ジェット スター オンライン チェック イン。 図解【ジェットスターの乗り方】チェックインから搭乗までの流れを解説!

ジェットスターのウェブチェックインの方法、座席指定も可能

ジェット スター オンライン チェック イン

ジェットスターのウェブチェックイン ジェットスターのウェブ・チェックインサービスなら、ご自宅やオフィスからオンラインで簡単にチェックインを行えます。 お一人でもグループでも、お手荷物があっても手続き可能。 難し いことが書いてありますが、要するに 「 空港カウンターに並ばずチェックインが出来ますよ~」ってことです。 空港もITシステムの普及でかなり多くの航空会社がウエブ・チェックインが出来るようになりました。 助かりますよね~! 朝の混雑時には絶対並びたくない空港カウンター それがウエブ・チェックインを済ませておくことで免れるならやっておきたいですよね。 まぁ色々と条件はあるのですが、基本的には「 国内線」の「 受託手荷物無し」の場合であれば、印刷したチケットを持って(QRコードだけあればいける航空会社もあります)、空港の保安検査場に直接向かうことが可能になります。 ウェブチェックインの手順 ジェットスターの場合搭乗の48時間前(2日前)から搭乗時間の1時間前までウエブ・チェックインが可能です。 ウエブチェックインは1時間前までなので、ウエブチェックインできなかった場合、空港カウンターでやってもらいましょう。 ウエブチェックインはパソコン、またはスマートフォンのジェットスターアプリから出来ます。 今回は行きだけ、パソコンからオンラインチェックインをやってみたので流れをご紹介します。 まずはジェットスターのウェブページへ移動します。 「オンラインチェックイン」のメニューがあるのでクリックします。 その後、ログイン画面に移りますが、ジェットスターの会員登録をしている方はそのままログインするとマイページに飛びます。 会員登録していない方は「ログインせずに予約検索」で予約番号(アルファベットと数字6桁)と チケット購入時に入力したメールアドレスまたは姓を入力しましょう。 ジェットスターの公式ページを開かなくて済むのでこっちのほうが楽かもしれません。 ログインすると予約内容が表示されているので、チェックインするをクリックします。 ウエブ・チェックインが利用できますと出ているので、該当の便を選択してチェックインを行います。 最終チェックインを行う前に「受託手荷物」、「座席」、「食事」のオプションサービスが追加できます。 購入し忘れていたらこの段階で追加しておきましょう。 国内線の場合、座席は3つのランク分けがされておりスタンダードな席を選択する場合はプラス550円。 僕は今回座席指定はしなかったのでチェックイン時にランダムに空いている座席が確保されます。 機内食メニューもあります。 