バンギ 育成論。 【サンムーン】バンギラスのおすすめ育成論と厳選方法!【ポケモンSM】

【ポケモン剣盾】ラプラスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

バンギ 育成論

【ポケモン剣盾】ギガイアスの育成論と対策【トゲキッス封殺!バンギラスより強い?】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はギガイアスの育成論と対策を考えていきたいと思います。 バンギラスと非常によく似た性能をもつポケモンですが、果たして強いのでしょうか。 ちなみにギガイアスの色違いは神々しくてめっちゃカッコいいです。 ギガイアスの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ギガイアスの特徴1】優秀なステータス ギガイアスはHP種族値85,防御種族値130と物理方面には非常に強い耐久力を持ちます。 さらに攻撃種族値が135もあり、トップレベルの火力を出せるポケモンでもあります。 特攻が低いのはどうせ使わないので問題なく、素早さもここまで低いと逆にトリックルームパーティでエースをできるくらいの鈍足なのでメリットになる場合もあります。 また、特防種族値は80とひかえめですが特性すなおこし+岩タイプにより問題になりません。 【ギガイアスの特徴2】特性すなおこし&岩タイプ バンギラスで非常に有名な組み合わせのすなおこし+岩タイプですが、砂嵐中は特防が1. 5倍になります。 つまり、ざっくり計算で特防種族値120ほどのポケモンだと認識しておいていいでしょう。 ここまでの高ステータスになるとHPぶっぱしておけば特殊・物理両方を、不一致弱点くらいなら2耐えするレベルの耐久力を持つようになります。 バンギラス同様Dにぶっぱしてとつげきチョッキをもたせたら、トゲキッスやサザンドラに代表される特殊ポケモンを完封してしまうほどに強力な特殊受けポケモンにもなります。 むしろバンギラスと違って4倍弱点をもたないため、実戦的な耐久力・ダメージ量としてはギガイアスの方が上回っている可能性すらあります。 もちろん立ち回りによって左右されますが、バンギラスは弱点が多く4倍弱点持ちなので上級者でも対策が進んだ現在では活かすことが難しく、逆にギガイアスの方が初心者でも扱いやすいポケモンになっているのではないでしょうか。 【ギガイアスの特徴3】だいばくはつ ギガイアスの優秀な点としてだいばくはつを覚えるところです。 苦手対面の最後の一撃や受けループパーティ相手の崩しの手段として、ここぞというときに役立つでしょう。 ただ、あくまでパーティ単位で合う合わないはあるので一般的なパーティでは採用を見送った型が使いやすいかもしれません。 すなかきドリュウズをエースとした砂パの場合は砂嵐ターンを最大限活かせるのでうまく使えばこの自主退場技は強力です。 【ギガイアスの特徴4】夢特性すなのちから ギガイアスはすなおこしほどではないにせよ、すなのちからという特性を持つ個体もいます。 いずれもうまく使えば非常に強力な特性です。 すなのちからは砂嵐のときに地面・岩・鋼タイプの技の威力が1. 3倍(命の珠の威力上昇と同等)となり、自分でダイロックをうって火力UPしてもいいですしカバルドンやバンギラスなどのすなおこし役と組んで砂パエースとしての立ち回りも可能です。 当然砂嵐状態なら特防1. 5倍なので、攻防ともに非常に強力なギガイアスがうまれます。 ギガイアスの育成論と戦い方 アタッカー型・物理受け型・特殊受け型・起点作成型がメジャーな型ですが、初心者でも扱いやすいのはアタッカー型だと思います。 【ギガイアスの育成論】アタッカーギガイアス• 特性:すなおこし• 個体値:C抜け5V• もちもの:いのちのたま・達人の帯・とつげきチョッキ・じゃくてんほけん• わざ:ロックブラスト・じしん・アイアンヘッド・ばかぢから 特徴・戦い方: 初手もしくは死に出しから出して戦います。 BとDにあまり振っていないので受け出しする場合は相手の技構成を読んで、弱点をつかれないようにしましょう。 特殊アタッカー全般に強くなりたい場合はとつげきチョッキがおすすめです。 じゃくてんほけんが発動したトゲキッスでもダイフェアリー程度であれば余裕で耐えます。 相手が弱点を突いてくることを逆手にとって弱点保険バンギラスのような立ち回りをすることも可能なので、じゃくてんほけんもおすすめです。 みがわりをはってきがちな害悪ポケモンはこれで封殺するのがいいでしょう。 確実な高火力を求めるときはダイマックスをきります。 カビゴンを見ない場合はボディプレスでいいと思います。 ダイナックルで攻撃を上げる動きも可能 有名トレーナーのライバロリさんがギガイアスの紹介動画を上げていたのではっておきますね。 こちらは同じくチョッキギガイアスですがDに振った個体もかなりの火力が出ることがわかる紹介動画になっています。 ギガイアスの対策 ギガイアス側に打点のないナットレイやアーマーガアが対策におすすめです。 ナットレイのパワーウィップやアーマーガアのボディプレスで弱点をついていけるのも強力ですね。 一応その他受けポケモンとして• ドヒドイデ• ヌオー も対策としてあげられるでしょう。 弱点高火力やダイマックスを切って天候を変えてしまうのもありです。 ウォッシュロトム• インテレオン• カットロトム• ガマゲロゲ• ウオノラゴン 砂嵐状態なら特防が高いですが、ダイストリームで雨にしてしまえば特防種族値80のポケモンなのでタイプ一致弱点なら落ちます。 タイプ不一致弱点でもダイマックスしているので大抵は落とせるでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】ギガイアスの育成論と対策【トゲキッス封殺!バンギラスより強い?】 いかがでしたでしょうか。 ギガイアスはトゲキッスやサザンドラといった強力な特殊アタッカーをメタれる数少ないポケモンの一体です。 非常に強力なものの環境にあまり見かけないのは、進化には通信交換が必要なためかなと思います。 通信交換できる人はぜひ育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【育成論】起点作りバンギラス【確定版】

