ライザ の アトリエ 装備。 【ライザのアトリエ】装備別おすすめ特性セット

【ライザのアトリエ】 ブレイバー!オススメの装備を紹介

ライザ の アトリエ 装備

もくじ• 最強の魔殻シュタルクケルン 自分が作った中で最強の魔殻シュタルケルンは、以下のステータスです。 最強武器よりも多くの素材の用意が必要なので、まずは複製用のジェムを稼いで下さい。 最強の魔殻シュタルケルンの作り方 用意するもの アイテム 概要 賢者の石 品質999全効果発揮 クリスタルエレメント 品質999全効果発揮 賢者の石を使えば簡単に作成できる。 いろんな調合に使えるので、大量に複製しておく。 いろんな調合に使えるので、大量に複製しておく。 属性値3のものはリビルド用に必要になる。 大ぷに玉は小妖精の森の「デカぷに」か、旅人の道の「シャイニングぷに」からドロップします。 大量に複製しておく。 木の実 に「美味しい練り餌 品質999」、竜素材に「蒼炎の種火 品質999」を使うと良い。 英雄の魂 ゴールドコイン交換で入手。 古き騎士の勲章 ショップで入手。 残り投入回数分 最大37回 の「エルドロコード」を投入する この工程で「装備作成」系の効果を重ね掛けし、ステータスを大幅に上昇させます。 錬金レベル99でないと、100以上弱くなることもあるので注意。 効果に関しては、 全てを解放することはできないので、どうしても欲しい効果を優先的に取っていきます。 魔殻シュタルケルンは 「無敵の外殻」が最重要だと思うので、右側から進めて行きましたが、これはお好みですね。 属性値を無駄にしないように、属性値の低い素材 甲獣の霊鎧、エルドロコードなど で丁度取得できるように調整すること。 ロールレベルに関しては、自分の場合は「アタッカー」のみ取っています。 事前に複製しておけば、キャラクターによってロールレベルを変えたり出来るので、複製はしておくと便利です。 まとめ かなり長くなってしまいましたが、満足いく出来になったのではないかと思います! アイテムリビルド次第で全然違う役割をこなせるので、複数パターン作っておいても良さそうですね。 ここまでしなくても裏ボスは余裕ですが、より簡単に倒したい方は作ってみて下さい。

次の

【ライザのアトリエ】チート級の最強装備を作る方法!無限投入バグの裏技!

