運命 だ とか 未来 とか 歌詞。 運命の歌詞

東方神起

運命 だ とか 未来 とか 歌詞

utamap. php? おそらく主人公は、平日はバスで通勤などをしており、いつもぎっしりの乗客と強いバスの揺れを体感している。 でも今回は、ふと休日の日曜日にバスに乗ったときの風景。 空いた車内、まったく違う客層やいつもと違って見える車窓からの景色。 悟りに近い心境で、平日と休日でできあがった人生をあっけないというか「こんなもんだよな」と感じます。 そして、ここで「でもさ」と切り返し。 >でもさ 君は運命の人だから 強く手を握るよ >ここにいるのは 優しいだけじゃなく 偉大な獣 「こんなもんか」と感じながらも、運命の人である「君」と生きていく意志や、自分を含む人間の尊厳や神秘なども込み上げてきて、「そんなもんじゃない」と思い正す。 バスの隅の方の席で、特に表情には出さず頭の中で淡々とこんなやり取りがされている風景をイメージします。 >愛はコンビニでも買えるけれど もう少し探そうよ 愛にもたくさんの種類があり、その良し悪しは本人の置かれている環境や価値観で180度変わってきます。 コンビニで買える「愛」とは、おそらくエッチな本やコンドームなど、愛=性としたものだと思いますが、この後に「もう少し探そうよ」と問いかけるように続きます。 ここで探そうよと言っているのは、陳腐ですが言ってしまえば「本当の愛」。 性行為で満足した気になってしまう薄っぺらい愛ではなく、タイトルにも繋がるような運命的な愛ではないかと。 >変な下着に夢がはじけて たたき合って笑うよ ここの「夢」は男性の一般的な妄想で、エロい派手な下着を見て二人で下ネタで盛り上がっているような風景。 本当の愛を見つけるための過程で、こういったふざけ合いもしながら >余計な事は しすぎるほどいいよ 扉開けたら と続きます。 「扉開けたら」=「本当の愛に気付いたら」、こう解釈するとこの後のサビも何となくしっくりきます。 続いてサビへ 曲的にも広がりがあり、慎ましくもたくましく生きていく意志を感じる場面です。 utamap. php? そして、 無料のユートピア=世の中に溢れている言わば「甘い話」 汚れた靴=真面目にコツコツ働き、地道に生きている様子 神様=二人の輝かしい未来 つまり、世の中の甘い話や浮ついた話なんかはあえて相手にせず、苦しくても地道にコツコツと生きてく。 そして自分たちの力で輝かしい未来を手に入れよう。 といったところでしょうか。 A~Bを経て、このサビでは「本当の愛」に近づき、慎ましくもたくましく生きていこうという意志を感じます。 utamap. php? 二人の生活の中で起こる様々な幸せな出来事の比喩のように捉えられます。 そして、 >いつも もらいあくびした後で 涙目 茜空 「もらいあくび」なので、ここでは二人で一緒にいるということでしょうか。 そして二人涙目で茜色に染まった夕焼けを眺めているような少しセンチメンタルな雰囲気。 なんだかんだ辛い過去はあったけど、「今まで乗り越えてきたよね」とゆったり思いに耽っているようなシーン。 更に、 >悲しい話は 消えないけれど もっと輝く明日!! と、これからの二人の人生に希望を見て、夢を見ている素敵な風景がイメージできます。 ジーンとくるとてもドラマチックな部分。 」にも頼もしさを感じますね。 2番のサビ~Cメロへ 1番のサビ同様、主人公の二人の人生に対する想い、意志を感じます。 utamap. php? その覚悟の上で、しっかり「君」との人生を見据えている深い愛情が伝わります。 そして 「かっこつけて行く」「横にいるから」。 これがまた若々しさや活力、主人公の可愛らしく温かい人間像もイメージさせ、より雰囲気の感度を高めています。 そして、 >神様 神様 神様 君となら… 神様=二人の輝かしい未来。 祈るように、またすがるように二人の輝かしい未来を願い、夢見る姿が想像できます。 ただ、これはあくまで一般的な解釈で、草野さんの「神様」にはどこか死を思わせる雰囲気があります。 最後に 書き始める前、一通り歌詞を見直しているときは、冒頭でも書きましたがあのMVに引っ張られてしまって妙に死を連想する方向にばかり考えてしまいそうになりました。 でも実際に考えながら書き始めてみると、なんとも健全な二人の生活や温かい愛情の方に注目するようになり、最後の方はすっかりイメージが逆転。 スピッツあるあるで、やっぱり全く違う意味あるのかもしれませんが・・。 ではでは今回はここまで。 最後までお読みいただいてありがとうございました!.

