ポラス 注文 住宅。 ポラスの評判と坪単価を徹底解説※実際に注文住宅を建てた人の感想

注文住宅・建て替えを埼玉・千葉・東京でお考えならポラスグループ

ポラス 注文 住宅

Contents• ポラスというハウスメーカーについて photo by polus 我が家が建てた家はポラスというハウスメーカーになります。 本社は埼玉県で主に首都圏(東京・埼玉・千葉)で住宅事業を展開しているという特徴があります。 首都圏以外の方は知らない方がほとんどだと思います。 歴史的には創業50年以上のハウスメーカーで分譲住宅(建売)のイメージが強いです。 ポラスは街並みに力を入れている 分譲住宅というと何十棟も同時期に建つため見た目も同じで、個性がないと感じるかもしれませんが、ポラスの分譲住宅は上記の画像のように 街全体をデザインしているというところが大きな特徴だと思います。 分譲住宅の中に同じ家がほとんどないのでは?と感じるくらい考えられていると思いました。 隣のお家と窓の位置をずらしてプライバシーを考慮して建てていたり、お家によって違う大きさの窓を使っていたり。 けれども街全体で統一感があるので素敵だなと思います。 夜になると分譲住宅全体がポーチのところにある灯が点灯するため、街全体がものすごく明るいです。 ポラスの注文住宅について ポラスグループでは 注文住宅の事業も行っています。 我が家は元々はポラスの街並みやコンセプトが気に入り分譲住宅を探していましたが、親と同居するという目的もあり建売の間取りでは希望の建物が見つからなく注文住宅になりました。 そんな建売住宅に近い注文住宅で建てたいという希望があり相談したところ、 ポラスの中でもローコストを売りにしているMOK HOUSEで建てることになりました。 注文住宅では6つのブランドがあります。 過去の住宅のプランから間取りを選択することができるため、リーズナブルな価格で提供できるとのことです。 我が家の場合は過去のプランを変更して作っていただいたため、新規プランとしてモクハウスのプランに追加されたと思われます。 我が家が建てた時の流れとしてはMOK HOUSEの方で準備された間取りプランを決める。 外観、設備、オプションなど選択していきます。 そこから変更したい間取りの相談を行っていくという流れになります。 最初に簡単な見積り金額がわかります。 我が家の場合は間取りを大きく変えたため見積りの金額より大幅にアップしました。 本当に準備されたままのプランで進めた場合はおそらく1,200万とかで収まるのではないかと思います。 我が家の建物の価格は1,550万なので真ん中くらいということでしょうか。 土地探しの大変さを吸収してくれるのが良いです。 建売住宅のように分譲地に注文住宅で建てられるという良さがあります。 ポラスグランテック ポラスグループ唯一の鉄骨造・RC造建築が特徴。 「賃貸併用住宅」や「店舗併用住宅」を提供する。 ご自宅を建てられる際に自宅併用賃貸住宅などでお考えの方はこちらのブランドが得意な分野のようです。 ポラスで建てた理由 ポラスで建てた理由として、建売を探していた時に対応してくれた営業の方がとても良かったという記事を以前に書いているのですが、その他に ハウスメーカーとしての魅力もありました。 まずは価格です。 注文住宅でも建売住宅と変わらないくらいの費用で建てられるということ。 元々は建売を探していたため予算も少なめでしたが、予算内で注文住宅で建てられるということが重要でした。 一戸建ては欲しい。 でも予算内で希望の間取り。 安心して住める。 信頼のあるハウスメーカー・工務店。 この 条件をクリアできたのがポラスでした。 さらに独自で開発した耐震の検証システム「ウッド・イノベーターNEXT」で事前に大地震の時の状況を確認でき安心できるという点です。 ローコストで建てたい方 モクハウスをおすすめな方を上記にリストアップしてみました。 建物は安い場合は990万〜と公式には書いてあるのでローコスト住宅であるということがわかると思います。 ただし建物の大きさなど、プランによって1,000万のもあれば1,200万のもあるので間取りやプランしだいというのがあります。 我が家の場合は建物は32坪くらいだと思います。 ポラスで建てるプランの中では大きめの方だったため1,550万という価格でした。 また土地は自分で探していたため(もちろんポラスにも同時に探してもらっていました)、時間もかかりましたが希望の場所に建てることができました。 ポラスで検討している場合は、ぜひ 建売住宅をみた方が良いです。 おしゃれで参考になる部分がたくさんあります。 部屋の作り方も分譲住宅一つ一つ違うため見ることが可能な建物は全て見た方がよいです。 MOK HOUSEの場合はオプションには制限があります。 例えば浴槽をTOTOにしてキッチンをpanasonicにしてと考えていてもモクハウスで対応しているオプションしか選択できないため、オプションに強いこだわりがある場合は満足できない場合があるかもしれません。 我が家の場合は選択できるオプションで満足できるくらいのこだわりしかなかったためモクハウスで不満はありませんでした。 ポラスの建売を検討していた方 建売を検討していて 理想の間取りが見つからない、また 建売が希望の場所に建っていない場合は自分で土地を探してモクハウスで建てるという選択肢もあると思います。 地震に強い家に住みたい方 最近は地震に関しては多くのハウスメーカーも対策ができていると思うので安心かと思いますが、ローコストでもしっかり構造計算までしてくれるため安心してローコストで建てたいという場合はおすすめです。 ローコストで最低限の性能を求める方 高気密・高断熱など高性能ではないかもしれませんが、暮らすのに十分な性能で建ててくれます。 年収が少なめで不安な方 年収に関してはローコストなので、年収に見合うくらいの家を建てるしかないと思うのですがローコストなので何とかなります(適当) ポラスで家を建ててみて ポラスグループのモクハウスで家を建ててみた感想は 十分満足できる家が建てられたということです。 もちろん予算が多ければ他のハウスメーカーで検討したり、もっと高性能の家を建てられたりというのはあるかもしれません。 ローコストで家を建てる方は限られた予算で少しでも良い家に住みたいという方が多いと思います。 そのような方はポラスのモクハウスはおすすめできるかなと思います。 最初他のメーカーが建てた建売を見にいったのですが、安いだけではないかと不安になったことがあります。 同じように思った方、ただ安いだけの家は心配という方は検討してみてください。 注文住宅の難しさは土地探しだと思います。 多くの方が土地を探しています。 予算・場所・広さなど条件に合う土地が出てきて買える確率は高くないと思います。 土地を持っている場合は問題ないですが、これから探す場合はまず見積りが出た時点で住宅ローンの審査を受けておくことをおすすめします。 我が家の場合、土地が出てきてから住宅ローンの審査をしたため、先に他の方に契約されたという経緯があります。 今後はWEB内覧会や予算なども公表できたらと思っています。 その時にまた訪問してみてください。