ライザ の アトリエ 装備

武器の素材を作れるようになる時期 武器は何がオススメということはなく、時期に合わせて次のものに切り替えていく感じでOK。 武器強化の回数が増えた際に作り直しになる場合も。 インゴット 初期。 アマタイト鉱が必要、旅人の道の鉱石から ブロンズアイゼン インゴットからの変化。 コベリナイトが必要、火山ヴァイスベルクから スタルチウム ブロンズアイゼンからの変化。 彗星岩が必要、火山ヴァイスベルクや流星の古城にある斑点模様の光る石をハンマーで壊すと入手 クリミネア スタルチウムからの変化。 創生の逆さ石が必要、ピオニール聖塔の敵などから。 同時にピオニール聖塔の螺旋回廊にある宝箱から動力炉を入手できるので新たに武器を作り直して2素材分強化推奨。 ゴルドテリオン レシピは""。 ゴルディナイトが必要、リーゼ峡谷の古兵の戦場跡に出現する土塊の使役者のドロップ(1マップ目のつむじ風から移動した先)。 またはクーケン地下構造体の金属たるから採取(こっちの方が楽)。 装備を大幅強化するタイミング アイテムリビルド解禁後 武器強化解禁後 採取地調合解禁後 複製釜解禁後(やりこむならここまでは進めた方が楽) 終盤 最終的な素材集めは採取地調合一択! 素材の品質や特性の強さが段違いなので、最終的な素材集めは採取地調合に頼ることになる。 ""のページも参考に。 特性の量産・コピーと複製釜も利用する 一度ある程度高い特性Lvを作れたら、下記ページで紹介しているインゴットと草刈り鎌を利用する方法でコピー・量産するのも大事。 ""参照。 また、今作はシナリオを進めていくことで「複製釜」が解禁され、ジェムを消費するだけで調合品をなんでも複製することができる様になる。 現状この2つでだいたいの状況を何とかできる。 特性はカテゴリによってつけられるものに違いがあるので注意。 図鑑で確認を。 武器 攻撃強化+(上限30。 基本はステータスアップ系で固める方針 ステータスアップ系盛りまくるのが安定なのは今作も同じ。 各ステータスの「+」と「++」はかなりの安定感。 複合強化系の攻速・攻防・防速もそれぞれ20ずつ上がるので有用性高め。 エレメントコアについている追加ダメ系はスキル強化系に勝て無さそうなのでいらないかも。 また、単体ステータスの固定上昇系(軍神の力)なども「+」や「++」系に勝てないので必要ない。 特性集めは採取地調合で 採取地調合を利用して同じ素材を集めまくって厳選するのがおすすめ。 高いレベルのボトルほど「+」や「++」が付いたものを狙いやすい。 ""も参考にどうぞ。 最終装備の特性セット例 いずれも特性レベルは上限値を想定。 前述した通り スキル威力増加系の効果が何故か「通常攻撃」のダメージにも乗る謎仕様なので、これで大幅な補強が可能。 通常攻撃を連発しない後衛を使う場合でも、武器につけたい特性がコレと言ってないということもあり、スキルの威力アップついでに同じ構成で良さそう。 中盤向け:グナーデリング 素材にブロンズアイゼンを使うので特性を引き継ぎやすい。 グナーデリングの固有効果を発動させてさらにステータスアップ。 中盤向け:エナジーペンダント 素材に(金属)を使うので特性を引き継ぎやすい。 とりあえずで作るならこれでもOK。 最強武器の調合には(神秘の力)や(エリキシル)などを使うことになるので、影響拡大のついた賢者の石・クリスタルエレメントなどがあれば効果は簡単に全て発動可能。 武器強化に使う素材 武器強化に使う素材についている特性によってステータスの伸び幅が変わる。 攻撃力を上げる場合は下記のいずれか3つ特性がついたゴルドテリオンを使うのがオススメ。 クリティカル++Lv99 HP強化++Lv99 少数ボーナス++Lv20 範囲ボーナス++Lv20 具体的な作成方法については別ページで解説。 関連:"" [最終防具]:魔殻シュタルクケルン 無敵の外殻 ブレイク耐性が上昇する。 状態異常耐性が上昇する 防具の最終段階。 軽鎧系・重鎧系のどちらを伸ばして行っても最終的にこれにたどりつく。 ベースのステータスが高いだけでなく効果によってさらに盛ることが可能。 投入回数が増えた状態でエルドロコード・ソーサリーローズを大量投入すればその分ステータスを大幅補強可能。 (竜素材)には、竜素材カテゴリを付与した蒼火の種火を使うのがオススメ。 これが使えない装飾品はどれだけ良い効果が付いていたとしても、ステータスを盛れない時点で微妙になってしまう。 ""にて素材投入回数を増やし、それらのステータスアップ効果の付いた素材を投入しまくることでステータスを盛ることになる。 また、 レシピ変化の過程が長いほど素材投入回数を増やせるため、それらを加味した場合ヒートアップバングル、エリキシルリングの2つはかなり強力な装飾品として挙げられる。 魔石のチェインもレシピ変化回数こそ多いものの、金属や布を最終素材として使用しない関係で候補からは外れる。 「装備作成 全能+5」「装備作成 攻速+5」 レシピ変化の調合過程が長いため、最終的な素材投入可能回数は30を超える。 全てゴルドテリオンを突っ込んでステータスを大幅に盛る。 具体的な作成方法については別ページで解説。 後衛のアンペルと相性が良い。 「装備作成 全能+5」「装備作成 攻速+5」 レシピ変化の調合過程が長いため、最終的な素材投入可能回数は40回ほどになる。 全てゴルドテリオンを突っ込んでステータスを大幅に盛る。 具体的な作成方法については別ページで解説。 関連:"".

