えのき 味噌汁。 えのきの味噌汁はなぜとろみがある?えのきの味噌汁のレシピも紹介!

えのきの切り方!石づきの処理はどこまで?鍋や味噌汁では?|健康♡料理♡美容♡恋愛

えのき 味噌汁

エノキタケ、ご存じですよね。 あなたはどうやって召しあがりますか? 信州の特産だけあって、エノキタケは信州人の食卓には常連です。 朝の味噌汁に入れたり、大根おろしとあえたり、天ぷら、鍋、煮物、野菜と炒めたり、炊き込みご飯にしたりと、本当にいろいろ楽しんでいます。 なにはなくともエノキタケで、エノキタケを食べることは信州に生まれた幸せを感じるひとつの触媒です。 主役だけでなく、主役をもひきたててくれるのが、このエノキタケの良さでしょうか。 ところで毎日きのこのパワーを手軽に摂取できる「えのき氷」というのがあるのですが、聞いたことあります? 「えのき氷」は、エノキタケをトッピングしたかき氷なんかじゃあありません。 便秘で悩んでいる方、最近コレステロールが高くってと悩んでいるみなさん。 「信州きのこマイスター」の方が言っていることを、よーく聞いてください。 「とにかくお通じがよくなって便秘に悩んでいたことが嘘のようになる」のです。 「なになに?ちょっと聞いてみたい」って気になるでしょ? まずは「えのき氷」の説明から (写真)。 実は一部でいまブームになっています。 これは、簡単に言えば「エノキタケをミキサーでペースト状にして煮出して凍らせたもの」です。 長期保存ができ「だし」としても使えます。 どんな料理の中にでも簡単に入れられるので、楽々毎日の食事に取り入れられるのです。 家庭で作れますから、みなさんも作ってみませんか? 「毎日エノキタケを食べるのなんて無理無理」と言っているあなたこそ必見です。 今回は「えのき氷の作り方」を指南していただくことにしました。 それは長野県中野市で生まれました キノコといえば、生産量日本一の長野県中野市。 中野市は当然エノキタケの生産量も日本一。 そこでは他にもぶなしめじ、エリンギ、なめこと多種にわたり栽培されています。 地域をあげてきのこの産地をPRし、マイコファジスト(菌食主義者)の輪を広げようという運動もはじまりました。 JA中野市のホームページをチェックすると「」では市内のきのこを使ったお店を紹介、また「」はエノキタケ、やまびこしめじ、エリンギ、ナメコ、バイリングを使った料理のレシピを豊富に紹介していますので、是非ご覧ください。 製氷皿に入れて使いやすく小分けした「えのき氷」 今日ご紹介する「えのき氷」を考えたのが、きのことともに人生を送ってきたJA中野市の阿藤博文(あとうひろふみ)代表理事組合長です。 平成20年5月から「えのき氷」を本格的につくりはじめました。 18歳で父の後を引き継ぎ、えのき栽培をはじめてもうなんと40年以上になる、エノキタケの化身のような人です。 エノキは毎日摂取するに限る エノキは昔から体にいいと言われ続けてきました。 実際に「毎日摂取していれば血液中の総コレステロールや中性脂肪の数値が減り、生活習慣病の予防になる。 エノキタケはキトグルカン(きのこキトサン)という成分が多く含まれ、摂取することにより体内のコレステロールや中性脂肪等を下げる傾向がある」と話す高崎健康福祉大学健康福祉学部健康栄養学科の江口文陽教授も、この「えのき氷」に注目しています。 信州きのこマイスターや中野市、JA中野市などの料理講座で「えのき氷」を紹介して以来、口コミで愛好者が増えています。 今や北信州で大人気のこの「えのき氷」。 阿藤さんは「この作り方がみんなに広まって、みんなが健康になってくれればいいと思っているのだよ」と微笑みます。 