童謡 怖い。 【本当は怖い童謡】牛若丸と弁慶|Team YUAN|note

本当は怖い童謡の真実!?隠された都市伝説の謎|いわこのネタとエンタメブログ

童謡 怖い

明治時代や江戸時代、更には起源がいつなのかさえも分からない程昔から伝え続けられてきた童謡が日本には数多く存在している。 その中には不可解な内容に思える歌詞も少なくはない。 古くから人々の間で伝えられている間に歌詞が正しく伝わらず、少しずつ変化していってしまったのか、それとも最初から意図的に奇妙な歌詞だったのか。 現在において童謡に関しては未だに 多くの謎が残っている。 中には小学校の音楽の授業で習う歌もあるが、音程や歌詞について習うだけで由来や起源まで習うことは滅多にない。 ましてや歌詞の不可解な部分については触れることもないのだ。 そんな背景もあり、我々はメロディーを知っているし歌うことも出来るが、詳しい内容や歌詞の深い意味を知らないという童謡が沢山ある。 童謡「ちょうちょう」 花と花との間をひらひらと舞う可愛らしい蝶の様子を、子どもに分かりやすく伝えているこの童謡。 現在は音楽の授業で使用される教科書や、ピアノのレッスン本にも必ずと言っても良いほど起用されている有名な曲だ。 ちょうちょうの原曲はドイツの「幼いハンス」という古い民謡だとされている。 幼いハンス少年が成長し、故郷を離れて7年間もの旅に出て、後に帰郷をするものの誰もハンスだと解ってくれなかったが、母親だけはすぐに自分の息子であることを悟ったという 「ちょうちょう」とは全く異なる内容だ。 ちなみに近年まで、この歌の原曲はスペイン民謡であるとされていたが、それは誤りである。 歌詞を付けたのは野村秋足(のむら あきたり)という国学者であると紹介されている文献やサイトもある。 しかし一方で、野村秋足が童謡を調べて回る仕事をしていたとされる説もあり、歌詞の全てを野村秋足が考えたのではなく、元からあった歌詞の一部を修正したのみであるとの見方もある。 しかも、このちょうちょうは一般的には知られていないが二番まで続く。 奇妙なのは一番の歌詞を書いた人物とは同一人物ではなく、稲垣千頴という女性が歌詞を付けているという点だ。 ちょうちょうの日本語の歌詞については、浮気症の旦那を持つ妻が皮肉を込めて作った歌詞だという説もある。 蝶を旦那、花々を遊郭の女郎たちを示しているのだという。 童謡「とおりゃんせ」 メロディー的にも歌詞的にもやや不吉な感覚を持たれやすい、童謡とおりゃんせ。 歌と共に遊び方も存在しているのですが両方が普及しているわけでもなく、歌のみが一人歩きして広まっている。 歌詞の内容は7歳になる子どもの為に天神様の元へお札を納めに参る、という内容だ。 「天神様」「お札」「行きはよいよい、帰りは怖い」の歌詞が恐怖心をさらに煽っている。 ちなみに、この歌に出てくるお札とは生まれてから7歳まで、神様(天神様)が子どもを守ってくれるお守りのような意味を含む。 つまり「行きはよいよい、帰りは怖い」とは、行きはお札を持っているので神様がお守りしてくれるため怖くはないが、帰りはお札を持っていないので怖いという意味なのだ。