画面下部の「危険物を持ち込むのか」についてボタンで選択 (ていうか危険物を持ち込んだら搭乗できません) 搭乗券の受け取り方法が選択できます。 スマートフォンを持っているなら断然「 モバイル搭乗券」です! オンラインチェックインをしたらPDFファイルを印刷しても良いですが、スマホなら荷物検査と搭乗口で画面を見せるだけです。 ご注意: 「PDF搭乗券」は 必ず印刷して空港までお持ちください。 「モバイル搭乗券を送付」を選択した場合、メールアドレス宛にメールが飛びます。 このようなメールが登録アドレスに届くのでスマートフォンを持っている方は、「モバイル搭乗券を保存」でウォレットに保存します。 ・IOSの場合:Walletにモバイル搭乗券が保存されます。 ・Andoroidの場合:GoogleWalletにモバイル搭乗券が保存されます。 実際のモバイル搭乗券はこんな感じです。 これでチェックインは完了です。 アプリでチェックインしてしまえば、チェックインカウンターに行く必要はありません。 検査と搭乗口ではモバイル搭乗券のQRコードを専用の端末で読み取ってもらいます。 ウェブチェックインを利用した感想 今回は初めてジェットスターのウェブチェックインをしたのだが、本当に簡単でした。 荷物を預けないと荷物料金もかからないので、短期の旅行なら荷物は少なくするのが良いと思います。 荷物を預ける場合でもウェブチェックインはできるが、荷物を預けるのにチェックインカウンターで荷物を預ける必要がでてきますので 早めに空港へ行くことをお勧めします。 尚、荷物を空港のカウンターで預ける時にはアプリの画面のQRコードを見せればスムーズです。 最近はLCCでの旅行が主流になってきています。 日本の代表的なLCCをまとめてみました。 どうも、ITトラベラーです。 旅やマイル、ITに関してのブログを運営しています。 旅行とスノーボードが大好きなサラリーマンです。 システム屋さんとして働きながら色んな国を周遊中。 飛行機に乗らず、お金をかけずにマイレージを貯める方法を日々研究し、最初の1年で25万マイル以上を獲得。 2018年4月念願だったファーストクラスに搭乗しました。 自分の経験が少しでも誰かの役に立てば幸いです。 ブログを書き始めてから訪れたところ 2017年5月:北海道 2017年6月:台湾 2017年7月:沖縄 2017年9月:ニュージーランド 2017年11月:北海道 2018年 2月:台湾 2018年 3月:福岡 2018年 4月:バンコク 2018年 6月:香港 2018年 8月:四国・九州 2018年 9月:シンガポール 2018年11月:長崎 2019年2月:ハワイ 2019年4月:台湾 2019年5月:上海、バンコク 2019年6月:香港 2019年7月: 沖縄 2019年8月:バリ島、マレーシア 公式LINE はこちら.