バンギ 育成論

じゃくてんほけん型 性格:いじっぱり 特性:すなおこし 持ち物:じゃくてんほけん 努力値振り:H252 A252 技構成:採用技ストーンエッジorいわなだれ、かみくだく、じしん、残り自由枠採用候補ほのおのパンチ、れいとうパンチ、ばかぢから、アイアンヘッド、でんじは、ちょうはつ バンギラスは600族なことだけあって、その耐久力は凄まじいものです。 更にダイマックスをすること耐久値はかなり高くなります。 その耐久値を生かして、相手の攻撃を受けながら、反撃するのがこの型です。 弱点技を喰らってもダイマックスであれば、受け止めることが多く、じゃくてんほけんを発動させる機会にも恵まれています。 多種多様な技も覚えるため、好みで技を選ぶことが出来やすく、パーティに合わせた技構成が出来ます。 総じて性能が高い方であり、苦手でない相手ならば、引けを取ることは少ないと思います。 難点はSが低いため、受けて反撃するため体力が消耗していることが多く、後続のポケモンには安易に倒されることが多いです。 なのでバンギラス一体で複数体のポケモンを倒すことには向いていません。 特殊アタッカー型 性格:ひかえめ 特性すなあらし 持ち物:じゃくてんほけん、こだわりメガネ、とつげきチョッキ、いのちのたま 努力値振り:H252 C252 技構成:あくのはどう、だいもんじ、10まんボルト、なみのりorだいちのちからorきあいだま Cの種族値も95とまずまずであり、更に特殊技も豊富に覚えることを生かした型です。 タイプ一致のいわの特殊技には恵まれていませんが、タイプ一致のあくのはどうに、はがね対策にほのおわざ、更にはみず、じめん、かくとうなど多種多様な技を覚えられます。 またバンギラスは物理アタッカーのイメージが多いので、その裏を書くことが可能で、本来では苦手な物理受け型などに対して有利に戦闘を進められます。 もっとも物理アタッカーのときと違い、火力や採用技が異なるため、対処できる相手が違ってくるので、運用の際は気を付けましょう。 バンギラス対策 バンギラスはかくとうが4倍弱点です。 かくとうは物理技が主体なので、とくぼうが高いバンギラスであっても安易に突破できる可能性があります。 またバンギラスのとくぼうの高さはすなあらしが要因でもあるので、天候要因やダイマックスの天候変更効果で天候を変えてから弱点を攻めるのも良いでしょう。

