プロフェッショナル 本 木 雅弘。 本木雅弘:人生初の密着取材で“知られざる素顔” 自宅も初公開 今夜「プロフェッショナル仕事の流儀」......

NHK大河ドラマ 「徳川慶喜」

プロフェッショナル 本 木 雅弘

オススメ!2020. 独特な存在感で世界的な評価を得る国民的俳優・本木雅弘さん(54)が、初めて密着取材を受け入れました。 22年ぶりの出演となる大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台裏にカメラが潜入し、その一部始終を記録。 半年にわたる密着取材で、本木さんの知られざる素顔に迫る73分スペシャルです。 「長い間、役者として踏み迷っている感覚が抜けない。 それを吹っ切るための密着取材は、英国での休日、テレビ初公開となる自宅にまで及びました。 本木さんは素直に私生活をさらしました。 狂気と正気。 混沌と秩序。 番組ディレクターインタビュー 番組では、「麒麟がくる」齋藤道三役の舞台裏にも完全密着。 リハーサルから本番収録の様子にとどまらず、自宅で役作りに没頭する姿も初めて公開されます。 半年に及んだ密着取材を終えたばかりの東森勇二ディレクターに取材エピソードを聞きました。 大河ドラマの演出の担当も言っていましたけど、本木さんは現場で「本木コンピューター」と呼ばれるほど細かく計算して設計されてるんです。 たとえば、そのシーンで斎藤道三がどういう状況に置かれていて、どんなセットで照明はどう当たるか、どういうカメラで、どの位置からどのサイズで撮るか、ということまで想定して、演技プランを組み立てていくんですよね。 「ここはアップの 画 えだから、顔をこう作ったほうがいいよね」とか細かくイメージして、こうじゃないかな、ああじゃないかなって言って、ご自宅で演技プランを考える段階から仮説を立ててトライしていく。 現場でカット割りが変わったらまた調整していく。 水を飲むシーンでは、どのくらいの大きさのどんな食器で、どういうふうに飲んで…というイメージまで。 本木さんは、カメラが回っていないところでもよくお話をしてくれました。 今回の「プロフェッショナル」が番組としてどうやったらおもしろくなるかとか、このシーンはどういう意味で撮るんだっけとか、そんなことをオフの場面で話すことができたので、取材者としての僕自身の覚悟が問われるし、自分の目線の浅さも見抜かれてしまうようでしたね。 本木さん自身、ドキュメンタリーの密着は初めてで、自分がどう描かれるか興味もあるし、覚悟を決めて出てくれました。 本当は、密着ドキュメンタリーなんて絶対にやりたくないことだったらしいんですよ。 でも、あえてイヤなことをやってみることで、化学反応が起こって新しい気づきがあるかもしれないなと思われ、この取材を受けてくださいました。 密着した6ヶ月の間には、一喜一憂したりネガティブになったり、本木さんも偶発的なことをきっかけに深く自分と向き合うことになったり、表層的には小さな変化だけど本木さんの中では大きく変わったものがあったんじゃないかなと思います。 皆さんがお持ちのパブリックイメージでも「ミステリアス」というのがあると思いますが、未だにわからない部分も多いです。 奥さんの内田也哉子さんにもお話を伺ったんですけど、結局也哉子さんも「わかりません。 私もわからないから、東森さんも『本木迷宮』に入っちゃいましたね」って言われたんですよ。 「捉えどころのないところが彼の個性」というふうに、矛盾していたり捉えどころがなかったりすることを能動的にやっているところもあるし、自身の目指す姿として、メジャーな存在でいたいと言う日もあれば、もっととがった表現者でありたいと語る日もあって、インタビューしていても内容が変わることがありました。 でもその両軸とも持っていて、本木さんの言葉を借りると「自分は何者なのか自分で決めてしまったら限界値を定められた気分になる」と。 だからできるだけ規定されたくない。 そういう彼の矛盾する中で揺れていることが、結果的にミステリアスな人を作っているのかもしれません。 本木さんの役者魂のような部分は見ていただきたいし、存分に楽しんでもらいたいです。 しかも、まだ「麒麟がくる」ではオンエアされていない部分も少しご覧いただけるかなと思うので、「麒麟がくる」をよりおもしろく見ていただけると思うし、斎藤道三の役の見え方もより深まるかと思います。 73分で描きたいのは、「本木雅弘の光と影」です。 特に「影」の部分は見たことのない本木さんが見られると思います。 見たあとに、重たいパンチを食らったような、クラクラしてしまうけど心地いい読後感が残る番組を目指しています。 あと、圧倒的なカッコよさもポイントですね。 イケオジの急先鋒、本木雅弘のビジュアルだけでも楽しめます。 54歳ですが同性から見ても、顔も心もイケメン。 そこも楽しんでもらいたいです。 都内にある本木さんの自宅にテレビカメラが入ったことも初めて ディレクター・東森勇二 2011年入局。 初任の高知局時代に「プロフェッショナル~カツオ漁師・明神学武」などを制作。 東京異動後、プロフェッショナル班に所属。 「バイオリニスト・樫本大進」「脚本家・坂元裕二」などを手掛ける。 現在は「本木雅弘スペシャル」を制作しながら、東京オリンピックを目指す体操選手・内村航平さんに長期密着中(今年7月放送予定)。 班では「10 years 1 HIGASHIMORI」といじられる。

