川原あやこ。 川原亜矢子の『今』は? 美容法やなりたい女性について語ったこととは

buildandquote.challenger-ag.com: キッチン: 川原亜矢子, 松田ケイジ, 橋爪功, 森田芳光: generic

川原あやこ

大阪府出身。 16歳でMCシスターの専属モデルになる。 翌年、吉本ばなな作「キッチン」で映画 初主演。 日本アカデミー賞を始めとする各賞を受賞する。 19歳の時、本格的なモデルを目指して単身パリに移住。 23歳で東洋人として初めて「シャネル」のショーに抜擢される。 以来パリ・コレなどの世界的なファッション・ショーでスーパーモデルとして活躍。 現在CM、ドラマ、映画、舞台などでモデル、女優として活躍中。 また著書、写真集も多数あり、中でも自らのライフスタイルをつづった「シンプル・ビューティー」は30万部を超えるベストセラーに。 2004年には音楽活動を始動、フレンチ・ポップスの名曲やクラシック小品をフレンチ・ボサ・テイストのアコースティックなサウンドでカヴァーしたファースト・アルバム「So Nice」をリリースする。

次の

川原亜矢子公式ウェブサイト / Ayako Kawahara Official Website

川原あやこ

モデルとして『シャネル』や『イヴ・サンローラン』など有名デザイナーのコレクションにも出演したことがある、川原亜矢子(かわはらあやこ)さん。 話題のドラマに出演するなど、俳優としても活躍しています。 そんな川原亜矢子さんの活躍ぶりや美容法、受賞歴など、さまざまな情報をご紹介します。 川原亜矢子は『シャネル』のコレクションに出演! 俳優としても活躍 川原亜矢子さんは、16歳でモデルデビュー。 その後フランスに渡り、パリの有名モデルエージェンシー『Karin Models』に所属しました。 以降、数年間、シャネルをはじめ多くの有名デザイナーのコレクションに出演しています。 一方で、川原亜矢子さんは俳優としても活動していて、1989年の映画『キッチン』では、主人公・桜井みかげ役を演じました。 同作での演技が評価され、『日本アカデミー賞』『ブルーリボン賞』『毎日映画コンクール』など映画祭新人賞7賞を受賞。 以降、モデル活動をしながら多くの作品に出演しています。 川原亜矢子さんがこれまで出演した主な作品はこちらです。 1994年• 映画『プレタポルテ』 1999年• ドラマ『週末婚』(TBS系)• ドラマ『ヤマダ一家の辛抱』(TBS系) 2000年• ドラマ『お見合い結婚』(フジテレビ系)• ドラマ『明日を抱きしめて』(日本テレビ系)• ドラマ『マッチポイント』(NHK) 2001年• 映画『ダブルス』• 映画『ターン』• ドラマ『嫉妬の香り』(テレビ朝日系)• 大河ドラマ『北条時宗』(NHK) 2002年• ドラマ『ツーハンマン』(テレビ朝日系)• ドラマ『天才柳沢教授の生活』(フジテレビ系) 2003年• 映画『マナに抱かれて』• ドラマ『百年の恋』(NHK) 2005年• 連続テレビ小説『ファイト』(NHK) 2006年• 映画『7月24日通りのクリスマス』• ドラマ『CAとお呼びっ!』(日本テレビ系) 2011年• ドラマ『TOKYO コントロール』(フジテレビ系) 2012年• ドラマ『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系) このほかにも多くのドラマや映画に出演しています。 また、川原亜矢子さんは、さまざまな賞を受賞。 その中の一部をご紹介します。 1998年• 『プレスティージュ・パルファム賞』(フランス香水協会選出) 2000年• 『第1回FECモデル・オブ・ザ・イヤー』• 『第13回日本メガネベストドレッサー賞特別賞』 2001年• 『第18回ベストジーニスト2001 協議会選出部門』 2002年• 『ベストレザーニスト賞』• 『アクアピースゴールデンハート賞』 2003年• 『第2回ミズ・リリー賞』 2004年• 『第2回トレンチコートアワード』 2005年• 『第6回ベストフォーマリスト賞』 川原亜矢子が『ミス・ユニバース』韓国代表とファッションショーに出演 川原亜矢子さんは2008年に、伸縮性に優れている合成繊維『ライクラファイバー』をアピールするファッションショーに出演。 同ファッションショーで、『ミス・ユニバース2008』日本代表の美馬寛子(みまひろこ)さんと韓国代表のサン・リーさんと共演しました。 川原亜矢子さんはファッションショーで、「ライクラファイバーで作られたドレスは、着心地がよく動きやすい」と話しています。 川原亜矢子の美容法とは? 川原亜矢子さんは、自身がイメージキャラクターを務める『Quanis』のインタビューで、美容法やなりたい女性について語っていました。 川原亜矢子さんは16歳の時からモデル活動をしていて、海外に行く機会も多かったそう。 モデルの仕事のためにフランスで暮らしていたことも。 その時に出会った大人の美しさを持つ女性に憧れているといいます。 魅力的な大人の女性たちは心に余裕があり、それが表面に表れていて、人と接する時も自然に振る舞えることで、相手も笑顔になるような魅力があるそうです。 川原亜矢子さんは、「いつかそんな女性になりたい」と語っています。 川原亜矢子さんにとって心の潤いにつながるものは、愛犬のフレンチブルドッグと過ごす時間だそう。 また、旅行も大好きだそうですが、簡単に行けるものではないため、川原亜矢子さんにとって旅行は『スペシャルケア』のようなものだといいます。 川原亜矢子さんは若い頃、肌のお手入れは短時間で済ませていたそうですが、今はしっかり時間をかけてお手入れしているそう。 ゆっくり肌をケアする時間を持つことで、それが心の余裕にも繋がっていると語っていました。 Quanis(クオニス)川原亜矢子インタビュー動画.

次の

川原亜矢子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

川原あやこ

よしもとばななさんのファンで、映画は前々から気になっていたのですが、 正直値段が高くて手がだせませんでした。 今回、安くなっていたので購入してみました。 ただ、雄一役の方の演技がぎこちなかったので、 共倒れで魅力を半減させてしまったように感じました。 えり子さんの役が橋爪功さんというのがミスキャストかと思っていたのですが なかなか素敵で魅力溢れるえり子さんでした。 (ネタバレになるのではっきりとは言いませんが、 「正当防衛でチャラになるんだったわよね」の真相の所など) 終わり方なのですがよしもとばななさんっぽさが無いというか、 「人生いろいろあるけど、小さな幸せにわずかな希望を持ってトゥルーエンド」 みたいな感じがなく、きちんとハッピーだったのが少し残念です。 ただ、雄一の家があまりにバブリー過ぎて少々ひきました。 テンポはスローで、エンターテイメント性が低い分、生々しいリアリティを感じました。 (現実なんて、そんなに展開良くポンポンと話が進む訳ないですものね) 料理の部分なんですが、料理が好きな身としては消化不足です。 みかげがのめり込むほど魅力がある世界に感じず、奥行きが軽い気がしました。 それでも、違う作品として楽しみたい方は面白い作品でしたので良いかも知れません。 すみません).

次の