美味しい 甘酒 の 作り方。 人気の甘酒10種飲み比べランキング 本当に美味しい甘酒はこれだ!

誰でも出来る!美味しい甘酒の作り方と飲み方。

美味しい 甘酒 の 作り方

目に見えない麹菌の力はスゴい! 塩麹や味噌など食材を美味しく変化させる麹。 その中でも一見難しそうな甘酒作りのコツを麹屋さんが教えてくれました。 麹で甘酒作り!秘訣は麹菌が生き生き働く温度管理 次のレシピで1. お手持ちの炊飯ジャーの容量に合わせて調整してください。 (我が家は3合炊きなのでレシピの約半量に作りました) 温度計を用意しましょう! 1. 生麹2. 5合(1. 5合)をもみほぐす。 6合(0. 3合)を1. 初心者の方は水を少なめにした方が失敗は少ない) 3. 【重要ポイント!】 温度が高すぎると麹菌が死んでしまうのでここでの温度は必ず計る。 冷ましたお粥に、もみほぐした麹を加えて100回位混ぜる。 炊飯ジャーで保温。 最近のものは保温温度が高く保温性に優れているので約2時間で一旦、保温を切る。 約8時間後、甘酒の出来上がり。 出来上がった甘酒が甘すぎたら水を足して自分好みに調整する。 甘酒を鍋に移して火にかけ(殺菌も兼ねて)焦がさないように混ぜ、麹の粒が浮き上がってきたら火から外し、冷まして別の容器に移し替え冷蔵庫で保存する。 甘味が足りない場合、色がつくが長く火にかけると水分が蒸発し甘味が増す。 低温だと活動しません。 酸味あるものは火入れをして調味料に使えます。 甘酒は夏の季語。 熱中症予防になります。 雨の一日。 お家で美味しい実験、はじまる。 雨降りの日曜日。 のんびりと息子と甘酒作り。 麹をほぐしながら「これって生きてるんだよ」といってもまだ??ですが お粥と麹を混ぜるだけで、時間が経つと美味しく体に良いものに変わることを 不思議に感じたようです。 胃腸が弱まったときにはぜひ麹でできた甘酒を。 麹はたくさんの酵素を含むので食べ物の消化吸収を高めてくれます。 もう我が家の夏の必需品です。

次の

甘酒の作り方|初めてでも簡単|かわしま屋【わかりやすい動画付き】

美味しい 甘酒 の 作り方

甘酒の簡単でおいしい3つの作り方を紹介します 米麹を使用して作る甘酒の基本の作り方から応用編まで 3つ紹介します。 甘酒は簡単に作れるのですが、失敗するとすれば 温度管理の部分なので、 そこは炊飯器を利用して調整するようにしましょう。 炊飯器の保温機能を使う時は 必ずフタを開けるようにしましょう。 その際にふきんなどをほこりよけとして かけるようにしてください。 5 5~6時間ほどで完成します。 冷めたら容器に入れて冷蔵庫で保存します。 おいしく飲める期間は冷蔵庫で1週間程度です。 デザートのようなおいしさです。 炊飯器の保温機能を使う時は 必ずフタを開けるようにしましょう。 その際にふきんなどをほかりよけとして かけるようにしてください。 4 1時間おきにかきまぜる。 これを繰り返し 3回目くらいに麹と水がなじんでやわらかくなったら (これを糖化といいます)、そのまま置いておく 5 6~8時間ほどで完成です。 冷めたら冷蔵庫で保存しましょう。 保存期間は冷蔵庫で1か月と基本の作り方よりも 長持します。 長期保存が可能なので毎日少しずつ飲むのも おすすめです。 スポンサードリンク 甘酒の失敗しないためのポイント 甘酒の作り方自体は簡単なのですが、 ポイントを間違えると失敗してしまいます。 きっちりとポイントを押えましょう。 また米麹は色々なメーカーが販売していますが それぞれ特徴があり 同じように作ったつもりでも甘みが風味がかなり違う場合が あります。 私も色々試してみましたがおすすめは 「 鶴味噌醸造 乾燥米こうじ」です ここの米麹は甘みもしっかりあり、クセもないので 甘酒にピッタリです。 創業明治3年と伝統のある会社の米麹なので 安心ですね。 ただこれですと米麹の量が多く、失敗することもあります。 実際はこれより少なくても、おいしい甘酒は作ることが 可能です。 実は基本の作り方で紹介した米麹の量も 一応一般的な量を載せましたが、 お米が2合の場合は半分以下の200~250gでも おいしく作ることができます。 これは米麹の種類にもよると思いますが お米2合で米麹100gでも、濃厚ではなく さらっとした感じの甘酒でしたが十分に おいしかったです。 米麹の量は基本の量を把握しておいて あとは自分の好みで量を減らしてみることをおすすめします。 ちゃんと温度計で計ってから混ぜるようにしましょう。 見やすいデジタル表示のクッキング温度計がおすすめです。 1,000円以下で色々なメーカーが販売していますので 一つ持っていると便利ですよ。 炊いたご飯の温度と一緒に大切なのが 炊飯器の保温温度ですね。 そのためにもクッキング温度計で1~2時間おきに 温度が変化していないか確かめるようにしましょう。 何度も確かめるのが面倒という場合は ヨーグルトメーカー(または甘酒メーカー)という 商品があります。 まとめ 市販の甘酒は色々販売されていますが 安い甘酒は酒粕が使用されていて アルコールが入っていたり、砂糖も入っている 商品が多いです。 市販の高級な甘酒よりも半分以下の価格で 作る事が可能ですので ぜひ手作り甘酒を作って健康・美容のために 毎日飲むようにしましょう。 関連記事:.