次の

童謡『ずいずいずっころばし』の意味

童謡 怖い

怖い意味が隠されていそうな歌詞の童謡 なんか一度通ると、二度とは帰ってこられない門(あるいは関所?)を思わせる内容の歌詞です。 意味としては、七五三の神社のお参り(七つのお祝いだから女の子か?)して札を納めにいくときのことのようなのですが、なぜ、帰りは怖いのか、ということになります。 口減らしのために、子供を殺してしまうことを歌った歌だという説も。。。 色々と謎の多い歌詞ですが、「鶴と亀と滑った」は流産を連想させますし、「後ろの正面だあれ?」は幽霊や妖怪的なものを感じさせます。 また、罪人が首を切られ、その首が後ろの正面を向いたという説も。。。 「かごめかごめ」の遊びは、大勢で一人を取り囲んでぐるぐる回りますが、これは、どこかに閉じ込められている人のことを連想させ、遊女のことを歌った歌という説もあります。 小学校の先生の解説 では、お姉さんはお嫁に行ったのではなく、人身売買でどこかに売られていってしまったということでした。 しかし実際は、赤とんぼの歌は、作詞者の三木露風の個人的な体験に基づいているようで、家を出て行ってしまった母親と、昔、桑の実をつみに行ったことや、母親の代わりにめんどうを見ていてくれた姐(おそらく実の姉ではない)が、十五で嫁にいってしまったことなどが歌われています。 なお、「赤とんぼ=ゼロ戦」説もあります。 人身売買の歌という話もありますが、単に、遊びで友達を交換する遊び歌という気がします。 「勝って」や「負けて」の歌詞が、「買って」や「値引き」の意味にとれなくはありません。 「花いちもんめ」は、一匁の重さ分の紅の花という意味で、それなりに高価になるそうです。 歌詞を7文字づつに区切って一番右を縦に読むと 「とが無くて死す」と読めることから、無実の罪で死刑になった人が暗号の意味でよんだ歌であるという 都市伝説があります。 幼女の手毬が大名行列に飛び込んでしまい、手打ちにあってしまったのでしょうか??不思議な歌詞から妄想が膨らむということではダントツの曲です。 メダカ=水子という説や川に沈められた人柱の歌などの説がありますが。。。 北原白秋の作詞ですが、「金魚」「曼珠沙華」など、けっこう怖い内容の歌詞も書いています。 少し変わった人だったのかもしれません。 この曲では、「ずぶぬれで、柳のねかたで泣いている」という内容の歌詞が人々の想像をかきたてるようです。 なぜ花嫁が一人で雨の中、傘をさしてお嫁にいくのかの意味がよくわかりません。 一説によると、花嫁は死んでしまった娘のことで天国に一人で旅だつ様子を描いているというものがあります。 東北の娘が人身売買されることを歌った歌だという説もあります。 作詞者にその意図はなかったと思いますが、空が真っ赤になるという歌詞は、戦争や災害を連想させるようです。 怖い歌詞ということではありませんが、歌詞の内容が差別にあたるのでは、という問題があるそうです。 残酷な歌詞の童謡 後半の歌詞で「おもしろい、おもしろい、のこらず鬼を攻めふせて、ぶんどりものをえんやらや」というのがでてきます。 正義の味方というより、単なる泥棒なのでは。。。。 歌詞の最後が、「驚きまどう鬼どもを、ひとり残さず斬りころし、酒顛童子の首をとり、めでたく都に帰りけり」となっています。 何か歴史上の残酷な出来事にもとづいた話っぽい匂いがします。 歌詞は、てるてる坊主に、明日が天気になるようにお願いする内容ですが、もし天気にならなければ首を切ってしまうぞ、という童謡らしからぬ部分も。。。 「はさみでちょんぎるぞ」というのが歌詞の中に入ってます。 「それをりょうしが、てっぽうでうってさ、にてさ、やいてさ、たべてさ」というタヌキにとっては残酷な内容の歌詞です。 針を千本も飲んだら、死んでしまいます。。。 猫を袋に押し込んで蹴りまわすなど、動物虐待ではないでしょうか? 