水晶 ネックレス。 フラーレンネックレストップ・水晶 ネックレス・ペンダント KazeiroDesignFactory 通販|Creema(クリーマ) ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト

ファイテン、水晶ネックレスの効果は凄まじい?!修理の出し方は?

水晶 ネックレス

水晶について、水晶の意味や効果、お守りの水晶、水晶で願いが叶う方法、水晶を処分する方法 水晶について 水晶は、神秘的・呪術的・治療的なパワーを持つ 霊石です。 パワーストーンの中でも一番の石で、あらゆるものを浄化し清めるパワーがあるといわれます。 そのため水晶は、あらゆる力が宿る石・魔除けの石・願掛け石・お守りの石など呼ばれ、すべてを清め、運気を上昇させて、幸運を招くといわれています。 ( 幸せを呼ぶ石) 水晶の意味や効果 霊石・ あらゆる力が宿る石・すべてを浄化する・ 願掛け石・災いを断ち運気上昇・潜在能力を引き出す・魔除けの石・お守りの石・ 土地を清める・厄を祓う・開運・幸運・商売繁盛・金運・勝負運・仕事運・恋愛・結婚運・縁結び・人間関係・勇気と自信・健康・長寿受験・試験運・家内安全・子宝・土地・家相運・合格・精神の安定・ストレス緩和・リフレッシュ・自己コントロール力のアップ ・勘のさえ・直観力、理解力、集中力、決断力、判断力のアップ ・予知能力・透視能力・テレパシー能力を磨く ・オーラのバランス化、ヒーリング ・念や感覚の増幅や蓄積・エネルギーを放射・持ち主をサポート ・願望成就・運勢の好転 など お守りの水晶 日本では昔から水晶をお守りとして扱っていました。 魔をよける、厄を払う石として水晶は使われてきました。 また、土地に埋めて土地を清める石としても使われています。 水晶で願いが叶う方法 水晶は昔から願掛けの石として使われてきました。 水晶に願いを込めるのです。 この方法があれば、パワーストーンは水晶のみでも良いといえます。 一つの願いに一つの水晶を使います。 水晶の浄化方法 水晶の浄化方法では、 粗塩による浄化方法・ 湧き水による浄化方法がオススメです。 それ以外にも 水晶クラスターや 水晶さざれ石による浄化方法・ 土や塩に埋める浄化方法・ 月光浴による浄化方法・ 日光浴による浄化方法・ お香による浄化方法などもございます。 浄化時期なども決めつけずに浄化したいと思った時にその時に合った浄化方法でして下さい。 (浄化時期を決めたら必ずその時期にしないといけなくなりますので) 参照 水晶を処分する方法 水晶を処分する方法は、自然に帰す方法とお寺・神社などに引き取ってもらう方法などがあります。 自然に帰す方法では、土に埋める・川や海に流すなどありますが、処分して流す石は他の人にとって良い石ではない場合が多いので、地域や場所で他の人がその石に出合わないようにする方法を選んで下さい。 まず、その石に付いている金具などを取り、石だけにします。 それから、粗塩を振り浄化して下さい。 その後、振り返らずに帰宅して下さい。 お寺や神社に引き取ってもらう場合は、何も言わずに置いて帰らず、お寺や神社の方に承諾を戴き お布施・お賽銭を払って置いて帰って下さい。 いらない石や悪い石は早く処分するべきです。 パワーストーンや水晶すべてが良い石ではないと思います。 水晶の色 水晶はその色名をつけて、無色透明な水晶を白水晶、紫色の水晶を紫水晶、紅色(ピンク)を紅水晶、また、黄水晶、茶水晶と呼ばれています。 色によりパワーも少し違いますが、同じ水晶類なので、パワーストーンの中でもパワーが強い石たちです。 色別 意味 白水晶 【白水晶】クリスタル:Crystal 透明・白色は「完全」「オールマイティ」をあらわす。 浄化作用が強くすべてを浄化し清めるため 運気アップ・願望成就・魔除け・幸運を招く石・お守りの石といわれる。 紫水晶 【紫水晶】アメジスト:Amesist アメジストは「愛の守護石」高貴な紫色を持つ 「司教の石」のアメジストは霊的パワーが強い 紅水晶 【紅水晶】ローズクオーツ:Rosequartz ホルモンのバランスを整える 愛と美容と安らぎに効果 黄水晶 【黄水晶】シトリン:Citirine 生命力・活力のエネルギーを持つ石 気持ちを明るく陽気にし行動力が増す。 茶水晶 【茶水晶】ブラウンクォーツ:Blownquartz:スモーキークオーツ(smokeyquartz) 心を落ち着かせる 精神・肉体をリラックス、リフレッシュ 鉱物の水晶 世界中どこでも取れる水晶は地球の地殻を構成している鉱物の一つ珪酸分で石英です。 石英は水晶類とめのう類に分類されます。 一般的には透明な石を水晶、半透明の石を石英と呼ばれています。 水晶類 【水晶】クリスタル:Crystal 化学成分 Si02 硬度 モース硬度7 光沢 ガラス光沢 透明度 透明・半透明 結晶系 六方晶系 産出形状 柱状、双晶、塊状 産地 ブラジル、マダガスカル、アメリカ、スイス、 カナダ、オーストラリア、日本など 色 無色、乳白色、紫色、ピンク色、 黄色、褐色、黒褐色、緑色、青など インクルージョン 液体(水)・ルチル・トルマリン マンガン・他の鉱物など 断口 貝殻状 光学性 複屈折 比重 2.