次の

ライザのアトリエで高性能な武器・防具を作るにあたっての基本:暗妖のブロマガ

ライザ の アトリエ 装備

武器の素材を作れるようになる時期 武器は何がオススメということはなく、時期に合わせて次のものに切り替えていく感じでOK。 武器強化の回数が増えた際に作り直しになる場合も。 インゴット 初期。 アマタイト鉱が必要、旅人の道の鉱石から ブロンズアイゼン インゴットからの変化。 コベリナイトが必要、火山ヴァイスベルクから スタルチウム ブロンズアイゼンからの変化。 彗星岩が必要、火山ヴァイスベルクや流星の古城にある斑点模様の光る石をハンマーで壊すと入手 クリミネア スタルチウムからの変化。 創生の逆さ石が必要、ピオニール聖塔の敵などから。 同時にピオニール聖塔の螺旋回廊にある宝箱から動力炉を入手できるので新たに武器を作り直して2素材分強化推奨。 ゴルドテリオン レシピは""。 ゴルディナイトが必要、リーゼ峡谷の古兵の戦場跡に出現する土塊の使役者のドロップ(1マップ目のつむじ風から移動した先)。 またはクーケン地下構造体の金属たるから採取(こっちの方が楽)。 装備を大幅強化するタイミング アイテムリビルド解禁後 武器強化解禁後 採取地調合解禁後 複製釜解禁後(やりこむならここまでは進めた方が楽) 終盤 最終的な素材集めは採取地調合一択! 素材の品質や特性の強さが段違いなので、最終的な素材集めは採取地調合に頼ることになる。 ""のページも参考に。 特性の量産・コピーと複製釜も利用する 一度ある程度高い特性Lvを作れたら、下記ページで紹介しているインゴットと草刈り鎌を利用する方法でコピー・量産するのも大事。 ""参照。 また、今作はシナリオを進めていくことで「複製釜」が解禁され、ジェムを消費するだけで調合品をなんでも複製することができる様になる。 現状この2つでだいたいの状況を何とかできる。 特性はカテゴリによってつけられるものに違いがあるので注意。 図鑑で確認を。 武器 攻撃強化+(上限30。 基本はステータスアップ系で固める方針 ステータスアップ系盛りまくるのが安定なのは今作も同じ。 各ステータスの「+」と「++」はかなりの安定感。 複合強化系の攻速・攻防・防速もそれぞれ20ずつ上がるので有用性高め。 エレメントコアについている追加ダメ系はスキル強化系に勝て無さそうなのでいらないかも。 また、単体ステータスの固定上昇系(軍神の力)なども「+」や「++」系に勝てないので必要ない。 特性集めは採取地調合で 採取地調合を利用して同じ素材を集めまくって厳選するのがおすすめ。 高いレベルのボトルほど「+」や「++」が付いたものを狙いやすい。 ""も参考にどうぞ。 最終装備の特性セット例 いずれも特性レベルは上限値を想定。 前述した通り スキル威力増加系の効果が何故か「通常攻撃」のダメージにも乗る謎仕様なので、これで大幅な補強が可能。 通常攻撃を連発しない後衛を使う場合でも、武器につけたい特性がコレと言ってないということもあり、スキルの威力アップついでに同じ構成で良さそう。 中盤向け:グナーデリング 素材にブロンズアイゼンを使うので特性を引き継ぎやすい。 グナーデリングの固有効果を発動させてさらにステータスアップ。 中盤向け:エナジーペンダント 素材に(金属)を使うので特性を引き継ぎやすい。 とりあえずで作るならこれでもOK。 最強武器の調合には(神秘の力)や(エリキシル)などを使うことになるので、影響拡大のついた賢者の石・クリスタルエレメントなどがあれば効果は簡単に全て発動可能。 武器強化に使う素材 武器強化に使う素材についている特性によってステータスの伸び幅が変わる。 攻撃力を上げる場合は下記のいずれか3つ特性がついたゴルドテリオンを使うのがオススメ。 クリティカル++Lv99 HP強化++Lv99 少数ボーナス++Lv20 範囲ボーナス++Lv20 具体的な作成方法については別ページで解説。 関連:"" [最終防具]:魔殻シュタルクケルン 無敵の外殻 ブレイク耐性が上昇する。 状態異常耐性が上昇する 防具の最終段階。 軽鎧系・重鎧系のどちらを伸ばして行っても最終的にこれにたどりつく。 ベースのステータスが高いだけでなく効果によってさらに盛ることが可能。 投入回数が増えた状態でエルドロコード・ソーサリーローズを大量投入すればその分ステータスを大幅補強可能。 (竜素材)には、竜素材カテゴリを付与した蒼火の種火を使うのがオススメ。 これが使えない装飾品はどれだけ良い効果が付いていたとしても、ステータスを盛れない時点で微妙になってしまう。 ""にて素材投入回数を増やし、それらのステータスアップ効果の付いた素材を投入しまくることでステータスを盛ることになる。 また、 レシピ変化の過程が長いほど素材投入回数を増やせるため、それらを加味した場合ヒートアップバングル、エリキシルリングの2つはかなり強力な装飾品として挙げられる。 魔石のチェインもレシピ変化回数こそ多いものの、金属や布を最終素材として使用しない関係で候補からは外れる。 「装備作成 全能+5」「装備作成 攻速+5」 レシピ変化の調合過程が長いため、最終的な素材投入可能回数は30を超える。 全てゴルドテリオンを突っ込んでステータスを大幅に盛る。 具体的な作成方法については別ページで解説。 後衛のアンペルと相性が良い。 「装備作成 全能+5」「装備作成 攻速+5」 レシピ変化の調合過程が長いため、最終的な素材投入可能回数は40回ほどになる。 全てゴルドテリオンを突っ込んでステータスを大幅に盛る。 具体的な作成方法については別ページで解説。 関連:"".

次の