残酷というほどではないですが、少し可哀そうかも。。。 むちを振り回すなど、学校の先生が厳しすぎます。。。 歌を忘れてしまったカナリヤを、捨てたり、埋めたり、むちでぶったりと、けっこう残酷な歌詞です。 作詞者の西條八十は、家が破産してしまったために大学での研究や詩人になることをあきらめてしまったことと、歌を忘れたカナリヤとを関連付けていたようです。 難解な方言のため、歌詞の内容を全部理解できませんでしたが、タイトル自体が既に怖いです。 泣きやまなければ耳をきってしまうぞ、と子供を脅かす歌らしいのですが。。。 もともとの童話がそういう話ですが、恩を仇で返す的な話です。 何も悪いことをしていなくても、楽な生活をしているだけでバチが当たるという教訓なのでしょうか? あわて床屋 蟹の床屋が誤って兎の耳を切り落としてしまうという歌詞です。 最後のほうに熊をハメる落とし穴をつくるという内容の歌詞がでてきます。 けっきょく熊は穴をのぞいただけで逃げていくのですが。。。 悲しい逸話がある童謡 女の子が異人さんにつれられて行ってしまう話ですが、作詞者が見聞きした実話をベースにしているという説があります。 事情があって、アメリカ人の宣教師にもらわれた「きみ」という女の子が歌のモデルのようです。 さらわれたわけではないのですが、最終的には、この宣教師とも離れ離れになってしまったようです。 作詞者が幼くして死んでしまった子供のことを思って作ったという説があります。 作詞者の野口雨情の演奏旅行中に2歳で亡くなった次女のことを歌っているという説が有力です。 (流産説もありますが、作詞者の野口雨情は男性です。 ) 余談ですが、「しゃぼん玉」と「赤とんぼ」の出だしのメロディは、そっくりです。 逸話というより都市伝説ですが、さっちゃんは死んでしまった女の子の歌という話があります。 詳しくは左のリンク先のページでご覧ください。 作詞者が死んでしまった子供のことを思って作ったという説があります。 カラスは通常は不吉な鳥ですが、この歌ではそのイメージはありません。 7つの子が7歳の子なのか、7羽の子なのかについては、「たくさん」という意味で使っていたことをうかがわせる文章が残っているようです。 また、カラスは炭坑労働者を意味しているという説もあります。 作詞は海野厚という人ですが、柱のきずが去年のものではなく、おととしのものであることが問題です。 病弱だった作詞者は、5月5日に静岡の実家に帰れない年があり、それで弟の成長をはかる柱のきずが1年分、抜けてしまったということです。 作詞者は結局、若くしてお亡くなりになってしまったそうです。 作詞者のサトウ・ハチローが離婚したあと、引き取った二人の女の子を思って書いた歌詞という話があります。 「うれしいひなまつり」と言っているわりに、曲調も暗いです。。。 なぜかメキシコでは別の歌詞がつけられ、「悲しきみなしご」というタイトルで知られているようです。 からたちの花 作曲者の山田耕筰の活版工場でのつらい思い出を北原白秋が詩にしたものです。 不思議な歌詞の童謡・歌詞に謎がある童謡 無限ループに陥ってしまうという、ある意味、怖い歌詞かもしれません。 2名が会話する感じで歌詞が進んでいきますが、会話の主が不明です。 会話は人間の母親と子供の間なのか、象の母子の間なのか。 また、歌詞に関して、鼻が長いという身体的な特徴を否定的なものとしてとらえ、さらにそれが遺伝によるものであるということから、それを母親が子供に受け入れるように促しているという解釈があります。 かなりこじつけているようにも思えますが。。。。 と同じく、歌詞が母子の会話のようになっています。 「七つの子」が七羽なのか、七歳なのか、意見が分かれるところです。 真偽は分かりませんが、子供の死亡率が高かった頃に、7歳まで無事に生きてこられた、という意味がこめられているという説があります。

