日本 郵便 再 配達 受付 センター メール。 日本郵便再配達受付センターは詐欺・迷惑メール?対処方法も調査

日本郵便を装った不審メールにご注意ください。

日本 郵便 再 配達 受付 センター メール

日本郵便(郵便局)を装う迷惑メールが、2015年12月14日ごろから発生しています。 差出人に「日本郵政」「Japan Post」とあたかも日本郵政がメールを送っているかのように見せかけています。 日本郵便お客様サービス相談センターには、14日に23件、15日に31件、16日に46件、17日に153件の4日間で計253件の相談が寄せられました。 昨年発生した日本郵便(郵便局)を装う迷惑メールが、今年に入り再び発生しているため、日本郵政は注意を呼びかけています。 迷惑メールの内容 この迷惑メールは、注文番号を記載し、小包の配達を装うなどの手口で郵便局の問い合わせを促すような内容となっています。 従ってご注文の品はターミナルに返送されました。 ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが分かりました。 このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りのJAPAN POST取り扱い郵便局までお問い合わせください。 , Ltd. 日本郵政の対応 日本郵政は、下記のような文章をホームページに記載し、注意を促しています。 最近、郵便物の配達を装い、お客さまに配達先の確認を求める不審なメールが送られています。 このメールの差出人は、「日本郵更」となっており、郵便事業株式会社とは一切関係ありません。 また、弊社では、お客さまに配達先を確認するためにメールをお送りすることはございません。 このような不審なメールを受け取られた場合、安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりしないように、ご注意ください。 (日本郵政) 添付ファイルの内容 送られてきた迷惑メールには、ファイルが添付されています。 送信者の狙いは、添付ファイルを開かせることです。 では、どのようなファイルなのかご説明します。 添付ファイルは「日本郵便追跡」というZIP形式の圧縮ファイルです。 モザイクの部分は、数字で注文番号でしょうか。 ZIPファイルの中にはexeファイルが格納されています。 このexeファイルを実行すると、以下の画像が表示されます。 画像の右上には、日付の記述がありますが、2011年となっています。 何も考えず、適当にとってきた画像なのでしょうか。 迷惑メールには、この画像を印刷して最寄りのJAPAN POST取り扱い郵便局まで問い合わせてくださいと書いてありますが、明らかにおかしいことがわかります。 2016年6月15日追記 再び、日本郵便(郵便局)を装う迷惑メールが送られているようです。 届いた迷惑メールの内容をご紹介します。 以前に送られたメールより、内容が巧妙になっています。 日本郵便からお送りしているメールには、添付ファイルはありませんので、絶対に添付ファイルを開いたりしないようにしてください。 迷惑メールの添付ファイルを開くとどうなる? 恐らくメールに記載されているリンクをクリックしたり、添付ファイルを開くと、マルウェアに感染し情報漏洩につながる被害を起こす可能性があります。 マルウェアとは、不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。 対処法は、疑わしいメールが届いた場合、添付ファイルを開いたり、記述されているURLはクリックしないことです。 今回の件で、明らかになっている被害内容は「パソコンが壊れた」ということですが、個人情報が漏れている可能性はあります。 追記:ネットバンキング不正送金を行うウイルスと判明 セキュリティ会社のトレンドマイクロによると、日本郵政を装った迷惑メールの添付ファイルには、ネットバンキングの不正送金を行うウイルスが仕込まれていたことが判明した。 そのため、添付ファイルを開くと、ネットバンキングの現金を勝手に送金される可能性があります。 ウイルスの名称は「ROVNIX(ロヴニクス)」と呼ばれるもので、国内のネットバンキングを狙い、ネットバンキング利用時に、振込先を勝手に変えてしまい被害者の現金を盗み取ることが目的のウイルスです。 まとめ 昨年、日本年金機構の年金情報が流出したときのような被害を起こす狙いなのかもしれません。 普段何気なく、リンクをクリックしてしまう方も多いでしょう。 宛先不明なメールや、今回のような迷惑メールがきた場合は注意深く内容を見て本当に安全なメールか判断することが大切です。 お手元に日本郵政(郵便局)から迷惑メールがきているかたは注意してください。 どう対処していいか分からない方は、日本郵便の「」に問い合わせてください。

