ウロ ダイナミクス。 商品一覧

(*^o^*)恥ずかしかった体験16

ウロ ダイナミクス

ウロダイナミクス検査とは、膀胱と尿道の本来の性能や実際の働きを理解するための生理学的な検査法です。 必ずしもすべての患者さんに不可欠ではありませんが、尿もれやの原因を調べ、治療方針を決めるために重要な検査です。 三井記念病院の産婦人科・骨盤底婦人科 医長の中田真木先生は三井記念病院でウロダイナミクスラボ(ウロダイナミクス検査を行う場所)を立ち上げられました。 ウロダイナミクス検査について、またウロダイナミクス検査の有用性についてお話しを伺いました。 排尿相をシミュレートする検査はもう少し複雑で、排尿の過程で膀胱の収縮、尿道の弛緩、それに、これらの2つのプロセスがよく協調しているかどうかを評価します。 ウロダイナミクス検査で測定される基本のデータは、膀胱や尿道の内部の圧力と尿の流出する速度です。 これらの情報は、尿を溜めているとき排出するときのそれぞれで膀胱や尿道を制御する神経が正しく働いているかどうかを判定するために使われます。 ウロダイナミクス検査のメリット・用途 女性特有の膀胱や尿道の不具合は、骨盤臓器脱にともなうもの・・子宮疾患によるものの3つが代表格です。 活動期の年齢の女性では、骨盤臓器脱と腹圧性尿失禁は多くが出産の所産です。 その他、70歳以降では脊柱の変形があり、足腰の問題と並行して起こってくる膀胱・尿道の機能低下が増えてきます。 無症候性のなどで、神経系の機能低下が関与しているケースもあります。 現実には、膀胱・尿道の不具合は複数の原因から起こりいくつかの機転が混ざり合っていることが多いといえます。 ウロダイナミクス検査を行うことで、尿失禁や慢性的な排出障害の成り立ちを非常に正確に解明することができます。 これがウロダイナミクス検査のメリットです。 腹圧性尿失禁 医学上の指針によると、腹圧性尿失禁の診断や治療には必ずしもウロダイナミクス検査は必須ではありません。 診察台上での慎重な評価と適切な画像検査(超音波画像検査・膀胱尿道造影など)、除外項目のチェックなどが正しく行われれば、ウロダイナミクス検査を行わずに尿失禁手術にまで進んでよいという考え方が、米国を中心に主流となっています。 ウロダイナミクスをすべての患者さんに行っても治療成績は全体として向上しないというのが、その理由です。 一方、腹圧性尿失禁手術を十分に活かそうとして複数の手術を使い分ける場合、尿道内圧のデータによって患者さんをグループ分けする必要が出てきます。 これには尿道内圧測定を行う必要があります。 そこで、手術の前にひととおりウロダイナミクス検査を行う方針にしている施設もあります。 もともと手術治療の対象となる腹圧性尿失禁の範囲は国や地域によってかなり差があります。 術前のウロダイナミクスの必要度についても、国や地域による差があるのは自然なことであるといえます。 骨盤臓器脱 尿を排出する力が低下し、慢性的な残尿やたまった尿をなかなか出し切れないという問題を「低活動膀胱」と呼びます。 低活動膀胱は昔からあった病態ですが、高齢人口の増大により次第に医療上の課題としての重みが増して来ました。 骨盤臓器脱は、骨盤の出口を構成している支持機構(つまり骨盤底)と、腹部内臓の重量・腹筋・背筋・横隔膜などによって骨盤底に及ぼされる力のバランスの不均衡によって起こります。 ここから、妊娠・出産で骨盤底を傷めた方だけでなく、低活動膀胱で排尿の都度いきみを加えている人も骨盤臓器脱になりやすいということがわかります。 低活動膀胱を伴う骨盤臓器脱を手術するときには、もしも手術で十分に堅固に整復できなかったらや膀胱瘤は再発してしまう一方、もともと尿を排出する力が不足しているのですから、もしも過度の修正を行ってしまったら排尿できなくなってしまうかもしれない、という板挟み状態になります。 また高齢者の場合、脳や神経などの故障や膀胱そのものの加齢変化など、骨盤臓器脱とは別の成り立ちをもつ膀胱尿道のトラブルが隠れている可能性も大いにあります。 そこで、理想を言うならば、70歳くらいから上の年齢層では骨盤臓器脱の手術を行う前にウロダイナミクス検査でひととおり膀胱や尿道の性能を見ておくことが望ましいのです。 再手術、特に骨盤臓器脱 他施設で骨盤臓器脱の手術を受けた後に、尿もれや刺激症状(排尿時の違和感や頻尿など)のために専門施設を受診される方がいます。 このようなケースでは、ウロダイナミクス検査は役立ちます。 最初の手術の前にウロダイナミクス検査を行っていなかった場合でも、改めてウロダイナミクス検査を行い手術歴の詳細を取り寄せるなどすれば、多くの場合に膀胱・尿道に潜んでいた異常やそれまでに受けた手術の中の修正すべき点などが明らかになります。 これは、ウロダイナミクス検査が機器分析で数量データを提供するということによる強みです。 医療連携でも有用 遠方にお住まいの方に骨盤臓器脱手術を行うとき、術後の経過観察や術後の下部尿路症状にどのように対処していくかはデリケートな問題です。 特に高齢の女性の場合、術後3ヶ月くらいまでの経過観察は手術した病院で行うとしても、後々も何かあったら手術した病院ヘ受診してくださいと指導することは非現実的です。 そこで、最初からお住まいの地域の泌尿器科と連携をとり、患者さんが地域に戻ってから手術関連や膀胱・尿道の不具合がある場合はまず地域の泌尿器科にコンタクトしていただくように手配します。 この場合に、ウロダイナミクス検査のデータがあると、低活動膀胱であるとか、尿道内圧が足りない、尿意が減弱しているなどのことが明確になり、患者さんへの説明や泌尿器科との連携に役立ちます。