さっそくご自宅のキッチンに立ち、直々に作り方を伝授してくれました。 体に良く効く えのき氷 の作り方 材料 エノキタケ 300グラム(2袋分) 水 400ミリリットル えのき氷の使い方 汁物、煮物等調理の際入れるだけです。 摂取量は1日3個が目安。 カレー、味噌汁、煮物など、なににでもあいます。 お茶やジュースにも入れても全く気になりません。 保存方法は冷凍庫で。 阿藤さんは普段のお料理に、またお茶、ジュース等の飲み物にもこのえのき氷を入れています。 お陰で二日酔い知らずだとか。 砂糖をいれていないのに琥珀色でなんとなくクリスタルな(?)いい味です。 とてもキノコが入っているなんて想像がつきません。 「きのこを使っていろいろと試している。 えのき氷はだしとしてなににでもあうからね。 試した方から体調が良くなった、しわが伸びたといわれたときはビックリしたよ。 血行が良くなるからかな? また、便通が良くなったといわれるのがうれしいね。 みなさんも家で簡単にできるのでつくってみて」と太鼓判です。 簡単でお財布にも優しい「えのき氷」を、動画を参考にぜひお試しください! あわせて読みたい: ・ ねこ子様 こんにちは!コメントありがとうございます。 この食べ方なら、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く召し上がっていただけると思います。 粉砕することによって、「エノキタケの強力な食物繊維が壊れ、細胞内の有効成分をより多く引き出す」効果があるようです。 また、煮ることで「湯の中に多くの有効成分が引き出される」、さらに凍らせることで「そこに含まれえる細胞が膨張して、引きちぎられるように壊れるので、粉砕・加熱でも抽出できなかった成分を細胞の外に出すことが出来る」と専門家に評価されております。 ぜひご家族やご自身の健康ために、挑戦してみて下さいね^^ 投稿者 長野県のおいしい食べ方編集部 : 2010. 15 17:49• まさちか様 お問い合わせありがとうございます。 ご質問につきましてJA中野市より、下記のとおりお答えいたします。 ご質問の「なぜ60分間煮詰めるのか」というと、上記の栄養成分が最も抽出される時間だからです。 ポイントは温度にあります。 沸騰してから弱火で「ふつふつ」と・・・1時間。 こうすることにより、熱い湯の中にじっくりじわじわとエノキタケの持つ多くの有効成分が鍋の中に引き出されるのです。 (熱水抽出) 圧力鍋は一気に加熱し、やわらかくするだけなので、えのき氷を作る場合には不向きだと思われます。 時間がかかり大変ですが、「えのき氷の作り方」で作っていただく方法が安定した効果を得ることができます。 また、手軽に食べていただけるよう2月9日から、長野県内のスーパーマツヤで「えのき氷」の販売を始めました。 こちらも是非ご利用ください。 毎日の食事でエノキタケ100g取り入れることでも「血液サラサラ効果」が実証されているほど健康には十分良いのですが、「えのき氷」にすることにより日持ちも良くなり、さらに有効成分が体内に吸収されやすくなります。 是非、毎日の生活の中に取り入れてみてください。 【情報提供:JA中野市】 -------------------------------------------------- 投稿者 長野県のおいしい食べ方編集部 : 2011. 28 10:26• はじめまして。 今作って冷凍しています。 阿藤さんはすごい方ですね。 でも信州のえのきを買って思うのは、 袋がシンプルなので、あとうさんの顔シールを貼って、 おすすめ!