次の

内田也哉子の学歴がすごい!本木雅弘との子供の学校も海外で教育?

プロフェッショナル 本 木 雅弘

キャスト 本木雅弘 菅原文太 石田ひかり 堺正章 大原麗子 鶴田真由 杉良太郎 若尾文子 清水美砂 深津絵里 山本陽子 江守徹 宝田明 有馬稲子 林隆三 内野聖陽 山下真司 渡辺徹 水野真紀 一色紗英 畠中洋 寺脇康文 坂東八十助 藤木直人 藤岡琢也 花柳錦之輔 佐藤慶 岸田今日子 柴俊夫 佐々木すみ江 新井康弘 勝野洋 田辺誠一 池田成志 山口祐一郎 小橋めぐみ 橋爪淳 黒田アーサー 岡村喬生 伊武雅刀 園佳也子 渡辺裕之 信太昌之 井田州彦 大橋吾郎 石立鉄男 高橋長英 小日向文世 大和田伸也 肥後克広(ダチョウ倶楽部) 上島竜兵(ダチョウ倶楽部) 寺門ジモン(ダチョウ倶楽部) 池脇千鶴 田中伸子 金子貴俊 鈴木瑞穂 沼田爆 中原丈雄 若松武史 大沢健 森山周一郎 大門正明 竹本孝之 小野武彦 野村祐人 河西健司 岡本信人 佐々木功 田山涼成 石丸謙二郎 徳井優 ほか 順不同 ナレーション 田中浩史 語り 大原麗子,小宮悦子 原作 司馬遼太郎「最後の将軍」より 脚本 田向正健 演出 富沢正幸,竹林淳,谷口卓敬,吉田雅夫,訓覇圭ほか 音楽 湯浅譲二 大河主演作。 回を重ねる毎に、声色や所作がどんどんYOSHINOBUになっていく本木演技の成長ぶりを見られると思います。 妙な存在感というか空気感は、徳川慶喜と本木雅弘の共通点。 一年間ずっと楽しめて色々挙げるとキリがないのですが、唸らされた場面は、安政の大獄のあたりと朝敵となってしまってからの演技。 安政の大獄で、理不尽な隠居謹慎の処分を受け、ハラワタが煮えくり返るが怒りの矛先をどこに向けていいかわからない慶喜の演技は、大河ファンのお父さん達の共感を呼んだことでしょう。 その後、隠居謹慎を徹底して狂人状態となった慶喜の演技は得意分野と言った感じで、壮絶。 また、尊皇攘夷を掲げる水戸家出身の慶喜が、朝敵の汚名を着せられてしまった無念を母に伝えるシーンは、テレビドラマの中では一番印象に残った演技。 DVDにしてもらいたいです。 ほんとDVD発売して欲しい。 この作品、もう12年前なんですね。 双生児より一つ前・・ということは、jellyfish cafe以前の作品なんですね。 当時は、本格派ドラマを希望するあまり、脇道のストーリーの必然性のなさにイライラしながら見ていた事のほうが記憶に残っていますが、軽量化コミック化の今のドラマの標準で見直してみると、これでよく視聴率平均21%超えたものだなあと驚くくらい、登場人物が座って込み入った長いセリフをしゃべっているシーンが多い。 今、こんなにセリフだらけのドラマって、無いような気がします。 それでも画面が持っているということは、共演者の方々も当時のほうがそれに耐えられる役者さんが多かったのかも知れないなあと思ったりします。 話自体も、超かいつまんでみると、「尊皇」の家に育って、クールなのでわかりにくいけれど、皇室への思いは人一倍純粋だった青年が、最後は朝敵として追われる、という、実に救いの無い話なんですね。 司馬原作は、もっと硬質な慶喜で、策謀好きでゲーム的に状況を楽しんでる風もあり、ところどころカタルシスもあるんだけど、このドラマは、もうほーーんと苦悩・憂愁・幽囚&どんどん孤独になっていく慶喜で、どんどん追いつめられていく・・・。 今のTVドラマの趨勢だと、これは企画の段階で、こんな暗い話、ドラマとしてあり得な~い!でしょうね(笑)。 ラスト・エンペラー(ジョンローンの溥儀)だと、流されるままのデカダンス的憂愁なので見ている方ものんきに憂愁を楽しんでいられるのですが、慶喜さんは、知恵をしぼってしぼって孤軍奮闘の最後のエースなので、見ているほうは、かなり鬱積するものがありました。 当時は、原作の慶喜みたいにもっとからっとしてよ・・全体登場人物がサラリーマン的に卑小化されててイライラする、とかって思ってましたが、今(後世の目で)見ると、逆に、ここまで出口の無いドラマも骨董価値かも知れないと思ったりします。 もちろん、本筋とは関係無く、当時も憂愁本木を堪能してました。 カメラは、とにかく本木氏を素直に美しく撮ってくれてたし、毎回1シーンは、静謐な美術品本木を堪能できる部分があって。 本木氏個人は、後半、どんどん良くなって、今見ると、この頃はこの頃で上手かったんだなあ、と思います。 長セリフの時の起承転結の作り方や振りつけもちゃんと上手いですね。 坂の上の雲も、今風で全体に短いセリフが多いけど、真之さんの慶喜的長セリフも1回くらいは見たい気がしてます。

