マクドナルド増税。 マクドナルドのハンバーガー値上げ!価格の推移

日本マクドナルド、11月既存店売上高2.7%増 増税後も好調 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

マクドナルド増税

軽減税率とは まずは、新しく導入される軽減税率について簡単におさらいしましょう。 軽減税率とは、特定の商品の消費税率を低く設定することを言います。 対象の商品・品目は、次のとおりです。 分類 軽減税率の適用 消費税率 飲食料品 あり 8% 新聞 あり 8% ただし、• 外食・出張料理• マクドナルドでは店内飲食と持ち帰りの価格を統一する マクドナルドでは、注文時に「店内飲食」と「持ち帰り(テイクアウト)」を選択することができます。 本来であれば、• 持ち帰り(テイクアウト):軽減税率8% が適用されます。 例えば、マクドナルドで1,000円分の注文をした場合、店内飲食は税込1,100円、持ち帰りは税込1,080円となり、 20円の価格差が出ることになります。 分かりやすさ・利便性を重視して税込価格を統一 マクドナルドでは、軽減税率導入後も「店内飲食」と「持ち帰り(テイクアウト)」の どちらも同じ価格で提供すると発表しています。 【1】分かりやすく利便性を重視した価格設定・価格表示の継続 お客様にとっての分かりやすさや利便性を重視し、税抜価格の見直しによって、 「店内ご飲食」と「お持ち帰り ドライブスルー含む 」の税込価格を統一いたします。 店頭での価格表示は、従来通り「税込価格」のみ記載いたします。 また、税込価格は現在の「10円単位」を継続いたします。 出典:マクドナルド マクドナルドでは「店内飲食」と「持ち帰り」で価格が変わることはないということですね。 「数十円節約するために持ち帰りにする」といった選択を考えなくて良いのは、シンプルで嬉しいところです。 また、残りの3割の商品については値上げ幅は10円となりますが、全体を加重平均すれば税抜価格の引き上げとならないように設定されています。 2019年10月1日以降の商品価格は次のようになります。 ただし、店舗ごとに還元率が違ってくるので注意が必要です。 店舗ごとのポイント還元率 対象店舗 ポイント還元率 中小企業、個人経営の小売、飲食店、宿泊など 5% コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどの大手系列チェーン店 2% 大手スーパー、百貨店など 0% 例えば、小売店については、• 資本金または出資の総額が5,000万円以下• 常時使用する従業員の数が50人以下 の条件を満たしている会社および個人事業主が運営する店舗が還元率5%となります。 例えば、個人店で10万円の買い物をすれば、5,000円分のポイント還元を受けることができます。 マクドナルドでは約2,000店舗で2%還元 マクドナルドでは、日本国内約2,900店舗のうち、 フランチャイズ店舗約2,000店舗でキャッシュレス・ポイント還元事業に参加します。 ポイント還元対象のキャッシュレス決済は、次のとおりです。 支払い方法 対象 対象外 クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club DISCOVER 電子マネー iD、楽天Edy、WAON、nanaco、QUICPay、LINE Pay、JCBプレモ 交通系IC Suica、PASMO、manaco、ICOCA、SUGOCA、nimoca Kitaca、TOICA、はやかけん ポイント利用 dポイント、楽天ポイント 例えば、マクドナルドで購入金額1,000円分をクレジットカード支払いした場合は、 20ポイントが還元されます。 還元率の高いクレジットカードを使おう マクドナルドでの支払いだけに限りませんが、どうせクレジットカードで支払うのであれば還元率の高さを意識しましょう。 例えば、クレジットカードで月10万円(年間120万円)を支払っているケースで還元率ごとの比較をしてみます。 還元率 還元金額 1. 1年で6,000円• 2年で1万2,000円• 3年で1万8,000円 も違ってきます。 クレジットカードの利用金額が大きい方は、もっと差は大きくなります。 なぜなら、• 還元率が高い• 個人店の導入が多い からです。 還元率が高い PayPayは、 通常の還元率が1. それだけでなく、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」に合わせて、 まちかどペイペイキャンペーンを実施します。 これは、PayPay決済を「キャッシュレス・ポイント還元」の5%還元対象店舗で行うことにより、PayPayボーナスが5%上乗せされるお得なキャンペーンです。 これにより• まちかどペイペイ:最大5%• キャッシュレス・ポイント還元:最大5% により合計で 最大10%の還元を受けることが可能です。

