半額サポート 解約。 半額サポート+は改悪でない!違い何?メリットとデメリットを紹介!途中解約には注意!

【朗報】ソフトバンクが「4年縛り」を緩和!「半額サポート」の2年後再加入を撤廃!

半額サポート 解約

「最新スマホも機種代金 最大半額(スマホ代まっぷたつ!)」 を売り文句に展開している ソフトバンクの「半額サポート」キャンペーン(プログラム)。 iPhoneやAndroidのスマホ購入の際、端末代割引(半額?)を匂わせる内容に見えますが、購入時にその場で半額になるような内容ではなく、最大とあるように実は特定の条件下で実質半額になるといった特典内容になっています。 そこで、今回はこの「半額サポート」キャンペーンについて の内容と見比べながら徹底解説していきたいと思います。 半額サポートの特典内容・適用条件をはじめ、メリット・デメリットや一番有効活用できる機種変更のタイミングなど、できるだけ詳しくご紹介します。 Androidスマホ系• Xperia 1• AQUOS R3• arrows U• LG K50• Android One S5• Xperia XZ3• シンプルスマホ4• DIGNO J• HUAWEI nova lite 2• Xperia XZ2• AQUOS R2• HUAWEI Mate 10 Pro• Android One S3• Xperia XZ1• AQUOS R compact• Xperia XZs• DIGNO G• HTC U11• AQUOS Xx3 mini• DIGNO F• DIGNO U• シンプルスマホ3 公式ページ内の用語解説(加入条件) 条件の一つ目ですが、ソフトバンク公式ページにある 新スーパーボーナス(48回割賦)というのが 48回の分轄払いでの契約を指しています。 そのため、 一括購入や支払回数が違う24回割賦などでは半額サポートを利用することができません。 条件の二つ目は加入できるデータ通信プランを指定していますが、ソフトバンク公式ページにある 「データ定額 50GBプラス」というのは 「ウルトラギガモンスター+(プラス)」を指しています。 「データ定額スマホデビュー」は「スマホデビュープラン」を指しています。 現在の主力プラン以外の従来型の一部のデータ通信プランでも半額サポートを利用することが可能です。 25ヶ月目~47ヶ月目で「半額サポート」または「 」の 対象機種に機種変更する• ただし、あんしん保証パックなどの保証オプションに加入している場合は最大2,000円の減額で済む 1つ目のポイントとしては、 25ヶ月目以降に機種変更すると特典利用ができる点はいままでの解説で出てきた内容ですが、実は 機種変更の端末機種も指定されています。 最新機種を含むスマホは対象になっていますが、 ケータイ(ガラケー)機種は対象外となっている点には注意が必要です。 2つ目のポイントは結構重要で、特典の適用には機種変更するまでに使用していた 半額サポートに加入時のスマホ端末はソフトバンクに回収させることで初めて適用されます。 もし、 故障機になってしまった場合には、査定額が下がったり、回収できず特典利用ができなくなる場合がある点にも注意が必要です。 分離プランの義務化が影響 ニュースなどで耳にしたことがあるかもしれませんが、携帯スマホの通信料と端末代を完全分離した「分離プランの義務化」対応の影響を大きく受けています。 対応すると、通信料と端末代をセットにした割引ができなくなります。 ドコモについても新プランが登場した2019年6月以降は24回から36回に支払い回数が増えています。 デメリット ソフトバンクの半額サポートのデメリットは 2年契約の縛り期間のある契約をする (月額料金を抑えることができるほとんどの人が利用しているプラン) 程度で大きなデメリットは特にありませんが、メリットを受けることができないものをデメリットとして考えた場合、 長い期間機種変更をしない同じ端末を利用し続ける場合には、半額サポートの特典効果が薄くなる(もしくはなくなる)点がデメリットになります。 また、現在新規申込は終了してしまっている旧式のプランで利用できた「月月割」と比べると「下取りプログラム(機種変更)」との併用ができない点で割引効果が少なくなっている点もデメリットとして捉えても良いかもしれません。 「月月割」をまだ利用できる旧式プランを利用している人は「半額サポート」ではなく、「月月割」と「下取りプログラム(機種変更)」の組み合わせで利用した方がお得になる可能性が高いです(特に端末代が安い機種の場合)。

