レモン レシピ。 【冷凍レモンのすり下ろし】私が考案した冷凍レモン 作り方とレシピを公開|ケンカツ!

国産レモンで作るレモンケーキレシピ

レモン レシピ

国産レモンの旬って? スーパーなどの店頭に、一年を通して並んでいるレモン。 爽やかなイメージから、レモンの旬は夏と思われがちですが、国産レモンの旬って実は冬なんです。 秋の終わり頃からグリーンレモンと呼ばれるレモンが、そして真冬には皆さんがよく見かけるイエローレモンが出回り始めます。 今回は、国産レモンの特徴と、丸ごとレモンを使ったレモンケーキのレシピをご紹介します。 気をつけたいレモンの農薬 お菓子作りをする上で欠かせないレモンの皮。 レモンの皮を加えたレシピは、果肉や果汁だけを使うよりも、香りや風味が格段にアップします。 ただ、レモンの皮には農薬が使用されていることも。 中でも使う際にできれば避けたいのが、「ポストハーベスト農薬」が使用されているレモン。 ポストハーベストってどんなもの? 「ポストハーベスト」は「収穫後」を意味します。 そして、「ポストハーベスト農薬」は、収穫後に使用される防カビ剤や防虫剤のこと。 これらは収穫前に畑で使用される農薬の何倍、何百倍もの高濃度で使用されます。 その上、浸透性があるため、一般的な洗浄では落ちないといわれています。 輸入レモンと国産レモン 輸入レモンのほとんどに、「ポストハーベスト農薬」が使用されている可能性が高いです。 ですが、国産レモンには、ポストハーベスト農薬の使用が禁止されています。 「無農薬」と表示のあるもの以外、薬品は使用されていますが、家庭できちんと洗浄すれば農薬などを落とすことができるそうです。 国産レモンの皮は次にご紹介する手順に沿って洗うことで、安心して使えます。 レモンの洗い方• 小さじ1杯程度の塩を少量の水でペーストにします。 塩のペーストでレモンをもんで、皮の凸凹に入り込んだ薬品を落とします。 流水で十分にすすぎます。 さらに熱湯に30秒間ほどくぐらせ流水にとり、水分を拭き取ればOKです。 レモンを丸ごと使ってケーキを作ってみよう! レモンを丸ごと使ったレモンケーキ。 アイシングでのおめかしもポイントです。 アイシングが緩すぎて流れてしまう…などの難しいアイシングのコツもお伝えしますね。 レモンケーキを焼く 材料 15cm丸型1台分• 卵…Lサイズ2個• グラニュー糖…100g• 薄力粉…100g• 無塩バター…100g• 国産レモンの皮…1個分 おすすめのアイテム 下準備• 前述の通りにレモンを洗って薬品を落とす。 卵を常温に戻しておく。 無塩バターを湯せんにかけて溶かしておく。 薄力粉をふるっておく。 作り方• レモンの皮の黄色い部分だけをすりおろす。 卵を溶き、グラニュー糖を加えてハンドミキサーの高速で泡立てる。 生地がもったりとしてきたら、低速に切り替え、キメを整える。 すくい上げた生地の跡がすぐに消えずに、数秒間残ってから消えるくらいがベストです。 薄力粉を半量加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。 粉気がまだ残っている状態で残りの薄力粉も加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。 さらにレモンの皮を加えて、軽く混ぜる。 溶かしバターのボウルに5の生地を少量加えてなじませる。 生地のボウルに6を少量ずつ加えながら、均一でつややかな生地になるまで混ぜる。 バターは底に沈みやすいので、ヘラでボウルの底からすくい上げるように混ぜていきます。 オーブンシートを敷いた型に生地を流し込んで、10cmほどの高さから数回落とし、空気を抜く。 焼き上がったら30cmほどの高さから型ごと落として脱気し、逆さまにしてクーラーの上で冷ます。 トップの膨らみで安定が悪い場合は、粗熱が取れてから膨らんだ部分をカットして安定させると良いです。 ジャムを塗る 材料• アプリコットジャム…40g• 水…小さじ1 おすすめのアイテム 作り方• アプリコットジャムと水を合わせて、こしながら小鍋に入れる。 弱火で煮詰めて塗りやすいかたさにする。 *あっという間に煮詰まるので、目を離さないでくださいね。 レモンケーキ全体に塗る。 側面にも塗ったら乾かす。 アイシングを塗る 材料• レモン果汁…16g• 粉糖…100g 作り方• 皮をすりおろしたレモンを半分にカットする。 果汁を茶こしなどの上で絞り、こす。 レモン果汁と粉糖を合わせてよく混ぜる。 持ち上げて垂らしても、すぐに平らにならず山のように重なっていくくらいのかたさです。 ケーキの中心に流す。 ゴムベラなどを使って、ケーキの縁ぎりぎりのところまで広げる。 広げた直後は、表面が凸凹していますが…、 そのまましばらくおくと、きれいになります。 アイシングが乾けば、出来上がり。 *トッピングをする場合は、アイシングが乾く前にのせましょう。 アイシングのポイント• 生地が透けず、真っ白でぽってりとしたアイシングに仕上げるには、水分量が重要です。 もし水分を足す場合は、数滴ずつ足していくぐらいの気持ちで、ほんの少量ずつ加えてください。 暖かい部屋などでは、アイシングがダレたり乾きにくかったりします。 涼しいところか冷蔵庫でしっかりと乾かしましょう。 冷蔵庫でしっかり冷やしておくと、きれいにカットできます。 乾燥を防ぐために、ケーキドームに入れて保存しましょう。 「丸型で焼くレモンケーキ」の詳しいレシピページは。

