笠間 稲荷 神社。 観光情報 : 笠間観光協会

笠間稲荷神社 口コミ・写真・地図・情報

笠間 稲荷 神社

江戸時代には忠臣蔵で有名な浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)、 大石内蔵助(おおいしくらのすけ)も 笠間稲荷神社を信仰していたとか。 ( 笠間稲荷神社を勧請して 邸内に「大石稲荷神社」を立てる) 参道周辺のキツネさんに注目! 稲荷神社の神の使いである「狐」 笠間稲荷神社でも 様々なキツネさん(像)がいらっしゃるので写真で紹介! りりしいお顔立ち。 こちらの心を見透かしているような 鋭い眼光にドキッとしちゃいますね。 ひえぇぇぇ・・ ドスのきいたお顔で思いっきりガンつけられてます。 もうちびりそうです・・ ちょ・・・ 手にお持ちのものはネズミですか? ネズミ狩りですか?? ひえーーー キツネ界のピッコロ大魔王? 口から卵でも生み出しそうな雰囲気・・・。 威風堂々としたキツネさん達に圧倒され プルプルと萎縮する中・・・・ パッチリまつげにタレ目 圧倒的な癒やしオーラ。 キツネ界の綾瀬はるかと呼ばせて頂きます。 「日本で一番長い巡路を持つ七福神」ともいわれる 「常陸七福神」の一つ、「大黒天」がいらっしゃいます。 笠間稲荷神社では「大黒天」の御朱印も頂けますよ。 こちらは重要文化財の本殿。 彫刻にも注目してみてください。 ここにもキツネさんが。 本殿裏も見逃せない。 本殿裏にも見逃せないスポット 「狐塚」があります。 たくさんのキツネの石像が安置されているので 「狐塚」 ここは 一部で「ご利益が凄い」として話題です。 昔から人々の願いを「神様へ運ぶお使い」として親しまれていた狐。 いつしか石像が置かれるようになり、月日とともに数が増え続けていったそうです。 それだけたくさんの人の思いがつまっているんですね。 願いを狐さんに届けてもらいましょう。 ちなみに狐塚から徒歩すぐの所に「 城山稲荷神社」がご鎮座。 笠間三稲荷のひとつで「城山出世稲荷大名神」とも呼ばれるそうです。 笠間いなり寿司にバターまんじゅうでお腹も満足 笠間稲荷神社の周辺は、 多くのお店が立ち並びます。 参拝後の楽しみといったら・・おなかを満たすグルメ! っちゅうことで、まずは目の前にある 「笠間カフェ」にお邪魔しました。 笠間稲荷神社の目の前です! 坂本九さんも熱心に信仰していたという笠間稲荷神社。 お母さんの実家が笠間で、一時期笠間にも住んでいたみたいですね。 結婚式も挙げていらっしゃいます。 そしてこちらも名物という 「たちばな」さんの バターまんじゅう。 皮がサクっとバター風味でめっちゃおいしかったです。 こちらは ご当地グルメの「笠間いなり寿司」 酢飯ならぬ酢そば?が入ってます。 個人的にはご当地グルメベスト3に入るウマさ。 一人で10個はイケますね。 (食べかけの写真でスイマセン・・) 笠間いなり寿司推進キャラクターの「笠間のいな吉」くん 笠間特別観光大使としても活躍してるそうです。 笠間稲荷神社の初詣情報 初詣の人手では関東の神社で4位に食い込む笠間稲荷神社。 (明治神宮、鶴岡八幡宮、大宮氷川神社の3つの神社がトップ3と言われています) 茨城県ではダントツ一番ですね。 商売繁盛をご利益とする稲荷神社の中では関東でも一番の人手だそうです! 茨城県はもとより、全国から参拝者が訪れます。 大晦日(12月31日)の夕方に「一年のお礼参り」をしてから 1日の午前0時から新年の参拝をする 「二年参り」が人気。 1月1日は午前五時から「歳旦祭」が行われ、1月3日は「元始祭(げんしさい)」が行われます。 笠間稲荷神社(茨城県笠間市)のアクセス.