次の

童謡の歌詞が怖すぎる!「指切りげんまん」など5つの都市伝説

童謡 怖い

ここがポイント!• 本当は怖い日本の童謡…都市伝説で明らかになった「歌詞の意味」とは 一昔前に「 本当は怖いグリム童話」という本が大ヒットした。 日本での売れ行きも凄かったので、記憶に新しい人も多いだろう。 これは、グリム兄弟の書いたストーリーが実はかなり怖い意味を持っていた…という 海外流の都市伝説をネタにした本である。 Sponsored Link 童謡と同じくこうした作品は子どもからの人気が高い反面、本来ならば恐怖に対するストレートな表現や意味深な暗示は出来るだけ避けた方が無難だろう。 しかしこのグリム童話にまつわる都市伝説のように、 日本の童話にも歌詞を読み解くと恐ろしい意味が隠されていた…!なんて噂が存在する。 ちなみに、都市伝説の中で最も有名なのは「 かごめかごめ」ではないだろうか?ある都市伝説では「かごめ」の歌詞は 徳川埋蔵金の場所を指しているとのこと。 その噂によると、歌詞の「 夜明けの晩」「 鶴と亀」は徳川家康の墓所でもある 日光東照宮を意味しているようだ。 ところがこの「かごめかごめ」はそんな夢物語を意味する歌詞ではなく、もっと恐ろしい童謡だと言う都市伝説もあるのだ。 それが「 流産」説である。 たまに歌詞を「かもめ」と間違えて覚えている人がいるが、これはハッキリと「かごめ」であり漢字で書くと「 籠女」となる。 籠女と言うのは昔の言葉で、 子どもを授かった状態を意味している。 つまり「カゴの中の鳥はいついつ出やる」というのは、授かった子どもが いつ生まれて来るだろうという温かい親心を意味した歌詞なのだ。 もちろんそこで終われば「ハートフルな歌詞だった」で済むのだが…問題はその後だ。 童謡では「 鶴と亀が滑った。 後ろの正面だあれ」と歌詞が続く。 この「滑った」の部分は授かった女性が 転倒 したことを意味しており、これによって籠女が流産してしまった。 さらに、その時の 水子(生まれて来なかった胎児の幽霊)が彼女の背後霊となって取り憑き、純粋な子ども達にはその幽霊の姿が見えてしまう… と、「かごめかごめ」にはこうした怖い意味が込められていると都市伝説では語られている。 他にも「かごめ」とは 昔の処刑場を意味しており、歌詞も「罪人たちが首を切られるまで」の内容を書いたものだとか… そんな恐ろしい都市伝説がこの童謡には多数存在している。 「かごめかごめ」という童謡自体、江戸時代になって自然発生的に出現したものであり、歌詞の作られた過程なども実は謎に包まれているのだ。 日本の童謡は メロディも不気味なものが多く、「かごめかごめ」」もやはり怖い。 さらに謎めいた歌詞が加わっているだけに、曲の意味にまつわる都市伝説は今後も存在し続けるだろう。 実は深い意味が!童謡の歌詞に秘められた悲しい都市伝説 童謡の歌詞には恐ろしいだけでなく、悲しい意味が込められたものも存在する。 例えば日本の偉人としても知られる、野口雨情が作詞した「 シャボン玉」。 この童謡は作詞者である野口が、生後すぐに 亡くなった我が子を想って書いた作品とされている。 歌詞が作られた時期から、親類の子どもの鎮魂歌(レクイエム)であるとか、あるいは特定のモデルは存在しないという説もある。 Sponsored Link しかし、いずれにしろ歌詞に 悲しい意味が込められているのは事実のようだ。 また同じように、彼が歌詞を書いた童謡「 赤い靴」にも「シャボン玉」と似た悲しさがある。 この歌詞で日本人の多くが勘違いしてしまうアノ箇所…あれは「偉人さん」や「ひい爺さん」ではなく「 異人さん」であり、つまりまだ幼い子が外国人に引き取られて海外に渡るという悲しみを描いた内容になっている。 なお、この童謡に出てくる「 赤い靴はいてた女の子」には「 佐野きみ」というモデルがいたとされている。 