次の

【迷惑メール】日本郵便を装ったSMSによる不在通知からウイルスに感染する被害が発生!|iLaboo

日本 郵便 再 配達 受付 センター メール

「ご不在連絡票」がポストに入っていたら、郵便物を受け取るとるためにわざわざ郵便局の窓口に受け取りに行くのも大変なのでもう一度再配達してもらいたいですよね。 郵便局の再配達依頼の受付や時間帯や追跡について紹介していますので参考にしてください。 スポンサーリンク 郵便局の再配達の受付・時間帯について 郵便物はポストに入ればそのまま投函されますが、下記の場合は手渡しになります。 1.郵便物がポストに入らないサイズの場合 2. 受領印かフルネームの署名が必要な場合 種類としては、 ・書留(簡易書留含む) ・ゆうパック ・レターパックプラス(レターパック500) ・エクスパック ・代金引換(コレクト含む) ・EMS・保険付き・関税付き ・ポストに投函できないサイズの場合 ・受取人払郵便 ・領収証書を発行した料金不足郵便および着払ゆうメール などになります。 この時、受取人宅が不在の場合に 「不在配達通知書(ご不在連絡票)」がポストに入ります。 「不在配達通知書(ご不在連絡票)」は、地域によっては書式は異なりますが、基本的には下記の情報が記入されています。 郵便物を再配達依頼するためには、再配達受付連絡先に連絡する必要があります。 「不在配達通知書(ご不在連絡票)」に書かれている再配達の流れを確認してください。 再配達依頼には下記の方法があります。 (上から順番に簡単です) 1.配達ドライバーに電話する。 電話番号は「不在配達通知書(ご不在連絡票)」に記載してある。 2.24時間自動受付電話に電話する。 自動音声に従って、再配達の希望時間帯を選択します。 ・午前中 ・12~14時 ・14~17時 ・17~19時 ・19~21時 3.インターネットで再配達を依頼する。 post. japanpost. 4.郵便・FAXで依頼する。 (勤務先・近所の方への配達・小さい郵便局で受け取りになります) 申し込み日の翌日以降に再配達の受け取りができます。 5.コールセンターに再配達依頼の電話をする。 6.配達を受け持つ郵便局の窓口で受け取る。 (事前連絡必要な場合があります) ただし、「ご不在連絡票」と印鑑、本人確認ができるものが必要です。 があります。 スポンサーリンク LINEを利用した再配達依頼や追跡について スマホのLINEトーク上で再配達依頼の申し込みができます。 利用前に、「ゆうびんID」というアカウントを作成して、LINEと連携しておく必要があります。 LINEで「ぽすくま」と検索して、 郵便局【ぽすくま】を見つけて友達の追加をします。 トーク画面のメニューから「利用登録」をタップして新規会員登録をします。 そして、「ゆうびんID」(メールアドレス)とパスワードを作成します。 登録した「ゆうびんID」でログインすると日本郵便とLINEのシステムが連携されます。 再配達の依頼の仕方は、簡単で郵便局【ぽすくま】のメニューの「再配達の申し込み」をタップすると、LINEのトーク上に、すぐに「再配達の依頼」とトークされて、 「荷物の再配達をはじめるよ お問い合わせ番号を入力するか、不在連絡表に貼り付けているレシートのQRコードを スマートフォンで撮って送ってくださいね」 とトークが返信されてきます。 そして、24時間自動受付電話による自動音声ガイダンスと同じ流れで再配達の申し込みができます。 郵便局【ぽすくま】では、LINEのトーク上で再配達の申し込みだけなく、 ・荷物の追跡 ・集荷の申し込み ・配達のお知らせ ・切手の購入 ・転居届の受付 などが利用できるのでとても便利です。 さらに、ゆうパックや各種書留などの追跡も、LINEのトーク上でできるのでスマホで荷物が今どこにあるのか確認できるので重宝しますよ。