次の

ソフトバンク「半額サポート+」の注意点 SIMロックあり&他社ユーザーのロック解除は有料

半額サポート 解約

ソフトバンクは、2019年10月10日より、48回分割払い(割賦)と端末下取りを組み合わせたスマホ購入支援プログラム「半額サポート+」の名称を 「トクするサポート」に変更しました。 プログラム内容はこれまでと変わらず、48回分割で購入したSoftBank 4G LTEまたはSoftBank 4G対応のiPhone、スマートフォン、SoftBank携帯電話、iPad、タブレットを、25ヵ月目以降の買い替え時にソフトバンクへ返却することで、 最大24回分の旧機種の分割支払金のお支払いが不要になるプログラムです。 つまり、結論として 「トクするサポート」は2年スパンで最新機種へ買い換えたい新しいモノ好きの人にはおすすめのサービスです。 この記事では、そんな 「トクするサポート」の概要や注意点に触れながらどんな人におすすめのプログラムかを詳しく解説します。 トクするサポートでは最新のiPhone 11シリーズも対象なので、機種変更を検討中の方は必見です! ソフトバンクの「トクするサポート」とは? 「トクするサポート」とは? ソフトバンクの「トクするサポート」は、48回割賦で購入できるSoftBank 4G LTEまたはSoftBank 4G対応のiPhone、スマートフォン、SoftBank携帯電話、iPad、タブレットを対象したサービスです。 25ヵ月目以降の買い替え時に旧機種回収で 最大24回分の旧機種の分割支払金のお支払いが不要になるプログラムです。 つまり 最大で元値の半額で端末を購入することができます。 トクするサポートは、プログラム利用料として 390円/月(不課税)がかかります。 2年後に、購入した機種をサブスマホとして利用し続けたいといった明確な利用用途が決まってなければ、トクするサポートを利用してお得に使うことをおすすめします。 また、ソフトバンクでは回線契約なしの端末のみ購入も受付しています。 その際にトクするサポートに加入することも可能です。 ただし、あんしん保証パック with AppleCare Services、あんしん保証パックプラス、またはあんしん保証パックにご加入の方は2,000円と負担は少なくなります。 1年で機種変更することもできる! 1年買い替えオプション トクするサポートには 「1年買い替えオプション」という、13ヵ月目から買い替えができるサービスも用意されています。 13か月目~24か月目の間に買い替えをする場合も24ヶ月までの機種代金と、24か月分のプログラム利用料は支払う必要があります。 24ヶ月までの差額の機種代金は、引き続き毎月の支払いとして、プログラム利用料金の差額は一括での支払いになります。 つまり、新端末と旧端末の支払いがかぶる時期ができることを覚えておく必要があります。 なので、 「1年買い替えオプション」を利用してもしなくても、支払う金額は自体に変わりありません。 トクするサポートのデメリット・注意点 「トクするサポート」をご紹介してきましたが、一方で使い方や買い替えのサイクルなどによっては利用しないほうがお得な場合もあります。 このサービスのデメリット、利用にあたって注意したいことをチェックしておきましょう。 知っておくべきデメリットや注意点も まず、トクするサポートをお得に活用するには 対象機種を13ヶ月~25ヵ月目にソフトバンクへ返却することが重要です。 13ヶ月~25ヵ月目以内はいつ端末を返却をしたとしても、24ヵ月分の端末代金及びプログラム利用料は必ず払う必要がありますが、26ヵ月目以降になってくると、本来免除してもらえる分も利用し続けることになるので、お得度に欠けてしまうことになってしまいます。 このあたりのスケジュール管理がこまめにできないと非常に億劫になってきてしまう可能性がある点は注意です。 つまり、 免除される分の端末代金が9,360円分を上回らなければお得になるどころか返って損をしてしまうことになってしまいますので、なるべくちょうど2年経過後のタイミングで返却することをおすすめします。 次に、トクするサポートを受けるには 次回もソフトバンクで対象機種を購入する必要があります。 つまり、ソフトバンクを途中で離脱しずらくなってしまうので、今後もソフトバンクやソフトバンク回線の格安SIMを利用する人以外にはお得度がかけてしまう内容になってくる点も注意しましょう。 また、次回の機種変更時に端末を回収することと関連して、回収時に故障で電源が入らないなど 査定基準を満たさなかった場合には20,000円の支払いは発生します。 「あんしん保証パック with AppleCare Services」「あんしん保証パックプラス」「あんしん保証パック」のいずれかに加入していればこの料金は2,000円で済むので、扱いに不安がある場合は加入しておくのが良いでしょう。 特に格安SIMの、新型のiPhoneの取り扱いがない、限られたSIMフリー端末しか購入できない、端末代金の割引率が低い、といった点をソフトバンクのトクするサポートを使えば解消できるようになっています。 下取りや売却を考えているのであれば、2年後も半額でスマホをソフトバンクが買い取ってくれる、と考えると下取りの際に値崩れをおこしている心配もないので、1年~2年で新しいスマホに定期的に買い替えながら使って行きたい方に、お得なサービスと言えるでしょう。 トクするサポートが不安…そんな方は 下取りプログラムもおすすめ 「スマホは一度購入したら長く使う」「2年の間でソフトバンク回線から変えるかもしれない」という人は、トクするサポートを避けたいという方もいるでしょう。 そこで、現在ソフトバンクでは端末を購入する場合「トクするサポート」以外に「 下取りプログラム」ならiPhone XS Maxの下取りで最大40,800円分のPayPayボーナスとして還元されます。 「下取りプログラム」は、ソフトバンクユーザーが機種変更で指定機種を購入する場合、または他社からのりかえる際、使っていた古い機種を下取りしてもらえるサービス。 下取り機種に応じて、 PayPayボーナスが付与される特典を受け取ることができます。 iPhoneで対象となっている機種はそれぞれ下記の通りです。 機種変更で下取り対象となるiPhone: iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 8、iPhone 7 Plus、iPhone 7、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5 のりかえで下取り対象となるiPhone: iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 8、iPhone 7 Plus、iPhone 7、iPhone 6s Plus、iPhone 6s、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5 まとめ ソフトバンクの「トクするサポート」は、 今後もソフトバンク回線を長く利用する予定の方、2年サイクルで最新のiPhoneに買い替えている方にはメリットのあるサービスです。 ご自身の使い方や今後の買い替え・乗り換えの予定を踏まえて利用するか選ぶことをおすすめします。 電話、ビデオ通話、LINE、から相談可能で様々なライフスタイルの人に合わせて問い合わせすることができます。 もちろん、そのまま契約することもできますので、 実際にショップに行かなくても不安、疑問点を解消し納得してからスマホの購入が可能です。 現在はソフトバンクのスマホのみの取り扱いとなっていますが、 問い合わせだけなら料金もかからないので安心です。 詳しくは下記のウチモバページからチェックしてみてください!.

