あべの マスク 費用。 アベノマスク配布466億円 想定外の額にどよめき

田崎史郎、安倍首相の“マスク2枚配布”を擁護し批判続出…「4枚6枚と増やしていける」

あべの マスク 費用

「布マスク2枚配布」 疑問の声に厚労省が回答 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍首相は4月7日、新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)に基づく 「緊急事態宣言」を発令した。 宣言の発令対象は 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県。 期間はゴールデンウイークが終わる5月6日までの1ヵ月間であり、これにより、不要不急の外出の自粛を要請したり、学校や保育所などの使用停止・イベントなどの開催制限を要請することが可能となった。 これに先立ち、1日に表明されているのが 洗って繰り返し使える布マスク2枚の全国5,000万あまりの全世帯への配布。 安倍首相は「急拡大するマスクの需要の抑制を図り、国民の皆さまの不安解消に少しでも資するように」と話し、速やかに取り組んでいくことを表明している。 8つの疑問に対する回答を紹介する。 なぜ2枚なのですか。 布製マスクは、使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで再利用可能なマスクです。 店頭でのマスク品薄が続く現状を踏まえて、 確保の目途が立った1億枚程度の布製マスクを、国民の皆様に幅広く、速やかに配布するために、日本郵便の配送網を活用し、全国5千万余りの世帯すべてに一律に、2枚ずつ配布することとしたものです。 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等には4月中旬から順次、布製マスクを配布し、児童生徒に配布する予定です。 また、介護施設、障害者施設等の利用者向けに、介護施設、障害者施設等に対し4月上旬までに布製マスクを配布しています。 こうした方のほかに、なお不足する世帯への対応方法については、現在検討中です。 また、マスクを着用し、喉・鼻などの呼吸器を湿潤とすることで風邪等に罹患しにくくなる効果もあります。 さらに、洗濯することで繰り返し利用することができるため、 店頭でマスクが手に入らないことに対する国民の不安の解消や、増加しているマスク需要の抑制という観点からも、有効と考えています。 洗濯による繰り返しの再利用が品質上問題ないことを確認しております。 洗濯により多少縮むことをご了承ください。 1日1回の洗濯を推奨しています。 汚れがつきましたら、その都度洗濯してください。 感染者数が多い都道府県から順次、配送を開始する予定です。 具体的にどこから配布するかは、感染者数の動向を踏まえて、現在検討しています。 対面で渡されますか。 今回の布製マスクの配布については、日本郵便の全住所配布のシステムを活用して、一住所当たり2枚ずつ配布することとしており、日本郵便が、 対面の配達ではなく、ポストに投函してお届けします。 全国5千万余りの世帯すべてを対象にした布製マスクの配布に当たっては、 4月12日(日)の週以降、感染者数が多い都道府県から順次、配送を開始する予定です。 今後、都道府県別のおおよその配送スケジュールが分かるような情報を発信していくことを検討中です。 その他の質問については、「布マスクの全戸配布に関する電話相談窓口」(0120-551-299 9~18時:土日・祝日も実施)で対応するとしている。 「正しい洗濯方法」についても公開中 なお、厚生労働省と経済産業省は 「正しい布マスクの洗い方」についてもYouTubeで公開中。 洗濯機は使わず、衣料用の洗剤を溶かした水に布マスクを浸して、10分後に軽く押し洗いするのが正しい洗い方で、マスクの繊維を傷めないため、もみ洗いはしないよう呼びかけている。 また、乾かすときも乾燥機は使用せず、水気を切って、日陰で自然乾燥させることを推奨している。