次の

ポラスの注文住宅の評判や口コミは?坪単価や値引きの裏技も紹介!

ポラス 注文 住宅

新築に住んで3ヶ月。 外構工事の直し対応がまだ終わりません。 この時点でけっこうひどいと感じる方も多いと思います。 施工に問題があったら優先して対応するのが当然のはずですが、お金を払ったお客に対しては対処もアフターメンテナンスも後回しになることが多いです。 正直、家の値段が安い高いで満足度は変わらないと思います。 今の家は安くても暖かいし、間取りや設備にある程度の不満があっても住んでいると慣れてきて特に不満も感じなくなるといいます。 我が家の場合は施工に問題があって、やり直してもらったが予定通りに直してくれない上に、雑に直されて再度やり直しという状態で、もう ポラスで家を建てたのを後悔しているくらい対応もが良くないと感じています。 このようなハウスメーカーで建てると本当に精神的に辛くなります。 設計ミスや雑な施工で数千万使ったと思うと悲しくなります。 我が家の場合は、以下の関連記事の外構の問題が後悔する大きな理由ではありますが、他にも理由はあります。 Contents• ポラスで建てて後悔 ポラスで建てて後悔した理由はいくつかあります。 すべてがダメで建てなおしたいというわけではありませんが、あまり良くなかったと思う点が多かったと感じています。 一番の問題は外構問題で冒頭にある関連記事で詳しく書いているのですが、3ヶ月たってもまだ解決していません。 もういい加減嫌になっています。 もし家を建てる前に戻れるならポラスでは絶対に建てないでしょう。 外構以外でポラスを選ばない理由を書いていきます。 ポラスで建てた我が家は耐震等級2相当である 我が家が建てたポラスの注文住宅は耐震等級2相当です。 それは契約時の書類にも記載があり契約しているわけなので、契約上は問題ありません。 ポラスは耐震には力を入れており、「倒壊シミュレーション」というソフトで地震の時に耐えられるかを事前に検証することができるということ、また全棟構造計算を行っているということで耐震等級2相当でも安心できるレベルだと自分も判断したので契約したわけです。 何年に一度くらい大地震が起きて倒壊している家を見ると心配になるので、耐震に力を入れているポラスなら安心と思いました。 実際に耐震に関しては安心できると思います。 ただ、問題は 「耐震等級2相当」。 相当という2文字が問題でした。 これは特に説明がなかったので家が完成する時期までわからなかったのですが。 耐震等級というのは証明書をとってはじめて耐震等級2、耐震等級3と名乗れるわけです。 つまり我が家の場合は耐震等級2のような感じです。 耐震に不安があるのではありません。 影響があるのは火災保険や地震保険です。 最初ポラスで火災保険に申込しました。 その時に担当者に以下のように伝え見積りをお願いしました。 ネットで調べると耐震等級「相当」で建てているハウスメーカー、工務店はけっこうあるみたいです。 さすがに大手のハウスメーカーでは見つかりませんでしたが。 耐震等級2相当の何が問題なのか? 耐震等級の証明書を取得するためには数十万円の費用がかかるそうです。 「相当」を語ってはいても保障はないということです。 耐震等級3相当と言っていても耐震等級1くらいの耐震となっていてもおかしくないということです。 誰も検査していないので。 ただしポラスの場合は構造計算もしているし耐震でごまかすということはないと思います。 というか思いたい。 問題なのは家の知識がない人にしっかりと「 相当」ですと説明しないことです。 ポラスを信用できなくなっているので証明書を取得するのに数十万なら払っても検査してほしかったと思っています。 数十万でも耐震等級の証明書を取得しておけば、安心と火災保険も安くなり取得するメリットは十分あります。 証明書を取得していない「相当」を語る物件は耐震等級1と同等という方もいます。 これがポラスで建てて後悔した理由2つ目です。 (一つ目は外構の問題) ポラスの家に住んで3ヶ月。 不具合が多すぎる ブログ執筆している現在は入居して3ヶ月。 今までいろんなところを直してもらっています。 