次の

半額サポート for iPhoneはお得じゃない。4つの落とし穴を解説してみる。

半額サポート 解約

トップ画像引用元: 契約から2年以上経ってからの機種変更なら損を防げる 結論から言ってしまうと、2年以上経ってから機種変更しても、基本的に得になることはありません。 また一方で、大きく不利益になることもありません。 つまり、 得も損もしないということです。 2年以上契約し続けたことで、何かしらのキャッシュバックや割引が発生すれば得になるのですが、ソフトバンクにはそのようなものは用意されていません。 2年以内の機種変更には要注意 ソフトバンクのみならず、大手キャリアでは2年以内に機種変更をしてしまうと、損になる可能性が非常に高くなります。 では、なぜ2年以内の機種変更は損につながるのでしょうか?その仕組みについて詳しく解説していきます。 2年以内の機種変更で損をするケースとは? 2年以内の機種変更で損をする可能性があるのは、 携帯電話の機種代金に対する割引サービスを利用している場合です。 具体的には、以下の割引サービスが該当します。 月月割• 半額サポート 現代のスマホは本体価格が10万円を超えるものも珍しくないため、これらの割引サービスを利用している方も多いと思います。 では、なぜ2年以内の機種変更で損をするのかについて見ていきましょう。 月月割は解約した時点で割引がなくなる 月月割は、契約の2ヶ月目~25ヶ月目までの間、機種代金を一定額割引してくれるサービスです。 割引額は機種によって異なりますが、多いもので半額以上割引してくれる場合もあります。 この月月割は、2019年1月31日に新規受付を終了しているのですが、それ以前に適用したものは終了まで有効なので、現在も利用されている方は多いはずです。 では、なぜこの月月割が損に繋がるのでしょうか。 それは、 月月割を途中で解約すると、その月以降の割引が効かなくなってしまうからです。 実際に損をするのはどのくらい? ここではiPhone XS(64GB)を月月割で購入し、14ヶ月目で機種変更した場合の残債の変化を見ていきます。 iPhone XSの本体価格は136,800円。 24回払いにすると、月の支払いは5,700円になります。 これに月月割を適用すると、月の支払いはなんと2,250円に。 通常時と比べると 月額で3,450円も安くなるのですから、非常にお得な割引サービスと言えるでしょう。 しかし、これがかえって災いとなるのです。 14ヶ月目で機種変更した場合の残債は以下のとおりです。 14ヶ月目に機種変更したこと以外は、何も条件を変えていません。 それにもかかわらず、4万円以上もの追加費用が発生してしまうのです。 このように月月割を適用していると、2年以内の機種変更で大きな追加費用が発生してしまいます。 これはできる限り避けたいですよね。 半額サポートの期間中なら機種変更はNG 画像引用元: ソフトバンクのもう1つの機種代金割引サービスである「半額サポート」。 その名のとおり、 機種代金が半額になるという非常に嬉しいサービスです。 月月割とは異なり、半額サポートでは機種に関係なく機種代金が実質半額になります。 よって、話題の新機種であっても、半額サポートの対象にさえなっていれば半額で購入できるということです。 日本で高い人気を誇るiPhoneの新機種も対象に含まれているので、半額サポートを利用してiPhoneを購入した方も多いでしょう。 しかし、 本サービスを利用している場合は、絶対に2年以内に機種変更をしてはいけません。 なぜなら、半額サポートの特典利用条件が以下のようになっているからです。 対象機種を24ヶ月利用後、25ヶ月目以降に「半額サポート」「機種変更先取りプログラム」いずれかの指定機種に機種変更すること• 機種変更の翌月末までに、加入時に購入した機種を査定完了し、ソフトバンクに回収してもらうこと。 その際、ソフトバンク指定の回収条件を満たすこと 2年以内に機種変更をするということは、1つ目の条件に違反することになります。 つまり、2年以内に機種変更するだけで、半額サポートの「機種代金を実質半額にする」という特典はなくなり、 機種代金を全額支払うことになってしまうのです。 