次の

蓮舫氏、アベノマスク費用「466億円???!!!」 経費倍増見込みと猛批判

あべの マスク 費用

「安倍首相批判ありきで執筆内容が偏向している」 2020年4月23日現在、ウィキペディアの「アベノマスク」の項目を見ると、 「現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています」 と記載されており、そこをクリックすると「審議」の中身を見ることができる。 「アベノマスク」については、こう解説している。 「アベノマスクとは、2019年新型コロナウイルス感染症の流行による2020年2月以降の日本国内でのマスク不足に伴い、2020年に日本国政府が全世帯にガーゼ製の布マスクを2枚ずつ配布するという、安倍晋三内閣総理大臣の言う緊急対応策の一つ。 または、それにより配布される布マスクの俗称である。 2020年、新型コロナウイルス感染症の流行によって、パンデミックを起こすと、世界中の市場からマスクが消え、日本でも入手が非常に困難になった。 そこで、政府は2020年4月7日に閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」により布製マスクを一般家庭に配布した。 (中略)マスクの購入費用として政府は1枚当たり260円程度かけており、全世帯2枚ずつの配布を行うには466億円がかかる見通しという...... 」 以下、長々と記述が続くが、いったい何が問題になっているのか。 そもそもウィキペディアは多くの執筆者が記事(項目の解説)を執筆する。 しかし、内容の誤りや個人の中傷などの問題も生じるため、項目ごとに「削除依頼」のサイトがあり、そこに記述内容に問題個所があると、意見を書き込むことができる。 それに対して、執筆者や記事の存続を望む人から回答やコメントがあり、双方で論戦を繰り広げる。 もちろん、ウィキペディアにはプライバシーの侵害、明らかな事実誤認など「即時削除の方針」も記載されており、それに合致すると管理者(削除などの権限をコミュニティーから認められたユーザー)が即座に削除する仕組みだ。 しかし、今回は非常に多岐にわたる論点で細かな応酬が重ねられており、管理者は論争の行方を見守っているようだ。 論争の中身をみると、問題点はざっくり言うと執筆内容に「アンチ安倍首相の政治的な偏向が見られる」ということらしい。 削除要求者の一人は、そもそも「アベノミクス」を用語の項目として取り上げるのがおかしいと、こう主張するのだった。 「新聞報道においても批判や皮肉として用いられていると言及されているように、一時的な語句であることが否定できません。 現在進行中の事象であり、将来的に何等かの分析が行われた後ならともかく、現時点においては記事内容を見ても独立記事として存続させる意義を見出せません」 まだ、歴史的な評価が定まっていないということのようだ。 さらに「まず安倍批判ありきで中立的はない」という主張が多くみられた。 「記事に参加している人(編集部注:執筆者たち)の多くは安倍政権批判ありきで中立的視点から記載しようという姿勢が欠如しているように思えます。 これが非自民政権の政策だったら当該編集者が同様の執筆をしたのか個人的には疑問です」 「少なくとも今回のマスク配布に好意的な意見もある訳ですし、政府としては『医療機関にサージカルマスクを優先的に回すため』にこの施策を行なっている訳で、そちらへの言及が前提になるべきです」 「保守的と言われる産経新聞も使っていますよ」 これらの意見に対して、執筆者や項目の存続を望む人々は、こう反論する。 「アベノマスクという用語はたくさんのメディアにあります。 AFPから朝日から、おそらくすべてに近い日本語メディアに見られます。 ある意味、一つの社会現象ですし、保守的見地から不快に感じるのであれば、布マスクを配ることが防疫に役立つという意見を、出典を挙げつつ紹介することもできるわけです。 どちらの視点から書くこともできますが、それは今後ご参加下さる書き手さんに期待したいと思っております」 「ニュース記事検索をしたところ、アベノマスクと題するメディアの記事が100件以上、出てきました。 保守的と言われる産経新聞にもその表題の記事がありますし、アベノマスクという用語が実在し、広く使われていることは疑いないのですから、用語を説明する記事を作ってよろしいと思います」 これに対して削除派は、こう記述している。 「蔑称である『アベノマスク』では記事名として不適切すぎます」 差別語だから載せるべきではないというのだ。 存続派は、こう反論する。 「政府がこのマスクに正式名称をつけるまではアベノマスクでよろしいかと思います。 例えば、『匈奴』という項目がありますが、これは古代に中国人がモンゴル高原の民族を指して付けた蔑称ですが、他に名称がないためにその名前で記事になっております」 「アベノマスクは蔑称でしょうかね? あだ名であることは、間違いないですが。 まあ、いいのではないでしょうか。 古代ローマの皇帝ウェスパシアヌスが、公衆トイレを使う市民から料金を取るようになると、市民たちは以後、公衆トイレをヴェスパシアーノ(Vespasiano)と呼ぶようになったそうです。 イタリアでは現代でも男子公衆トイレのことをそう呼ぶそうですが、人間の歴史ではそんなことは、ままあることです」 などと論争は古代中国、古代ローマの歴史にまで飛んでいるのだった。 「アベノマスク」がウィキペディアから削除されるのかどうか、しばらく目が離せない。 (福田和郎).

次の

アベノマスク2枚配布に経費466億円と判明し物議!「アイリスオーヤマは10億円の投資で月6000万枚なのに」

あべの マスク 費用

安倍政権が、新型コロナウイルス対策として全世帯に布マスク2枚を配る経費が、何と466億円と見積もられていることが9日、分かった。 これまでは200億円程度とみられており、実際は2倍以上の費用がかかることになる。 国民のマスク不足はいっこうに解消されない中、「アベノマスク」とやゆされる政策が、その額に見合ったものであるのか、議論を呼びそうだ。 政府から総額が示されると、想定外の額に「えー」などと、どよめきが起こった 政府側の説明によると、配布には、公表済みの20年度補正予算案で明示していた233億円に加えて、20年度当初予算の予備費からも233億円を充てる。 枚数については、余裕を見込んで1億3000万枚と想定しているという。 マスクの単価は1枚200円程度と受け止められ、事業費も200億円程度とみられていた。 しかし立憲民主党の蓮舫参院幹事長に対する政府の説明では、マスクは1枚260円で買い上げ、費用は338億円になる。 残りは日本郵政の配送費やパッケージ代などという。 蓮舫氏は自身のツイッターで「マスク生産可能工場への設備投資や支援などに回した方が現実的」と指摘。 「まだ間に合う。 見直すべき」と、ただしている。 マスクをめぐっては菅義偉官房長官が、この日の会見で「迷言」を展開。 配布する1億枚が洗濯によって平均20回使われれば「使い捨てマスク20億枚分の消費を抑えられる」というナゾの試算を披露。 野党は緊急経済対策が不十分だとして「そんなことをやっている場合か」と反発している。 アベノマスクは来週以降、東京など感染者の多い地域から配布が始まる。 菅氏は会見で、多くの人にマスクをしてもらうことや医療機関などに必要な量を届ける狙いに触れ「代替できる手段はない」と語ったが、果たして…?。

次の