この悲しいエピソードを聞いた野口が、 彼女をモチーフにして歌詞を書いたと言うのが一般的な定説である。 最近になって否定説も出ているが、いずれにしろ意味深なテーマを描いた童謡であることに違いないだろう… 他にも都市伝説らしい部分で見ると、日本の童謡は例えば「 花いちもんめ」「 通りゃんせ」などが悲しい意味を持つ歌として紹介されている。 この2つの童謡はいずれも、かつて日本で実際にあった「 間引き」を暗示する意味が歌詞に込められているのだ。 間引きというのは、つまり貧困のために育てられなくなった子どもを殺害すると言う意味である。 あまりにも恐ろしい風習だが…これは都市伝説などではなく、驚くことに現実として昭和初期頃まで田舎を中心に存在した風習なのだ。 ただ殺すのはあまりにも惨いと言うことで、里子に出す場合もあった。 その際も、子どもは「 もんめ(匁)」という「はした金」で取引されており、これを唄った童謡が「花いちもんめ」になる。 「通りゃんせ」についても、大体は「花いちもんめ」の都市伝説と同じである。 たまに信号機からこのメロディが流れてくるが、歌詞の意味を知ってしまうと何とも皮肉な雰囲気を感じざるを得ない。 童謡「サッちゃん」に存在した4番目の歌詞 「 さっちゃんはね サチコって言うんだ 本当はね」 という出だしで始まる「 サッちゃん」。 これは1953年に作られた日本の童謡である。 本来なら歌詞は3番目までしか存在せず、曲中で語られる「サッちゃん」が引っ越してしまう内容になっているが…どうも都市伝説によると、この童謡には 幻の4番があるというのだ。 しかも歌詞の内容がかなり衝撃的とのこと。 サッちゃんは電車に引かれて足を切断され、 そのまま 亡くなってしまうと言うのだ。 また、都市伝説ではこうも語られている。 「サッちゃんはそれから 怨霊になって、今も日本中をさまよっている」と… いや怖い。 ところで、これに似た都市伝説をどこかで聞いた覚えはないだろうか?そう、ご存じの方も多いかもしれないが、あの「 テケテケ」である。 ちなみに都市伝説いわく、「テケテケ」の正体は「サッちゃん」のモデルと同一人物とも言われている。 彼女の本名は 桐谷佐知子といい、北海道に住む14歳の中学生だった。 いつものように下校していると、通学路の途中にある線路に足が挟まって、もがいている最中に電車に引かれてしまった…どうも童謡「サッちゃん」の歌詞は都市伝説によって違いがあり、場合によっては「 10番まで続く」というものもある。 調べてみるとその全文が見つかったが、あまりに長いのでここでは割愛させていただく。 意味のある部分だけを要約すると、 彼女は足を切断された、あるいは胴体を真っ二つにされたとも言われているが… 事故にあったのは 冬の寒い日だったため、幸か不幸か血液が固まり、すぐには亡くならなかった。 逆にその時の苦しみが忘れられずに、今でも怨霊となって日本中をウロついているのである。 また似たような都市伝説として「 カシマさん」「 シャカシャカ」というのもある。 ただしどのエピソードも「サッちゃん」の歌詞の意味と似ているため、 地方によって呼び方が違うだけだと考えられている。 まさか歌詞の2番でバナナが好きと唄われた子が、そんな亡霊になってしまったとは…都市伝説なのであまり無粋なことを言うものではないが、あまりの急展開に思わず唖然とする「幻の4番」以降の歌詞だ。 意味が分からないほどぶっ飛んだ内容であり、「 なんで君は生きてるの?」と言う一文には少しゾッとする。 というワケで今回は、いくつかの童謡にまつわる都市伝説を中心にその歌詞に込められた意味を紹介してきた。 どうも日本の古い曲は人を不安にさせるメロディが多いように感じる。 いわゆる「 原風景的」な音楽だとは思うが… 歌詞を変な意味で捉えかねないので、ほどほどにして欲しかったと過去の作曲家たちに言いたい。

次の