次の

ジェット スター 自動 チェック イン 機 使い方

ジェット スター オンライン チェック イン

ジェットスターのウェブチェックイン ジェットスターのウェブ・チェックインサービスなら、ご自宅やオフィスからオンラインで簡単にチェックインを行えます。 お一人でもグループでも、お手荷物があっても手続き可能。 難し いことが書いてありますが、要するに 「 空港カウンターに並ばずチェックインが出来ますよ~」ってことです。 空港もITシステムの普及でかなり多くの航空会社がウエブ・チェックインが出来るようになりました。 助かりますよね~! 朝の混雑時には絶対並びたくない空港カウンター それがウエブ・チェックインを済ませておくことで免れるならやっておきたいですよね。 まぁ色々と条件はあるのですが、基本的には「 国内線」の「 受託手荷物無し」の場合であれば、印刷したチケットを持って(QRコードだけあればいける航空会社もあります)、空港の保安検査場に直接向かうことが可能になります。 ウェブチェックインの手順 ジェットスターの場合搭乗の48時間前(2日前)から搭乗時間の1時間前までウエブ・チェックインが可能です。 ウエブチェックインは1時間前までなので、ウエブチェックインできなかった場合、空港カウンターでやってもらいましょう。 ウエブチェックインはパソコン、またはスマートフォンのジェットスターアプリから出来ます。 今回は行きだけ、パソコンからオンラインチェックインをやってみたので流れをご紹介します。 まずはジェットスターのウェブページへ移動します。 「オンラインチェックイン」のメニューがあるのでクリックします。 その後、ログイン画面に移りますが、ジェットスターの会員登録をしている方はそのままログインするとマイページに飛びます。 会員登録していない方は「ログインせずに予約検索」で予約番号(アルファベットと数字6桁)と チケット購入時に入力したメールアドレスまたは姓を入力しましょう。 ジェットスターの公式ページを開かなくて済むのでこっちのほうが楽かもしれません。 ログインすると予約内容が表示されているので、チェックインするをクリックします。 ウエブ・チェックインが利用できますと出ているので、該当の便を選択してチェックインを行います。 最終チェックインを行う前に「受託手荷物」、「座席」、「食事」のオプションサービスが追加できます。 購入し忘れていたらこの段階で追加しておきましょう。 国内線の場合、座席は3つのランク分けがされておりスタンダードな席を選択する場合はプラス550円。 僕は今回座席指定はしなかったのでチェックイン時にランダムに空いている座席が確保されます。 機内食メニューもあります。 画面下部の「危険物を持ち込むのか」についてボタンで選択 (ていうか危険物を持ち込んだら搭乗できません) 搭乗券の受け取り方法が選択できます。 スマートフォンを持っているなら断然「 モバイル搭乗券」です! オンラインチェックインをしたらPDFファイルを印刷しても良いですが、スマホなら荷物検査と搭乗口で画面を見せるだけです。 ご注意: 「PDF搭乗券」は 必ず印刷して空港までお持ちください。 「モバイル搭乗券を送付」を選択した場合、メールアドレス宛にメールが飛びます。 このようなメールが登録アドレスに届くのでスマートフォンを持っている方は、「モバイル搭乗券を保存」でウォレットに保存します。 ・IOSの場合:Walletにモバイル搭乗券が保存されます。 ・Andoroidの場合:GoogleWalletにモバイル搭乗券が保存されます。 実際のモバイル搭乗券はこんな感じです。 これでチェックインは完了です。 アプリでチェックインしてしまえば、チェックインカウンターに行く必要はありません。 検査と搭乗口ではモバイル搭乗券のQRコードを専用の端末で読み取ってもらいます。 ウェブチェックインを利用した感想 今回は初めてジェットスターのウェブチェックインをしたのだが、本当に簡単でした。 荷物を預けないと荷物料金もかからないので、短期の旅行なら荷物は少なくするのが良いと思います。 荷物を預ける場合でもウェブチェックインはできるが、荷物を預けるのにチェックインカウンターで荷物を預ける必要がでてきますので 早めに空港へ行くことをお勧めします。 尚、荷物を空港のカウンターで預ける時にはアプリの画面のQRコードを見せればスムーズです。 最近はLCCでの旅行が主流になってきています。 日本の代表的なLCCをまとめてみました。 どうも、ITトラベラーです。 旅やマイル、ITに関してのブログを運営しています。 旅行とスノーボードが大好きなサラリーマンです。 システム屋さんとして働きながら色んな国を周遊中。 飛行機に乗らず、お金をかけずにマイレージを貯める方法を日々研究し、最初の1年で25万マイル以上を獲得。 2018年4月念願だったファーストクラスに搭乗しました。 自分の経験が少しでも誰かの役に立てば幸いです。 ブログを書き始めてから訪れたところ 2017年5月:北海道 2017年6月:台湾 2017年7月:沖縄 2017年9月:ニュージーランド 2017年11月:北海道 2018年 2月:台湾 2018年 3月:福岡 2018年 4月:バンコク 2018年 6月:香港 2018年 8月:四国・九州 2018年 9月:シンガポール 2018年11月:長崎 2019年2月:ハワイ 2019年4月:台湾 2019年5月:上海、バンコク 2019年6月:香港 2019年7月: 沖縄 2019年8月:バリ島、マレーシア 公式LINE はこちら.

次の

ジェットスターのウェブチェックインとは?座席指定はできる?