次の

膀胱と尿道の機能検査「ウロダイナミクス検査」とは

ウロ ダイナミクス

年齢不詳 男性 泌尿器科の体験談です。 うーん、最近下半身の病気の体験ばかりです。 恥ずかしくて嫌ですね。 約、半年前から、残尿感と夜間頻尿が多くなりました。 小さい時から、かかりつけの内科医に(別の持病があるため)相談はしてました。 やはり専門科医でないと難しいく、何かあってはと勧められていたのだけど躊躇してました。 しかし、一昨日の夜間頻尿(飲み会の後)が辛く&残尿感で相談しました。 手続きを取り(大学病院)、簡単な問診を別室で看護婦に取られました。 はじめに尿検査へ行って来ることになりました。 その後、初診専門の科の前の待合所で座って待ちました。 ドアの上はガラスになっており、照明やカーテン&カーテンレールが見えます。 自分の前に5人ほど電光掲示板で居るようです。 若い人も回りにいます。 ドキドキしながら、待ちます。 若い男性が入っていきました。 しばらくすると「カチッ」とドアに鍵がかけられ、ドアの上の窓からカーテンが引かれるのが 見えました。 ひらひらしたり、動いてます。 5分後にカーテンが取り除かれて、「カッチ」とドアの鍵が解除されました。 他の科でもそうですが呼ばれてないのにドアを開けて看護婦を呼ぶ人がいます。 そのためでしょうか? やはり、見られてはならない診察をしているのだと・・・ 出てきた人は、待合室の人と目をそらすように出て行きました。 続いて入室したのは、おばあさんでした。 ドアの上のカーテンは動かず、出てきました。 その次は30代の男性でした。 同じようにカーテンが動きました。 出てきた男性は、赤面状態で待合室の後ろに目を背けて進み座ったようです。 別の男性が呼ばれ、同様に・・・ あのカーテンは男性の時のみに動いてる・・・ ますますドキドキに・・・ 電光掲示板に自分の番号が点灯!! あっ、とうとう番がきてしまった。 科の中の待合室に呼ばれ、私の番になりました。 ドアをノックして入りました。 やはりドアの左手にベッドがあり、カーテンで隠せるようになってました。 ベッドは特別なものではなく、簡単な枕がおいてあり、お尻の変に紙のマットがしかれてました。 その奥に診察机と椅子がありました。 診察室の中の医者は40代後半ぐらいの男の先生と20代後半の太った先生と看護婦でした。 症状を私に確認していきました。 「それでは、診察をしますので準備をしてください」と言われました。 若い先生がそばに来て、看護婦は消えました。 「後ろのベッドへどうぞ!!」 診察台へあおむけにねるよう指示されました。 カーテンを引いて半分隠されました。 「ズボンとパンツを太ももの中程までおろして、準備が出来たら声をかけてください」 と言われて、カーテンが完全に閉められ、「カッチ」とドアの鍵が閉められました。 ズボンとパンツを指示通りに覚悟を決めて、下げました。 仮性包茎のちんちんは、すっかり縮まってました。 