謹賀新年 意味。 謹賀新年と恭賀新年の違い!ビジネスで使うのはどっち?

「謹賀新年」「賀正」「迎春」等の意味の違い・年賀状での使い分け方

謹賀新年 意味

まず質問の4次熟語の意味は 謹賀新春 :謹んで新しい年をお祝い申し上げます 恭賀新年 :うやうやしく新年をお祝い申し上げます です。 さて、お祝いのことば、祝詞(本来は年賀状には限りません)のことを賀詞と言います。 賀詞の主なものと意味を紹介します。 1文字の賀詞 ・寿 :めでたい ・福 :幸せ ・賀 :祝い ・春 :新年、年の初め ・禧 :よろこび 2文字の賀詞 ・賀正 :正月を祝う ・賀春 :新年を祝う ・頌春(しょうしゅん) :新年をたたえる ・迎春 :新年を迎える ・慶春 :新年をよろこぶ ・寿春 :新年を祝う ・初春 :新しい年、年の初め ・新春 :新しい年 「賀」が含まれる賀詞は相手に対してお祝いを伝える感じになり、「春」がつく賀詞は春になりましたね という感じになります。 「春」が新年をあらわすのは、昔は立春頃から新年が始まり、1月~3月を春としていたからです。 4文字の賀詞 ・謹賀新年 :謹んで新年をお祝い申し上げます ・謹賀新春 :謹んで新しい年をお祝い申し上げます ・恭賀新年 :うやうやしく新年をお祝い申し上げます ・恭賀新春 :うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます ・敬頌新禧(けいしょうしんき) :うやうやしく新年のよろこびをおたたえ申し上げます 文章の賀詞 ・明けましておめでとうございます ・新年おめでとうございます ・新春のお慶びを申し上げます ・謹んで初春のお慶びを申し上げます ・謹んで新春のご祝詞を申し上げます さて、それでは年賀状にはどれを使用したらよいのでしょうか?それは、受け取る相手によって異なります。 もともと、賀詞の基本は「謹賀新年」「恭賀新年」「敬頌新禧」などの4文字からなるもので、「謹(謹んで。 相手を尊ぶ)」「恭(うやうやしく。 礼儀正しく丁寧)」「敬(尊んで礼をつくす)」「頌(ほめたたえる)」といった相手の方への敬意と丁寧な気持ちを表す語が入ることで、礼儀にかなった挨拶の敬語となります。 ところが、漢字1文字の「寿」「福」「賀」などは「おめでたいことです」といっているにすぎませんし、漢字2文字でも「賀正(正月を祝います)」「迎春(新年を迎えました)」「新春(新しい年です)」といっているだけで、相手に対する敬意や丁寧さに欠けてしまいます。 だから、漢字1文字や2文字のものは目上の方には使わないほうがよいとされているわけです。 整理をすると、 【相手が目上の場合】 ・「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字の賀詞 ・謹んで新春のご祝詞を申し上げます ・謹んで初春のお慶びを申し上げます 【相手が目下・友人の場合(目上の人に使ってはいけないもの)】 ・「寿」「福」など1文字の賀詞 ・「賀正」「迎春」など2文字の賀詞 【相手を選ばず使える賀詞】(相手が目上の場合の賀詞もOK) ・明けましておめでとうございます ・新年おめでとうございます ・新春のお慶びを申し上げます ・Happy New Year 以上の事を参考に相手により使う賀詞を選んでください。 業者に印刷を頼む場合などは内容を統一しなければならないので、 相手を選ばず使える賀詞、または相手が目上の場合の賀詞を用いると無難です。