えのき氷!ってな具合にレシピがあると、 いいな、と思います。 それと、えのき氷を使った商品がこれから出てきても、 中野市の人が作ったものがいいな、と思います。 中野市もしくは阿藤さんで特許というかなにかそういう権利のようなものをもっているといいのに。 なかなかこんな料理法、考えられませんもの。 これはすごいと思います。 親の介護をしていると、薬を飲む人間って、 便秘になりやすかったりするので、 食べ物で自然にお通じがくるというのが理想です。 えのき氷、すごいと思います。 あとうさんや中野市、JA中野は、 もっとこの知恵を広めて、そして潤ってほしいと思います。 手間がかかるので、これから他の便乗商法も出るかもしれませんが、本家本元で護ってください。 もっともっとアピールしてほしい知恵です。 料理苦手なので、動画は助かります。 ありがとうございました!! 投稿者 こんぶや : 2011. 19 13:03• 昨年秋の健康診断でコレステロール値が200を超えました。 ちょうど「ためしてガッテン」でこちらのえのき氷を知り試しに作ってみたところ、おいしい!(サプリメントは大嫌いだし、まずいものは経験上絶対続きません)これなら続けられそう、と半年間毎日食べました。 毎週2袋、年間でも1万円くらいのおいしい健康食品、これからも続けようと思います。 良い食べ方をご紹介いただき、ありがとうございました。 投稿者 まぬるねこ : 2012. 10 08:00• お昼の情報番組を見て以来、毎日に近い状態で、えのき氷を食べてます。 はっきりいって期待したダイエット効果はナシ… しかし、食べ続ける理由…それはアレルギー性鼻炎にどうやら効果があるようなので。 気温差だけでも鼻がずるずる、鼻水が喉にいき声枯れ・・毎年冬から春にかけての不快な症状が改善、風邪をひかずに冬をのりきったのも数年ぶりでした。 ぜひ鼻炎の方に試して頂きたいですっ。 ただ、疑問がひとつあって、 食べ過ぎで体に問題になることってあるのでしょうか? 私は腸が丈夫(あるいは鈍感?)らしくまったく問題がないのですが、よくおなかがゆるくなるとも聞きますが・・。 投稿者 よし : 2012. 22 22:26• 長野県立こども病院内で活動している患者家族の団体です。 長野こども療育推進サークル ゆうテラス 代表の亀井智泉と申します。 このたび、こども病院と協働で、重い障害を持つこどものためのミキサー食の解説DVDを作ることになりました。 普通の食事をミキサーにかけてペースト状にして胃ろうから注入するという栄養摂取方法の解説です。 胃ろうは本来お年寄りの終末医療だけのものではなく、むしろ摂食・嚥下が上手にできないこどもたちのために作られた医療の方法で、胃ろうからしっかり食べて成長して、摂食・嚥下を上手にできる体を作ろう、というのがコンセプトです。 この中で、エノキ氷や凍り餅や寒天を「とろみ剤」として紹介したいと思います。 実際患者さんのご家族でエノキ氷や凍り餅はとても評判がよく、全国の同じような子育てをしている方たちにおススメ食材として広めたいと思っています。 DVDの中でエノキ氷を取り上げること、画面の中に「JA長野中央会」のホームページにエノキ氷の情報がた草なることを載せたいと思いますが、お許しいただけませんでしょうか。 文書でのお願が必要ならば改めて病院長名でお出しします。 よろしくご検討くださいませ。 〒399-8288 安曇野市豊科3100 長野県立こども病院しろくま図書館内 長野こども療育推進サークルゆうテラス 代表 亀井智泉 投稿者 ゆうテラス : 2013. 22 16:54•

