掛川 ハンバーガー。 デートや子連れ家族も!掛川のマックスダイナー(アメリカンハンバーガー)が人気!

昔のハリウッド映画に出てきそう 掛川に「オールドアメリカン」なハンバーガー店: J

掛川 ハンバーガー

Kakegawa U. Village 2019年12月21日OPEN!• ハンバーガー、アメリカ製オートバイ、自動車、アメリカ雑貨といった旧き良きアメリカ文化をテーマにした複合イベント施設です。 ハンバーガーメニューが中心の1960年代をコンセプトにしたアメリカンダイナーです。 ダイナーとは日本でいうところの軽食屋です。 HARLEY DAVIDSONのヴィンテージモデルをメインに中古オートバイと自動車販売、修理、カスタムなどを行っています。 看板、ガレージ什器などを中心に、大物から小物まであらゆるアメリカンなヴィンテージアイテムを取り揃えております。 ことKakegawa U. Village(掛川USAヴィレッジ)は、ハンバーガー、アメリカ製オートバイ、自動車、アメリカ雑貨といった旧き良きアメリカ文化をテーマにした複合施設です。 本格ハンバーガーが食べられる[MAX'S DINER]をはじめ、USAビレッジ内は徹底してアメリカに拘っております。 パスポートなしで行けるアメリカ、それは大げさかもしれませんが、ハンバーガーを頬張りながら非日常的な空間を堪能していただければと思います。 駐車場を50台以上保有しており、なるべく多くのお客様を受け入れられる体制を整えておりますので、ドライブ、ツーリングの目的地として、待ち合わせ場所としてお使い頂ければ幸いです。 また、通常営業以外にも、イベント開催等も計画しています。 詳しくは、ホームページ、インスタグラムなどで発信していきますので、是非チェックしてみてください。

次の

昔のハリウッド映画に出てきそう 掛川に「オールドアメリカン」なハンバーガー店: J

掛川 ハンバーガー

レタス+パティ+トマト+アボカドに、マスタード&コブソースのバーガーです。 ハンバーガーとフライドポテトとスープとドリンクですね。 プレートメニューはテイクアウトに含まれていませんでした。 好み丸出しで。 というわけで、総合評価としては、 残念ながら、私の好みではなかったです(すみません。。。 後日、別の味を頼んだら好きかもしれないし、味の好みも変わるかもしれません。 その個性を、良しととるか(良いところ)、あんまりだなととるか(好みじゃないところ)、 それは自由な訳ですよ。 そしてもう一つ。 あ!なるほど。 こういうのもありだよね、と新たな発見をもたらしてくれることって、 ありますよね。 そういう意味の新鮮さです。 あっさりっていうと言い過ぎかもしれないんですけど、 私が今まで食べたことあるアメリカンバーガーの中ではあっさりめに感じました。 そもそも、サイズも大きすぎないですしね。 なので、ジューシーとかパティがでかい方がいいという方には、 もしかしたら物足りないかもしれません。 でも、 ハンバーガーって美味しいけど、ちょっと重いんだよね・・・という方には、(にも、) 食べやすいかと思います。 って言っても、一個注意点があって。 それは、我ら二人して、頼んだのがカリフォルニアバーガー。 ソースもマスタードとコブソース。 BBQやデミグラス、テリヤキを選んだら、重め好きさんも満足する可能性があります。 ちょうどあっさりめが気分でセレクトしちゃったんで。。。 つまり、気になったのはバンズだけなんですよね。 表面感は良いのですが、中がもう少しやわらかめだと、もっと私好みになるのかも。 決して、努力を否定したいわけではありません。 努力してる人は基本的に応援しています。 でも、自分の感想を偽るのも好きではないので。 (でも並ぶ人は出なくて、良い感じのペースで回転していました。 ) そして意外だったのが、 デートとか友達同士の大人だけで食べに来てるのは よく見かけるのですが、 こちらのお店では、小学生くらい・幼稚園くらい・赤ちゃんの、 子連れ家族のお客さんが、全部で4グループもいたんです! ほぼ半分って思うと、 なかなか珍しいアメリカンバーガー屋さんなんじゃないかなと思います。 結構、今後も子供連れのお客さんが多いなら、 トイレも広かったから、 オムツ交換台を設置したり、 トイレの手洗いのところに台を置いてもいいんじゃないかなー?と感じました。 (実際に、子供が蛇口に届かなくて、見ず知らずの子供の手を洗うのをヘルプしました。 別にヘルプすること自体はいいんだけど、お店として準備があると尚良いかなと感じました。 ) ちなみに、さっきの写真の左側に写ってる、背中あたりの高さの 部分的にしかない扉は、トイレへの扉です。 入って正面が手洗い場で、 右手が男性用、左手が女性用で、 新しい店舗なのでそれぞれ分かれているところは嬉しかったです。

次の

デートや子連れ家族も!掛川のマックスダイナー(アメリカンハンバーガー)が人気!

掛川 ハンバーガー

店内ではマリリンとエルヴィスが「共演」 噂のハンバーガー店があるのは、掛川市内を通る国道から横に入った道路沿い。 工場などが立ち並ぶ、いかにも「日本の郊外」といった風景の中で、明らかに異彩を放つ建物がある。 白を基調としながらも赤と緑の派手なネオンサインが輝く外観で、「MAX'S DINER」(マックスダイナー)の看板が掲げられている。 入り口にはガソリンの給油機のようなものもある。 店内では、一面真っ赤なソファとコカ・コーラのオブジェが目を引く。 ジュークボックス(硬貨を入れ、好みの音楽を選んで聞ける装置)の前では、1950年代に活躍した2人のスター、マリリン・モンロー、エルヴィス・プレスリーの人形が「夢の共演」を果たしている。 この古きよき米国を思わせるデザインに、ツイッターユーザーからは「これはどストライク」「映画のセットみたいだ」と興奮する声が続出。 中には、 「白タンクトップのおっさんがタバコを吹かしながら焼いた肉のハンバーガーを、不愛想な姉ちゃんに持ってきてもらいたい」 と細かいシチュエーションまで妄想する人もいた。 米国で買い付けたこだわりのビンテージ雑貨や什器 ハンバーガー店を運営するのは、宿泊施設やレジャー施設を手がけてきた(静岡県)。 2019年12月21日に開業した店は、同社が米国をイメージして作った複合施設「掛川USAヴィレッジ」の中にあり、ハンバーガー店の隣には米製オートバイのビンテージモデルや米雑貨を取り扱う店もある。 同社の広報担当者は、 「もともとはハーレーダビッドソンなどビンテージバイクの販売店を設ける予定でしたが、(施設の構想段階で)『ガレージ什器の販売店や飲食店もほしい』となりました。 そこで、米国で一般的な軽食屋として親しまれているハンバーガー店を再現しようと、1950年~60年代当時の米国をコンセプトに店づくりをおこないました」 と語る。 店内に置かれた什器や雑貨は、同社の専属スタッフが実際に米国に行って買い付けた、こだわりのビンテージ品だという。 担当者は、 「ハンバーガーショップとバイクショップを複合した、昔の米国の雰囲気を楽しめるような施設は日本では数少ない。 こうした雰囲気がお好きな方に、遊びに来ていただける場所になれば」 とした。

次の