次の

「謹賀新年」の意味とは?いつまで使えるのか・目上に失礼かも解説

謹賀新年 意味

「謹賀新年」は「きんがしんねん」と読み、謹んで新年のお祝いを申し述べるという意味です。 謹賀という漢字から伝わるように、お正月がきたからめでたいと手放しに喜んで発する言葉ではなく、礼儀正しく丁重に、かしこまってというニュアンスがあり、相手に対する敬意を表す言葉です。 「謹む」と「慎む」の違いは? 「謹賀新年」の「謹」は「謹む」「つつしむ」と読み、一般的に使われている「慎む」とは使い方や意味が違います。 「謹む」も「慎む」も「包む」という同じ語源です。 自分の気持ちをストレートに出さず、何かで包むようにして表に出さない、包み隠すというところから控えめな態度が「つつしむ」「つつましい」という言葉の意味になっています。 語源は同じですが、現在では「慎む」は「過ちや軽はずみな行動をしないように、控えめにする」という意味で、一方「謹む」は「相手に敬意を表し、かしこまって」という意味で使われます。 お正月って本来はなに? 日本のお正月とは本来、歳神様を迎え豊作を祈る儀式で、1月1日から3日までを三が日、1月7日までを松の内と呼び、この期間をお正月といいます。 地方によっては1月15日まであるいは20日までをお正月と呼ぶ地域もありますが、現在では3日まであるいは7日までとするのが一般的です。 日本の行事の中で最も古くから行われており、仏教が伝来した6世紀半ばより前から存在していたと考えられています。 「正」の漢字が使われているように、「きちんとする、改める」などの意味があり、1年の最後の日「大晦日」には大掃除を行い、夜には除夜の鐘が鳴らされ、旧年が無事に終わったことへの感謝と歳神様を迎える準備をします。 歳神様を歓迎するために門松や締め飾り、鏡餅などを飾るようになったのは江戸時代からです。 また、現在のような初詣が一般的に行われるようになったのは、明治時代中期からと言われています。 元旦の意味とは? お正月といえば、年賀状の文面の最後に「元旦」という言葉をよく見かけますが、元日や正月とは意味が少し違います。 「元旦」は1月1日という意味の「元日」「がんじつ」の下に「一」と入れて「元旦」「がんたん」と読みます。 「一」は地平線を表しており、地平線から太陽が昇る様を表しています。 よって、元旦とは1月1日の朝という意味で、朝という時間も限定されています。 このため、年賀状に「1月1日元旦」と書くのは「1月1日1月1日の朝」という意味になり、正確には元旦の朝などという使い方も間違っています。 また、1月1日以外の日に届く年賀状に元旦と入れるのも避けたほうがよいでしょう。 「謹賀新年」はどう使う? 「謹賀新年」は主に年賀状で目にする機会が多い言葉ですが、そのほかにもメールや名刺、ポスターや張り紙、CMなどに使われることがあります。 また、最近では自社サイトの有数ページをお正月期間中は「謹賀新年」の挨拶ページにするという会社も多く見られます。 年賀状での「謹賀新年」の使い方 「謹賀新年」という言葉は、年賀状の賀詞としてよく使われています。 年賀状は、日本の伝統的な風習で、平安時代から始まったと言われています。 その頃の習慣であった年始回りを簡略化したものが年賀状のルーツだと考えられています。 明治に入り、郵便制度が始まってから一般的に年賀ハガキを出す風習が広がりました。 日本に近い韓国や中国、台湾でも似たような風習がありますが、欧米などでは年賀状の文化はありません。 よって、外国語で書かれる「ハッピーニューイヤー」という年賀状と「謹賀新年」と書かれた年賀状はニュアンスがかなり違うということを覚えておきましょう。 具体的には、冒頭に「謹賀新年」と少し大き目の文字で書きます。 その後、改行してから本文に移りますが、相手に対する感謝の気持ちや近況報告、健康を願う言葉あるいは新年の抱負などを盛り込むとよいでしょう。 メールでの「謹賀新年」の使い方 最近では、メールで新年の挨拶を済ませるという人も増えてきました。 コスト削減や文字数に制限がないことなどのメリットを考えて、年賀状をメールで送る会社も増えています。 普段からメールを使ってやりとりをしている場合には、メールを使った年賀状はお互いに便利であり、失礼にはあたりません。 しかし、ひと手間かけてハガキでの年賀状を送ってくれた相手に対し、メールで返事をすることは略式になり、特に目上の人に対してはマナー違反となるので注意しましょう。 具体的には、上記の年賀状と同じように使います。 メールで年賀状を送る時には、「メールにて失礼いたします」などの気配りの一言を添えるとよいでしょう。 「謹賀新年」は目上の人に使っても大丈夫? 「謹賀新年」という賀詞を年賀状で使う時、また目上の人に年賀状を送る時、相手に失礼にならないように注意するべきことをいくつか紹介します。 「あけましておめでとう」との重複 年賀状においてよくある間違いのひとつに、「謹賀新年」と書いたうえに「あけましておめでとうございます」と書かれている年賀状があります。 「謹賀新年」という言葉は謹んで新年のお祝いを申し上げるという意味なので、「謹賀新年」と「あけましておめでとうございます」は同じ意味になり、非常にくどい言い回しということになります。 