冷凍 えのき レシピ。 豚肉の下味冷凍のレシピ12選!豚こま・ひき肉の人気作り置きおかずも

えのきの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!きのこは干すと栄養倍増

冷凍 えのき レシピ

冷凍するときポイント• 冷凍するときにはなるべく薄く平らにする• アルミのトレイにのせると早く冷えやすい• 冷凍室を強に設定するとなおよし えのきの冷凍保存の際の保存期間 えのきを冷凍で保存できる期間は1ヵ月です。 えのきの冷凍保存の際の栄養素は? えのきを冷凍保存した際の栄養素は、旨み成分がアップし、グアニル酸やアスパラギン酸が3~4倍アップします。 ダイエット効果が期待できるキノコキトサンもえのきを冷凍することで、12倍にも増えてきます。 えのきを冷凍したあとの解凍方法 えのきを冷凍したあとの解凍方法は、凍ったまま調理します。 解凍してしまうと、ビタミン類や旨み成分の栄養素が逃げ出してしまうことやべちゃっとなってしまうからです。 スポンサードリンク えのきを干す保存方法 えのきを干す保存方法をご紹介します。 えのきの干す保存法• 干す時間帯は、10時~15時がベストで、夜露にあたる夜には室内に入れましょう。 干せる時期は、梅雨以外であれば干すことが可能です。 えのきの干す保存の際の保存期間 えのきをほした際の保存期間は、セミドライは冷蔵室で5日、ドライは常温で3週間日持ちします。 えのきを干した後の戻し方 えのきを干した後の戻し方は、さっと洗えばOKです。 えのきを干す保存の際の栄養素は? えのきを干すと栄養素は、ビタミンDが増えます。 食物繊維も増えるので、腸内環境が良くなります。 えのきのカット(切った)後の日持ちする保存方法は? えのきをカット(切った)してしまい、使いかけのときの保存方法をご紹介します。 えのきの保存方法 使いかけ をカット(切った)してしまったら、水気をふきとり、キッチンペーパーで包んだあと、保存袋に入れます。 えのきをカットしたときの保存期間 えのきを切ってしまったときの保存期間は、1,2日です。 えのきの長持ちさせる保存方法 えのきを長持ちさせる保存方法をご紹介します。 えのきの夏と冬の保存の違い えのきは通年販売されているのでいつでも手に入りますが、夏や梅雨は、気温や湿度が高くなりますので、常温保存より冷蔵保存がよいです。 そのため、気温や保存する場所によって変える必要があります。 えのきの丸ごと保存 えのきを丸ごと保存する方法が長持ちしますが、石づきも大切な栄養の宝庫です。 捨てずに調理に活かします。 えのきのジップロックやラップ えのきの保存には、保存袋を使いますが、ジップロックが一番お勧めです。 キッチンペーパーで包んだあとにラップでも代用は可能です。 えのきの洗い方(下処理)• なめたけ• ナムル• 炒め物 えのきの保存食レシピの簡単作り方と保存期間 えのきの保存食として、なめたけをご紹介します。 意外に簡単にできますので、お勧めです。 えのきの手作りなめたけ 保存期間は、煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵室で10日、普通の容器なら2,3日です。 えのきの常備食人気レシピの作り方と保存期間 えのきの常備菜として、ベーコン炒めをご紹介します。 保存期間は、2,3日です。 えのきをベーコンで巻いてもいいですね。 の漬物・酢漬けの作り方の保存食レシピと保存期間 の保存食冷凍レシピ の長期保存できる日持ちレシピ をお弁当のおかず ブロッコリーの保存食筋トレ 離乳食の保存 さやいんげんの保存方法と保存期間、保存食をご紹介しました。

次の

[きのこの冷凍保存]うまみを堪能!冷凍でおいしく、便利に食す

冷凍 えのき レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

【きのこの冷凍保存】正しいコツを管理栄養士が伝授!