ジェット スター オンライン チェック イン

ジェットスターのウェブチェックイン ジェットスターのウェブ・チェックインサービスなら、ご自宅やオフィスからオンラインで簡単にチェックインを行えます。 お一人でもグループでも、お手荷物があっても手続き可能。 難し いことが書いてありますが、要するに 「 空港カウンターに並ばずチェックインが出来ますよ~」ってことです。 空港もITシステムの普及でかなり多くの航空会社がウエブ・チェックインが出来るようになりました。 助かりますよね~! 朝の混雑時には絶対並びたくない空港カウンター それがウエブ・チェックインを済ませておくことで免れるならやっておきたいですよね。 まぁ色々と条件はあるのですが、基本的には「 国内線」の「 受託手荷物無し」の場合であれば、印刷したチケットを持って(QRコードだけあればいける航空会社もあります)、空港の保安検査場に直接向かうことが可能になります。 ウェブチェックインの手順 ジェットスターの場合搭乗の48時間前(2日前)から搭乗時間の1時間前までウエブ・チェックインが可能です。 ウエブチェックインは1時間前までなので、ウエブチェックインできなかった場合、空港カウンターでやってもらいましょう。 ウエブチェックインはパソコン、またはスマートフォンのジェットスターアプリから出来ます。 今回は行きだけ、パソコンからオンラインチェックインをやってみたので流れをご紹介します。 まずはジェットスターのウェブページへ移動します。 「オンラインチェックイン」のメニューがあるのでクリックします。 その後、ログイン画面に移りますが、ジェットスターの会員登録をしている方はそのままログインするとマイページに飛びます。 会員登録していない方は「ログインせずに予約検索」で予約番号(アルファベットと数字6桁)と チケット購入時に入力したメールアドレスまたは姓を入力しましょう。 ジェットスターの公式ページを開かなくて済むのでこっちのほうが楽かもしれません。 ログインすると予約内容が表示されているので、チェックインするをクリックします。 ウエブ・チェックインが利用できますと出ているので、該当の便を選択してチェックインを行います。 最終チェックインを行う前に「受託手荷物」、「座席」、「食事」のオプションサービスが追加できます。 購入し忘れていたらこの段階で追加しておきましょう。 国内線の場合、座席は3つのランク分けがされておりスタンダードな席を選択する場合はプラス550円。 僕は今回座席指定はしなかったのでチェックイン時にランダムに空いている座席が確保されます。 機内食メニューもあります。 画面下部の「危険物を持ち込むのか」についてボタンで選択 (ていうか危険物を持ち込んだら搭乗できません) 搭乗券の受け取り方法が選択できます。 スマートフォンを持っているなら断然「 モバイル搭乗券」です! オンラインチェックインをしたらPDFファイルを印刷しても良いですが、スマホなら荷物検査と搭乗口で画面を見せるだけです。 ご注意: 「PDF搭乗券」は 必ず印刷して空港までお持ちください。 「モバイル搭乗券を送付」を選択した場合、メールアドレス宛にメールが飛びます。 このようなメールが登録アドレスに届くのでスマートフォンを持っている方は、「モバイル搭乗券を保存」でウォレットに保存します。 ・IOSの場合:Walletにモバイル搭乗券が保存されます。 ・Andoroidの場合:GoogleWalletにモバイル搭乗券が保存されます。 実際のモバイル搭乗券はこんな感じです。 これでチェックインは完了です。 アプリでチェックインしてしまえば、チェックインカウンターに行く必要はありません。 検査と搭乗口ではモバイル搭乗券のQRコードを専用の端末で読み取ってもらいます。 ウェブチェックインを利用した感想 今回は初めてジェットスターのウェブチェックインをしたのだが、本当に簡単でした。 荷物を預けないと荷物料金もかからないので、短期の旅行なら荷物は少なくするのが良いと思います。 荷物を預ける場合でもウェブチェックインはできるが、荷物を預けるのにチェックインカウンターで荷物を預ける必要がでてきますので 早めに空港へ行くことをお勧めします。 尚、荷物を空港のカウンターで預ける時にはアプリの画面のQRコードを見せればスムーズです。 最近はLCCでの旅行が主流になってきています。 日本の代表的なLCCをまとめてみました。 どうも、ITトラベラーです。 旅やマイル、ITに関してのブログを運営しています。 旅行とスノーボードが大好きなサラリーマンです。 システム屋さんとして働きながら色んな国を周遊中。 飛行機に乗らず、お金をかけずにマイレージを貯める方法を日々研究し、最初の1年で25万マイル以上を獲得。 2018年4月念願だったファーストクラスに搭乗しました。 自分の経験が少しでも誰かの役に立てば幸いです。 ブログを書き始めてから訪れたところ 2017年5月:北海道 2017年6月:台湾 2017年7月:沖縄 2017年9月:ニュージーランド 2017年11月:北海道 2018年 2月:台湾 2018年 3月:福岡 2018年 4月:バンコク 2018年 6月:香港 2018年 8月:四国・九州 2018年 9月:シンガポール 2018年11月:長崎 2019年2月:ハワイ 2019年4月:台湾 2019年5月:上海、バンコク 2019年6月:香港 2019年7月: 沖縄 2019年8月:バリ島、マレーシア 公式LINE はこちら.

次の