次の

【剣盾育成論】耐久振り弱保バンギラス

バンギ 育成論

k on Jan 11, 2020 at 9:08am PST バンギラスは、第2世代のポケットモンスター金・銀・クリスタルにて初登場したポケモンです。 ポケモンの強さの指標となる 種族値が合計で 600もある非常に強力なポケモンで、育成したプレイヤーの心強い味方でした。 バンギラスのタイプは いわ・あくの複合タイプとなっており、この複合タイプを持つポケモンはバンギラスの他には存在していません。 対戦では、第4世代から「 すなあらし」状態でのいわタイプの特防 1. 5倍、技の物理・特殊の分類がタイプごとではなく技ごとになる等の事実上の強化を貰い、環境で活躍していました。 一方、いわ・あくの複合タイプにより かくとう4倍弱点という急所を持っています。 自身の素早さが遅いこともあって、かくとうタイプに先制で 6倍威力の攻撃を叩き込まれ、一撃で沈められるという光景も珍しくはありませんでした。 600族だけあって全体的に高い数値になっていますが、Sが61と低く、代わりにその分を他のステータスに割り振ったような能力値になっており、 高火力高耐久が持ち味です。 特にAは 134と非常に高い数値になっており、メインウェポンとなるいわタイプ・あくタイプ共に有用な技を多く覚えます。 サブウェポンとしても「 じしん」や「 三色パンチ」を始めとした数々の技を扱えることが高評価を見せています。 また、Cの値も 95と特に低いわけではない上に、タイプ一致の「 あくのはどう」「 げんしのちから」を始めとして、「 だいもんじ」「 れいとうビーム」「 10まんボルト」などの特殊技も使いこなすため、意表を突いた 特殊アタッカーも一定数環境に存在しています。 バンギラスの特性 A post shared by dieci0529 on Nov 10, 2019 at 5:17pm PST バンギラスの特性は、通常の特性と隠れ特性の2種類があります。 通常の特性は「 すなおこし」で、場に出ただけで天候を「 すなあらし」状態に変えてしまう特性です。 5倍になる効果があり、バンギラスのタイプと噛み合っていて非常に強力となっています。 隠れ特性の「 きんちょうかん」の方は、場にいると相手のポケモンが持ち物として持っているきのみを使うことができなくなります。 HPを回復する「 オボンのみ」は勿論、特定のタイプの技からのダメージを一度だけ半減させる、いわゆる「 半減実」も封じることができるので、上手く噛み合えば相手の戦略を潰すことができるでしょう。 しかし、汎用性の面で考えれば「 すなおこし」の方が圧倒的に有用であり、環境にいるバンギラスのほぼ全ては特性が「 すなおこし」となっています。 よって通信対戦で相手のパーティにバンギラスがいた時は、まず間違いなく「 すなおこし」だと思って選出を考えましょう。 バンギラスの育成論 では、対戦環境で主に採用されるバンギラスの型を紹介していきます。 バンギラスは、その覚える技の豊富さから多様な戦略を取る事ができます。 これらを参考に、自分の戦略に合わせた型に育成していきましょう。 バンギラスの育成論その1. 汎用物理アタッカー型 自身の高いAを活用することを主軸とした、最も一般的なバンギラスの型です。 Sが61と微妙な値なので、性格は素直に いじっぱりか、Sを切り捨てて特殊も採用圏内に入れる ゆうかん、それでも近辺の相手を抜くための ようき、などが候補となります。 努力値配分は、鈍足型らしく HA252をベースにして、BやDに努力値を割いて耐久調整します。 バンギラス同士の対面を考慮するならば、Sにほんの少しだけ振っておくと有利になれることも意識しておくといいでしょう。 技はタイプ一致技の「 かみくだく」と、「 ストーンエッジ」「 いわなだれ」のどちらかを採用。 残りのスペースには、「 アイアンヘッド」「 じしん」「 ばかぢから」「 ほのおのパンチ」あたりから選択となります。 また、変化技として「 ステルスロック」「 でんじは」「 りゅうのまい」も覚えることができます。 持ち物は やけどを強く意識するならば「 ラムのみ」、火力を最も活かせる「 こだわりハチマキ」等が候補です。 「 ハチマキ」の場合、変化技は切り捨てることになるので、柔軟性が無くなることにはご注意ください。 バンギラスの育成論その2. 特殊アタッカー型 バンギラスが基本的に 物理アタッカーとして採用される、という意識を突いた型で、95という低くないCと、覚える特殊技の豊富さから成立しています。 この場合、性格を ひかえめもしくは れいせいにして、Cに補正をかけることになります。 努力値は HC252が基本で、物理型のように耐久に回している余裕がほとんどありません。 持ち物は広範囲に弱点を突くことを意識した「 たつじんのおび」や、更に火力に補正をかける「 こだわりメガネ」が候補です。 技の選択としては、基本的にバンギラスを受けにくる「 はがね」や「 じめん」タイプに対して、抜群を取るための「 だいもんじ」や「 れいとうビーム」。 