ダイハツ タフト コンセプト。 似ているようで似ていない? 「ダイハツ・タフト コンセプト」と新型「スズキ・ハスラー」を比較する

ダイハツ、スズキ ハスラーの対抗馬か!? 軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」を世界初出展【東京オートサロン2020】

ダイハツ タフト コンセプト

TAFT コンセプト(フロント) TAFT コンセプト(ガラスルーフ) ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2020年1月10日(金)から1月12日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2020」に、軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」をはじめ、既存の軽自動車、小型乗用車をベースとした、個性あふれるカスタマイズカーを出展する。 また同年2月14日(金)から2月16(日)までインテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で開催される「大阪オートメッセ2020」にも、同様に出展を行う。 ブーステーマは、昨年に引き続き、「遊びゴコロをみんなのものに。 」とした。 軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」を世界初出展するほか、2019年に発売したコンパクトSUV「ロッキー」、軽オープンスポーツカー「コペン GR SPORT」、軽乗用車「タント」をベースとしたコンセプトカー等を出展。 さらに軽商用車「ハイゼット トラック」では、アウトドア雑誌「ピークス」とコラボレーションするなど、それぞれの持つ世界観を生かしながら、遊び心を刺激するカスタマイズ車両を出展する。 中でも「TAFT コンセプト」は、「Tough & Almighty Fun Tool」をコンセプトに、2020年央の発売に向けて開発を進めている、軽クロスオーバーのコンセプトモデルである。 日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーであり、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用している。 さらにダイハツブースでは、カスタマイズの楽しさをより身近に感じていただける仕掛けとして、漫画家の田中むねよし氏を迎え、「TAFT コンセプト」を題材に、お客様と田中氏がコミュニケーションをしながら、その場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」を実施する。 また、ダイハツの社名の由来である「発」動機にちなんで、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツを用意。 ダイハツエンジニアのサポートによる本物のエンジンパーツを用いた組立体験を通じて、幅広い来場者の方々に、クルマをより身近に親しんでいただけるブースとする。 】 【タント CROSS FIELD Ver. 】 【ロッキー Sporty Style】 【コペン GR SPORT カスタマイズ Ver. 】 【ハイゼット トラック PEAKS Ver. 】 【ハイゼット トラック DJ Ver. 】 【ハイゼット トラック 初音ミク マルシェVer. 】 【タント カスタム MARVEL スパイダーマン Ver.

次の

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉|MotorFan[モーターファン]

