キョダイマックス ラプラス 育成論。 【ポケモン剣盾】ラプラスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ラプラスの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

キョダイマックス ラプラス 育成論

ポケモンソード・シールド(剣盾)でリザードンのいる環境が良くなったので隠れ特性サンパワーが使えるので人気が上がっています。 最強の育成方法、 おすすめのリザードンの型、色違いなど紹介致します。 【ポケモン剣盾】リザードン育成論・夢特性・対策【レイド】 キョダイマックスの姿 入手場所:クリア後にホップの家でヒトカゲ入手 レイド出現場所:げきりんの湖に岩の円が出来ている中心の巣穴(太い光) どちらで入手しても キョダイマックスすることができますが、巨大マックスはランクバトルで使用できないので孵化をして通常のリザードンを育てる必要があります。 5倍 サンパワー(隠れ特性):天気「日差しが強い」と特攻1. 種族値 ・努力値配分 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 78 84 78 109 85 100 534 特攻252・素早さ252で残りはHPか特防に努力値を振ってもいいでしょう。 タイプ相性・持ち物 倍率 タイプ 4倍 岩 2倍 電気・水 0. 5倍 炎・鋼・フェアリー・格闘 0. 25倍 虫・草 無効 地面 オススメ持ち物は、 弱点保険(弱点を攻撃されたときに特攻・攻撃2段階UP) ものしりメガネ(特殊技の威力1. ガラル鉱山 戦い方・使い方 基本はダイマックス ダイマックスさせるポケモンとしてパーティに入れる。 ダイマックスをすることで耐久が大きく上がるので、弱点を攻撃されても耐えることが出来る。 5倍になる。 また「日差しが強い」状態だと ソーラービームが準備ターン無しで打てる。 そして草ダイマックス技「ダイソウゲン(ソーラービーム)」は 水タイプなど弱点ポケモンで応戦してきたときも有効打となる。 バンギラス:特性「すなおこし」で場を砂嵐にして「日差しが強い」状態を無効にし岩技 ドサイドン:レベル75で覚える「がんせきほう(岩・威力150)」 色違いリザードン 色違いは黒いリザードンになります。 多くはヒトカゲ色違いを孵化させます。 かなりレアですがマックスレイドにも出現します。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックスを解説!キョダイマックス可能なポケモンと技【ポケモンソードシールド】

キョダイマックス ラプラス 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるラプラスの育成論と対策について掲載しています。 ラプラスのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 壁展開のためにダイマックスを切る事にはなってしまいますが、それ相応の価値がある優秀なキョダイマックスポケモンだと言えます。 対雨パへの最適解 特殊なこおり技「フリーズドライ」によって雨パの起点やエースに対して強力な打点を持ちます。 雨エースを完封する特性「ちょすい」や事故をなくす「シェルアーマー」、ねむると相性の良い「うるおいボディ」によって 選出段階での圧力は計り知れません。 高威力の技を主体に組み込むことでダイマックス技の威力を最大限引き出すことを狙っています。 ダイウォールにもなるねむるは特性のおかげでダイストリームによって降らせた雨で即時回復が見込めるため場持ちが良く強力なポケモンです。 安定した高火力が期待できるいのちのたまや、かわらわりが飛んで来ることを考慮した弱点保険などのアイテムの相性が良いポケモンです。 調整について 壁を貼ることで耐久が高まるので耐久よりも火力と素早さに重視しています。 これは上から壁を展開することで最硬にするよりも高い耐久を実現可能なためです。 素早さは準速バンギラス 113 のラインを抜ける114まで伸ばしています。 最速ラプラスの123という素早さまで伸ばすメリットが少なく、中には抜かれていた方がいい場面も多いためです。 HPをいのちのたまと相性の良い10n-1まで伸ばしつつ、壁破壊に来るかわらわりやサイコファングへの耐性を持つように物理方面に厚く振っています。 調整について HPはたべのこしの効率を重視し、16n調整にしています。 特防には196振り分けることで特化メガネロトムの10万ボルトを確定耐え、特化ニンフィアのハイパーボイス確定3発ラインへ調整しています。 物理方向には特化ドリュウズのじしんを確定3発ラインまでの耐久があるため、天候やダイマックスを活かし相手に圧力を掛けます。 耐久が高いため苦手なかくとうタイプといわタイプ以外には活躍できる機会が多く、一撃技も採用しているので受けポケモンに対しても強く出ていくことができます。 ちょすいを採用しているため特にみずタイプには強く、ウオノラゴン ・ドヒドイデ・ヌオー・ガマゲロゲなどが出てきた場合には必ず活躍してくれるでしょう。 調整について HP:16n-1にして天候や状態異常のダメージを最小にしています。 防御:ドリュウズのいわなだれを確定3発ラインに調整しています。 素早さ:4振りバンギラス抜き調整にしています。 あまりの努力値を特攻と特防に振っています。 特にギャラドスやヌオーなどは4倍弱点となるため要注意です。 キョダイセンリツをされてしまうと突破が難しくなるだけでなく、数的不利な状況に追い込まれる可能性が高いです。 壁対策のポケモンやケアをしておくことで対策をしましょう。 対策方法 ダメージレースを優位に ラプラスはHPが高く耐久力に優れています。 並みのポケモンでは殴り負けてしまうことが多いので、他のポケモン以上にこうかばつぐんを意識したほうが良いでしょう。 しかし、じゃくてんほけんに注意する必要がある点は頭に入れておきましょう。 上記の育成例は完全に耐久特化にしていますが、特攻へ振ることで対面で勝ちにくる型も多いです。 壁に頼り、その分薄くなった耐久に対して高火力技で圧力を掛けていきましょう。 キョダイセンリツには壁対策をしておく 今作御三家のエースバーンが使用できる「コートチェンジ」で壁を奪ってしまうのも有効です。 選出時にいるだけで壁パへの圧力になるポケモンです。 バリコオルの特性「バリアフリー」や技「かわらわり」による壁破壊も有効で仕事をさせないことで処理はしやすくなります。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 こおりのつぶてのダメージを意識したい場合は攻撃は高い方が良いですが誤差程度です。 また、ほろびのうたを使用する場合には素早さが低い方が有利です。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックスを解説!キョダイマックス可能なポケモンと技【ポケモンソードシールド】