「謹賀新年」に限らず新年を祝う賀詞の多くは、年賀状のデザインのように使われることがあり、中には3つ4つと重複している場合があります。 これはデザインやマークとして使用しているようですが、目上の人に対して使うことはマナー違反となるので注意してください。 句読点は使ってはいけない? 年賀状には句読点は使わないという慣習があります。 賀詞だけではなく、本文にも句読点の代わりにスぺースを空けたり改行などを行って読みやすように工夫します。 これは、句読点をつけることで区切りがつくあるいは縁切りのような意味があり、縁起が悪いと考えられているからです。 年賀状に限らず、結婚式の招待状や案内状なども同じように句読点はつけません。 明治時代以前の日本では、手紙などは毛筆で書かれており、句読点をつける習慣はありませんでした。 活字が使われるようになってから句読点を使用するようになったのですが、相手が読みやすいように補助として句読点を使っていました。 そのため、読解力のある人に句読点を使うことは見下していることになるという説もあります。 年賀状は元旦に届くように 年賀状は、基本的には元旦に相手に届くように出すのがマナーです。 年賀状を元旦に相手に届けるためには12月15日から12月25日までに投函する必要があります。 年末は忙しく、どうしても年賀状を準備するのが遅くなってしまいがちです。 12月25日を過ぎても、郵便番号や住所、氏名を正しく書いて12月28日までに投函すれば、確実に届くというわけではありませんが元旦に届く可能性はあります。 それでも、間に合わなかった場合や、出していない人から届いた年賀状に対する返事を書く時には、元旦という言葉は避け、松の内といわれる1月7日までに相手に届くようにしましょう。 「謹賀新年」の類語とは? 賀詞 意味 謹賀新春(きんがしんしゅん) 謹んで新しい年をお祝い申し上げます 恭賀新春(きょうがしんしゅん) 恭しく新しい年をお祝い申し上げます 敬頌新禧(けいしょうしんき) 恭しく新年の喜びをおたたえ申し上げます 慶賀光春(けいがこうしゅん) 輝かしい新年のお慶びを申し上げます 文章による賀詞 そのほかに、「新年あけましておめでとうございます」や「謹んで新年のお慶びを申し上げます」「謹んで新春のお祝いを申しあげます」「新春のお慶びを申し上げます」などの文章による賀詞があります。 目上の人に宛てる年賀状には、謹んでというフレーズが入っているものを選びましょう。 また、英語による賀詞は正式には使いません。 目上の人に使うことは避け、親しい人にのみ使ってください。 「謹賀新年」はいつからいつまで使えるの? 「松の内」とはお正月の門松などを飾っておく期間のことをいいます。 門松は歳神様が道に迷うことなく家に辿り着けるようにするための目印の意味があり、門松を玄関に飾る風習は室町時代からあったと言われています。 またお正月飾りの中のしめ飾りにも神が占める神聖な領域という意味があり、玄関に飾ることで歳神様に来てもらう目印となります。 そのほか鏡餅は、歳神様へのお供え物として床の間などに飾ります。 ちなみに、お正月飾りは12月26日から28日の間に飾るのが一般的です。 29日に飾るのは「二重苦」、31日に飾るのも「一夜飾り」といって縁起が悪いとされて避けられています。 「寒中見舞い」どんな時使う? 「謹賀新年」は松の内までということは前述のとおりですが、それよりも遅れた場合には「謹賀新年」という言葉は使いません。 お正月飾りを片付け、お正月気分も抜けた頃に「謹賀新年」という言葉は失礼にあたります。 その場合、「寒中お見舞い申し上げます」としましょう。 寒中見舞いは、返事を出すのが遅れた場合や喪中の人宛てに、喪中にもらった年賀状への返事にも使うことができます。 返事を出すのが遅れた場合には、新年の挨拶が遅れてしまったことに対するお詫びの言葉を添えるとよいでしょう。 また、遅くとも節分までには相手に届くようにするのがマナーです。 「謹賀新年」入りの名刺はいつからいつまで使える? ビジネスマンが新年の挨拶回りをする時に、名刺に「謹賀新年」という文字を入れ、取引先を回るというのは最近では定番のようになっています。 「謹賀新年」入りの名刺は、挨拶回りで担当者が不在だった場合に、挨拶に来たことを相手に分かってもらうために置いてくるというのが正しい使い方です。 「謹賀新年」入りの名刺を使うのは、基本的には松の内といわれる1月7日までです。 地域によっては1月15日までの所もあるので、地域の風習に従ってください。 手書きやスタンプは失礼? 「謹賀新年」入りの名刺を印刷した場合、たとえ余ってしまったとしても、松の内以降に使うのは控えましょう。 少量の場合は「謹賀新年」というスタンプを利用したり、「謹賀新年」と手書きで書いても問題ありませんが、スタンプは丁寧に真っ直ぐ押すことがポイントです。 手書きの場合も丁寧に書きましょう。 「謹賀新年」という文字が擦れていたり曲がっていたり雑に書いてあったりすると、縁起が悪い印象を与えてしまい、挨拶回りの意味がなくなってしまうので注意しましょう。 「謹賀新年」の意味を理解して使いましょう!.