ダイハツ タフト コンセプト

バックパックスタイル ダイハツの軽トールワゴン「タフト」は、東京オートサロン2020にてお披露目をされた軽SUVです。 「タフト」という名称は1974年-1984年に発売していた本格的4WDに関していた名称となります。 () 世界的に人気となっているSUVカテゴリーですが、軽規格では2014年に発売したが大ヒットモデルとなり、ダイハツもムーヴをベースとしたで追従しましたがハスラーよりも乗用車寄りのパッケージングやハスラーよりも後発という事もありハスラーほどのヒットには至りませんでした。 新型タフトはハスラーのフルモデルチェンジに合わせ、キャストより武骨なデザインに軽自動車では装着の珍しいガラスルーフの解放感によって商品力を高めています。 タフトの値引き相場 値引き交渉の深さ 値引きの目安 特に値引き交渉をしない ~3万円 競合を絡ませて値引き交渉 4~7万円 限界値引き交渉・オプション多数 8~12万円 ダイハツ 新型タフトの値引き難易度:C (A:甘い ~ E:厳しい) 発売前の予約段階では値引きは厳しめとなりますが、コロナ禍の影響により自動車市場は冷え込んでおり、思わぬ好条件を引き出せる可能性もあります。 タフトの納期:標準• 納期:2ヵ月~3ヵ月 コロナ禍による経済の冷え込みにより自動車販売台数は減少しているので初期の販売数は少ないと思われますが、部品調達や生産工場の休業などで納期が乱れる可能性があります。 まずはディーラーに最新情報を確認しましょう。 スカイフィールトップ イメージ 昼 「タフトの値引き相場と納期がわかった!すぐに商談に行く!」。 しかし、 焦りは禁物。 商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。 自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、タフトの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、 買換え全体では損をする事になります。 まずはなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。 複数社に査定してもらうと査定の差額は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると すぐに相場がわかります。 タフトを見に行って 下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。 最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。 タフトのグレード選び タフトのパワートレイン タフトのパワートレインは自然吸気の658cc 水冷直列3気筒12バルブDOHC、インタークーラーターボの2種類があります。 4WDは両パワートレーンの全グレードに設定されています。 タフトのおすすめグレード 充実装備の「G」(2WD)がおすすめグレードとなります。 タフトの見積もり価格 調査中です。 市街地における燃費はターボを使用する場面も多く、自然吸気エンジン車との実燃費差が広がる傾向にあります。 一方で、ゴー・ストップの少ない郊外・高速においては自然吸気エンジン車との差は少なくなります。 タフトのリセールバリュー:4. 0 5段階評価 タフトの属する軽SUVは新車・中古車市場ともに人気があり、タフトは発売初期である事から初回車検時での短期乗り換えでは現行モデルのままである事からリセールバリューは非常に高くなることが期待できます。 タフトの競合はコレ! タフトを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。 競合車種とポイントは以下の通りです。 スズキ ハスラー 三菱 eKクロス ハスラーが切り開いた軽クロスオーバーSUVジャンルに三菱から2019年3月に発売されたのが三菱 eKクロスです。 新型三菱eKワゴン/日産 デイズをベースとして開発され、三菱の新しいデザインコンセプト「ダイナミック・シールド」で押し出し感の強いフロントフェイスが特長となっています。 eKクロスは、これまで軽自動車ではスズキの独壇場だったモーターアシストによるハイブリッドも搭載、安全装備も充実。 スズキ ハスラーと共にダイハツ タフトの強力なライバルとなります。 競合車を使ってタフトの値引き交渉を タフトの値引きを引き出すにあたっては、上記のハスラー、eKクロスの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。 他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、タフトの値引きを引き出し易くなります。 タフトの長所と欠点 タフトの長所 SUVらしい武骨なエクステリア 車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握! 車の買い替えに 焦りは禁物です。 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 査定額の差は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。 新車ではなく未使用車という選択も 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。 そんな方には 未使用車や低走行車もおススメ。 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 は、 お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

次の

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉|ダイハツ

ダイハツ タフト コンセプト

TAFT コンセプト(フロント) TAFT コンセプト(ガラスルーフ) ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2020年1月10日(金)から1月12日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2020」に、軽クロスオーバーのコンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」をはじめ、既存の軽自動車、小型乗用車をベースとした、個性あふれるカスタマイズカーを出展する。 また同年2月14日(金)から2月16(日)までインテックス大阪(大阪府大阪市住之江区)で開催される「大阪オートメッセ2020」にも、同様に出展を行う。 ブーステーマは、昨年に引き続き、「遊びゴコロをみんなのものに。 」とした。 軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」を世界初出展するほか、2019年に発売したコンパクトSUV「ロッキー」、軽オープンスポーツカー「コペン GR SPORT」、軽乗用車「タント」をベースとしたコンセプトカー等を出展。 さらに軽商用車「ハイゼット トラック」では、アウトドア雑誌「ピークス」とコラボレーションするなど、それぞれの持つ世界観を生かしながら、遊び心を刺激するカスタマイズ車両を出展する。 中でも「TAFT コンセプト」は、「Tough & Almighty Fun Tool」をコンセプトに、2020年央の発売に向けて開発を進めている、軽クロスオーバーのコンセプトモデルである。 日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーであり、開放感あふれるガラスルーフや、フラットで使い勝手の良い荷室空間といった、毎日を楽しくしてくれるアイテムを多く採用している。 さらにダイハツブースでは、カスタマイズの楽しさをより身近に感じていただける仕掛けとして、漫画家の田中むねよし氏を迎え、「TAFT コンセプト」を題材に、お客様と田中氏がコミュニケーションをしながら、その場でイラストを描く「ライブ・ドローイングショー」を実施する。 また、ダイハツの社名の由来である「発」動機にちなんで、「エンジン組立チャレンジ」コンテンツを用意。 ダイハツエンジニアのサポートによる本物のエンジンパーツを用いた組立体験を通じて、幅広い来場者の方々に、クルマをより身近に親しんでいただけるブースとする。 】 【タント CROSS FIELD Ver. 】 【ロッキー Sporty Style】 【コペン GR SPORT カスタマイズ Ver. 】 【ハイゼット トラック PEAKS Ver. 】 【ハイゼット トラック DJ Ver. 】 【ハイゼット トラック 初音ミク マルシェVer. 】 【タント カスタム MARVEL スパイダーマン Ver.

次の