アラフォー 看護 師。 【マジでうざい】准看護学校にいる大嫌いな女性!やっぱり女性社会(看護師)は大変だよね|アラフォー人生が詰みました

アラフォーで看護師になり、5年目で頑張っていますが、周囲から...

アラフォー 看護 師

こんにちは、お疲れ様です。 今回は、「サ高住の人員基準は?実際に働いた看護師の配置が衝撃的だった!」というテーマについてお話させていただきます。 現代の少子高齢化に伴い、高齢者の割合は年々増加の一途をたどっています。 「超高齢化時代」がやって来るのも、そう遠くない未来のようですね。 そんななか、高齢者のための住所施設として「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」が、徐々に増えつつあるといいます。 サ高住は、比較的介護を必要としない元気なお年寄りが入居できる賃貸住宅であり、今後の高齢化社会を支えるうえでの大事な場所だといえます。 ところで、サ高住に対する職員の人員基準はどのようになっているのでしょうか? 私は看護師をしており、サ高住で働いたことがあるのですが、そのサ高住では驚きの人員配置を行っておりました。 今回は、私の実際の体験談も含めて、サ高住の人員配置についてご紹介したいと思います。 もくじ• サ高住の人員基準は? サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)は入居する高齢者が安心して過ごせるよう、 ・安否確認サービス ・生活相談サービス 基本的には、この2点を提供する必要があります。 そのため、これらのサービスが円滑に行われるための人員配置が義務付けられており、 日中(9時~17時)は1名以上の「ケアの専門家」が常在する必要があるのです。 サ高住は、同じ建物内ないし敷地内にケアの専門家が常在し、必要なときにいつでもサービスが提供できる体制を取ることが大前提となります。 ケアの専門家とは誰のことを指すのか? サ高住では、安否確認サービスと生活相談サービスを提供する「ケアの専門家」として、以下のスタッフの常駐が定められています。 サ高住には種類がある? サ高住は主に 「一般型」と「介護型」の2種類に大別され、提供サービス内容には種類によって違ってきます。 一般型サービス付き高齢者向け住宅とは 一般型サービス付き高齢者向け住宅は、サ高住全体のうち 約90%以上を占めています。 基本的には自立~介護度が軽い高齢者が入居するため、洗濯や掃除、配膳などの「生活支援」や入浴、食事介助、排せつなどの「身体介護」、リハビリなどの「介護サービス」には 介護保険は適用されないため、入居者が全額負担することとなります。 万が一、上記の支援や介護が必要になった場合は、外部の在宅介護サービスを利用したり、併設している事業所と別途契約を結び、介護サービスを受ける形となります。 介護型サ高住には、介護福祉士や看護師などのスタッフが常駐しており、生活支援・身体介護やリハビリなどを外部サービスで受けるのではなく、サ高住のスタッフから受ける形となるため、有料老人ホームに近い体制といえるでしょう。 ちなみに介護型サ高住で提供する介護サービスには、 介護保険が適用されます。 比較的介護度が高い入居者も多く、なかには寝たきりの方もいましたから、 有料老人ホームとなんら大差はなかったようにも感じます。 サ高住に種類があるだなんて、当時の私はまったく調べもせずに就職を決めてしまいましたので、とんでもない目に遭ってしまいました。 まず、入居者は全部で30人ほどいまして、部屋は空き室がなく常に満室状態でした。 入居待ちの人が多いからなのか、何らかの理由で空きが出たとしても、すぐさま新しい方が入所するといった具合でしたよ。 医療ケアを必要とする方もけっこう多く、褥瘡処置やインスリン、吸引、酸素管理やバルーン管理・定期交換など様々な医療ケアがありました。 一見、病院ではないしこの人数でやれそうな気もしますよね。 しかし、現実はかなり厳しいものでした。 サ高住の看護師の主な仕事内容については、こちらをご覧ください。 介護度が比較的高く、医療ケアもわりとある介護型サ高住でこの人員配置は、 物理的に人数が足りません。 食事の時間が遅れそうになるほどてんやわんやな状況の時は、詰所にいる管理者なる人が手伝いに来てくれましたが(介護士の資格あり)。 どう考えても、無理な状況でしたね。 サ高住は種類別で人員基準(人数)を変えるべき!? 上記でも申し上げましたとおり、 介護型サ高住では提供するサービスやケアが多すぎる場合がありますので、一般型サ高住と介護型サ高住では、それぞれスタッフの 人員基準(人数)を変えるべきだと思います。 一般型サ高住の場合でしたら、自立度が高く医療ケアをする人もほどんどいないと思いますので、言葉の通り「安否確認」と「生活相談」だけでおおよそ済むかと思いますが、介護型サ高住はそうはいきません。 せめて看護師2人以上、介護士2人以上にしていただきたいですね。

