副鼻腔炎 手術して良かった。 副鼻腔炎は手術で治るのか?慈恵医大での手術から8ヶ月経過して

副鼻腔炎(蓄膿症)の手術 ESS内視鏡下副鼻腔手術|岩野耳鼻咽喉科

副鼻腔炎 手術して良かった

パパむすです!こんにちは! 2016年の12月に慢性副鼻腔炎の手術を行ってから、8ヶ月が経過しました。 僕にとっては2度目の手術で、今回は左右両方の鼻を内視鏡で手術しました。 2度目の手術を受けたのは副鼻腔炎の手術で最も実績がある東京の慈恵医大病院です。 その中でも 副鼻腔炎の名医である鴻(おおとり)先生のオペを経験することができました。 今回はその後の術後の状況をお伝えいたいます。 決して手放しで完治しましたという状況にはなれていませんので、手術の良かった点、悪かった点やかかった費用なども踏まえてリアルな体験段をお伝えいたします。 慈恵医大の手術で鼻の通りが良くなった まず最初に実感するのは、鼻の通りが非常に良い状態が続いています。 特に日中、仕事中もあの辛い鼻詰まりとドロドロの後鼻漏で苦しむことがほぼ無くなりました。 鼻の通りが良くなると、集中力が削がれることがなくなりますので、仕事をする上でとても良かったです。 副鼻腔炎による頭痛や嫌な臭いが軽減された 慢性副鼻腔炎の手術前は、頭がずーんと重く感じる頭痛に悩まされていました。 目の裏の頭付近に膿が溜まること、頭が重く、頭痛になりやすかったためです。 でも内視鏡手術で綺麗にしたことで、頭痛からはほぼ解放されました。 また 鼻の中の臭いについても、かなり軽減されました。 風邪を引いたときに鼻づまり、鼻水、後鼻漏の症状が悪化する 一方で、 風邪を引いた時に黄色いドロっとした鼻水、鼻詰まり、後鼻漏の症状が 酷くでてきます。 手術前の辛かったときの症状に近いです。 季節の変わり目や花粉の時期など、アレルギー反応が出るときも同様です。 そのときは、耳鼻科に通って、抗生物質、鼻水を出やすくする薬、アレルギーの薬、点鼻薬をもらって、1週間から2週間服用しますが、 また同じく風邪やアレルギーが強くなると再発します。 それに加えて、 風邪の最中は、鼻詰まりによって間接的に喉の痛みが引き起こされたことがありました。 寝ている最中に口呼吸になっていたことで、喉がやられたためです。 耳鼻科で喉の炎症を抑える薬を処方してもらいましたが、 咳も続いてこの症状はかなり辛い状況です。 寝起きや日中に鼻づまりを感じるときがある 眠っている最中や寝起きの直後は鼻詰まりを感じることが未だにあります。 その度に寝苦しい思いや寝不足を経験しています。 日中に鼻詰まりを感じるときは、風邪をひいたときや、アレルギーに敏感になっているときです。 症状が酷いときはまた耳鼻科に通院して処方された薬を2週間ほど飲むと、鼻詰まりが軽減されますが、 このあと最後に紹介する ある方法に出会うまでは、また鼻詰まりが酷くなってきて通院するというサイクルを繰り返していました。 また通院で症状を見てもらうたびに「鼻の中が凄く綺麗なままだ」と言われるので、手術で綺麗にしたところが、そのままキープできています。 鼻の中を綺麗に保てているのは、 鼻洗浄を続けているおかげです。 手術直後は毎日2回していましたが、3ヶ月経過後くらいからは1日1回のペースになり、徐々に2日に1回、最近は数日で1回のペースにまで落ち着いてきていますが、それでも継続的に 鼻洗浄をすることで、鼻の中が洗い流されて副鼻腔を綺麗な状態でキープすることができています。 ただし、風邪や季節の変わり目、花粉などのアレルギーが強く出る度に 症状が再発してしまうため、通院を継続せざるを得ない状態が続きました。 副鼻腔炎(蓄膿症)の手術をして良かったか? 僕は これまで2度も副鼻腔炎の手術を経験しました。 1度目は日医大で内視鏡手術を行いましたが、数ヵ月後から半年たってから症状が徐々に悪化し 再発したため、耳鼻科に通って服薬を続けていました。 その後、症状が我慢の限界に達したため、今回手術していただいた慈恵医大の鴻(おおとり)先生を見つけ出し、 2度目の手術に踏み切りました。 