月月割は機種変更をした月から割引がなくなりますが、半額サポートの場合はすべての割引がなくなります。 半額サポートを途中解約したあとの残債は非常に高い! iPhone XS(64GB)を契約から14ヶ月目に解約した場合の残債を計算してみました。 そして、特典利用条件を満たせば、26ヶ月目以降の支払いが免除となり、実質半額となる仕組みです。 しかし、2年以内に機種変更してしまうと、特典利用条件を満たせなくなるため、支払いは49ヶ月目まで続きます。 その結果、総額68,400円と非常に高額な追加費用が必要になってしまうのです。 48回払い、つまり支払いに4年間かかるということですから、中途の機種変更により、月額料金を払う期間が2年追加されることになります。 この点も精神的に良くないですよね。 よって、 半額サポートを利用している場合は、特段の理由がない限り、2年以内の機種変更は諦めた方が賢明です。 機種変更に2年契約や解約金は関係ない? ソフトバンクに限らず、携帯電話の契約ではもはやお馴染みの「解約金」。 更新月以外に解約してしまうと、この約1万円の解約金がかかってしまいます。 この解約金があるからこそ、「携帯電話の契約は2年」というイメージが定着したとも言えますね。 しかし、解約金はそのキャリアとの契約を「解約」するときにかかるものです。 よって、 機種変更には関係ありません。 月月割や半額サポートの利用期間には注意しなければいけませんが、更新月に関しては特に気にする必要はないということです。 次の章では、契約から2年以上経過した後の機種変更で、発生する恐れのある追加費用について解説していきます。 機種変更の時期に関係なく損するケースもある 前のページでは、「機種代金に対する割引を利用している場合は損をする恐れがある」ということについて解説してきました。 しかし、それ以外にも損をするケースがあるのです。 月月割や半額サポートに比べれば少額ではありますが、それでも防げるものは防ぎたいですよね。 仕組みさえわかってしまえば簡単に損を防げるものばかりです。 機種変更を考えている方は、これからご紹介するポイントに気を付けてくださいね。 プランの月額料金は基本的に満額!日割り計算はなし! これはソフトバンクに限らず、他の大手キャリアでも同じことなのですが、プランの月額料金は基本的に日割り計算できません。 例えば、8月3日に機種変更したとしても、これまで使用していた携帯電話の8月請求分は満額請求されてしまいます。 また当然ながら、機種変更後の新しい携帯電話の8月請求分も発生しますので、 機種変更した月は2台分の月額料金がかかることになるのです。 しかし、これには解決策があります。 請求締め日の翌日に機種変更すれば良いのです。 そうすれば旧携帯電話の月額料金はかかりません。 先程の例でいえば、8月1日に機種変更した場合、旧携帯電話の月額料金は7月分までで済み、8月分は新携帯電話の月額料金のみ請求されることになります。 ソフトバンクは請求締め日の制度が独特! ソフトバンクでは請求締め日に注意してください。 ドコモやauのほか、多くの格安SIMでは請求締め日を「月末日」に設定しています。 ところが、 ソフトバンクの請求締め日は月末日とは限りません。 以下3パターンが存在するのです。 契約から2年以上経過した後の機種変更では、得はないが大きな損を防ぐことはできる• 2年以内の機種変更では、月月割もしくは半額サポートを適用している場合、数万円以上の損になることも。 よって、おすすめできない• 2年以上経過した後の機種変更でも、月額料金は日割り計算にならない。 機種変更のタイミングには注意が必要 簡単にまとめると、 機種変更は契約から2年以上経ってからした方が大きな損を防げる、ということです。 ただし、2年が経過していても、締め日の存在は忘れないようにしましょう。 締め日の翌日以外に機種変更した場合、新・旧2台分の月額料金を請求されてしまいます。 最近のスマホは10万円を超えるものも多く、ほとんどのユーザーが割引サービスを利用しているはずです。 2年以内の機種変更にはくれぐれも気を付けましょう。

次の