すごくはずかしい・・・ ちょっと下げすぎたかな? とちょっと上げてしまいました(^^)。 「準備できました?」 はいと返事をするとカーテンが少し空き、先生が入ってきました。 若い先生に、ズボンとパンツをさらに下げられました。 (あげちゃったから) 腹部の触診がしばらく行われています。 ちんちんが丸出しなので恥ずかしいです。 勃起すると最悪なので、無心でいました。 緊張で縮こまっているおちんちんを摘み上げました。 先生は手早く外観を見、おちんちんの皮を剥き下ろし、亀頭を露出させました。 そして亀頭をつまみ尿道口を開いたり、亀頭の周りなどを診ているようでした。 こんな事をされれば、おちんちんは勃起し始めるものですが、 あまりにも緊張しすぎ、縮んだままでした。 「では、前立腺の触診をします」 「肛門から指を入れますので、両足を持って抱え込むようにしてください。 肛門部を露出するという、これまた恥ずかしい格好をさせられました。 手袋をはめています。 「お尻の力を抜いててくださいね」と言うと、肛門に指を入れて来ました。 肛門が広げられるような感じがして、ちょっと痛く顔をしかめました。 前立腺を触られているのが感じられました。 前立腺全体をぐりぐりと押さえるように調べながら、「痛くありませんか?」と聞くので、 「圧迫感はありますが、痛くはありません」と答えました。 若い先生に英語?とかでラージ・・・なんとかと言い、記入してました。 さらに1分間ほどマッサージされ、肛門から指は抜かれました。 「はい、いいですよ」と、先生から言われたので、足をおろしました。 マッサージは、かなり気持ちよかった(^^)(その化はありません) そのまま続けられてたら、射精したかも・・・ 「そこにあるティッシュでお尻と前を拭いて(かなり液がお腹に出ている)服を着てください」 拭いてパンツとズボンを履いて、ベルトを止めてると、 「カーテンを開けていいですか?」と若い先生。 そして結果・・・ 特別に異常はないけど、一般基準値の数値だけでは、判断できませんとのこと 膀胱過敏症かもしれないとのこと 検査をしましょうと言われて、一時的に薬を出されました。 どうやら8/13にウロダイナミックという検査をされるようです。 看護師の説明では、おしっこを貯めてきてもらい、排尿、その後カテーテルを挿入して、 何かして、なんか水を逆流して膀胱の感度を見るそうです。 (つらそう・・・・・) さらにお尻からも何かを入れて圧力を測ったり、尿道の回り?(ちんちん?)の筋電図? を見るとかなんとか・・・(うー、やだ) 40分前後の検査とのこと そして、こう記入してると・・・思うのですが・・・ もしかして40分間、フリチンではないか?(うー、恥ずかしい) 先生や技師が多いと最悪・・・(看護婦はいないように・・・) いろいろと考えてしまいます。 ウロダイナミックの体験については、自分のやる気と要望に応じて検討します。 (かなり投稿も大変です。 ) ではでは.