次の

謹賀新年と恭賀新年の違い!ビジネスで使うのはどっち?

謹賀新年 意味

謹賀新年の意味と使い方と恭賀新年との違い! 今年も残すところわずかとなりました。 そろそろ年賀状の準備でも始めようか・・と思っている方も多いと思いますが、年賀状って一年に一度しか書かないものだからか、知らない間にマナー違反を犯してしまっていることがよくあるようです。 例えば、挨拶の冒頭で使用する「謹賀新年」。 この言葉の意味を理解して使用している、という方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。 また、謹賀新年以外にも何気なく使用している言葉にも落とし穴があります。 一人前の大人として、年賀状はミスなくしっかりと送りたいもの。 そこで今回は、謹賀新年の意味や正しい使い方についてご紹介したいと思います。 賀正・・・・正月を喜びます。 なお、迎春や賀正は新年のお祝いの言葉を簡略化したものとなっています。 謹賀新年は目上の人に使っても大丈夫? 会社の上司やお世話になった年上の方などに年賀状を送る場合、選ぶ言葉を間違えると、せっかく送った年賀状が返って失礼にあたることがあります。 特に、「迎春」や「賀正」は、年賀状にごく一般的に使う言葉ですが、これは目上の方が目下の人へ送る時に使う言葉ですので、自分よりも年配の方に送る場合は失礼になります。 なお、謹賀新年は目下から目上に使うことができる言葉ですので、年賀状を送る際に言葉選びに迷ったら「謹賀新年」と記入すれば間違いはありません。 謹賀新年と恭賀新年の違いは何? 恭賀新年は 「うやうやしく新年のお祝いを申し上げます」という意味になります。 うやうやしいとは恭しいの連用形で、礼儀正しい様子を表していることから、謹賀新年の謹んで、とほぼ同意語と捉えられています。 一般的には、年賀状を始めとした新年の挨拶には、謹賀新年が使われることが多いですが、恭賀新年を使っても問題はありません。 人と少し違う挨拶をしたいという場合にはおすすめかもしれません。 「謹賀新年」と「あけましておめでとうございます」を併記してもいいの? 年賀状によく、「謹賀新年」と大きな文字で書いた後に続けて「あけましておめでとうございます」と書いてあることがありますが、これは文法的にNGです。 謹賀新年の言葉自体に、新年が明けておめでたいという意味があるため重複してしまうからです。 まとめ いかがでしたか? 迎春や賀正を、年上の方への年賀状に使ってしまった、という方は案外多いのではないでしょうか。 来年の年賀状はそのようなマナー違反をすることなく、年賀状は正しく送りましょう。

次の