次の

【自家製甘酒】麹とお米の発酵で作る美味しい甘酒の作り方!

美味しい 甘酒 の 作り方

甘酒の簡単でおいしい3つの作り方を紹介します 米麹を使用して作る甘酒の基本の作り方から応用編まで 3つ紹介します。 甘酒は簡単に作れるのですが、失敗するとすれば 温度管理の部分なので、 そこは炊飯器を利用して調整するようにしましょう。 炊飯器の保温機能を使う時は 必ずフタを開けるようにしましょう。 その際にふきんなどをほこりよけとして かけるようにしてください。 5 5~6時間ほどで完成します。 冷めたら容器に入れて冷蔵庫で保存します。 おいしく飲める期間は冷蔵庫で1週間程度です。 デザートのようなおいしさです。 炊飯器の保温機能を使う時は 必ずフタを開けるようにしましょう。 その際にふきんなどをほかりよけとして かけるようにしてください。 4 1時間おきにかきまぜる。 これを繰り返し 3回目くらいに麹と水がなじんでやわらかくなったら (これを糖化といいます)、そのまま置いておく 5 6~8時間ほどで完成です。 冷めたら冷蔵庫で保存しましょう。 保存期間は冷蔵庫で1か月と基本の作り方よりも 長持します。 長期保存が可能なので毎日少しずつ飲むのも おすすめです。 スポンサードリンク 甘酒の失敗しないためのポイント 甘酒の作り方自体は簡単なのですが、 ポイントを間違えると失敗してしまいます。 きっちりとポイントを押えましょう。 また米麹は色々なメーカーが販売していますが それぞれ特徴があり 同じように作ったつもりでも甘みが風味がかなり違う場合が あります。 私も色々試してみましたがおすすめは 「 鶴味噌醸造 乾燥米こうじ」です ここの米麹は甘みもしっかりあり、クセもないので 甘酒にピッタリです。 創業明治3年と伝統のある会社の米麹なので 安心ですね。 ただこれですと米麹の量が多く、失敗することもあります。 実際はこれより少なくても、おいしい甘酒は作ることが 可能です。 実は基本の作り方で紹介した米麹の量も 一応一般的な量を載せましたが、 お米が2合の場合は半分以下の200~250gでも おいしく作ることができます。 これは米麹の種類にもよると思いますが お米2合で米麹100gでも、濃厚ではなく さらっとした感じの甘酒でしたが十分に おいしかったです。 米麹の量は基本の量を把握しておいて あとは自分の好みで量を減らしてみることをおすすめします。 ちゃんと温度計で計ってから混ぜるようにしましょう。 見やすいデジタル表示のクッキング温度計がおすすめです。 1,000円以下で色々なメーカーが販売していますので 一つ持っていると便利ですよ。 炊いたご飯の温度と一緒に大切なのが 炊飯器の保温温度ですね。 そのためにもクッキング温度計で1~2時間おきに 温度が変化していないか確かめるようにしましょう。 何度も確かめるのが面倒という場合は ヨーグルトメーカー(または甘酒メーカー)という 商品があります。 まとめ 市販の甘酒は色々販売されていますが 安い甘酒は酒粕が使用されていて アルコールが入っていたり、砂糖も入っている 商品が多いです。 市販の高級な甘酒よりも半分以下の価格で 作る事が可能ですので ぜひ手作り甘酒を作って健康・美容のために 毎日飲むようにしましょう。 関連記事:.

次の