次の

(*^o^*)恥ずかしかった体験16

ウロ ダイナミクス

推奨の強さ 推奨グレードC1:科学的根拠はないが,行うよう勧められる 解説 脊髄損傷患者に対しウロダイナミクス検査を施行し,International Urodynamic Basic Spinal Cord Injury Data Setに含まれる項目(図1)の判定を行うことで1~4に示すような情報が得られ,脊髄損傷患者の下部尿路機能障害の診断と排尿管理法の決定に際して有用な検査と考えられる。 図1 ウロダイナミクス検査基本データセット記入フォーム DSD:排尿筋括約筋協調不全 1.脊髄損傷レベルとウロダイナミクス検査所見 脊髄損傷レベルや損傷の程度から想定される下部尿路機能障害と実際のウロダイナミクス検査所見上の下部尿路機能障害のパターンが一致しないことはまれとはいえず,特に,小児例あるいは胸腰椎レベルの損傷ではその傾向が強い。 さらに,複数レベルの脊髄障害では神経学的所見からウロダイナミクス検査所見を予測することは不可能と考えられる。 このため,小児・成人を問わず慢性期脊髄損傷患者において,ウロダイナミクス検査は下部尿路機能障害の詳細な病態把握のための必須検査と考えられる。 図2 仙髄より上位の脊髄損傷患者における下部尿路および上部尿路形態悪化のパターン 図3 仙髄以下の脊髄損傷患者における下部尿路および上部尿路形態悪化のパターン 3.ウロダイナミクス検査所見と排尿管理法の決定 ウロダイナミクス検査所見をもとに,低圧で蓄尿でき,可能な限り尿失禁を回避し,かつ,排出時には高圧とならず残尿が少ない排尿管理法を立案する。 具体的には,随意的排尿,反射性排尿,腹圧排尿(CredeあるいはValsalva排尿)の安全性の評価,間欠導尿の安全な1回導尿量決定(例:膀胱内圧20~40cmH 2O未満で導尿する場合の導尿量の推定),薬物療法や外科的治療の必要性の判断を行う。 自排尿可能な場合が多いとされる不全脊髄損傷患者においても,ウロダイナミクス検査所見上は自排尿(随意的排尿)が安全とはいえない場合が少なからず存在するので,内圧尿流測定を含めたウロダイナミクス検査は有用である。 4.下部尿路症状や上部尿路障害の出現あるいは悪化時のウロダイナミクス検査 脊髄損傷患者では高圧環境がコントロールされないことによる下部尿路症状や上部尿路障害の出現あるいは悪化は,外科的治療を含めた積極的治療の対象となる場合がある。 このため,ウロダイナミクス検査でその原因となっている機能障害の精査を行うことは治療方針の決定に際して重要である。 脊髄損傷患者に対しては可能な限り透視下のウロダイナミクス(ビデオウロダイナミクス)検査が推奨される。 なお,排尿管理法を適宜是正し潜行性の上部尿路障害悪化を防止する目的で,特に排尿筋過活動の制御が不良な場合や反射性排尿あるいは腹圧排尿で排尿管理されている場合には,年1回のウロダイナミクス検査を勧める文献もある。 頸髄損傷患者では受傷後5年間は年1回のビデオウロダイナミクス検査と超音波検査を施行し,膀胱内圧が低圧なら以後2年ごとの検査を,腰髄損傷患者では受傷後2年は年1回のビデオウロダイナミクス検査と超音波検査を施行し,以後2年ごとの検査を勧めている文献もある。 ウロダイナミクス検査は時間と手間のかかる検査であり,脊髄損傷患者全例への定期的施行は本邦では非現実的と思われるが,必要に応じて積極的に施行することが重要である。 補足I.