次の

水晶ネックレスは効果あるの?1週間後の感想

水晶 ネックレス

身につける場所による効果の違い 水晶ネックスレスを筆頭に、水晶を身につけるためのアクセサリーは沢山に存在しています。 ブレスレットやペンダント、ブローチ、ピアスやリングなど身につけやすく加工されていますよね。 さまざまな種類があるものの、それぞれに身につける場所が違っていますよね。 右脳と関わりがある左手につけると、ブレスレットなら最大限の水晶パワーの恩恵を受けられると言われています。 このように身につける場所の違いによって、効果などに違いは出てくるのでしょうか。 それをここでは紹介していきましょう。 ブレスレットなど腕につける 最初につける場所としてスタンダードなのが腕ですよね。 右手首や左手首といったもの。 しっかりと効果を発揮してくれ、安定した水晶パワーの恩恵を受けるというのが、ブレスレットです。 ただし、前述にもある通り、右手と左手のどちらにつけるかによって、違いがあります。 基本的に 左手につける場合には、感覚や感情、精神面など「心の面」での充実を図りたい場合におすすめです。 右手につける場合には、「現実的な事務能力などの向上」に対してサポートをしてくれるとされています。 右脳的サポートを受けたいのか、それとも左脳的サポートを受けたいのかによってどちらの手につけるかを決めるべきです。 ただし、神経質に考えすぎて、利き手側に苦労をしてつけ、気になって外したりといったストレスを感じるのであれば、身につけること自体がネガティブな行為になります。 せっかく ネガティブな邪気などを払ってくれる浄化の効果が水晶にはあるのに、これでは本末転倒になると言わざるを得ません。 ですから、 基本的にはどちらでも良く、あまり深くは考えず、自然に身に付けられる方にブレスレットを身につけるようにしましょう。 ネックレスとして首元に身につける ネックレスを始め、ブローチやペンダントなどの胸元に身につける場合には、どのような効果を発揮するのでしょうか。 まず胸元には何があるでしょう?人間の生命活動の最重要な臓器である心臓が位置している場所でもありますよね。 他にも心臓は 「心」がある部分や「気持ち」を感じる部分としても認識されていることでしょう。 つまりは、 ハートに直接エネルギーを与えられる場所になります。 健康面でいえば、不整脈や血液系の疾患。 他にも肺などの疾患があり、改善などをしたいと思っている時などにはおすすめの場所です。 また、 恋愛や愛情、人間関係などといった望みがある場合には、胸元に水晶を身につけることで高い効果が期待できることでしょう。 特に 恋愛運などを上げたいと思っている方なら、ピンク系の色水晶をネックレスやブローチ、ペンダントなどで身につけることによって、高い効果を期待することが出来ます。 他にも、 イライラを押さえたり、精神的に疲れやすく、それらを改善したいと思っているのであれば、クリーン系やブルー系の色水晶を胸元に身に着けておくと、より高い効果を発揮できます。 このようにネックレスは、心に関する何かしらの効果を期待したい時、ベターな場所だと言えるのです。 ピアス 他にも水晶を使ったアクセサリーとしては、ピアスやリングが挙げられます。 これらの場合にはどのような効果が期待できるのでしょうか。 まずピアスです。 耳につけるアクセサリーですが、 耳という場所は、感覚面に強い影響を与えます。 つまりは、 発想や想像を大事にしている仕事や、それらがウィークポイントとなって、人生がなかなか好転しないと悩む方におすすめです。 インスピレーションを高めたい場合や、判断や決断力を高めたいと思っている方。 他にも集中力を高めたい方なら、水晶をピアスにしたアクセサリーを耳元に身につけることによって、その恩恵を最大限に受けることが出来ます。 リング そしてリングです。 水晶をリング化したものを身につけると、直接その水晶パワーを取り込むことが出来ます。 どの指につけるかによって、高められる効果は違ってきます。 右手の親指なら、リーダーとしてチームなどを率いたい。 集団のトップになりたいなど指導者や中心的な人物になりたい方。 次に右手人差し指。 集中力や行動力を身に着けたい方におすすめです。 職業的には、講師や教師、カウンセラーなどに向いています。 