冷凍 えのき レシピ

きのこ類はいろいろな料理に使えて、お財布にもやさしい! 便利で美味しい食材ですよね。 まとめて買うと安いので、ついつい買いすぎてしまい、 困った経験をおもちの方は多いと思います。 そんなときは冷凍保存をおすすめします。 きのこ類は、冷凍すると長くもつだけでなく、栄養や香り、そして旨みも増す食材なのです。 なかでも、安くて使い勝手のいい「 えのき」について、ご紹介したいと思います。 冷凍で旨みアップ えのきの旨み成分に グアニル酸というものがあります。 グアニル酸は、細胞のなかにある酵素の働きで増えるのですが、 その酵素は細胞が壊れることで働きはじめます。 冷凍すると細胞が壊れるので、酵素の力が発揮され、旨み成分が増すわけです。 グアニル酸は、 冷凍することで通常のおよそ 3倍にも増えます。 長期保存できる えのきは開封するとしなびるのも早いですよね。 冷蔵で保存できるのは 1週間程度。 冷凍することで、およそ 1ヵ月の保存が可能です。 冷凍したえのきの解凍方法 解凍せずに、冷凍のまま使えます。 解凍する場合は、容器に入れて冷蔵庫でゆっくりと解凍しましょう。 さらに 細胞が壊れることになり、旨みがよりアップ。 解凍がすすむときに出る水分のなかにも旨み成分が溶けています。 容器のなかの水分もいっしょに使うとよいでしょう。 えのきを冷凍するときの鉄則 えのきはもちろん、 きのこ類は 水洗いしません。 水に流れ出てしまう旨みや香り、栄養成分があります。 えのきのほとんどはクリーンルームで栽培されています。 洗わなくても大丈夫。 どうしても汚れやほこりが気になる場合は、 石づきをとってから、 気になる部分だけを集めて、 サッと洗うだけにしましょう。 えのきの冷凍保存方法• 袋の上から根元(3㎝ほど)を袋ごと切り落とす。 袋から出して、使いやすいサイズに手でほぐす。 冷凍用の保存袋に入れ、平らにならし空気を抜く。 冷凍した日を記入しておく。 他の種類のきのこもやってみましょう。 えのき同様、およそ 1ヵ月保存できます。 しいたけ 軸を切り落として、かさだけを冷凍します。 凍った状態でも包丁で切れます。 しめじ 石づきを切り落とし、小房にほぐして冷凍します。 まいたけ 小房にほぐして冷凍します。 他の食材といっしょに冷凍してもいいですよ! 「小松菜とえのきだけ」「ニラとえのきだけ」など、 違う食材をいっしょに冷凍しておくと、炒め物などに一度に使えて便利です。 スポンサーリンク 冷凍したきのこ類は解凍しなくてもそのまま調理できます。 レンジでチンするだけでも美味しい料理ができます。 きのこを使った、レンチンでできるパスタをご紹介します。 お子さまでも簡単・安全にできますよ! 冷凍えのきと冷凍しめじを使ってレンジでつくる和風パスタ 材料(1人分)• スパゲッティ・・・100g• ソーセージ・・・1本(ベーコン1枚でもOK)• ウインナーを斜めにうす切りにする。 耐熱容器にパスタ、冷凍えのき、冷凍しめじ、ウインナー、にんにくを入れる。 スパゲッティの茹で時間に3~4分足してレンジで加熱する。 チンできたら、しょうゆとバターを混ぜます。 きざみのりとねぎをのせたら完成です。 いかがですか? 思った以上に簡単ですよね。 プチトマトやアスパラなど、熱の通りやすい食材を加えてみてもいいですね。 えのきの冷凍保存レシピはどれぐらいもつの?気になるレシピごとの期限! えのきは、冷凍保存できるおかずの素材としても優秀です。 冷凍保存できるおかずのレシピもいろいろあります。 ただ、冷凍とはいえ、いつまでもつのか気になるところでしょう。 冷凍保存の期限も含めて、レシピをご紹介いたしますので、 ご参考にしていただければと思います。 きのこの佃煮 [冷凍保存で3週間] きのこの旨みが凝縮された佃煮です。 しょうが入りなので体にもいいですよ。 えのき・・・1袋(200gくらい)• エリンギ・・・1パック(100gくらい)• しめじ・・・1袋(150gくらい)• えのきの石づきをとり、細かく切る。 しめじの石づきをとり、小房にほぐす。 エリンギは手でさく。 フライパンにサラダ油を熱し、1を入れてしんなりするまで焼く。 冷凍した場合は、冷蔵庫で自然解凍してからレンジで温めましょう。 手作り鶏団子 [冷凍保存で2週間] 柔らかくてジューシーです。 いろいろなメニューで使えるので、たくさん作って冷凍保存しましょう。 材料 (8~10個分)• 鶏ひき肉・・・150g• 白ねぎ・・・3~5㎝• えのき・・・10g• 塩・・・少々• ごま油 ・・・小さじ1• 酒 ・・・小さじ1• レモン果汁・・・少々• 片栗粉・・・小さじ1 作り方• えのきと白ねぎを細かく刻む。 鶏ひき肉に塩を加えて軽く混ぜる。 2に、1,ごま油,酒,レモン果汁,片栗粉の順で練り混ぜる。 ねばりけがでたら、スプーンなどを使って丸める。 冷凍保存するときは蓋のある容器に入れて冷凍すると、 取り出すとき便利です。 きのこのナムル [冷凍保存で3週間] きのこを数種類合わせて旨みアップ! さっぱり食べられるヘルシーな一品です。 えのき・・・1袋(200gくらい)• エリンギ・・・1パック(100gくらい)• えのきの石づきをとって、半分に切る。 しめじの石づきをとって、小房にほぐす。 エリンギは手でさく。 1を耐熱ボウルに入れて、ラップをしてレンジで加熱する。 (600Wで7分)• 冷凍した場合は冷蔵庫で自然解凍しましょう。 えのきとツナのきんぴらごぼう [冷凍保存で3週間] 食物繊維たっぷりで身体に優しいきんぴらです。 ツナの旨みがきいていて、食欲も増しますよ。 ツナ缶・・・1缶(80g)• ごぼう・・・1本(70gくらい)• ごぼうは細切りにして、アク抜きしてザルに上げておく。 えのきの石づきをとってから半分に切る。 フライパンを中火で熱し、 ツナ,ごぼう,えのきの順に加え、しんなりするまで炒める。 しる気がなくなったら、いりごまをふって完成です。 冷凍した場合、冷蔵庫に移し自然解凍してからレンジで温めましょう。 まとめ えのきは年中ありますし、お財布にも優しく、 さらに、使いみちもたくさんあって、とても優秀な食材ですね。 それに加えて冷凍することで栄養や旨みがアップするという スペシャルな特徴もあります。 冷凍したものはそのままで簡単に調理できますし、 作り置きしたおかずを 冷凍しても解凍して美味しく食べられます。 ご紹介したレシピはシンプルなのでアレンジもしやすいと思います。 ぜひご活用くださいね!.

次の