不具合が起きている(いた)部分• 開き戸の3箇所に留め具の不具合あり(対応済)• 食洗機が動作しない(対応済)• 玄関のドアキーが動作しない(対応済)• 油はねガードの設置忘れ(対応済)• 外構の設計ミスからの雑な施工( 未対応3月対応済)• 立水栓に初期から傷(交換未対応)• フローリングにすき間があり下が見える(未対応)• 引き戸のソフトクローズの不具合( 未対応3月対応済)• テレビのアンテナの不具合( 未対応) ざっくりと3ヶ月でこれだけの不具合があります。 なぜこれだけ不具合が出てくるのでしょう?これが4千万弱で建てた家です。 3ヶ月住んだ今(正確には2ヶ月と3週間くらい)も家が完成して落ち着いたという感じは一切ありません。 いつも何か不具合箇所の対応を待っているという状態です。 ローコストで建てるからそうなると言われたら、何も言えないのですがポラスのローコストで建てた我が家は4千万まではいかないくらいの費用なので、それほど安い、ローコストというほど安くはないと思っています。 費用は以下の関連記事で公開しています。 このくらいの費用で建てた家で不具合ばかり起きているので、ポラスで建てて失敗したと思うのは当然でしょう。 これが3つ目の理由です。 結果、一般的なアンテナが付くつもりでいたが、オプションのため付けてくださいと言わなければつかないらしい。 アンテナの話はしていたのになぜ「一般的なアンテナつけますか?」という流れにならないのか意味不明。 5ヶ月経過しましたが何も点検なしの状態です。 ポラスで建てた注文住宅で後悔した点についてまとめ ポラスの家に住んで3ヶ月。 ローコストと言っているが、それほど安くない上に不具合も多い。 そして我が家は耐震等級2相当で信頼もない。 安心もない。 特に外構の問題に関しては設計ミスから始まり、簡単な工事に変更してトラブルに発展しました。 外構も見積りを取りますが、今回は見積り時よりも簡単な工事になっていても、その差額は返ってきません。 これはハウスメーカーとしては完全にアウトです。 我が家にとっては安かろう悪かろうでした。 こうなるのなら大手のハウスメーカーで建てた方が良かったと思いました。 建ててしまった家には住むしかないので、とりあえず早く不具合の対応してもらいたいということと、外構の件に関しては謝罪やお金を返していただきたいです。 これから家づくりされる方には、このような家にならないことを願います。

次の

ポラスの評判 ポラスの口コミ|ハウスメーカーの評判

ポラス 注文 住宅

「ポラス」と聞けば、注文住宅よりもまずリフォーム、というイメージを 抱かれる方も多いのではないでしょうか。 ポラスで扱う注文住宅は、坪単価38万円前後。 他社のものにくらべて、2〜4割ほど安い価格帯になっています。 建築素材である木材が特徴的で、 同業他社への供給率が何と9割。 この生産量は日本NO1です。 最大規模の振動実験装置によって確かめられた地震への強さは、 地震頻発地帯にはもってこいです。 またリフォーム業者としての活躍も大きいので、 将来的に補填や改良を考えている人には向くでしょう。 施工はいい加減。 しかし、対応は誠実。 しっかりチェックを ただし、当然欠点もあります。 それは細かいところの作業がいい加減なこと。 特にクロスのはがれ、床の傷などが問題になるケースが多く、 しかも引渡し前の説明は、器具や機材の使い方に終始します。 雑で全体的な技術が未熟で、多少不安が残ります。 しかしこれは、解消する事が可能です。 どこの業者でも、引渡し前にチェックをいれますよね? ポラスにおける施工主チェックには時間制限がなく、隅から隅まで調べられます。 またポラスの方もそれを望んでいるという姿勢です。 そこで発見した傷やクロスのたるみなどは、もちろんしっかり直してくれます。 ごねたりごまかしたりせず、早く対応してくれます。 トラブルが起こってもその度に誠実に返答をくれる姿勢は、 格安メーカーとしては支持すべき点でしょう。 裏を返せば、自分で細部までチェックできない人にとっては、 かなり地雷となるメーカーです。 ここに頼むつもりなら、一部屋を20分以上かけてチェックするというくらいの 気構えを忘れないで。

次の