次の

アラフォー転職。何回??

アラフォー 看護 師

はじめまして、私は今就職活動中の看護大4年生です。 長年他職種で勤務しており、36歳で学部入学しました シングルマザーです。 真面目に勉強してきた甲斐あり、希望の助産師選考試験にも 合格し、助産師の勉強中です。 私の通う看護大学は公立のため、助産師として就職先は絶対 に県内という制限があります。 未経験新卒のため、教育制度のしっかりした病院へ就職し、 一人前になるまで頑張るつもりです。 しかし、実際には年齢制限の壁が大きく、心折れてしまいそうに なります。 45まで募集はしていても実際には助産師は若干名の募集という所 が多く、若い子が来ればそちらを優先します…とか、35過ぎると 色々と衰えてくるので急性期病院はちょっと…と言われてしまいます。 また、看護師であれば大量に欲しいので年齢は構わない、でも助産師 となると若干名なので…と言われてしまいます。 歓迎してくれる所は、常時人不足で募集しているクリニックや、小規模 の産科単科で、やはり卒後教育に不安を感じます。 頑張って助産師の勉強していることが、かえって自分の選択肢を狭めて いることにガッカリし、先の見えない就職活動に後ろ向きになってしまいます。 大学の教員にも相談しましたが、県内ならどこでも構わないという様子。 ある先生からは、まず看護師で就職して産科が空いたら助産師で勤務させて もらうのはどう?とか、その年で夜勤は厳しいから保健師として新生児訪問とか したら?と色々なアドバイスを頂きます。 未経験のアラフォー、扱いづらいだろうし、衰えもあると思います。 でも私はこの4年、謙虚に真面目に頑張ってきました。 シングルマザーのため、卒業後は絶対に就職して稼がなくてはなりません。 私はどうしたらいいでしょうか。 とりあえず「助産師として経験を積むこと」と「教育制度のしっかりした場でまずは看護の基本を学ぶこと」、2つに分けて考えてみたらどうでしょうか。 もちろん助産師として教育制度のしっかりしているところに就職することが1番の希望なのでしょうが、それは難しそうなご様子。 私自身、最初は看護師として就職しました。 その後助産師の資格を取りましたが、すぐに助産師にはならず、資格取得後かなり経ってからアラフォーで助産師として働き始めました。 今になって強く思うのですが、新卒1~2年目で学ぶことってその後の自分の医療従事者としての基盤になります。 私は看護についてはもちろん、この世界で生きていく1人の人材としての基本を学んだ気がします。 なので初めにしっかりしたところで看護師をしていて良かったと思います。 主さんもこの世界では新人ですから、2年間ぐらいでもいいからしっかりしたところで看護師として基本を学んで、それからあらためて助産師として出発することもひとつの選択だと思います。 ちなみに今のうちの病院は、新卒1年目は助産師としての経験はほとんどできません。 看護の基本からしっかり学んでもらうためです。 年齢的に焦るお気持ちもわかりますが、ここまでとても頑張ってこられ、助産の選抜にも選ばれたということはきっと優秀な方なんだろうと思います。 なら2年ぐらい遠回りしてもやっていけますよ。 決して無駄な2年にはならないと思いますしね。 まぁ自分でできないと決めてしまえばそこまでですが。 その後大きな病院で助産師として取ってもらえないなら産科単科の病院などに行っても良いと思います。 私は看護の基本が習得できていれば、助産師としてはとにかく現場で経験を積むことが大事だと思っています。 私もアラフォー助産師だったので、まずは分娩がとれなければと思い初めはそこそこ分娩が多いところで分娩介助の経験を積みました。 体当たりな感じでした(笑) その後はスキルアップするために目的に沿って転職してきました。 