次の

観光情報 : 笠間観光協会

笠間 稲荷 神社

Wikipediaからの引用 概要 笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)は、茨城県笠間市にある神社(稲荷神社)である。 旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社となっている。 別称胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷。 五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間300万人を超える参拝客が訪れる。 また、正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れ、初詣参拝者数で茨城県1位を誇る。 日本三大稲荷の一つとされている。 「笠間稲荷と佐白山」として茨城百景に選定されている。 東京都中央区日本橋浜町には、当時の笠間城主牧野家の下屋敷があり、その地には藩主が笠間稲荷神社より分霊を受けて建てられた笠間稲荷神社東京別社がある。 歴史 創建 創建に関する伝承は口碑によるもので、文献記録はない。 勧請元となった稲荷神社も不詳である。 社伝では、孝徳天皇御代の白雉2年(651年)、現在の地にあった胡桃樹の下に創建したものという。 笠間便覧では、白雉年間、佐白山に鎮座していた六座のうちの稲荷社を、現在の地にあった胡桃樹の下に奉遷したものという。 ただし、この伝承が記述されているのは笠間便覧のみである。 近隣に鎮座する城山稲荷神社に、旧址を佐白山上とする同旨の由緒がある。 笠間稲荷神社ウェブサイトの由緒では、当時、社地一帯は胡桃の密林であったという。 戦前の取材による茨城県神社写真帳には、「広漠とした荒野の片野の一本の胡桃樹下」であっ... アクセス 自動車 北関東自動車道友部ICから国道355号で約15分、又は笠間西ICから茨城県道64号土浦笠間線の福原バイパスと国道50号を利用し約20分(約10km)。 常磐自動車道水戸ICから国道50号で約25分。 鉄道 JR水戸線笠間駅 タクシーで約5分 徒歩約20分(約2km) JR友部駅 かさま観光周遊バス(月曜運休) 稲荷神社下車 高速バス 関東やきものライナー 笠間稲荷神社入口下車 行事 祭礼 例祭 例祭は4月9日に行われる例大祭である。 4月9日は創建の日とされている。 笠間の菊まつり 10月中旬から11月末にかけて、笠間稲荷神社を中心に開催されている。 明治23年(1890年)以来、境内で「朝顔会(朝顔展示)」を開催していたが、これを明治41年(1908年)、当時の宮司が発展させ、農園部を設置し、菊花の展示を開始した。 元は人々の心を和ませ、信仰を育むために始めたものという。 大正2年(1913年)からは全国菊花品評会が、戦後の昭和23年(1948年)からは菊人形展がそれぞれ開催されるようになった。 近年は「笠間の菊まつり」として、笠間稲荷神社初詣と並び、80万人弱の観光... 引用元情報 「」『ウィキペディア日本語版』。 この版のURL:.

次の

笠間稲荷神社

笠間 稲荷 神社

江戸時代には忠臣蔵で有名な浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)、 大石内蔵助(おおいしくらのすけ)も 笠間稲荷神社を信仰していたとか。 ( 笠間稲荷神社を勧請して 邸内に「大石稲荷神社」を立てる) 参道周辺のキツネさんに注目! 稲荷神社の神の使いである「狐」 笠間稲荷神社でも 様々なキツネさん(像)がいらっしゃるので写真で紹介! りりしいお顔立ち。 こちらの心を見透かしているような 鋭い眼光にドキッとしちゃいますね。 ひえぇぇぇ・・ ドスのきいたお顔で思いっきりガンつけられてます。 もうちびりそうです・・ ちょ・・・ 手にお持ちのものはネズミですか? ネズミ狩りですか?? ひえーーー キツネ界のピッコロ大魔王? 口から卵でも生み出しそうな雰囲気・・・。 威風堂々としたキツネさん達に圧倒され プルプルと萎縮する中・・・・ パッチリまつげにタレ目 圧倒的な癒やしオーラ。 キツネ界の綾瀬はるかと呼ばせて頂きます。 「日本で一番長い巡路を持つ七福神」ともいわれる 「常陸七福神」の一つ、「大黒天」がいらっしゃいます。 笠間稲荷神社では「大黒天」の御朱印も頂けますよ。 こちらは重要文化財の本殿。 彫刻にも注目してみてください。 ここにもキツネさんが。 本殿裏も見逃せない。 本殿裏にも見逃せないスポット 「狐塚」があります。 たくさんのキツネの石像が安置されているので 「狐塚」 ここは 一部で「ご利益が凄い」として話題です。 昔から人々の願いを「神様へ運ぶお使い」として親しまれていた狐。 いつしか石像が置かれるようになり、月日とともに数が増え続けていったそうです。 それだけたくさんの人の思いがつまっているんですね。 願いを狐さんに届けてもらいましょう。 ちなみに狐塚から徒歩すぐの所に「 城山稲荷神社」がご鎮座。 笠間三稲荷のひとつで「城山出世稲荷大名神」とも呼ばれるそうです。 笠間いなり寿司にバターまんじゅうでお腹も満足 笠間稲荷神社の周辺は、 多くのお店が立ち並びます。 参拝後の楽しみといったら・・おなかを満たすグルメ! っちゅうことで、まずは目の前にある 「笠間カフェ」にお邪魔しました。 笠間稲荷神社の目の前です! 坂本九さんも熱心に信仰していたという笠間稲荷神社。 お母さんの実家が笠間で、一時期笠間にも住んでいたみたいですね。 結婚式も挙げていらっしゃいます。 そしてこちらも名物という 「たちばな」さんの バターまんじゅう。 皮がサクっとバター風味でめっちゃおいしかったです。 こちらは ご当地グルメの「笠間いなり寿司」 酢飯ならぬ酢そば?が入ってます。 個人的にはご当地グルメベスト3に入るウマさ。 一人で10個はイケますね。 (食べかけの写真でスイマセン・・) 笠間いなり寿司推進キャラクターの「笠間のいな吉」くん 笠間特別観光大使としても活躍してるそうです。 笠間稲荷神社の初詣情報 初詣の人手では関東の神社で4位に食い込む笠間稲荷神社。 (明治神宮、鶴岡八幡宮、大宮氷川神社の3つの神社がトップ3と言われています) 茨城県ではダントツ一番ですね。 商売繁盛をご利益とする稲荷神社の中では関東でも一番の人手だそうです! 茨城県はもとより、全国から参拝者が訪れます。 大晦日(12月31日)の夕方に「一年のお礼参り」をしてから 1日の午前0時から新年の参拝をする 「二年参り」が人気。 1月1日は午前五時から「歳旦祭」が行われ、1月3日は「元始祭(げんしさい)」が行われます。 笠間稲荷神社(茨城県笠間市)のアクセス.

次の