次の

えのきの味噌汁レシピ12選!豆腐や玉ねぎと相性がいい!

えのき 味噌汁

エノキタケ、ご存じですよね。 あなたはどうやって召しあがりますか? 信州の特産だけあって、エノキタケは信州人の食卓には常連です。 朝の味噌汁に入れたり、大根おろしとあえたり、天ぷら、鍋、煮物、野菜と炒めたり、炊き込みご飯にしたりと、本当にいろいろ楽しんでいます。 なにはなくともエノキタケで、エノキタケを食べることは信州に生まれた幸せを感じるひとつの触媒です。 主役だけでなく、主役をもひきたててくれるのが、このエノキタケの良さでしょうか。 ところで毎日きのこのパワーを手軽に摂取できる「えのき氷」というのがあるのですが、聞いたことあります? 「えのき氷」は、エノキタケをトッピングしたかき氷なんかじゃあありません。 便秘で悩んでいる方、最近コレステロールが高くってと悩んでいるみなさん。 「信州きのこマイスター」の方が言っていることを、よーく聞いてください。 「とにかくお通じがよくなって便秘に悩んでいたことが嘘のようになる」のです。 「なになに?ちょっと聞いてみたい」って気になるでしょ? まずは「えのき氷」の説明から (写真)。 実は一部でいまブームになっています。 これは、簡単に言えば「エノキタケをミキサーでペースト状にして煮出して凍らせたもの」です。 長期保存ができ「だし」としても使えます。 どんな料理の中にでも簡単に入れられるので、楽々毎日の食事に取り入れられるのです。 家庭で作れますから、みなさんも作ってみませんか? 「毎日エノキタケを食べるのなんて無理無理」と言っているあなたこそ必見です。 今回は「えのき氷の作り方」を指南していただくことにしました。 それは長野県中野市で生まれました キノコといえば、生産量日本一の長野県中野市。 中野市は当然エノキタケの生産量も日本一。 そこでは他にもぶなしめじ、エリンギ、なめこと多種にわたり栽培されています。 地域をあげてきのこの産地をPRし、マイコファジスト(菌食主義者)の輪を広げようという運動もはじまりました。 JA中野市のホームページをチェックすると「」では市内のきのこを使ったお店を紹介、また「」はエノキタケ、やまびこしめじ、エリンギ、ナメコ、バイリングを使った料理のレシピを豊富に紹介していますので、是非ご覧ください。 製氷皿に入れて使いやすく小分けした「えのき氷」 今日ご紹介する「えのき氷」を考えたのが、きのことともに人生を送ってきたJA中野市の阿藤博文(あとうひろふみ)代表理事組合長です。 平成20年5月から「えのき氷」を本格的につくりはじめました。 18歳で父の後を引き継ぎ、えのき栽培をはじめてもうなんと40年以上になる、エノキタケの化身のような人です。 エノキは毎日摂取するに限る エノキは昔から体にいいと言われ続けてきました。 実際に「毎日摂取していれば血液中の総コレステロールや中性脂肪の数値が減り、生活習慣病の予防になる。 エノキタケはキトグルカン(きのこキトサン)という成分が多く含まれ、摂取することにより体内のコレステロールや中性脂肪等を下げる傾向がある」と話す高崎健康福祉大学健康福祉学部健康栄養学科の江口文陽教授も、この「えのき氷」に注目しています。 信州きのこマイスターや中野市、JA中野市などの料理講座で「えのき氷」を紹介して以来、口コミで愛好者が増えています。 今や北信州で大人気のこの「えのき氷」。 阿藤さんは「この作り方がみんなに広まって、みんなが健康になってくれればいいと思っているのだよ」と微笑みます。 さっそくご自宅のキッチンに立ち、直々に作り方を伝授してくれました。 体に良く効く えのき氷 の作り方 材料 エノキタケ 300グラム(2袋分) 水 400ミリリットル えのき氷の使い方 汁物、煮物等調理の際入れるだけです。 摂取量は1日3個が目安。 カレー、味噌汁、煮物など、なににでもあいます。 お茶やジュースにも入れても全く気になりません。 保存方法は冷凍庫で。 阿藤さんは普段のお料理に、またお茶、ジュース等の飲み物にもこのえのき氷を入れています。 お陰で二日酔い知らずだとか。 砂糖をいれていないのに琥珀色でなんとなくクリスタルな(?)いい味です。 とてもキノコが入っているなんて想像がつきません。 「きのこを使っていろいろと試している。 えのき氷はだしとしてなににでもあうからね。 試した方から体調が良くなった、しわが伸びたといわれたときはビックリしたよ。 血行が良くなるからかな? また、便通が良くなったといわれるのがうれしいね。 みなさんも家で簡単にできるのでつくってみて」と太鼓判です。 簡単でお財布にも優しい「えのき氷」を、動画を参考にぜひお試しください! あわせて読みたい: ・ ねこ子様 こんにちは!コメントありがとうございます。 この食べ方なら、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く召し上がっていただけると思います。 粉砕することによって、「エノキタケの強力な食物繊維が壊れ、細胞内の有効成分をより多く引き出す」効果があるようです。 また、煮ることで「湯の中に多くの有効成分が引き出される」、さらに凍らせることで「そこに含まれえる細胞が膨張して、引きちぎられるように壊れるので、粉砕・加熱でも抽出できなかった成分を細胞の外に出すことが出来る」と専門家に評価されております。 