手術をしたことで、以前のような重い症状はなくなりましたので、普段の生活がある程度楽にはなりました。 風邪やアレルギーの時期で症状が酷くなったときは、近所のクリニックに通って抗生物質や鼻の通りを良くする薬を処方されて飲んでいました。 手術前に比べると、黄色い鼻水の塊が喉に降りてくることが少なくなってので、手術を行って良かったのですが、 手術で完治して耳鼻科への通院をしなくて良くなったわけではありません。 その点が手術前に望んだ姿とは違っています。 副鼻腔炎(蓄膿症)は必ず手術が必要なのか? 僕の場合は慢性化していて(慢性副鼻腔炎)、CTで検査すると鼻の中の空洞が左右共に膿でほとんど埋まっている状態でしたので手術が必要だと診断されました。 ひどい頭痛や睡眠の浅さにも悩まされていたので、ここまで重症化されている方であれば医師と良く相談した上で、手術を検討することもありだと思います。 ですが、 手術を2度経験した僕だからこそ言えるのは、「必ずしも手術をすることで耳鼻科通いが終わる訳ではない」ということです。 ですので、• 手術時の 全身麻酔のリスク• 手術後の 患部の痛み、出血の辛さ(術後2週間以上)、通院の負担• 手術費用 (僕は概算でこれまで 約34万円治療にかかっています) これらを考慮すると、副鼻腔炎を患う方全員が手術で治せばよいとは思いません。 僕自身、漢方や鍼灸治療などいろいろと試しましたがどれも効果がわかりづらく続きませんでした。 ですので 副鼻腔炎の治療は、費用の負担も少なく、無理なく継続できる方法が一番です。 鼻の通りが良くなれば、空気がたくさん入ってきて、頭がスッキリしますし、集中力も続くし、日中のだるさも軽減されます。 臭いも軽減されるので、人と会話するのも気にならなくなりますし、ご飯もおいしく食べられます。 何より対人関係で自信がつきます。 もし、同じように副鼻腔炎の症状で悩まれているのであれば、自分にあった改善方法を早く見つけ出すことが大事です。 抗生物質や手術に頼らないで副鼻腔炎の症状から解放される方法 副鼻腔炎や蓄膿症の症状をどうにかしたいけど、手術や抗生物質を飲み続けることには抵抗がある方に僕が最もお勧めするのは「なた豆茶」です。 「なた豆茶」は"なた豆"というマメ科の植物を利用したお茶で、日本や中国でも古くから万能薬として重宝されてきました。 そのなた豆が近年では日本の医療現場でも評価され始めています。 なた豆は蓄膿症、腎臓病、口臭、歯周病、花粉症などに効くと一般的には言われております。 中でも、なた豆がもつ成分の一つ「カナバニン」には 排膿作用が含まれており、膿を作り出す細胞の動きを止め、発生を抑制する効果が認められていることから、溜まった膿を排出し、 副鼻腔炎や蓄膿症の症状の緩和に導いてくれるといわれています。 お茶であることのメリットとしては、 抗生物質のような副作用の心配もありませんし、 自宅でお湯を注ぐだけで簡単にできるので続けやすいことがあげられます。 費用面も、定期便の場合 1日あたりわずか110円しかかかりませんので、缶コーヒーやペットボトルのお茶を毎日飲むことに比べれば断然安く済みます。 もちろん耳鼻科に通う薬代に比べると圧倒的に費用を抑えることができます。 デメリットとしては、お茶を普段飲む習慣がない方にとっては、試しづらいことでしょうか。 耳鼻科で処方される薬を飲んでいるけど、ずっと飲み続けることに終わりが見えなくなってきた方や、副鼻腔炎に伴う不快な鼻水や喉の違和感、口臭に悩まされている方で、 手術には抵抗がある方は一度「なた豆茶」を試してはいかがでしょうか? 鼻詰まりや後鼻漏が改善されて、臭いも気にならなくなれば、もっと明るく楽しく友人とおしゃべりすることができます。 頭の重さや倦怠感、眠気なども改善されれば、今までずっとハンデを背負ってきた人生から、本当の自分を取り戻すことに繋がります。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人のパパむすが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