キョダイマックス ラプラス 育成論

この育成論では、努力値、個体値などの非公式用語を使用します。 能力を HABCDS と省略します。 DM ダイマックス などの略語を使用します。 初投稿です。 優秀すぎるキョダイ技を持っているのにレートで解禁されていないためか、 育成論が投稿されていなかったので、書きました。 お手柔らかにお願いします。 コンセプト 元から高い耐久を固有技キョダイセンリツで更に引き上げ、微妙に足りない火力を試行回 数で補完し、あわよくば後続もサポートしてしまおうと言う欲張り育成論です。 キョダイセンリツとは、ラプラスキョダイマックス時の固有技 こおり で、ダイアイス と違って「あられ」ではなく「オーロラベール」を張ることができます。 オーロラベールは敵の物理攻撃と特殊攻撃を半減させます。 現状、攻撃と同時にオーロラベールを張れるのはこいつだけです。 努力値 H228 C252 S28 オーロラベールで耐久が上がるので、C 極振りです。 タイマンでバンギに勝つためにはヤツよりも早く動いて、壁を張る必要があるため、ポケ 徹でも大人気の S12 バンギラス抜きで調整しています。 余った 228 はすべて H に振ります。 後半にダメージ計算を載せていますが、かなり堅くな ります。 性格 ひかえめ 持ち物 壁の持続ターンを伸ばしたいので、ひかりのねんどで確定です。 特性 シェルアーマー推奨です。 急所事故による壁効果無効を防ぐことができるため、壁張りというコンセプトに最も適合 しています。 コンセプト上、水読みの受け出し運用は想定していないため貯水は不採用。 うるおいボディはダイストリームとの相性が良いため、一考の価値ありですが、状態異常 と急所のリスクを天秤にかけると、後者に軍配が上がる気がします。 技構成 フリーズドライ 水タイプにも抜群を入れられる優秀なタイプ一致技。 要遺伝 うたかたのアリア みがわり貫通できる優秀な音技。 デメリットとして、ぼうおんの相手には効かないこと、 相手のやけどを治してしまうことが挙げられますが、1現環境の防音持ちにはフリーズド ライの方がダメージを出せること、2先発で投げることが多いので、そもそも敵がやけど を負っていないことを鑑みると、採用するデメリットはほぼ無いといえます。 この技を覚えているラプラスを見つけることがとにかく難しいので、場合によっては「な みのり」で妥協しても良いでしょう。 かみなり ダイマックス時、フリーズドライが水タイプに抜群をとれなくなってしまうので、その間 の水タイプへの打点として。 10 万ボルトと比べ命中に不安がありますが、雨天必中なので、この型とは相性が良いです。 アーマーガアも処せます。 ちなみに、かみなりの方がフリーズドライよりもダメージを出せるので、雨天環境下であ れば、こちらを積極的に撃つと良いでしょう。 ぜったいれいど 突破できない受けループポケモン等への打点として。 割と使う機会が多いです。 PP は増やしておきましょう。 候補技 こおりのつぶて 零度との交換候補。 仕留め損ねた相手を処すために。 A に振っていないので火力がきわめて低いです。 零度を撃ちたい場面の方が気持ち多い。 10 万ボルト かみなりと交換 雨がやんだ後どうしよう!? という心配性な方向け。 冷凍ビーム フリーズドライと交換 フリーズドライよりダメージがでるなら、かみなり撃つわ! という運に自信のある方向け。 その場合ヌオーやトリトドンに4倍弱点を入れられなくなります。 立ち回り 先発で投げます。 「相手にダメージを入れつつ、壁を張ること」が最低限の仕事ですが、 どんな相手が来ても初手 DM することで大抵一撃は耐えることができます。 