他には一致技の「 あくのはどう」や「 だいちのちから」「 きあいだま」「 10まんボルト」から選ぶことになります。 ただしこの型の場合、一致技の「 げんしのちから」の威力が低いため、物理型なら勝てる相手に勝てなくなる可能性があります。 また、ダイマックス時に「 ダイバーン」も「 ダイアイス」も、両方天候を変化させてしまうことに注意が必要です。 採用し、努力値をより耐久寄りにすることが求められます。 バンギラスの育成論その3. じゃくてんほけんエース型 バンギラスが通信対戦の環境トップクラスに出てきた理由がこの じゃくてんほけんエース型です。 対戦環境で「 ドラパルト」と「 ミミッキュ」の強力な2体が中心となって暴れまわり、「 妖霊環境」とまで揶揄されるようになります。 この結果、環境から かくとうタイプと エスパータイプがほとんど駆逐されてしまうこととなってしまいました。 更に、ダイマックスの「 HPが2倍になる」という仕様から、Hに252振ったバンギラスのダイマックス時のHPは驚異の 414。 一致4倍弱点でもなければ、ほとんど1撃では突破できない耐久力と、弱点を突かれた時にAとCが2段階上昇する「 じゃくてんほけん」の相性は抜群でした。 汎用物理アタッカーとの大きな違いは、ダイマックスを前提とした型なので、「 ダイスチル」によるB上昇を活用でき、「 ダイナックル」による更なるA上昇を狙うことができます。 そのため「 アイアンヘッド」と「 ばかぢから」を優先的に採用し、努力値をより耐久寄りにすることが求められます。 バンギラスの育成論その4. とつげきチョッキ型 「 とつげきチョッキ」の性能と、砂嵐下でのいわタイプの特性を組み合わせた非常に高い特殊耐久により、特殊アタッカーに対して強く出る型です。 その耐久力は、 C特化メガネニンフィアの「 ハイパーボイス」をHに振るだけで確定で耐えてのけます。 性格は いじっぱりと ゆうかんに加え、Dを伸ばす しんちょうが候補に入ります。 しかし、元々ここまで高い特殊耐久に、火力を落としてまで更に補正をかけるかどうかは、十分に塾考を重ねてから決めたいところです。 技候補としては物理型と変わらず、「 とつげきチョッキ」の特性から変化技が入らない程度です。 環境にいる特殊アタッカーの仮想敵が概ね フェアリータイプなので、「 アイアンヘッド」はほぼ確定枠となります。 最強クラスの特殊アタッカーである、 サザンドラまで考慮するならば「 ばかぢから」も入れておくようにしましょう。 バンギラスの育成論その5. 起点作成型 こちらは砂嵐の スリップダメージと、バンギラスが「 ステルスロック」を覚えるという点に注目し、先発で出して天候を変えて「 ステルスロック」を設置し、後続のエースでの 全抜きを狙う育成論です。 同じ役割のポケモンに カバルドンがいますが、あちらは素早さが遅く、多くの型が「 起点作成型」と「 物理受け型」で、どちらの型にしても上からの「 ちょうはつ」が刺さってしまいます。 その点で言えば、現在の フルアタッカーが主流のバンギラスは、読まれにくく、挑発を撃たれにくいという点で差別化できています。 この型の場合は、性格を しんちょうや わんぱくなどにしてBかDのどちらかに補正をかけるようにするといいでしょう。 H252を振った余りで、仮想先発アタッカーに上から落とされない程度の耐久力に調整します。 持ち物は相手を更に削るための「 ゴツゴツメット」や、確実に起点をつくるための「 きあいのタスキ」等が候補です。 技は「 ステルスロック」を確定枠とします。 自由枠はこれまで紹介してきた技に加え、相手の素早さを下げる「 がんせきふうじ」や、技とこちらのAに下降補正を掛けて、混乱での自傷ダメージを下げつつ、相手のアタッカーのAを利用する「 イカサマ」等があります。 ある意味で一番カスタマイズ性の高い型と言えるでしょう。 バンギラスと相性のいいポケモン バンギラスと好相性のポケモンを見ていきます。 バンギラスとの相性を見る場合、タイプ相性よりも「 すなおこし」による砂嵐を活かせるのかに焦点を当てることが多いです。 しかし、今作ではそうした特性の持ち主の大部分が、続投できなかったことが痛手となっています。 バンギラスと相性のいいポケモンその1. ドリュウズ A post shared by shinobu. ran. 1214 on Jan 22, 2020 at 7:27am PST ガラル地方で ゴースト単タイプになったサニーゴです。 サニゴーンという進化先を得たため、自身は未進化ポケモンとして「 しんかのきせき」による 超耐久を獲得。 バンギラスの苦手なかくとうタイプに無類の強さを発揮し、自身の苦手なあく・ゴーストタイプはバンギラスで処理できます。 バンギラスの苦手とするポケモン では、バンギラスに対して有利となるポケモンを紹介します。 多様な戦術が取れる分、 4倍弱点のあるポケモンなので、そこを上手く突けるポケモンを中心に対策しましょう。 バンギラスの苦手とするポケモンその1. ポケモンルカリオ.

次の