ぜひご家族やご自身の健康ために、挑戦してみて下さいね^^ 投稿者 長野県のおいしい食べ方編集部 : 2010. 15 17:49• まさちか様 お問い合わせありがとうございます。 ご質問につきましてJA中野市より、下記のとおりお答えいたします。 ご質問の「なぜ60分間煮詰めるのか」というと、上記の栄養成分が最も抽出される時間だからです。 ポイントは温度にあります。 沸騰してから弱火で「ふつふつ」と・・・1時間。 こうすることにより、熱い湯の中にじっくりじわじわとエノキタケの持つ多くの有効成分が鍋の中に引き出されるのです。 (熱水抽出) 圧力鍋は一気に加熱し、やわらかくするだけなので、えのき氷を作る場合には不向きだと思われます。 時間がかかり大変ですが、「えのき氷の作り方」で作っていただく方法が安定した効果を得ることができます。 また、手軽に食べていただけるよう2月9日から、長野県内のスーパーマツヤで「えのき氷」の販売を始めました。 こちらも是非ご利用ください。 毎日の食事でエノキタケ100g取り入れることでも「血液サラサラ効果」が実証されているほど健康には十分良いのですが、「えのき氷」にすることにより日持ちも良くなり、さらに有効成分が体内に吸収されやすくなります。 是非、毎日の生活の中に取り入れてみてください。 【情報提供:JA中野市】 -------------------------------------------------- 投稿者 長野県のおいしい食べ方編集部 : 2011. 28 10:26• はじめまして。 今作って冷凍しています。 阿藤さんはすごい方ですね。 でも信州のえのきを買って思うのは、 袋がシンプルなので、あとうさんの顔シールを貼って、 おすすめ!えのき氷!ってな具合にレシピがあると、 いいな、と思います。 それと、えのき氷を使った商品がこれから出てきても、 中野市の人が作ったものがいいな、と思います。 中野市もしくは阿藤さんで特許というかなにかそういう権利のようなものをもっているといいのに。 なかなかこんな料理法、考えられませんもの。 これはすごいと思います。 親の介護をしていると、薬を飲む人間って、 便秘になりやすかったりするので、 食べ物で自然にお通じがくるというのが理想です。 えのき氷、すごいと思います。 あとうさんや中野市、JA中野は、 もっとこの知恵を広めて、そして潤ってほしいと思います。 手間がかかるので、これから他の便乗商法も出るかもしれませんが、本家本元で護ってください。 もっともっとアピールしてほしい知恵です。 料理苦手なので、動画は助かります。 ありがとうございました!! 投稿者 こんぶや : 2011. 19 13:03• 昨年秋の健康診断でコレステロール値が200を超えました。 ちょうど「ためしてガッテン」でこちらのえのき氷を知り試しに作ってみたところ、おいしい!(サプリメントは大嫌いだし、まずいものは経験上絶対続きません)これなら続けられそう、と半年間毎日食べました。 毎週2袋、年間でも1万円くらいのおいしい健康食品、これからも続けようと思います。 良い食べ方をご紹介いただき、ありがとうございました。 投稿者 まぬるねこ : 2012. 10 08:00• お昼の情報番組を見て以来、毎日に近い状態で、えのき氷を食べてます。 はっきりいって期待したダイエット効果はナシ… しかし、食べ続ける理由…それはアレルギー性鼻炎にどうやら効果があるようなので。 気温差だけでも鼻がずるずる、鼻水が喉にいき声枯れ・・毎年冬から春にかけての不快な症状が改善、風邪をひかずに冬をのりきったのも数年ぶりでした。 ぜひ鼻炎の方に試して頂きたいですっ。 ただ、疑問がひとつあって、 食べ過ぎで体に問題になることってあるのでしょうか? 私は腸が丈夫(あるいは鈍感?)らしくまったく問題がないのですが、よくおなかがゆるくなるとも聞きますが・・。 投稿者 よし : 2012. 22 22:26• 長野県立こども病院内で活動している患者家族の団体です。 長野こども療育推進サークル ゆうテラス 代表の亀井智泉と申します。 このたび、こども病院と協働で、重い障害を持つこどものためのミキサー食の解説DVDを作ることになりました。 普通の食事をミキサーにかけてペースト状にして胃ろうから注入するという栄養摂取方法の解説です。 胃ろうは本来お年寄りの終末医療だけのものではなく、むしろ摂食・嚥下が上手にできないこどもたちのために作られた医療の方法で、胃ろうからしっかり食べて成長して、摂食・嚥下を上手にできる体を作ろう、というのがコンセプトです。 この中で、エノキ氷や凍り餅や寒天を「とろみ剤」として紹介したいと思います。 実際患者さんのご家族でエノキ氷や凍り餅はとても評判がよく、全国の同じような子育てをしている方たちにおススメ食材として広めたいと思っています。 DVDの中でエノキ氷を取り上げること、画面の中に「JA長野中央会」のホームページにエノキ氷の情報がた草なることを載せたいと思いますが、お許しいただけませんでしょうか。 文書でのお願が必要ならば改めて病院長名でお出しします。 よろしくご検討くださいませ。 〒399-8288 安曇野市豊科3100 長野県立こども病院しろくま図書館内 長野こども療育推進サークルゆうテラス 代表 亀井智泉 投稿者 ゆうテラス : 2013. 22 16:54•