どんな病院にもいろんな先輩がいて、大きな病院でなくても自分次第でいろいろ学べます。 逆に新卒で助産師になり産科しか経験のない人は、産科しか知らないことにかえって不安が出てくるみたいですよ。 それで助産師から看護師になって他科経験をしに行った人も知っています。 私も他科経験があるので、それが今だに役に立つこともあります。 イヤイヤ違う選択をするのではなく、いろんな考え方やたくさんのやり方がありますから、現状できることの中からもう1度長い目で見てよりよい方向に進まれることに気持ちを切り替えて、前向きに頑張られてはいかがでしょうか。 頑張って得た経験はひとつも無駄にはならないことだけは断言できます。 早速のコメント、ありがとうございます。 同じような体験をされた方の『医療従事者としての基盤をしっかり学び、 助産師の経験を積むことの意味』を読ませて頂き、本当に無駄な事は何も ないと、強く感じました。 たくさんの方に相談しましたが、このような説得力のあるお話を伺えて 大変嬉しく思います。 40でこんなに就活が大変なら、例えば3年後に43で就活はもう全滅だろうと 悲観し、どうにか教育体制の整ったある程度分娩件数もありハイリスクも 学べる所へと、焦ってばかりでした。 しっかり看護職として学び基盤を作る事の強み、それを今後助産師の仕事へ 生かして行くことは自分自身の自信にもつながるのですね。 頑張ってきた経験はひとつも無駄にならない、とのお言葉。 嬉しくて涙が出そう です。 初心を忘れず、何事も前向きに頑張っていこうと思います。 本当にありがとうございました。 シングルマザーでお子さんを育てながら頑張っていらっしゃるご様子、 感心しました。 分娩件数の割に助産師が少ない病院なら最初は看護師採用と決まっていても 産科に移動できるチャンスがあるかもしれませんよ。 当然夜勤回数も増えて忙しいですが、 夜勤中の保育場所が確保できれば夜勤のほうがお子さんとの時間は 取りやすくなります。 分娩件数が少ないのに助産師が多ければ、 ずっと看護師で働かされそうな気がします。 すでに働いてる助産師がなかなか他部署に異動したがらないし、 産科はスピードが求められるので、年齢面からついてこられないと先入観を 持たれてしまいそう。 あと、お子さんがいることも病院側にすれば採用早々子供の病気ですとかいって 休みばかり取られたのでは研修が進まないので敬遠されます。 お子さんの年齢にもよりますが、いざというときには実家の家族やベビーシッターに 依頼するので迷惑はかけませんなど、熱意や誠意を見せることも必要だと 思います。 実際に、子持ち新卒で就職して1カ月で子供がさびしがって泣くからと 辞めた方がいて唖然とした記憶があります。 最初からわかっていたはずなのにと思いました。 いっとき辛抱すれば御自身の体験も生かしてママたちのよき相談相手になれると 思います。 頑張ってください。 コメントありがとうございました。 子供の年齢ですが、うちはもう中学生と大きく、実家も近くでサポートが受けられるため、 夜勤に影響はありません。 子供が小さい頃も、航空会社で国際線の勤務をしていましたので、 子供が…という理由で職場に迷惑をかけてはならないこと、私がシングルマザーとして生きる上でのポリシーでもあります。 面接では、そのことや熱意を伝え、前向きに頑張ってみようと思います。 あれからまた二ヶ所の病院へ行きました。 やはり、年齢が高い事で相当苦労し、職場にもなじめず仕事も覚えられず、体力も限界で早々に辞めた人を見ているから…大変でしょうね。 と言われてしまいました。 ハイリスクの勉強もしたいと思い、周産期センターなどの病院を当たっていたのですが、やはり正常分娩の多い地域の病院にも視野を広げてみようと思います。 ありがとうございました。