次の

郵便局の再配達依頼の受付・時間帯や追跡について

日本 郵便 再 配達 受付 センター メール

iPhoneやAndroid等のスマホに不在連絡を装いショートメール(SMS)で送られてきた日本郵便(郵便局)の迷惑メールのURLをクリックしてしまった、偽サイトを開いてしまった、不正アプリをダウンロードしてしまった場合の対処法をそれぞれご紹介します。 日本郵便を装う送信者からSMSが届くと、「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください。 」といったメッセージとともにURLが送られてきます。 日本郵便ではこのようなSMSを利用した不在連絡などは行っていないため、このような内容のメールが日本郵便を名乗る送信者から届いても、まずは疑いURLはクリックしないことをおすすめします。 公式サイトと偽サイトの違い 上記画像が日本郵便の公式サイトと偽サイトの比較画像となります。 左が公式サイトで、右が偽サイトの画像となっています。 現在出回っている日本郵便の偽サイトはかなり精巧な作りをしており、一見しただけでは日本郵便の公式サイトと見分けを付けることはほとんど困難となっています。 日本郵便に先駆けて出回っていた佐川急便とヤマト運輸の偽サイトの場合は、荷物の問い合わせ検索のボタンが本物とは異なり、「インストール」と書かれたよく見ると怪しいものでした。 しかし、今回の日本郵便の偽サイトの場合はそのような「インストール」ボタンもなくなり、ますます見分けるのが困難なものとなっているので、より一層注意が必要です。 日本郵便の公式サイトは「post. japanpost. jp」というURLなのに対し、偽サイトは「jppost-ri. com」「jppost-pu. com」で終わるURLになっています。 日本郵便の公式サイトで、「. com」が付いたページはありませんので、開いたページのURLの最後が「. com」で終わっていた場合には、まずは偽サイトであることを疑い、心配であれば身の回りの詳しい人に聞いてみると良いでしょう。 なお、このような非常に精巧な作りをした詐欺サイトを防ぐための対策として、確実なのは使用しているスマートフォンにウイルス対策アプリを入れていくことです。 以下のトレンドマイクロのようなスマホ向けのウイルス対策アプリであれば、iPhone・Androidそれぞれに特化したものとなりますので、今後はパソコンだけでなくスマホにもウイルス対策ソフトを入れておくことをおすすめします。 トレンドマイクロ(Android・iOSアプリ) ショートメールが届いてまだクリックしていないときの対策 日本郵便の偽サイトは、上記画像のように日本郵便を名乗る送信者から、不在時連絡としてSMS(ショートメール)で送られてきます。 このようなメッセージ後のURLをクリックしてしまうと、上で解説した日本郵便の偽サイトに飛ぶような仕組みとなっています。 そのため、 最も適切な対処法はこのようなメッセージが届いても無視することです。 日本郵便公式サイトでも記載されているように、日本郵便ではSMSによる不在の連絡は行っていません。 このようなメッセージが届くこと自体、詐欺であることが明らかなので、気になってもURLはクリックせずに、放置しておくことをおすすめします。 URLをクリックし偽サイトを開いてしまったときの対策 上で解説したように、日本郵便ではSMSによる不在連絡は行っていないため、日本郵便を名乗る送信者からメッセージが届いても、一番の対処法は無視しておくことです。 しかし、万が一URLをクリックしてしまい、偽サイトを開いてしまった場合には すぐにそのサイトを閉じるようにしてください。 基本的にこのような詐欺目的のサイトは後述するように不正アプリを密かにインストールさせたり、Apple IDなどを入力させて個人情報を得ることを目的としています。 そのため、 サイトにアクセスした程度では大きな問題にはなりません。 ただし、どの電話番号に送信したメッセージからアクセスを得たと情報は偽サイトの運営者側に知られてしまう危険性はゼロではありません。 万が一リンクのクリック後から、迷惑メールの数が急激に増えたりした場合は、契約している携帯会社に相談するようにしてください。 iPhoneでApple IDを入力してしまったときの対策 今回出回っている日本郵便の詐欺サイトでは、アクセスしたスマホやタブレット端末がiPhoneやiPadのApple製品か、Android端末かによって個人情報の入手方法は異なっています。 使用しているスマホがiPhoneだった場合、偽サイトにアクセスしてもAndroidのように不正アプリのインストールは行われません。 しかし、代わりにiPhoneでは偽サイトを訪れてどれか一つでもリンクやボタンをタップすると、すぐに上記画像のApple IDの入力を促すページに飛びます。 当然、これはアクセスした人のApple ID情報を入手し、登録している住所やクレジットカード番号等を入手するのが目的なので、絶対に入力しないでください。 万が一ここでApple IDとパスワードを入力してしまった場合は、すぐにそのApple IDから 登録していたクレジットカードの情報などを解除し、できればそのクレジットカードはしばらくの間利用停止状態にしておくと良いでしょう。 また、 Apple IDとパスワードはすぐに変更するようにしてください。 その後身に覚えがない請求が来てしまった場合には、消費者センターなどに相談するようにしてください。 Androidで不正アプリをダウンロードしてしまったときの対策 使用しているスマホがAndroidの場合、iPhoneのようにApple IDの入力画面には飛ばされませんが、代わりに不正アプリをインストールさせようとしてくるので、より注意が必要です。 これにはセキュリティ面の仕様から、iPhoneよりもAndroidのほうが乗っ取りなどの行為が行いやすいため、Androidのユーザーを主な対象として詐欺行為が行われているという背景があります。 Androidスマホで日本郵便の偽サイトにアクセスして、どれか一つでもリンクやボタンをタップすると、すぐに上記画像のように「jppost. apk」などと表記されたアプリをインストールさせる画面になります。 