右手の中指は直感力の向上や、行動力の向上です。 人差し指よりも、直感力を高められるため、職業でいえば、デザイナーやミュージシャンなどにおすすめです。 右手の薬指では、恋愛成就、心の安定や落ち着きが欲しいといった場合に力を発揮します。 異性運の向上を目指すならこの指がベターですね。 右手の小指ですが、お守り的な意味合いが高かったり、自分の魅力を周囲に知らしめるといった効果が期待出来ます。 左手の親指は、なんでも叶う指とも呼ばれており、自分が持っている信念を貫く決意や、高い壁を乗り越えたい時。 また自信を持ちたい時に身につけるべき場所になります。 人差し指は、内向的でもっと積極性が欲しいとされている方。 ネガティブ思考をポジティブなものに変えたいという方にベストな指になります。 中指は協調性や人間関係の円満化。 コミュニケーション能力を向上させ、直感力やひらめきを身に着けたい方には、左手中指がベストです。 結婚指輪などに代表される左手薬指ですが、恋愛関係のさらなる発展を望んでいたり、人間関係を更に深めたいという場合などに身につけるべきです。 最後に左手小指です。 新しい異性との出会いを求めていたり、自分や環境の変化。 チャンスを引き寄せたいとした時、身につけると良い場所です。 浄化の必要性は? 水晶ネックレスは、 常にそのパワーを最大限に発揮してくれるとは限りません。 水晶は保有している人間に大きなパワーを与えてくれ、マイナスのパワーを吸収したり、外に発散するといった役割を担ってくれます。 目にみえて、水晶のこの作業が把握できるわけではないため、「使っている」という認識を持つ方は低いものです。 ですが、確実に水晶は、 身につけている時間が長ければ長いほどに劣化をしているということを忘れてはいけません。 水晶のパワーがダウンすると、目にみえてネックレスに変化が見られます。 例えば水晶の色が霞んでしまったり、ヒビが入ったり、欠けてしまうといった変化が起こるのです。 他にも茶色や黒など、明らかに弱々しい色に変化したり、黄ばんてしまうといったことにもなりかねません。 ネックレスにしている場合、いくつもの水晶をつなぐため、穴が開いています。 そこに黒ずみが出来ていたりすると、 単なるゴミだと勘違いする方もいますが、これこそが「ネガティブパワー」や「邪気」といったものです。 こういった変化がある場合、水晶の持つポジティブなパワーは、かなり弱くなっていると受け止め、一刻も早く浄化をするべきなのです。 汚れてしまうと、得られる効果が低くなってしまうのはもちろん、身につけている人間に対して、持ち主に不快な感覚を与えてしまうことも考えられます。 もはやこうなってしまっては、本末転倒ですから、身につける必要性はなくなってしまいますよね。 水晶ネックレスの浄化の方法は? 水晶ネックレスの最大限のパワーを発揮させたいなら、浄化が必須だということはわかったことでしょう。 浄化の方法としては、一つだけではなく、いくつかの方法が存在しています。 一番スタンダードなものとしては、流水による浄化です。 水道水でもいいのですが、出来れば天然水での流水で浄化したいものです。 井戸水などが沸いている家庭であれば、そういったものを利用しましょう。 また周囲に滝などがあれば、尚のこと自然のパワーを取り込むことができ、浄化力も高いですね。 他にも、同じ 水晶のクラスターにかけておいたり、さざれ水晶の上に乗せておくといったものでも浄化が可能です。 水晶は硬度が高い。 つまり、堅い石ですから、傷などには強いものになります。 ですから、 柔らかい軟石では行うことができない刺激度の高い流水での浄化や、塩をつかった浄化を用いることが可能です。 そしておすすめする浄化アイテムとしては、「セージ」が挙げられます。 天然ハーブとして有名であり、「青汁」などの原料にもなっていることで有名ですよね。 高い抗菌作用や抗ウィルス作用が認められており、人体に対してもさまざまな健康効果が期待できるアイテムです。 生のセージではなく、 パワーストーンの浄化用に乾燥させたものを使うのが一般的です。 乾燥したセージをひとつまみ取り、火をつけてその煙で石を燻すといった方法で浄化をしていきます。 水晶ばかりではなく、部屋やそこにいる人間の浄化作用でも使えますから、重宝できるアイテムと言えるでしょう。