次の

出演ドラマ一覧

プロフェッショナル 本 木 雅弘

俳優の長谷川博己が主演を務めるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)で、本木雅弘が怪演する、主人公・明智光秀の主君で美濃の守護代・斎藤道三が、4月26日放送の第15回から剃髪姿で登場する。 そのビジュアルが本日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀 本木雅弘スペシャル』(NHK)にて解禁された。 道三は、一介の油売りだった亡き父とともに親子二代で美濃の国盗りを目指す戦国下剋上の代名詞的存在。 天才的な軍事力と狡猾(こうかつ)な政治力を持ち、金銭への執着も強いという役どころだ。 本木扮する道三の坊主頭は、最新のラテックスを使った特殊メイクの技術で、テレビの時代劇としては初の導入となったのが今回の大河ドラマとのこと。 増量したヒゲをつける時間も含めて、毎回3時間を要し、メイクを落とすのも1時間以上かかるそうだ。 本木は「世の中のみなさんがイメージする入道姿の斎藤道三に、ようやく変貌することができました。 なんだか、さなぎから出た蝶のような気分です。 これから、ますます道三パワーを巻きちらしていきたいと思っています!」と意気込みを語る。 さらに「多少の老けメイクも施されていますが、監督さんからは『にもかかわらず、あくまでも精気を失わない道三でいてほしい』との指示をいただき、一筋縄ではいかない道三に磨きをかけました!! 」と自信を見せる。 このささやかな影の苦労が報われるよう、みなさん『麒麟がくる』を、引き続き見守っていただけますと有り難く思います」とメッセージを寄せた。 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』は総合テレビにて毎週日曜20時、NHK BSプレミアムにて18時放送。 剃髪姿の斎藤道三は4月26日放送の第15回より登場。 この記事の写真を見る•

次の