次の

アラフォー看護師でも日勤常勤で働けるとは思っていませんでした!!

アラフォー 看護 師

友達からの紹介で噂の「のーちー先生」と話してみたいっていう、すごいポップな所から転職活動のスタートだったんですよ。 自分でも家の近くというか、東京に住んでるので練馬区とか板橋区とか杉並区で探してみたんですけど、訪問看護ステーションが多すぎて、求人状況がよくわからなくなっていてwwwそんな時に友達から紹介を受けたんですよね。 なんでしょう、 有名人に会いたいとか話したいとかと同じような気持ちだったんですねwww だから転職もその当時は考えていませんでした。 「転職を考えてないんですよー!!」って言ってるのに凄い親身に相談にのってくれて、 「転職なんてタイミングですから焦らなくていいですよー」って言ってくれて、純粋に面白いし、めっちゃいい人wwって思ったんです。 だから 転 職したのって初めてお話ししてから2年後なんですよね。 練馬区とか板橋区とか杉並区の訪問看護ステーションを探していて、ちょうど練馬区で決めることが出来ましたよ。 他の会社だと「すぐ行かないと求人がなくなる!!」とか「世田谷区とか中野区とか新宿区はどうですか?」とか「もう面接予約しちゃったんで!!」とか、私の話も聞かずに押し付けられていた感じだったので、他を経験すると、より訪問看護JOBSの良さや「のーちー先生」の人柄とかがわかりました。 私の友達もファンだったのですが、ファンが多い気持ちはすぐわかりましたよ Q:どうして訪問看護をやろうと思ったのですか? 急性期の病院で働いていて、日々入退院を繰り返していたときにふと思ったのです。 「退院した患者様ってこの後どうなるんだろう?」って本当に素朴な疑問が生まれました。 看護学校に通って、その時授業で「看護師は患者の為に動くことが生きがいであるべき」とずっと習っていたのですが、ベッドサイドの時間も短くなってきて自分自身がやりたい看護なのかな??って考えていた時に、訪問看護がやってみたいって思ったんですよね。 後は地域貢献っていうんですかね?ずっと練馬区に住んでいるので、自分のなじみがある地域である練馬区とか板橋区とか杉並区に医療で貢献したいって思ったんですよ。 Q:転職するって勇気が必要でしたか? 心配だったのは年齢ですね。 アラフォー看護師で転職できるのかなって。 でも正直そこまで深く考えずに「とにかくやってみよう!!」とwww求人があるのかないのかも、よくわからないですし、どこにどんな訪問看護ステーションがあるのかも全然知らなかったので。 でも 自宅の周りにある練馬区とか板橋区とか杉並区の通勤30分圏内の全ての施設の地図を「のーちー先生」が送ってきてくれて、全部求人確認してくれたんですよ。 凄いウケルと思ったのが、「ここは僕たちみたいな会社では採用してなくて、 自己応募なら採用してくれるので、自分で連絡したら合格しますよー」って教えてくれたんですよ。 普通こんな事教えてくれないので、とにかくもう、 安心して全部任せちゃおうと思いました。 そこでもし雰囲気が合わなかったり、求人がなかったりしたら転職のタイミングじゃないんだろうなー。 とか凄くポップに考えていたのと、のーちさんいれば大丈夫だろうってwww本当に面白いから、勇気はそういう意味ではもうあったのかもしれないですね。 Q:実際にキャリアデザイナーと話していかがでしたか? 正直2年前の初めてのお話の時はそれはそれは緊張しましたけどね。 3分後にはめっちゃ仲良しの友達みたいになってましたね。 年も近かったので安心できましたよ。 