以下が理想的な動きです。 1ターン目 2 ターン目 3 ターン目 キョダイセンリツ 弱点が突けない場合はダイストリーム ダイストリーム 雨天のためダメージ UP 2ターン目以降はダイストリームを推奨していますが、弱点を突ける場合は積極的につい てかまいません。 相手の控えにねむりわざを撃つポケモンがいる場合は、ダイサンダーもおすすめです。 対面で倒せない受けポケモンが出てきた場合は、こちらを積極的に攻撃してこない相手に オーロラベールのターンを消費したくないので、DM せずにぜったいれいどを撃ちましょ う。 ダメージ計算 非ダメージは DM ラプラスで計算しています。 また相手より早く動ける場合のみ、壁込みの値で計算しています。 ドラパルト 与ダメージ キョダイセンリツ 142. たつじんのおび 与ダメージ キョダイセンリツ、ダイストリーム 60. 下書きを投稿しても読んでもらえないと意見は貰えないと思うので、読みやすくするよう頑張ってください。 初投稿とのことで、TOPページに「ご利用マニュアル」があるので最初にそこで装飾機能を学ぶことをお勧めします。 装飾機能や改行を工夫なさることを強くお勧めいたします。 内容についてですが、育成論とは、基本的に型だけを紹介するものではなく、具体的な立ち回り 運用 やその役割をその種族が担う必然性 採用理由・差別化 およびその長所と短所など、論で述べる型にまつわる考察を論理立てて述べるものです。 まずは読み手の目を意識したレイアウトを完成させ、次に考察記事としての体裁を整えるべく内容を追記・修正なさると良い物になるかと思います。 まず、バンギラスに勝つ為にSに振ったとありますが、バンギラスのダイマックスによる耐久上昇を考慮できていません。 他の60族との兼ね合いもあるのでSに振ること自体を否定する訳ではありません まず前提として、この論で考慮すべきバンギラスは恐らくHA特化だと思われます。 AS振りの場合上から殴られるのでそもそも勝てず、起点作成はそもそも非考慮のように見えますし、チョッキであれば与ダメが悲しいことになります。 オーロラベールを貼ったところでこのラプラスはA特化バンギラスから乱数3発 92. これでは砂ダメ込で確定3発です。 また、弱保であればダイストリームのおかげでAが上がるので砂込み2ターンで倒されます。 それに対しラプラスからH振りのみのバンギラスへのダイストリームは砂下で乱数3発 22. ベールが残るので後続での処理は可能かもしれませんが、弱保型の場合ベールで弱保分が実質打ち消されるだけですし、バンギラスの体力もかなりの量が残るので2体目にもある程度の負担がかかってしまうでしょう。 また、CSを振った後残りの228をHに振ったのには明確な理由があるのでしょうか?単純に固くするだけならHを156に留めて、残りをBDに振り分けた方が耐久指数は高くなるはずです。 ご確認ください。 最後に、ダメ計の載せている基準がよく分かりません。 ドラパルトはラプラスに打つならダイホロウでしょうし、対ドラパを載せるならミミッキュやドリュウズあたりの環境に多いポケモンのダメ計は最低限載せるべきかと思います。 長文になり申し訳ありませんでした。 参考にしていただければ幸いです。 」とありますが、はねやすめ連打されたら普通に耐えられます。 本育成論のラプラスがH252アーマーガアにかみなりを当てると与ダメは下記になります。 更に言うなら、はねやすめされたターンはダメ計時にひこうタイプが付与されないので、かみなりは弱点属性でなくなり更に与ダメが下がります。 また、論中に記載されている与ダメ被ダメの計算結果もドラパルトとヒヒダルマしか記載されておらず、もっと多くのパターンを記載すべきかと。

次の