次の

えのきの味噌汁はなぜとろみがある?えのきの味噌汁のレシピも紹介!

えのき 味噌汁

こんにちは。 悪玉コレステロールを下げるための食材の1つとして、干しエノキダケが効果が高いことをご存知でしょうか? 最近コレステロール値が高くなってるので、食生活をより改善しようとしています。 干しえのきだけは普通にえのき茸をたべるよりも、味が美味しくなるばかりか、健康に良いとは聞いていましたが、その中身を調べてみたので紹介します。 コレステロール低減の他にも内臓脂肪の低減にとどまらず、抗ガン効果と免疫増強効果もあるようです。 干しえのきに含まれるエノキタケリノール酸の効用とは wikiによりますと、2009年にこの物質が発見され実験的にも効果が確認され確認されて学会でも発表されてますので、信憑性のある内容のようです。 一部を引用すると、 エノキタケリノール酸(エノキタケリノールさん)は、キノコの一種であるエノキタケ中から発見された成分で、4種類の脂肪酸からなる複合体である。 内臓脂肪率を低下させる効果があることが、複数のヒト介入試験結果により確認されている。 生のエノキタケ100グラム(乾燥エノキタケ約10グラム)にエノキタケリノール酸が800ミリグラム含まれる。 効用については、 体脂肪率、内臓脂肪率が統計的に有意に低下する臨床実験結果が複数ある。 エノキタケリノール酸は、内臓脂肪、血中総コレステロール、中性脂肪を減少させることが明確になった。 とあります。 また米国の医学関係の記事では信ぴょう性のあるWebmdの情報によると、 Enoki: These slender, mild-flavored mushrooms appear to have significant anti-cancer and immune-enhancing effects, Weil says. えのき:これらの細身で中程度の香りのエノキダケは強い抗癌作用と免疫増強作用がある。 という情報もあります。 これは積極的に摂取したいです。 ここで注目すべきは、えのき茸リノール酸というのは、干して乾燥させた方が効率よく摂取できるという話です。 エノキタケリノール酸は、干して乾燥させたエノキタケから効率よく摂取できること、さらに効果に必要な摂取量も一連の研究において明らかになっていたことから、誰でもできる乾燥干しエノキタケを使ったダイエット方法として注目され、テレビや雑誌など複数のマスメディアに取り上げられた。 エノキタケリノール酸はエノキタケの細胞壁に多く含まれると考えられているので、エノキタケをアルカリ処理したものや、干して乾燥させたものなど、強固な細胞壁を破壊した状態のエノキタケからより摂取が効率的であるが、一方、生のエノキタケをそのまま調理しただけではエノキタケリノール酸の摂取は困難である。 ウィキペディアより引用 そこで、干しエノキダケにして味噌汁を作ってみました。 干しえのき茸のつくりかた こちらは、スーパー等で購入したえのき茸を適当な大きさに切って、日光の光に当てて、最低3,4時間、さらに乾燥させるには数日程度さらしておくだけです。 こちらが4時間程乾燥させたものです。 干しえのき茸の味噌汁と保存方法 干しえのき茸を使った一番定番の献立といえば、味噌汁です。 いつもの具材を干しえのきにするだけなので簡単です。 こちらは、干しえのきとオクラとじゃがいもを具材にした味噌汁で、とてもいい味がでていました。 見るからに健康的です。 干してない普通のえのきよりも旨味成分がでて、健康にも良いとなれば一石二鳥ですね。 他にも、冬は鍋物の具材として入れたり、炒めものや天ぷら、パスタなどその応用範囲はとても広いです。 保存するときは、タッパーに入れて冷凍庫に入れておけば数ヶ月程度は持ちます。 是非ためしてみてはいかがでしょうか。

次の