年4月時点)が実質無料で買える方法をあなたは知ってますか? それは ポイントサイトを利用することです。 今、ポイントサイトでは無料で10,000円程度のポイントがもらえるキャンペーンを随時やっています。 詳しいやり方については、こちらの記事で紹介していますので是非チェックしてください。

次の

宇髄天元 (うずいてんげん)とは【ピクシブ百科事典】

宇髄天元画像

「音柱」の二つ名を持つの剣士。 身長はには珍しい六尺(約180センチメートル)以上という長身で筋骨隆々という、恵まれた体躯を持った伊達男。 輝石をあしらったを着け、ファッション風の化粧をした派手好きな性格で、「 派手に」が口癖。 更に自らを 「派手を司る神」(=祭りの神)と豪語する。 また、彼の語彙においては 「地味」は罵倒の範疇に入る(本編中でも敵に対して「地味に死ね!」と罵っている)。 その徹底した派手好きぶりから、 一部の読者からは「派手柱」とも呼ばれる。 しかしその実、部下の命を無下に扱うような行いをするようなことは絶対になく、任務の中で善逸からの連絡が途絶えた際には直ちに私情を優先して下級隊士である炭治郎たち三人を巻き込んだ事を謝罪し、炭治郎と伊之助に 生き延びる為に逃げる様に命令している。 "上弦の陸"との戦いにおいて、炭治郎達の働きがその勝利に貢献した事との力で体内に打ち込まれた毒を除去してもらったおかげで一命を取り留める事ができた事から、以降は二人を自分のということにして彼らを擁護し、その後炭治郎と再会した時には大いに喜んでいた。 なお、素顔(化粧を落として装飾を取る)は非常に整っており、色町の女将が思わず顔を赤らめる程のである(ただし本人曰く 「地味なので不本意」)。 その姿は平時の宇髄からは想像もつかない程であり、つまるところ忍者の 隠行の術の効果を発揮している(通常の忍は潜伏時に『口に綿を含んで顔の輪郭を変える』『付けホクロ』『眉を剃って描く』などによって顔の印象を変えることで隠行を成す)。 だが、わざとやったのか 炭治郎たちを女装させて遊郭に潜入させる際に施した白粉はかなり下手くそで、仲居さん達から「不細工に見える」と酷評された。 (これに関しては 「素材が良すぎて普通にやると任務に支障が出るレベルの美人になりかねないと思い、意図的にやったのでは?」とも言われている) (素顔が)美形な妻を三人娶っており、階級も高い事から善逸は全力で嫉妬している。 ちなみに妻が三人いるのは、別に女好きというわけではなく、忍の里では一夫多妻が風習で、十五になると、里長から三人の妻を相性を考えて宛がわれるからという理由がある(ファンブックより)。 能力 才能という面で見ると、実は他の柱ほど恵まれているわけではない。 そのことは後述する通りに宇髄自身が深く自覚しており、実際、""を相手に一人の死者も出さず""を相手にしてあと一歩で頚を斬れていたに比べて、"上弦の陸"を相手に一人では押されていたことから、単身の実力で言えば他の柱には劣ると思われる。 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 反面元・忍として屈強な体躯に裏打ちされた身軽さや素早さにおいては、炭治郎ら下級隊士では太刀打ちできない程である。 更には歩くたびに揺れて音を立てる装飾を全身に身に着けているにもかかわらず、同じく炭治郎たちは声をかけられるまで接近に気づく事すらできなかった。 指揮能力 忍者の 頭領として訓練を受けた経験も相まって前線においては 極めて優秀な戦術指揮官としての能力を有している。 この指揮官としての能力を駆使して三人のくノ一を通常サポート要員としつつ、若輩の剣士であっても実力が相応であれば、彼らを巧みに促し実力以上の戦闘力を引き出しながら小隊~中隊を即時編成してとも互角以上に渡り合う。 元・忍者として様々な特殊技能を有しており、世事にも明るい。 鬼との戦闘においては薬物知識から調合した毒薬や爆薬を用いる。 また、長年の訓練によって自身の薬物耐性も通常の隊士より遥かに優れる。 なお毒薬の効果についてはあくまでも対人用の知識をベースとしているため、鬼殺専門で研究を行っている程ではないようである。 聴覚 音の反響を聞いただけで上階の構造、人間や物体の立体配置を正確に把握できる程に 聴覚が優れているため、戦闘のみならず諜報活動にも優れる。 その他、持ち。 譜面 聴覚と指揮官能力を統合した戦闘計算式。 鬼の行動動作の律動を読み、音に変換する事で攻撃・防御の癖を正確に把握し、唄に相の手を入れるが如く、自小隊(中隊)の反撃を織り込む。 隊の攻防両面を底上げできるため、格上の鬼が相手であっても勝機を見出せるが、律動の把握に時間がかかるのが難点。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 宇髄は恵まれた体躯・太い二の腕に合わせた袖なしの特別な形状の隊服を着用している。 かすがいがらす。 人語を解し、話すカラス。 各鬼殺隊士にあてがわれており、どこからともなく現れ、隊士に任務地やその地で起きている怪異を伝える。 宇髄のカラスは 超オシャレ。 カラス界のファッションリーダー。 とにかく派手。 9巻で三人の妻共々設定が公開されている。 担当教科は美術。 生徒に付けられたあだ名は 「輩先生」。 「芸術は爆発だ」と叫び、 ダイナマイトで美術室を破壊した。 歌舞伎町の抗争の際に現場で目撃された、高校時代は番長をしていて、めちゃくちゃ喧嘩が強いらしいなどの噂が流れている模様。 三人の妻達はそれぞれ売店(須磨)と食堂(雛鶴&まきを)に勤務しており、 「売店と食堂に降臨する魅惑のくのいち」というあだ名を男子生徒から付けられている。 本編と同様にモテモテなようで、公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では、バレンタインのチョコ獲得数は 57個だと表記されている。 モテるための秘訣を訊きに来た善逸に対して、 「幼稚園から小・中・高までは足が速けりゃいい」「大学からは金さえ持ってりゃ女が群がってくる」とある意味一番現実的なアドバイスを返していた(しかし炭治郎からは 「そんな方法じゃ真実の愛は見つからないと思います」と言い返されている)。 学生バンド「」の担当。 唯一の教師メンバーである。 余談 上述したようにとても身長が高いためか、柱のアクリルスタンドで悲鳴嶼と宇髄以外の価格は一律 800円であるのに対し、宇髄のアクリルスタンドの価格は 900円となっている(悲鳴嶼は1000円)。 また197話にて失ったはずの左腕が描かれ「鬼化説」や「新上弦の伍が入れ替わった」などと騒がれたが、普通に 作画ミスであることが後に判明した。 関連イラスト.