次の

I See the Light(輝く未来)の歌詞(和訳あり)で英語の勉強【塔の上のラプンツェル】

運命 だ とか 未来 とか 歌詞

本日は映画『 塔の上のラプンツェル( Tangled)』から、ミュージカル曲『 輝く未来( I See the Light)』の歌詞で英語の勉強をしてみたいと思います。 この歌、英語はそれほど難しくありませんし、とてもしっとりとしたいい曲なので歌いやすく、英語初心者にもおすすめできる一曲だと思います。 それではまず英語の歌詞と私の和訳をざっとご一読ください。 I see the light まずはタイトルの I see the light。 文字通りには「明かりが見える」という意味ですが、同時に熟語として他のことも意味しています。 辞書を調べると、こんな意味が載っています。 ラプンツェルは生まれて一度も出たことのない塔を飛び出してきたわけですから。 しかし、この映画の最初に歌われる曲『When Will My Life Begin? (わたしの人生はいつになったら始まるのかしら?)』との関連を考えると、象徴的に「生まれ出る」の意味も込められている気がしますね。 翻訳はシンプルに「何か」と訳してみました。 All those days chasing down a daydream All those days chasing down a daydream (何日も何日も空想ばかりしていた) ここに出てくる daydream という言葉。 普通は「白昼夢」と訳すことが多い気がしますが、この歌詞の場合はそう解釈するとちょっとヘンですね。 この歌詞の場合は「夢想」とか「空想」の意味ですね。 動詞に chase down(追いかける)が使われているので「夢を追いかける」と訳しがちですが、文脈としては「空想ばかりしていた」の方がしっくりくると思います。 the way they were the way they were (ありのままの) way という単語は「道」という意味もありますが、この場合は「やり方」とか「方法」「手段」などの意味の方です。 この歌詞の場合は「ありのままの」と訳しました。 他の映画での用例としては、バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード主演の映画『The Way We Were(邦題:追憶)』というのがありましたね。 映画の内容は、学生時代に愛し合った二人が、成長してから再会し、複雑な想いで昔を回想する、といった内容でした。 これなどはそのまんま「あの頃のわたしたち」という意味になりますね。 あとがき 本日は映画『塔の上のラプンツェル(Tangled)』から、ミュージカル曲『輝く未来(I See the Light)』の歌詞を取り上げて、英語の勉強をしてみました。 この曲が歌われるシーンはこの映画中、無類の美しさで、本当に心が洗われるようです。 見ているわれわれも、まさにこの歌の歌詞で歌われているような気持ちになれますね。

次の

I See the Light(輝く未来)の歌詞(和訳あり)で英語の勉強【塔の上のラプンツェル】

運命 だ とか 未来 とか 歌詞

本日は映画『 塔の上のラプンツェル( Tangled)』から、ミュージカル曲『 輝く未来( I See the Light)』の歌詞で英語の勉強をしてみたいと思います。 この歌、英語はそれほど難しくありませんし、とてもしっとりとしたいい曲なので歌いやすく、英語初心者にもおすすめできる一曲だと思います。 それではまず英語の歌詞と私の和訳をざっとご一読ください。 I see the light まずはタイトルの I see the light。 文字通りには「明かりが見える」という意味ですが、同時に熟語として他のことも意味しています。 辞書を調べると、こんな意味が載っています。 ラプンツェルは生まれて一度も出たことのない塔を飛び出してきたわけですから。 しかし、この映画の最初に歌われる曲『When Will My Life Begin? (わたしの人生はいつになったら始まるのかしら?)』との関連を考えると、象徴的に「生まれ出る」の意味も込められている気がしますね。 翻訳はシンプルに「何か」と訳してみました。 All those days chasing down a daydream All those days chasing down a daydream (何日も何日も空想ばかりしていた) ここに出てくる daydream という言葉。 普通は「白昼夢」と訳すことが多い気がしますが、この歌詞の場合はそう解釈するとちょっとヘンですね。 この歌詞の場合は「夢想」とか「空想」の意味ですね。 動詞に chase down(追いかける)が使われているので「夢を追いかける」と訳しがちですが、文脈としては「空想ばかりしていた」の方がしっくりくると思います。 the way they were the way they were (ありのままの) way という単語は「道」という意味もありますが、この場合は「やり方」とか「方法」「手段」などの意味の方です。 この歌詞の場合は「ありのままの」と訳しました。 他の映画での用例としては、バーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォード主演の映画『The Way We Were(邦題:追憶)』というのがありましたね。 映画の内容は、学生時代に愛し合った二人が、成長してから再会し、複雑な想いで昔を回想する、といった内容でした。 これなどはそのまんま「あの頃のわたしたち」という意味になりますね。 あとがき 本日は映画『塔の上のラプンツェル(Tangled)』から、ミュージカル曲『輝く未来(I See the Light)』の歌詞を取り上げて、英語の勉強をしてみました。 この曲が歌われるシーンはこの映画中、無類の美しさで、本当に心が洗われるようです。 見ているわれわれも、まさにこの歌の歌詞で歌われているような気持ちになれますね。

次の