次の

【みんなが作ってる】 国産レモンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

レモン レシピ

冷凍レモンを削って作るドリンクレシピ、いかがだっただろうか。 冷凍レモンをストックしておけば、いつでも気軽においしいドリンクを作ることができるのでとっても便利。 仕事終わりの一杯に、休日の息抜きに、急な来客に。 シーンに合わせて作り分け、冷凍レモンならではの爽やかなおいしさを体感してほしい! <レシピ作者プロフィール> 五十嵐ゆかり(管理栄養士・料理研究家) 1987年生まれ、千葉県出身。 ゆるく気軽に取り入れられるグルテンフリーレシピや減塩でもおいしく作れる料理のコツなど、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを提案している。 美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。 企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に「食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖」や「発酵いらずのちぎりパン」、「塩レモンでつくる基本のおかず」など。 Blog: Twitter: HP: フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

【みんなが作ってる】 国産レモンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

レモン レシピ

作り方• 1 【下準備】 ・型にバター(分量外)を刷毛などで塗り、薄力粉(分量外)を茶こしなどで振って、余分な粉を落とす。 ・バターはボウルに入れ、室温に戻しておく。 2 [1]のバターをハンドミキサーで練る。 3 卵は卵黄と卵白に分ける。 [2]に卵黄を1個ずつ加え、さらによく混ぜる。 レモン汁とラム酒を加え混ぜる。 4 別のボウルに卵白を入れて軽く泡立て、残りのグラニュー糖を加え、角が立つまでしっかり泡立ててメレンゲを作る。 6 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、練らないように手早く混ぜ合わせる。 7 残りのメレンゲを加え、泡を消さないようにボウルの底から手早くさっくりと混ぜる。 9 オーブンから取り出して網にのせ、粗熱が取れたら型からはずして充分に冷ます。 10 【レモンアイシング】を作る。 ボウルに粉糖を入れ、レモン汁、牛乳を順に加えてよく混ぜる。 11 レモンケーキの丸い面をさっとくぐらせてレモンアイシングを付け、網にのせて乾かす。 アイシングが少なくなったらスプーンなどですくって付けるとよい。

次の