次の

宇髄天元 の属性、似てるキャラ、みんなの書き込み&画像

宇髄天元画像

忍の家系で育ち派手を信条とする、 鬼殺隊の元音柱です。 天元と善逸の2人が作中で一緒になったシーンと言えば、鬼が棲む遊郭へ潜入するときのこと。 先に天元の奥さんが遊郭に潜入し鬼の様子を調査していましたが、ある日定期連絡が途絶えたので炭治郎、善逸、伊之助が女装して忍びこむことになりました。 そこで天元には3人も嫁がいることを知り、いつものように発狂する善逸。 そんな感じで、作中では仲が悪い2人でした。 そして上弦の陸との戦いのときは善逸は寝ながら伊之助と参戦し、天元と一緒に戦うことはありませんでした。 ビッグマウスな一面がある天元が、その場の勢いで言っちゃったセリフだと思われますが、きっと炭治郎も善逸、伊之助も心に沁みたでしょうね。 その後、本当に3人が天元の継子になった描写はありませんでしたが、本人の気持ち的には認定しているということですね。 善逸は耳が良く、自分が寝ているときに周りの人の会話を覚えていて気味悪がられたりするほどで、炭治郎と初めて合流したときも 「炭治郎からは泣きたくなるほど やさしい音が する。 」と表現していました。 いつも音を聴いているんですね。 一方、天元は鬼と戦うときに 相手の攻撃動作の律動を読んで音に変換するという独自の戦術を持っています。 もともとの才覚に加えて、柱から指導を受けているため、他の隊士と一線を画す破格の実力があります。 基本的に継子だけが柱から稽古をつけてもらえるため、継子は特別な存在であることが分かりますね! ちなみに呼吸の型が違っても、柱に認められれば継子になることは可能です。 例えば蟲柱の胡蝶しのぶは蟲の呼吸の使い手ですが、継子の栗花落カナヲは花の呼吸の使い手ですよね。 また、元炎柱の煉獄杏寿郎は炎の呼吸で、継子の恋柱の甘露寺蜜璃は恋の呼吸。 といった感じで、それぞれその呼吸から派生はしているものの、継子が別の呼吸を使うパターンはあります。 そう考えると 音の呼吸は雷の呼吸から派生しているので、もしかしたら今後、善逸が天元の継子になることも考えられるかもしれません。 Sponsored Links 音柱を引退した宇髄天元の現在は? 遊郭で上弦の陸との戦いで重症を負った天元は、現在は音柱を引退しました。 遊郭の戦いで天元が過去を回想するシーンがあるのですが、実は以前から天元の嫁の一人である雛鶴が、 「上弦の鬼を倒したら一戦から退いて普通の人間として生きていこう。 」と、夫婦4人 天元には3人のお嫁さんがいます で話合った過去がありました。 なので勝手な想像ではありますが、戦いが終わったあとに駆け付けた伊黒さんに 「俺は柱引退する。 」と即答したのは、そんな奥さんとの話し合いがあったからではないかなと思いました。 天元は現在は音柱を引退しましたが、鬼殺隊には所属しており、元音柱として隊士たちに稽古をつけています。 刀鍛冶の里での戦いのあとには、鬼殺隊員全体のレベルアップを目的とした柱稽古が行われ、天元のパートでは基礎体力向上のしごきが行われていました。 そんなことから宇髄天元の現在は、鬼殺隊員の指導をしつつ、3人の奥さんと落ち着いて暮らしているのかなと思います。

次の