次の

蓄膿症・副鼻腔炎の手術体験談。痛みや再発は?日帰り?すべてブログに記載

副鼻腔炎 手術して良かった

今から約三年前にの入院手術をしました。 せっかくなのでの診断から手術までの詳細なレポートを書いていこうと思います。 手術後は正直「こんな辛いことを思い出してレポートを書くのはしんどいかも」と思いましたが(怖がらせてごめんなさい)、私の経験が参考になることがあればこれ幸いと書き残しておくことにしました。 私は以前から喘息と花粉症がありました。 花粉の時期や季節の変わり目は鼻水が出て鼻がムズムズすることはありますが、鼻から膿が出たり、の症状を自覚していなかったのでそんなに鼻の症状を意識することはありませんでした。 それよりも私は喘息の症状の方が辛かったので、まずは喘息の方を集中的に治そう!と喘息で著名な先生のところへ行ったのです。 喘息の先生の元で一通り診て貰うと「あなた鼻が悪いでしょ?いつも鼻をすすってるよ」と。 「そうですか?花粉症位はありますが・・・」 という訳で鼻のCTとの写真を撮ると 「これはだめだ。 耳鼻科の先生のところへ紹介するわ」と言われて耳鼻科へ行ったのが8月。 こちらも著名な先生で紹介状から2ヶ月待ちました(実はこの先生は3年待ちが当たり前で2ヶ月で診てもらえた私はすごくラッキーだったのです)。 いざ、で診ようとするも「あ、これは中が腫れていてじゃだめだわ。 すぐにCTを」と言われ、CTを。 結果 ・膿のポリープがある ・鼻全体の腫れ ・鼻の真ん中の骨が曲がっている 等が見られ、私のの値が高い(30以上)ことを知って「性」と診断されました。 投薬 系の抗菌薬 や点鼻などを続けてきても改善が見られない、喘息もそこそこ重い、ということで先生は「今すぐの必要はないが、手術での治療が一番良い」という結論を出されました。 私は喘息や風邪のひきやすい体質を改善すべく即刻で手術を決めました。 「手術は1週間以上の入院となります」と言われ、小学生の子供のことをまずどうしようかと思いました。 「時期を考えたいので次の診察の時にお返事します」と答えて帰宅しました。 母と相談したら「インフルエンザの季節になる前にして欲しい」と言われました。 次の診察で「10月なら手術が空いています」と言われ、「ではその時に」と決めました。 看護師さんに手術の内容な持ち物を聞きます。 「鼻という部位ですので、出血も多く、それを飲み込むと吐き気がします。 血液は吐き出して下さい。 そのためには2~3箱、枕元に置くごみ袋も10枚以上あるといいですよ」と言われ、「こりゃ大変なことになったぞ」。 色々調べたら、「ゴミ袋はスーパーのゴミ袋はカサカサと音がして同室の方の迷惑となるのでやめた方がいい。 音のしないゴミ袋がいい」という記事をいくつか見つけました。 なので黒で中が見えず、音のしないビニールの小さいゴミ袋を買って持っていきました。 準備が大変そうだなというのが第一印象でした。 入院当日。 午前中に入院をして、まずは肺活量など呼吸器の検査。 その後外来で医師から手術の説明等を詳しく聞き、手術同意書にサインをします。 ここで呼吸器その他問題ナシということで入院手続きを済ませ、無事に入院です。 持病の喘息やごく軽いですが食物アレルギーがあるので、医師、薬剤師、栄養士さんなどが立ち替わり病室にやってこられてとても忙しかったです。 最後に麻酔科の先生とお話をして終了です。 実は私は喘息の治療で使った内服が原因(とされる)で、副腎不全の状態です。 副腎皮質ホルモンは別名「ストレスホルモン」を言われ、ストレスがかかった時や病気になった時に通常より多く出て免疫を強化すると言われています。 そのストレスの最たるものが「外科手術」であり、手術の際は通常のの10倍程度を体内に入れないといけないと言われます。 それがないとショックを起こし、最悪の場合は命を落とすことになるのだそうです。 そのことについて麻酔科の先生とも話をして、手術の前後に点滴でバックアップを入れることになりました。 夕食を食べ、シャワーを浴びて入院初日は終了です。 私は午前中の手術のため、夜9時以降は飲食禁止となりました。 を貰っても興奮と緊張から余り眠れませんでした。 続きます。 sophieted.