次の

軽減税率でスタバやマクドナルドのテイクアウトやイートインはどうなった? | ゴリFPのマネー術

マクドナルド増税

日本マクドナルドは9月11日、大野智さんが出演するマクドナルドブランドの新TV-CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。 」篇 30秒 を、全国で放映開始する。 これに伴い、一部品目では税込10円の値上げを行うが、全品目の約7割で現在の税込価格を据え置く方針だ 都心の一部、空港など約40店舗、マックカフェ バイ バリスタ約100店舗、宅配サービスは別途価格調整を行う。 大野智さんが出演する新TV-CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。 」篇では、このマクドナルドの方針を伝えると同時に、大野さんがマクドナルドで過ごす何気ないひと時の様子を背景に、10月以降も「変わらぬバリューをお届けする」というマクドナルドの想いを描いたという。 新CMは、大野さんが休日のマクドナルド店内の一角で「頼むぜ、マック」とつぶやき、口いっぱいにビッグマックを頬張る内容。 撮影終了後、大野さんは「ビッグマック、あらためて見るとデカいなと思いました。 非常においしかったです」と話し、さらに、大野さんがリーダーを務める嵐が、2001年にマクドナルドのTV-CMに出演した際に期間限定で発売されていたメニュー「サーモンマック ムニエル風」について、「最初に食べた時の印象が強かった! めちゃめちゃはまっちゃって、よく買いに行っていました。 また食べたいです! 」などと復活を熱望したという。 9月18日からは、現在販売中の夜マック「ポテナゲ」、9月25日からは平日昼限定の「バリューランチ」でキャンペーンを展開予定。 さらに、「10月以降もマクドナルドと大野さんのユーモラスでほっこりする姿を描いていきますので、ぜひご期待ください」 日本マクドナルド。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の

ハンバーガーが110円に!マクドナルドの消費税対応と10月からのお得な利用方法

マクドナルド増税

日本マクドナルドは9月11日、大野智さんが出演するマクドナルドブランドの新TV-CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。 」篇 30秒 を、全国で放映開始する。 これに伴い、一部品目では税込10円の値上げを行うが、全品目の約7割で現在の税込価格を据え置く方針だ 都心の一部、空港など約40店舗、マックカフェ バイ バリスタ約100店舗、宅配サービスは別途価格調整を行う。 大野智さんが出演する新TV-CM「笑顔のためにできること、ぜんぶ。 」篇では、このマクドナルドの方針を伝えると同時に、大野さんがマクドナルドで過ごす何気ないひと時の様子を背景に、10月以降も「変わらぬバリューをお届けする」というマクドナルドの想いを描いたという。 新CMは、大野さんが休日のマクドナルド店内の一角で「頼むぜ、マック」とつぶやき、口いっぱいにビッグマックを頬張る内容。 撮影終了後、大野さんは「ビッグマック、あらためて見るとデカいなと思いました。 非常においしかったです」と話し、さらに、大野さんがリーダーを務める嵐が、2001年にマクドナルドのTV-CMに出演した際に期間限定で発売されていたメニュー「サーモンマック ムニエル風」について、「最初に食べた時の印象が強かった! めちゃめちゃはまっちゃって、よく買いに行っていました。 また食べたいです! 」などと復活を熱望したという。 9月18日からは、現在販売中の夜マック「ポテナゲ」、9月25日からは平日昼限定の「バリューランチ」でキャンペーンを展開予定。 さらに、「10月以降もマクドナルドと大野さんのユーモラスでほっこりする姿を描いていきますので、ぜひご期待ください」 日本マクドナルド。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の