脊髄損傷患者における典型的なウロダイナミクス検査所見(表) 仙髄よりも上位の脊髄損傷患者では排尿筋過活動や排尿筋括約筋協調不全(DSD)が認められ(核上型神経因性膀胱),仙髄以下の脊髄損傷患者では排尿筋低活動や無収縮が認められる(核・核下型神経因性膀胱)。 核上型,核・核下型とも膀胱コンプライアンス低下は重要な所見である。 また,上述(1.脊髄損傷レベルとウロダイナミクス検査所見)のように典型的な所見を呈さない場合も少なからず存在する。 表 脊髄損傷患者における典型的ウロダイナミクス検査所見の出現頻度 補足II.ウロダイナミクス検査とは ウロダイナミクス検査には,排尿記録,尿流測定,尿道内圧測定,膀胱内圧測定が含まれるが,脊髄損傷患者におけるウロダイナミクス検査とは,圧媒体として液体(通常は蒸留水か生理食塩水)を用いる注入法による膀胱内圧測定のことを指す場合が多い。 以下に注入法による膀胱内圧測定の概略を脊髄損傷患者で留意すべき点を中心に記載する。 a.注入法による膀胱内圧測定(図4) マルチチャンネルウロダイナミクスと呼ばれることもあり,膀胱内圧,膀胱周囲圧(直腸内圧で代用,以後,腹圧と記載),排尿筋圧(膀胱内圧から腹圧を引いた差圧),括約筋筋電図,注入量,排尿量,尿流率を同時に測定する。 なお,脊髄損傷患者は自力での移動が困難な場合が多く,移動時あるいは検査中の不慮の転倒や転落などが生じないように十分に注意する必要があるとともに,T6以上の脊髄損傷患者を検査する場合には,自律神経過緊張反射が生じた場合に対処できる状況になっているか確認のうえで検査を施行することが望ましい。 図4 注入法による膀胱内圧測定 40歳男性,T12完全損傷,受傷後8年。 排尿筋括約筋協調不全により造影剤は括約筋部尿道を超えないが(A 図中の左向き矢印),括約筋部尿道内圧の低下時には括約筋部を超えてカテーテル周囲から漏れ出る(B 図中の三角矢印)。 括約筋筋電図は肛門近傍に貼った表面電極で導出しているが,本検査時にはシグナルが不良であった。 b.内圧測定の実際 体位は仰臥位あるいは砕石位での検査となることが多い。 外部トランスデューサーによる圧測定が一般的であり,患者の恥骨上縁レベルで大気圧とバランスさせて「0」とする。 膀胱内圧は,先端付近に注水用および内圧測定用の孔を有する6~12Frのダブルルーメンカテーテル(1腔は注入用,1腔は膀胱内圧測定用)を経尿道的に膀胱まで挿入して測定する。 括約筋部尿道内圧を測定するための測定孔が先端から数cmの所に開口しているトリプルルーメンカテーテルを用いると,括約筋部尿道内圧の同時測定が可能である。 腹圧は,直腸膨大部付近に市販あるいは手製のバルーンカテーテル(ラテックスフリーの検査用手袋の指の部分を切って8~10Frのネラトンカテーテル先端に輪ゴムでとめる)を留置して測定する。 バルーンを緊満させないように注意する。 脊髄損傷患者を含む神経因性膀胱患者では,直腸が便で充満していたり,高圧律動性(15cmH 2O以上)の直腸収縮が存在したりする場合があるなど,腹圧の測定は問題がある場合が多い。 膀胱内圧から腹圧を差し引いて算出される排尿筋圧の解析・評価に際しては,この点を十分に考慮する必要がある。 括約筋筋電図測定は,脊髄損傷患者において排尿筋括約筋協調不全などの括約筋機能の診断がウロダイナミクス検査の重要な目的の一つであるために必須である。 しかし,その測定方法に関しては,表面電極を用いるべきか針電極を用いるべきかに関する明確な結論は得られていない。 