さらに、キャンセルボタンをタップしてもすぐに「追跡を行うためには日本郵便の追跡アプリが必要」とで何度もしつこく表示されるので、間違えてOKボタンや保存ボタンを押さないようにご注意下さい。 万が一OKボタンを押してしまい、不正アプリをインストールしてしまった場合には、すぐにスマホ自体を 機内モード(フライトモード)に設定し、外部との通信接続を遮断するようにしてください。 その上で、最も確実な対処法は契約しているドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアショップまで相談しに行くことです。 また、自分でもできる対処法として、端末のダウンロードの履歴やファイル管理アプリからインストールした覚えがないファイルが存在しないかご確認ください。 万が一、身に覚えがない「jppost. apk」などといった「. apk」が最後に付くファイルが偽サイトへのアクセスした時刻と同じタイミングにダウンロードされていたら、それが偽サイトからダウンロードされてしまった不正アプリとなります。 すぐに完全削除を試みてください。 電話してしまったときの対策 日本郵便を名乗る送信者からSMSが届いた際、それが詐欺サイトのものと気が付かずに送信元の電話番号に掛けてしまったとしても、基本的に 電話をかけてしまっただけであれば大きな問題にはならないのでご安心ください。 その理由として、このようなSMSの送信元の電話番号は、多くが今回のような詐欺サイトに引っかかってしまい不正アプリをインストールしてしまった方のものだからです。 前述したAndroidスマホで不正アプリをインストールしてしまった場合は、その不正アプリから勝手に何百通とSMSが送信されてしまいます。 そのため、受信したSMSは詐欺サイトで引っかかってしまった方の電話番号であることがほとんどのため、間違えて電話してしまったとしてもその送信者の個人電話番号に繋がるだけです。 トラブルに巻き込まれることはありませんが、何度も電話をかけたりすると、詐欺サイトに引っかかった送信者の方にストレスを与えるだけなので、いたずら目的での発信は行わないようにしてください。 反対に、万が一日本郵便の偽サイトへアクセス後、 見知らぬ電話番号から何件も電話が掛かってくるようであれば、不正アプリをインストールしてしまった可能性が高いので、一度キャリアショップまで相談しに行くことをおすすめします。 過去の日本郵便を偽った詐欺 今回2019年5月に発生した日本郵便を名乗る迷惑メールの事件以前にも、日本郵便の名前を装った迷惑メールや架空サイトの事件は発生しています。 2015年12月にはPCメールで不在連絡を伝えた上で、注文時に登録していた電話番号に誤りがあったとして不在連絡をメールでしているという文面のものでした。 さらに、添付されている委託運送状を印刷して最寄りの郵便局までお問い合わせくださいとして、添付ファイルとして「日本郵便追跡」というzipファイルが貼り付けられていました。 当然、これはでたらめのファイルであり、その中身には主に ネットバンキングでの不正送金を行うためのPCウィルスが仕込まれてしました。 さらに翌年の2016年6月にも同様の手口の日本郵便を装う迷惑メールが出回っており、前回のものよりもさらにメールの内容が巧妙に作り込まれているものでした。 今回発生している2019年の日本郵便の迷惑メールでは、ターゲットがPCからスマホに変わったとして、より多くの人を狙うことが可能となっているので、今後もこのような詐欺サイトは増え続けると考えられます。 PCだけでなくスマホにもウィルス対策アプリを入れるなどして、セキュリティ対策をしておくことをおすすめします。 もちろん、一番の対策は見に覚えのない怪しいメールやSMSに記載されているリンクは絶対に開かないことです。 迷惑メールの目的と過去の実際の被害 前述してきたように、今回出回っている日本郵便を装う迷惑メールは、日本郵便の偽サイトにアクセスさせ、Apple IDの情報を得たり不正アプリをインストールさせることが目的となっています。 このような迷惑メールに引っかかってしまい、フィッシング詐欺などにあってしまった方の過去の実際の被害の実例をいくつかご紹介します。 Apple社からの配達なのでApple IDとPWが入力するように指示されそのまま入力。 入力後Loading画面のままだったが、その他のボタンを押してみると中国語が出たので初めて騙されたときが付き、すぐにPWを変更し郵便局と警察に通報した。 また不正請求などの被害は出ていないがなにか対策をしたほうがいいのか心配になってしまう。 その後見知らぬ電話番号から何度も掛かってくるようになり、出てみると「日本郵便でしょうか」「再配達の依頼をしたいんですけど」といったようにいきなり言われてしまった。 関連: 当サイトで人気の送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 370円 日本郵便 810円〜 日本郵便 930円〜 ヤマト運輸 180円〜 日本郵便 198円 日本郵便 送料が安い送り方ランキング 順位 送り方 料金 会社名 63円 日本郵便 84円〜 日本郵便 120円〜 日本郵便 180円 日本郵便 198円 日本郵便 用途別の一番安い送り方 【小型】 【大型】 【追跡】 【着払】 【速達】 【補償】 【複数】 【日時】 近くのコンビニから送る 送り方を探す コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。 本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。 宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。 着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。 本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。 大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。

次の