次の

水晶について、水晶の意味や効果、お守りの水晶、水晶で願いが叶う方法、水晶を処分する方法について

水晶 ネックレス

(ご質問は「お客様からのコメント」に掲載させていただきました) 同じような疑問をお持ちの方にも ご参考になれば幸いです。 つまり、 割ったりキズつけたりしない限り、最初の美しさがそのまま、ということです。 表面に汚れがつくことはありますが、 汚れだけ落とせばいつでも新品同様、というところが気持ちいいですね。 ジュエリーの美しさ維持の 基本は「乾拭き からぶき 」とよく言われますが、 水晶にもそれは有効です。 やわらかい布などでの乾拭きなら、余分な成分がないので、石に余計な影響を与えることなく、汚れだけ落とすことが期待できます。 水は、蒸留水でない限り、 天然ミネラルや除菌のための化学成分などがはいっていると思われますから、化粧水やアルコール同様、一般的には ジュエリーのお手入れにお勧めではないです。 蒸留水ならものによってはいいかもしれませんが、たとえば鏡をぬれた布でふくと、乾いた時に水滴跡がついていたりして、そんなに綺麗に仕上がらないことがありますよね。 だからぬれた状態で放置するより 乾いた布で拭いてあげた方が綺麗に仕上がると思います。 また、 水が浸透していく素材なら、濡らして乾かすというのはその素材を劣化させていく可能性があるので、 蒸留水でもあまりお勧めではありません。 水晶に限定すると、水が中に浸透しないので、かたくしぼった布で水拭きするのは大丈夫 でしょう。 (水道水でも水晶の場合は大丈夫でしょう。 ) 全体の水洗いはお勧めではありません。 当社の製品は穴磨きしている場合が多いので、その磨きが曇ると残念。 糸はもちろん、どんな素材でも水は影響を与える可能性があります。 ) でも、ブレスレットをごくまれに水洗いなさって、今のところめだった問題がないようでしたら、それはそれで持ち主のご判断でやっていただくのがいいことだと思います。 気持ち良く使っていただくのが一番です。 細かいところは楊枝の先にティッシュをつけて、 汚れをふき取ります。 (超音波洗浄機が洗えない石もありますが、水晶は大丈夫です) お手入れの際は、あまり余計なところに負担をかけないように気をつけて扱ってくださいね。

次の