次の

副鼻腔炎の手術から2週間、リアルな術後の状況

副鼻腔炎 手術して良かった

慢性副鼻腔炎 (蓄膿症)でお悩みの方は 当院へご相談ください。 手術によって、 改善、治療することができます。 副鼻腔の構造 鼻から吸い込んだ空気が喉に抜ける空間を鼻腔といいます。 副鼻腔とは、鼻腔に接して存在する空洞のことです。 副鼻腔は左右に4つずつあり、それぞれ「上顎洞」「篩骨洞」「前頭洞」「蝶形骨洞」と呼ばれています。 その部分に炎症が起こり、内部の粘膜が厚くなったり、分泌物が多くなったりした状態が副鼻腔炎です。 副鼻腔炎 (蓄膿症)の原因と症状 基本的な原因は、上気道の感染、つまり風邪が最初のきっかけです。 風邪によるウイルス感染・細菌感染が鼻腔内の粘膜に炎症を起こし、これが副鼻腔にも及んでしまいます。 また、カビ、むし歯が原因で起こることもあります。 鼻閉 鼻づまりのこと。 鼻腔内の粘膜がはれて鼻がつまり、口で息をするようになります。 慢性副鼻腔炎が重症化すると、鼻茸(鼻ポリープ)ができるとさらに鼻づまりが増悪します。 鼻漏、後鼻漏 鼻漏は鼻汁(鼻水)のこと。 副鼻腔炎にかかると鼻汁が増え、鼻汁が黄色くなったり、粘性が高くなり粘っこくなったりします。 その粘い鼻汁がのどの方に流れるのを後鼻漏といい、気管支炎や咽頭炎の原因となります。 頭痛、頭重感 副鼻腔に炎症が起こると、ほっぺた、両眼の奥、額の部分に痛みが起こります。 常になんとなく頭が重いという症状を頭重感といいます。 嗅覚障害 臭いを感じる神経周囲まで炎症が拡がった場合、嗅覚障害が起こることがあります。 治療が遅れると改善しにくくなります。 生活上の支障 鼻づまりや頭痛・頭重感がひどいと、集中力がなくなり、記憶力が低下します。 勉強や仕事に支障が出ることがあります。 副鼻腔炎 (蓄膿症)の検査 電子ファイバースコープとCT (コンピュータ断層診断装置)を使用した検査 副鼻腔炎の診断は、主に視診と画像診断が基本となります。 他に、問診、血液検査、鼻腔通気度検査などをおこない、総合的に行います。 当院では、高解像度の電子スコープとX線被曝の少ないCTを設置しております。 副鼻腔炎 (蓄膿症)の治療 すべての副鼻腔炎に対して、手術をおこなう訳ではありません。 軽度〜中等度の副鼻腔炎に対しては、手術療法ではなく、保存療法を行います。 保存療法には、局所療法と薬物療法があります。 局所療法とは、鼻腔、副鼻腔内の清掃後、霧状にした薬物を鼻に吸い込むネブライザー療法であります。 薬物療法とは、マクロライド系抗菌薬を少量、数ヶ月間内服します。 保存療法は3ヶ月を目安に行い、改善がない場合、手術療法を検討します。 副鼻腔炎の治療経過 副鼻腔炎 (蓄膿症)に対する手術 鼻内から手術を行います。 局所麻酔・全身麻酔、いずれも対応可能です。 以前は、歯ぐきや顔面を切開する手術が主流でありました。 現在では、鼻腔から内視鏡や手術器具を挿入しておこなう内視鏡下副鼻腔手術 ESS がおこなわれております。 そのため、手術後、顔が腫れたり、傷が残ったりすることはありません。 内視鏡下副鼻腔手術 ESS 内視鏡手術は、内視鏡で鼻腔内を観察しながら、各副鼻腔に大きな窓 孔 を開ける手術です。 この孔を広げて、副鼻腔内の換気を良くして、副鼻腔内にたまった膿がでやすいようにします。 副鼻腔を、膿や貯留液がない状態に保つことにより炎症で腫れた粘膜が正常な粘膜に置き換わり、副鼻腔炎が治癒していきます。 手術時の麻酔には、意識のない完全に眠った状態にする麻酔 全身麻酔 と意識はあるが痛みは感じない状態にする麻酔 局所麻酔 があります。 麻酔方法は、全身状態、副鼻腔炎の重症度などによって決まります。 手術前後の所見イメージ.

次の