広く用いられている表面電極は簡便な反面,括約筋活動の正確な評価を行うことは必ずしも容易ではない(図4,5)。 これに対して,尿道括約筋に針電極を直接刺入する針筋電図は,表面筋電図よりも括約筋活動の評価に優れているが,尿道括約筋への正確な刺入は必ずしも容易でなく,検査中の固定が困難であり,知覚が保たれている患者では侵襲的であるなどの欠点がある。 図5 表面電極による括約筋活動の評価 図4と同一の患者。 表面電極を肛門直近の左右の皮膚に剥がれないようにしっかりと貼り付け,尿などがかからないように密封。 排尿筋過活動に一致して括約筋活動が亢進しており(図中の上向き矢印),排尿筋括約筋協調不全と診断可能。 注入終了の目安としては,膀胱知覚が保たれている場合には強い尿意が生じた時点,膀胱知覚が低下あるいは消失している脊髄損傷患者では注入の上限は500~600mLとし,間欠導尿の最大量に達した時点,膀胱内圧上昇(排尿筋過活動や膀胱コンプライアンス低下)に起因する尿失禁が認められた時点,膀胱内圧が40cmH 2Oを超えた時点,自律神経過緊張反射の徴候が出現した時点など,個々の患者の状況に応じて終了時点を決定する。 また,脊髄損傷患者においては,可能であれば透視下でのウロダイナミクス(ビデオウロダイナミクス)検査を行い,下部尿路の機能と形態とを同時に評価することが望ましい。 なお,ウロダイナミクス検査時には予防的抗菌薬投与が推奨される。 T12以上の完全損傷ではほぼ全例に認められ(全例排尿筋括約筋協調不全もあり),四肢麻痺患者では完全・不全損傷を問わず自律神経過緊張反射を伴って全例に出現し,L1レベルの損傷では交感神経障害を伴わない場合に認められる。 不全対麻痺患者では認められない。 排尿筋括約筋協調不全とは必ずしも同期しない。 c.ウロダイナミクス検査時の評価項目 International Urodynamic Basic Spinal Cord Injury Data Set(図1)と,国際禁制学会から報告された「下部尿路機能に関する用語基準」のなかの注水法による膀胱内圧検査に関する項目に従う。 図6 膀胱コンプライアンスの算出方法 排尿筋過活動が認められる場合,コンプライアンス算出のための2つ目のポイントをどこにおくかは議論のあるところである。 脊髄損傷患者では明らかな尿漏れを伴わない高圧律動性の排尿筋過活動が生じる場合があり,2つ目のポイントをどこにするか迷う場合がある。 Weldらは本図のとおり,急峻な内圧上昇の直前を2つ目のポイントとしている。 Bradleyらは脊髄円錐部以下の損傷21例中約半数で括約筋活動がまったく認められなかったと報告している。 McGuireは,陰部神経障害のみの場合,女性では腹圧性尿失禁が生じる場合があるが,男性では尿失禁が生じることはまれであると述べている。 一方,交感神経の障害を有する場合には,陰部神経機能が残存していても尿失禁が生じ,副交感神経障害が合併している場合のほうが,機序は不明ながら尿失禁の頻度が高かったと報告している。 非弛緩性尿道括約筋閉塞が存在する場合には,適切な排尿管理法が選択されないと,高圧排尿や多量の残尿とこれに伴う膀胱過伸展を基盤とした膀胱変形や上部尿路障害が発生しうる点に留意する必要がある(図3)。 (本文、図表の引用等については、脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドラインの本文をご参照ください。

次の