仕事で愚痴りたい時も連絡とかしてましたからww とにかくまず私の話をたくさん聞いてくれて、今転職しないって言ってるのに本当に親身に楽しく話してくれて、この人なら安心できるってすぐに思う事は出来ましたよ。 どんな働き方をしたいのか?家族とどんな時間を過ごしたいのか? 子供の受験の相談まで乗ってくれたので安心して話をすることが出来ました。 自宅から30分くらいの練馬区とか板橋区とか杉並区にどれくらい訪問看護ステーションがあるのか、数字で教えてくれたし、 自己応募じゃないと採用していない所も、嘘つかずに教えてくれたので、 逆にこの人に任せれば安心だなって思いましたよ。 Q:実際に登録してから転職活動はどれくらいしましたか? 初めてお話しした時からで言えば2年間の転職活動でしたね。 でも「今だ!!」って思ったタイミングからは2か月くらいで終わりましたね。 面接の設定とか、必要な書類とかも全部間に入ってくれていたので大変だったって感覚は全然ないんですよね。 「一緒にゆっくり決めましょう!!」とか「タイミングが今じゃないから焦らないで大丈夫ですよ」と言ってくれていたので、もうそこは任せておけました。 紹介会社によっては無理やり面接行かせられることもあるって聞いていたのですが、 凄く親身に聞いてくれたので転職したい友達も紹介しましたよ。 Q:今回転職活動でこだわった、大変だったところはどこですか? 自分の話をするのが最初は嫌だったので、「とにかくお給料が高い所」を紹介してほしいと伝えていたのですが、自分の年齢や家族のこと、子供のことも含めて、私ならどんな働き方が合っているのかを提案してくれました。 お金にこだわったときのメリットもデメリットも教えてくれたので、 それなら今はやっぱり家族との時間を大切にしたいとなりました。 子供の行事の理解を持ってくれるところはどこなのか?とか 突発的な発熱などを子供がしたときに休める所や、土日休みなど。 病院勤務では考えられない条件ばかりでしたが、一緒に話していて お給料よりも大切な事がわかったので、途中からいい意味で開き直っていましたよ。 それにそんな条件のところなんて絶対ないとも思っていましたしww なので求人があったときは本当にうれしかったですね。 のーちーさんが2年間 粘り強く練馬区とか板橋区とか杉並区の訪問看護ステーションの求人を探してくれたからだと思いますwww Q:これから訪問看護ステーションで働きたい看護師様にアドバイスはありますか? 自分でも気が付いていることと、気が付いていないことがあるんですよね。 私もお金やお給料、ここだけを考えて求人を探していました。 でもそれでは結局また転職を繰り返して経歴を傷つけてしまうと思いましたし、 自分一人ではこんな気持ちにはならなかったし気が付けなかったと思います。 転職って簡単なように見えて、やっぱりストレスもかかるし、 一緒にサポートしてもらえてよかったと思います。 きっとどこの 人材紹介会社に登録しても、提案される求人自体は 正直変わらないと思いますし、友達の話を聞いてると実際にそうだと思います。 だから 誰にサポートしてもらえるかが大切だと思いました。 安心出来たり、自分の人生や家庭の事まで一緒に考えてくれて 自己応募の場所まで教えてくれる人なんて一人で探してたらきっと出会えなかったですよ。 だからまずは信用できる人を見つける事。 あとは、自分が何のために転職しようと思っているのかを ちゃんと理解することが大切だと思いました。 これからも私みたいに悩んでいる看護師の力になってくださいね!! その他のおすすめ記事.

次の